らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

ドライブしてもダムに行っても。
なかなか各種の問題は解決しません。
そりゃそうです。
いくら私がアクティブに動いても、問題の根本人物が努力する気がないのですから。

以下の内容は、ある日の出来事です。
ある日の出来事とはいえ、ほぼ毎日もしくは隔日、私は同じような攻勢に遭っています。
これを公開したからってどうにもなりませんし、掲載がバレたらプライバシーの侵害と文句のひとつも言われるかもしれませんが、相手であるややこしくんも約束を破ったのです。
勉強以外のことでウダウダ連絡してくるなという約束を。
ウダウダ言うなら、治療を先にするという約束を。

まずはLINE電話を通じての着信です。
20150628
この時点で3回かかってきてますが、留守電はいっこもなし。
すなわち急用ではありません。
私は旦那の送迎のためハンドルを握っており、電話は取れませんでした。
ゆえに放置しましたが、結局6回かかってきました。
夜も遅いので電話の折り返しは控え、メッセージで返信しました。

右側が私の送ったメッセージです。
左側が、ややこしくんの返信です。
20150628

からの。
20150628
センター試験諦める、はともかく、人生諦めるってどうよ。

私は、人生諦めるくらいなら、治療に専念したらいいって返信したんですよ。
そしたら。
20150628
…人生、諦めてないんじゃん。
年齢制限のことまで想定してるんじゃん。

さらに続きます。
20150628
おっ、また人生諦めたか?
この時点で私も相当ウザくなってきたので、治療しろとしつこく言うしかなかったですね。

まだまだ続きますよ。
20150628
お先が真っ暗、と来ましたか。
私のお先の真っ暗については考慮してくれないんですね。

私はこの種の問題に関しては、専門ではありません。
だから適切な回答ができている自信はないんですが、お先真っ暗の根源は病気ですから、まずは病気を治すべきだと思ってそのように伝えるんですが、そしたら同じような内容で堂々巡りになってしまいます。

とにかく病気を治してほしい。
その気がないなら、病気を抱えたまま戦う覚悟を持ってほしい。
にもかかわらず泣き言ばかり言うなら、私は覚悟が足りないと判断する。
そんな弱気な人間に対し、受験指導を続けることはできない。
だいたい、年齢制限があるような狭き門の職種、健康で優秀な人間でもなかなか就けない。
病気持ちの人間ならまず採用されない。
広き門の職種だって、病気持ちなら採用見合わせの憂き目に遭う率が高い。

という内容を今まで、かなり切々と私は伝えてきました。
そしたら「どんな厳しいことを言っても構わないけど見捨てないでほしい」なんて言いやがります。
何がしたいんでしょうね、ややこしくん。
目標とか一応聞いてはいるものの、わからなくなってきました。
「今すぐ死んでも未練はない」と結構簡単にぬかしやがる反面、「将来年金がもらえなさそうなのが心配だ」と半世紀後のことまで言ってる彼は、うつ病人としてかなり重症の部類なんじゃないかと思います。
正直、コイツの人生のことは知ったこっちゃないですが、今現在私の貴重なプライベートがこんな暗い内容で汚されることに対しては許し難く、どうにかならないかと思ってるところなのです。

よろしければ、皆様のご意見も聞いてみたいです。
それと、いくら困ってるからってこんな場所に晒す内容じゃない、というご指摘があった場合はこの記事は削除します。

私は医者でもなく、家族でも友達でもなく、単なる雇われのカテキョです。
そういう微妙な立場でどんな態度を取ったらいいのか、今、わかりかねているところです。
ややこしくん宅にはもうひとり、英語教師が雇われていますが、その教師には込み入った相談は全くしていないそうです。
まだ20代の若い教師なので経験が浅そう、というのが理由ですが、私だって重症うつ病患者に対する経験は専門外もいいとこで、その英語教師と同じようなものなのです。

今後も私だけでも気分転換を図りつつ、適当に相手しておきゃいい、って感じでしょうかね。
いくら親身に解決してあげようと思って意見を言っても、全部却下されるんだから。
ああ、それこそ「時間が非常にもったいない」のですよ、ややこしくん。
そんなウダウダ言う暇があったら勉強しろ、それしかないですかね。
スポンサーサイト
コメント

もう、やめちゃえば?
ネタと橋代と天秤にかけて、釣り合わないんなら続ける意味もないでしょう。
先日、アドラーの心理学を読んでみたら結構面白いことが書いてあったよ。
2015/07/01(水) 12:46:31 | URL | ねくら #- [ 編集 ]
>ねくらさん
そうですねー、辞めちゃう話もアリですね。
どうやって過呼吸起こさせずに辞意表明するかを考え付いたら、マジでそういう方向も検討しないと。
ただ私、ネタと橋代のために働いてるわけではないので誤解無きよう…まあそう思われても仕方ないキャラではありますが(汗)。
2015/07/01(水) 23:56:58 | URL | きょうこ #RqWBMyRA [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1114-f355147b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック