らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

「若い力でチームに勢いをつけていけるよう、がんばります!これからもよろろ○△□※…」
いや~、初々しいじゃないですか!
野間選手、初ホームランと初お立ち台おめでとうございます。
20150419

羽生選手があの有名な曲でエキシビジョン踊ったり。
やっとBSついて観れるようになったF1でライコネンの表彰台に喜んだり。
旦那が皐月賞外してガッカリしたり。
など、スポーツニュースが盛りだくさんだった日でしたが、私にとってのトップワンは野間選手でした。

野間選手、いいルーキーですね。
最初は広島育ちの早稲田の有原投手を指名して日ハムに持って行かれ、外れのドラフト1位で指名した選手ということで、あまり期待してませんでした。
しかもその頃は黒田の復帰も決まっていず、投手力強化しなきゃならんのに野手を獲得するってどーゆーことよと思っていました。
そして新人選手記者会見に行った際に初めてナマで彼を見ましたが、新人のくせになんか態度がでかく生意気な雰囲気がどうも気に入りませんでした。

だけどオープン戦の頃から、彼はよく打ちました。
走攻守揃った、緒方監督のような選手…本当にそうかもしれんと思い始めました。
ただ、そういうタイプだから監督が気に入って、贔屓でスタメンで出てるんだという思いも捨てきれず、心の底から応援していませんでした。
今思うと大変失礼なことでした。
野間選手ゴメンナサイ。
あの時、ハイタッチまでしてもらったというのに。

少し生意気と思われたのも、単に彼の醸し出す外見上のものだったんですね。
お立ち台で緊張のあまり噛みまくる彼を見て、逆にかわいいじゃないかと思っちゃいました。
ああいうキャラであるなら、私の野間選手への偏見は一掃されます。
これからはもっとちゃんと応援しようと思います。
鈴木誠也くんもお立ち台に呼んでほしかったですが、それはまた次回に期待、ということで。
誠也くんも頑張りましたね。
野間選手と新井選手の流れに乗って、見事なツーランホームランでした。

今季は投打がかみ合わない、というか、全然打たない得点力の低い試合ばっかり観てきたので、今日みたいに打線がバシバシつながると気持ちがいいですね。
カープ特有の、足を使ったせこい野球は嫌いじゃないです。
だけど、その場合は「確実に得点してくれる場合」という条件付きです。
じゃんじゃん打って走るけど残塁するんじゃ意味ないですから。
その点、ホームランはやっぱり観ていてスカッとしますね。
ドラゴンズの新人投手くんには気の毒だと思ったけど、彼もまた修行中ですから、これにめげず頑張ってほしいです。

だけどね~。
野間選手のお立ち台中、統一地方選挙のせいでやかましい車が近くに来てて、じっくり楽しむことができんかったのが腹立ちますね。
私、移転したばっかりで今は選挙権がないので、余計にうるさかったです。
だいたい4月に選挙やるのって間違ってますよ。
4月は移転して新生活する人が多いですから、当然、選挙権ない人も多くなります。
投票率が下がる原因にめちゃめちゃつながると思うんですけど。

ボヤキで終わってはいけませんね。
野間選手、これからも頑張ってください!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1050-a9f6f6bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック