らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

水曜はレディースデー。
ということで、映画を観に行きました。
今回観たのはこれです。
20150729
「ターミネーター新起動ジェニシス」です。

人気は上々、観たい人の数も上々、ただしレビューが最低評価…という。
まあ予測はしてましたけどね。
歴史改編がテーマみたいだったから。
なんでもアリなんだろうな、と。

実際、なんでもアリでした。
もうT800は人類救済のために戦ってはいないようです。
何のために戦うのかというと。
ぶっちゃけ、お金のためでしょうね。
アメリカ映画にはありがちなことです。
シュワちゃんが俳優をやめるまで作り続けそうな気がします。

ただ私は酷評はしないですよ。
目的やらの難しいことはともかく、面白かったですから。
あの迫力の特撮映像は、日本映画では作れないレベルです。
素晴らしく美しい映像の出来栄えは評価に値すると思います。
だから映画館で観て損はなかったと思います。

むしろ、酷評されてるからDVD発売を待ってレンタルしよう…と考えてる人がいるなら、それは間違いなのでぜひ観に行ってください。
全く関心のない人や、DVDが出ても観ないと決めてる人は別ですが。
家のテレビで再生しても絶対、オモロナイに決まってるのです。
私はスタジオジブリの映画、特に宮崎駿監督の映画は絶対、興味があればスクリーンで観ることにしていますが、家で観たって迫力が半減するのがわかってるからなんです。
ターミネーターなどの種類のアメリカ特撮映画も同じです。
だいたい、アメリカの映画に脚本の良さを求めたらダメなんです。
映像のクオリティ重視です、いつでも。

でもねー。
ターミネーターを愛してやまない人は、がっかりするでしょうかね。
だけど仕方ないですよ。
最初のターミネーターは1984年だから、もう31年経ってるわけです。
シュワちゃんはその間に知事になったり俳優に戻ったりしてますし、ジョンもサラもキャラが変わってますし。
感情移入さえしなければ、きっと楽しい娯楽作品です。
そしてあのエンディングから察するに、次の作品もありそうなので、それにも期待しましょう。
スポンサーサイト
コメント

3って黒歴史だよね。
2015/07/30(木) 15:09:53 | URL | ねくら #- [ 編集 ]
>ねくらさん
初代監督は2で終わりって断言したのに、無理に別の人が作ってあの内容はあんまりですよね~。
2015/07/31(金) 02:01:21 | URL | きょうこ #RqWBMyRA [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1137-ba569c05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック