らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

今日は久しぶりに、ややこしくんの家に行きました。
先月のお盆前にいきなり彼が入院して、受験勉強のドクターストップがかかって以来なので、かれこれ1か月弱ぶりです。

といっても、授業をしに行ったわけではなく。
まだいただいていない分の授業料をいただきに行ったのです。
いわゆる「未精算分の精算」というやつです。
そう、ついにというかやはりというか、彼の家での指導は打ち切りとなりました。
これ以上の受験勉強の続行は不可能、と、医師が判断したため、治療に専念することになったようです。

ややこしくんは、現在23歳です。
いじめに遭い、心を病みながらも高校は卒業し、現役の年に受かった大学は不本意との理由で蹴っています。
1浪の時は予備校に通っていましたが、予備校の講師といざこざがあり(おそらく気のせい)、うつ病が悪化。
その後しばらくは精神が不安定すぎて、治療に専念していました。
今年のはじめにやっと医者からOKが出たので、家庭教師を探し、勉強することになりました。
私は何人目かの国語教師として、4月から雇われることになりました。

おそらく家庭教師を探し始めた頃から、彼の精神はまた不安定へと向かっていたのだと思われます。
元々、対人関係が原因で病んだ彼、人と接すること自体がものすごいストレスだったのでしょう。
そんな人がたびたび教師を解任したりまた雇ったり場合によってはオーディションやったり、そういうの健康体でも結構疲れるのに、病んでる彼には相当の疲労だったことでしょう。
当然、勉強も思うようには進みません。
私もかなりのとばっちりを受けてしまい、概要をブログに書いてきました。
LINEの不毛なやり取りなどを掲載し、憂さ晴らしをしていたことは皆様周知の事実です。

しかし、ややこしくん本人には憂さ晴らしの手段は何もなし。
ついには処方されている薬のコントロールができなくなり、トラブルをたびたび起こすようになりました。
そんな状態になればアル中と一緒で、10年以内の死亡率が40パーセントくらいになります。
ひどいストレスで自殺したり、薬物で事故に遭ったりする確率が跳ね上がるからです。
結果、お盆前に発症した「熱中症」が元で入院、隔離され、そこで受験勉強は中断されていました。

私は彼の体調も気になるけど、教育者としては夏の間に勉強が全く進んでないことの方が気になり、彼には内緒で医者と親から話を聞くことにしました。
どちらの見解も「受験勉強を再開してから、病気はまた一気に悪くなっているので、勉強はやめさせたい」とのことでした。
私もそう思ってました。
でも本人が頑固なので本人の意思に任せるしかないという結論に至り、9月に入ってやっと本人が「受験は諦めて治療に専念する」と申し出てきたんだそうな。

ああ、なんか、肩の荷が下りました。
どうなることやらといつも気を揉んでいたことが消え去り、ご家族には非常に申し訳ないけど、ものすごく安心しました。
本人的には、今まで苦労して勉強して教師を雇って解雇して悩んでお金も失って、そんな日々が完全に無駄になってしまうわけです。
でも他人の手で勉強を取り上げられるのではなく、自分の意思でやめることにしたのであれば、誰かを恨むようなことはせずに済むのかなと思ったりします。
とはいえ、被害妄想の人なので、しばらくは「俺の日々を返せ!」と、彼の脳内で私は恨まれるのでしょうね。
別にいいや。

別にいいや…ではあるんですが、私、無職になっちまいました~。
安い内職があるから無職じゃないけど、なんか社会的地位が格段に落ちましたね。
育児中でもないのに専業主婦…今住んでる社宅の奥さんはみんなそうで、離島住まいの転勤族だから仕方ないと諦めているみたいですが、私も無職もしくは内職の職人として生きるべきか。
それとも、取ったばかりの資格を有効利用するか。
それとも、橋代を払って雇ってくれる家庭が出現するのをじっと待つか。
まあ、すぐに決めなくてもよさそうなので、ゆっくり考えましょう。

この期に及んで旦那は「卒業おめでとう!」とぬかしやがりました。
厚意と受け取っておきます…旦那には心配かけたのは事実ですから。
しかも、お祝いまでしてくれました。
20150907
カレーだけでお祝いだとちょっとショボいんですが、これ、ランチカラオケなんです。
そう、ランチカラオケで食べて歌ってお祝いです。
旦那は「彼は赤い糸じゃけえ、治療が落ち着いたらまた雇ってくれるぞ」なんて言いますが、その可能性は薄いんじゃないかと思います。
治療が完全に終わった状態なら、また受験を応援してもいいんですが、少しでも病んでる人間はもう勘弁です。

調子に乗ってる旦那は「お祝いに13日から1泊で高知に行こう」と言いました。
連休なんかしばらくないはず、と思ったら、12日が宿泊勤務なので、13日の朝に帰ってきてから出ようとのこと。
調べたら、13日は高知競馬が開催されていますね…何がお祝いじゃ旦那!
でも、これも厚意と受け取っておきます…旦那には心配かけたのは事実ですから。
スポンサーサイト
コメント

ご存知のように我が家にも受験生がいるのよ。これはもう、我が家に来てもらうしかないのか?
2015/09/08(火) 07:32:23 | URL | ひら #- [ 編集 ]

おつかれさまでしたー
昨日の予告でひょっとして彼のことって思ったらやっぱり。

病気も跳ね飛ばしてほしかったけど、残念。。
2015/09/08(火) 08:19:12 | URL | ダンボ #zrlrsVek [ 編集 ]
>ひらさん
それはもう、時間はたっぷりできたので行けますよ。
ただ本人の意思尊重ですよ、何事も。
2015/09/08(火) 23:57:54 | URL | きょうこ #RqWBMyRA [ 編集 ]
>ダンボさん
病気を跳ね飛ばすのは正直な話、かなりの時間を要するんじゃないかと。
すでに10年以上患ってる状態ですからねぇ。
2015/09/08(火) 23:59:32 | URL | きょうこ #RqWBMyRA [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1169-f9c25030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック