らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

高知2日目です。

高知には何度もリピートしており、何回目の訪問かよくわかりません。
それで、高知城や桂浜など、定番の観光地はほぼ行ったことがあります。
今回は今までに行ったことがない場所を選んで、いろいろ行ってみることにしました。
といっても日付が変わる前には帰宅しなければならないので、帰りの道中で行ける場所限定です。

まずは、こちらで朝御飯です。
20150916
道の駅南国です。
安くておいしい朝食バイキングが有名とのことだったんですが、本当に安くておいしい!
さすがにカツオなんかはなかったですが、高知産の茄子やゆずなど、新鮮な農作物がバイキングスペースに並んでいます。
もちろん野菜や果物は買うこともできますが、とにかく種類が豊富でした。

帰りは高速道路を使わず、山を越えて愛媛県の小松に出るルートを使うことになったので、また道の駅に寄り道です。
20150916
道の駅大杉です。
高知県第1号の道の駅だそうです。

第1号なので設備などは古いんですが、こんなおいしいソフトクリームをいただきました。
20150916
高知産ゆず風味です。
すごくゆずのピール味が効いていて、クリームも濃くていい感じ。

敷地内に咲いていた、白い彼岸花。
20150916
白いやつは見たことはありますが、こんなにたくさん見たのは初めてです。
てか、まだ彼岸まで間があるのに、今から咲いてたら彼岸には枯れちゃうじゃん。
高知県は緯度が低いので、咲くのが早いんでしょうか。

道の駅の近くに、八坂神社があります。
20150916
この神社の境内には、日本一の大杉があるとのことですが…。

おお、なんかすごそう。
20150916

おお、マジですごい!
20150916
2株の杉が根元でくっついていて、かなりの迫力です。
想像していた日本一をはるかに超える日本一です。
樹齢3000年だそうです…杉ってこんなに大きくなるんですね。

少し道を上がると、大杉の苑という名の、美空ひばりさんの遺影碑がありました。
20150916
遺影碑がピカピカすぎて、ずっと我々の後をついてきていた地元のオッサンが写りこんでます(汗)。
このオッサン「写真撮るんだったら言ってくださいね、シャッター僕が押しますから」なんて言いながら、頼みもせんのに勝手についてきてまして、ご覧のように私の撮った写真に写ってきた迷惑な人です。
慈善事業をしたいなら、迷惑になる形でやったらいけんのんじゃないかと思うわけで。

ヒット曲「川の流れのように」の歌碑もあります。
20150916
ひばりさんは10歳の時にこの町・大豊町に巡業に来られて、乗っていたバスが事故に遭ったそうです。
事故後に救急措置を受け、療養後に八坂神社を訪れ、日本一の大杉の前で自分の成功を願ったそうです。
そして願いが叶い、大杉にお礼参りにも来られたとか。
そんなひばりさんとの縁の深い場所なので、亡くなられた後に大杉の苑が作られ、遺影碑と歌碑ができたそうです。
歌碑の最後には作詞者の秋元康さんのサインがありました…AKBのプロデューサーは、ミーハーじゃない活動もちゃんとやっておられたようで。

近くの小さな公園には、水車がありました。
20150916
水の供給や製粉はしない水車ですが、田園風景に水車はよく似合いますね。
田舎、じゃ、ダメです。
田園風景である必要があります。
私が今住んでいるところは秘境であって田園ではありません…水車は似合いそうにないです(笑)。

もう1回、続きます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1176-eac7cc14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック