らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

連続した祝日はひとまず、今日で終了ですね。
まあ、世間一般的に祝日、というだけで、休日ではなかった人ももちろん多いと思います。
私も今日は「内職の職人」という立場で、打ち合わせに出かけました。

当然、打ち合わせのお相手というか担当者も、休日ではない状態で頑張っておられます。
今日はこの担当者がいつになく弱気で、いろいろ愚痴ってくるので困りました。
自分はいつまでこんなパシリのような仕事をしているのか。
一応、営業職ではあるけど、もう何年も末端構成員として働いていて未来が見えない。
現状を打破したいが、特技や資格が何もなく、途方に暮れるばかり…などなど。

確かに末端構成員って名前だけ見ると、ツラいことが多いと思います。
でも、どんな仕事でも、末端は顧客との立場が一番近く、顧客の生の声を聞ける貴重な業務だと私は思います。
モノを作る仕事でも、モノを売る仕事でも。
私のような教育業でもそうです。
末端は「最前線」でもあるのです。

たとえば、学校で最も偉いとされるのは校長ですが、校長の立場で生徒に寄り添っていられることはまれで、その点は大変であっても末端教師の特権だと思うのです。
私も末端、アナタも末端、そして末端は最前線。
お互いに、最前線の誇りを持って仕事をしましょう。
などと実に偉そうに語ってしまいましたが、担当者の方にちゃんと伝わったでしょうか。
まあ、私の場合は好きで末端をやってるので、そういう明るい発想ができるわけですが(笑)。
学校に勤めるなら、てか勤めたことありますけど、校長が羨ましいなんて思ったことは全くないですから。
もしモノを作る会社に、好んで入社したのなら、やはりオエライサンになるよりはモノを作っていたいと考えていそうですし。

今日、担当者さんがおごってくれた食事。
20150923
かつやの、ぶっかけとろろチキンカツ丼です。
ごはんの上にキャベツ、チキンカツ、とろろが順番に、たっぷり乗っていてウマ~~。
我々は末端であっても、負けてはいないのです。
カツを食べて、勝ちに行きましょう!
と、お互いを励まし合いました。

帰り道で見たもの。
不謹慎とは思いましたが、すごく驚いたので掲載します。
20150923
向島のフレスタのお隣で、バンバンと爆発音を鳴らしながら、炎上する建物の様子。

写真撮っといて言うのも何ですけど。
ヤジウマがいーっぱい集まっていてなんだか不快になったので早々に立ち去ったんですが、もう消えていることを祈ります。
また、怪我人などがいないことを祈ります。
そして皆様方には、火の元には十分お気をつけください。いえ私もですが。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1182-d35da384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック