らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

ワガママ生徒くんの指導、GW前半に詰め込むことになり、今はほぼ毎日橋を渡って尾道まで行っています。
詰め込んでる理由は、新しい英語教師の紹介が滞っているため、今はできるだけ多くの時間を国語学習に充てたいとのことなんですが…なんか話が違うところもありまして困惑中です。

カテキョ会社の規定には、成人男性の生徒に女性教師をあてがう場合、もしくは成人女性の生徒に男性教師をあてがう場合、家に生徒以外の家族がいる時間帯に行かねばならない、とあります。
まあ、何も間違いは起こらないとは思いますが、万が一何かあった際に会社が責任を取れないから、というのが理由です。
それなのに現在、私、生徒の親が仕事に出ていて不在の時間帯(朝とか昼間とか)に、平気で呼ばれて平気で仕事やって帰っています…もう会社はこのワガママ生徒くんを見放しちゃったんでしょうね。
何かあっても知るか、って感じなんでしょうね。
私もとっとと見放したいんですが、そういうことができる性格じゃないのがこの場合は損です。

生徒の家に行って指導してる間は、なんとか言うことを聞いてくれてはいますし、思ったより順調にはかどってもいます。
しかしオフの時にかかってくる電話は未だにきつくて困ります。
最近の電話の内容は「英語の教師は月末までに紹介してくれるらしい」「ダメだった場合に備えて個人契約の先生を探すためにネットカフェで検索している」などなどですが…そんなこといちいち私に報告しなくてええから~~。
教師が決まったらまた電話すると言ってきましたが、別にしなくていいって断りました。
私が次に行く日は決まってるんだから、その時に報告してくれたらそれでいいからと。

オフの際に仕事の電話って、内容を問わずなるべく避けたいですよね。
私だけかなぁ。
そいつ社会人になったことがないから、そういう察しの心がないんでしょうか。
旦那は「察しとか常識とか関係ないじゃん、ただお前と会話がしたいだけじゃ、赤い糸よやっぱり」などと言って茶化してきますが、そんな暇があったら勉強に集中してはくれないだろうか。
今までに引きこもり系の生徒と相対したことは何度かありますが、大半が「寂しがり屋だけど引っ込み思案で、自主的には他人と交流を持ちたがらない」という、シャイな感じの性格をしていました。
それはそれでよくないけど、電話攻勢してくる引きこもりも扱いに困りますね。

気分転換に買って帰ったもの。
20150428
桂馬の蒲鉾です。
そういえばこちらの生徒も引きこもりさんでしたね…今は社会復帰できています。
久しぶりに3代目女将にも会えたので、ちょっとお話していきました。

中身はごぼう天です。
20150428
ああ、ストレスで買い物依存に陥る主婦の気持ちがわかり始めたこの頃(笑)。
とはいえ私は高級ブランドや貴金属にはあまり関心がなく、主に食べ物です。
食べ物だとお財布的にはそこまでヤバくないけど、買ったもの全部おいしくいただいてたら確実に太りますね。
なるほど、ストレス太りってそういうことなのか。

山崎パンやローソンパンのシール祭りが始まると、結構頑張って集めたりするんですけど、しっかり集まって食器と交換する直前、どうしようもない罪悪感に襲われる時があります。
集まるまでに費やしたお金もさることながら、そこまでの間に摂取した総カロリーのすごさに反省しつつ、食器がもらえるとやっぱり嬉しくて…完全に戦略に乗せられてますね。
スポンサーサイト
コメント

その生徒さん、きっと今まで誰も自分の話聞いてくれる人がいなくて、やっと聞いてくれる人が現れたんでしょうねー。

だからいろんな事話しまくるんだろうなぁ。

気分は親友なのでは?
2015/04/29(水) 10:05:33 | URL | ひら #- [ 編集 ]

休日の仕事の電話、前向きな自分にとっても良いお話しなら
いいけど、私もやですよー
2015/04/29(水) 11:31:56 | URL | ダンボ #zrlrsVek [ 編集 ]
>ひらさん
気分は親友なら、相手の都合などを考慮してほしいもんですよ、やっぱり。
とにかく一方的で思いやりに欠けるあたり、今まで親友なんかいなかったんだろうなぁと気の毒にすらなります…同情はしませんが。
2015/04/30(木) 02:29:39 | URL | きょうこ #RqWBMyRA [ 編集 ]
>ダンボさん
そう、小躍りするようなグッドニュース以外は勘弁ですね。
成績上がったとか合格したとか…今のところそれら全くなしですよ~。
2015/04/30(木) 02:32:33 | URL | きょうこ #RqWBMyRA [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1057-4293e269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック