らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

私は最近、LINEの通知音とバイブをオフにしています。
ややこしくんからLINE攻勢に遭って、いちいちスマホが音と震えで教えてくれるのがウザくなったからで、そのせいで友人からのメッセージを読むのが遅れがちになっています。
なかなか既読がつかんな~、とお思いの友人の皆様、どうもすみません。
まあ、そんなことでいちいち文句言うようなアホな友人はおりませんが、世の中には即座に反応してあげないと異常行動に出る人間も少なからずいるもので…。

昨夜、楽しい休日の記事を更新している最中に、こんな楽しいメッセージが来ました。
いえ決して楽しくはないのですが、ここんとこ悪魔度が増してる私、笑ってしまいましたよ。
20150702
そうですか。
そう来たか。
なんか、あんまりびっくりせんよね。
きっと私の中では想定の範囲内だったのでしょう。
しかも素晴らしいことに、この先生、携帯の番号まで変更してしまい連絡が取れなくなったそうな。

ということは、電話攻勢されてイヤになったから打ち切った、と思いますよね普通。
だから「電話しまくって迷惑をかけたんじゃないですか?」と聞いてみましたら。
20150702
私が質問したこと以外にもこんなにお答えくださりました。
運に見放された…ですか。
そうかもしれんけど、運のせいだけじゃないと思うぞ。

その後もウダウダウダウダと同じような内容で私を攻撃してきました。
私は昨日書いたとおり、後ろ向きなのは好かんのです。
だから、ウダウダはやめなさいと伝えました。
もうそんなのは忘れて心機一転するか、どうしても許せないなら裁判でもしなさい、と。

そしたら、裁判していたら受験に間に合わないから、忘れることにしたそうです。
しかし今日指導に行ったら、辞めた英語教師の悪口ばかり言い、全然忘れる気がないのです。

なんかもう腹立ってきました。
お前の本気はその程度か!
いろいろ抱えた状態でも本気で勉強すると言うから、私は協力しようと思ったんだ!
でも本気じゃないなら、その善意をお前は踏みにじることになるんだ!
何かあるたびにウダウダ言う、その程度の本気なら付き合いきれんわ!

…という内容を、やんわり言ったつもりです(汗)。
今にも過呼吸起こしそうな顔で震えてましたが、もうそんなこと気にしてる事態じゃないです。
ちょうど授業時間も終わったので、今後のことをもっと真剣に考えなさい!と捨て台詞して、家をあとにしました。

英語教師がどうして急に契約を打ち切ったのか、ややこしくんには理由はわからないそうです。
まあ、断定はできませんが、私は何となくわかりますよ。
だってびっくりしないし。
しかもちょっと羨ましいし(おい)。
これ読んでくれてる皆さんにも、わかりますよね。
電話攻勢に疲れたのか、ネガティブな性格に疲れたのか、ウダウダを聞きたくなくなったのか。
まだ大学出て間もない若い先生には、荷が重すぎたのでしょうね。
それなのに「何の過失もない」ってよく言いきれますよねこのタコボウズ。

今日はどこにも寄らずに帰宅した私、ややこしくんのお母さんに電話しました。
そしてややこしくんが震えてしまうほど、厳しく指摘したことを正直に言いました。
そもそもややこしくんはスマホを持っていず、LINEはお母さんのアカウントを借りており、お母さんはすべてのやり取りを見ることができるためかなり心配していたようで、そのこともお詫びしました。
お母さんの方が恐縮してしまい、ご迷惑をおかけしましたと謝ってきました。

一応、次の指導日は決まってますが、もしかしたらもうクビにされちゃうかもしれませんね。
彼の本気がその程度であったのなら、それはそれで仕方ないです。
ただし、先月分と本日分の「お代」をまだいただいてないので、指導打ち切りの場合でも1回は家に行く、とわざわざ伝える私はどんだけ言いたい放題なんだとあとで思いました(汗)。

なんか非常に暗い話題をお見せしてしまったので、今日の福井の写真でも貼っておきます。
20150702
寄り道せずに帰宅したら、勝利投手福井を見ることができました。
福井は、投げる時の顔がかっこいいので好きです。
まえけんなどは投げる時の顔が大変恐ろしいですが(笑)、福井はかっこいいですね。
闘志を内に秘めるタイプなのでしょう…6勝目とプロ初打点、おめでとうございます。

ああ、言いたいこと言ったらスッキリした。
これでクビなら、円満退社のようなものなので、お祝いしようと旦那が言ってます(なんじゃそりゃ)。
もしクビじゃないなら、もうウダウダ言わないと決意した本気の受験生への、正しい指導ができることでしょう(希望的観測ですが)。
やっぱり、どんなことでも前向きが一番なのです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1116-1e57dd3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック