らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

えーと。
昨夜は、上下泊です。
おかげで寝不足です…暑さで何回も目が覚めるんだってば。
夜は20度くらいに下がるはずが、下がらなかったんですね。
しかもエアコン付いてないから、暑がりにはきつかったのです。
扇風機の保冷剤、やっぱり買わなきゃならんな~。

なぜ上下町に泊まったのかというと。
旦那が休日で、美術館に行こうと言ってくれたからです。
美術館が三次市にあるので、府中から行くよりも格段に近いということで。
え~。
嬉しいけど、夜は仕事あるんだよねぇ。
まあいいや、リフレッシュしたいし、美術館に行きましょう。
暑さによる寝不足は想定外でしたけど、行きましょう~。

着きました。
奥田元宋・小由女美術館です。
20170803
常設展では三次市出身の奥田元宋・小由女夫妻の作品展示がされている美術館です。

水の張られた中庭は美しいです。
20170803
天気が良すぎて、ものすごい暑さです。

中庭の前では、巨大なラスカルがお出迎え!
20170803
これ、めっちゃかわいいです。

そう、私が今回見に来た展示は、世界名作劇場展です。
20170803
「フランダースの犬」から始まり、約20年間もの長きにわたって、日曜日のゴールデンタイムに放映されていました。
こちらのぬいぐるみはラスカルとパトラッシュですね。

貴重な原画や台本などが展示されていて、残念ながら写真撮影できる場所は少なかったけど、すごく楽しい展示でした。
私は「あらいぐまラスカル」と「トム・ソーヤーの冒険」が大好きでした。
ラスカルはもちろん、キャラのかわいさで好きになり、トム・ソーヤーは以前に書いたと思いますが、トムの親友であるハックルベリィの暮らしぶりに憧れて好きになりました。
また、リアルで観たことがなかった作品も、BSなどの再放送でかなり観たので、主題歌などはほとんど知っています。
童心に戻って楽しむことができました。

こんな展示鑑賞に誘ってくれた旦那、子供の頃に名作劇場が好きだったのかと思ったんですが。
フランダースの犬くらいしか観たことがないそうな。
他は、名前くらいしか知らんそうな。
では、なぜ?
最近の旦那、外国文学にハマっており、でも難しいと感じているらしく、子供が主人公でありわかりやすい名作劇場を導入にしようと思ったんだそうです。
動機はさておき、未知の分野に足を踏み入れるきっかけとしてはまあ、いいんじゃないかと。
私は高校大学時代にたくさん外国文学や児童文学を読んだので、そんな方法もあるんだと感心しました。

名作劇場ではないけど、日本アニメーション制作の作品「ちびまる子ちゃん」のオブジェ。
20170803
日曜の夜に家族で観るアニメといえば、今はこれなのでしょうね。

もちろん、常設展もしっかり見てきました。
20170803
日本画家である夫の元宋先生と、人形作家である妻の小由女先生の作品、じっくりと実物を見せていただいたのは初めてでしたが、三次市にこんな素敵な作家さんがおられたことを改めて知って驚きました。
私の地元にも、平山郁夫先生がおられますが、広島県って才能の宝庫ですね。

美術館が終わったら、暑いのでクールダウンしに、道の駅へ。
20170803
ゆめランド布野という施設です。
この建物は野菜市とジェラート売場がありまして。

ゆず茶のジェラートをいただきました!
20170803
ゆずは三次市の代表的な柑橘です。
このジェラート、すごくゆずが濃くておいしかったです。

美術館に行き道の駅に行き、楽しい三次市時間を過ごしたのはいいけど…。
夕方、寝不足状態で仕事に行って、長距離運転が大変でした(汗)。
仕事先では何とか頑張りましたが、帰りの運転は休み休みしながらとなりました。
でも、こうして体力の限界まで遊ぶのは嫌いじゃないです。
体力の限界まで働くのは嫌いですけど(爆)。

昔、親からよく言われました。
「誰にも迷惑かけないなら好きなだけ遊んでいいけど、遊びに行って疲れたと言うな」と。
そんな厳しい?教育のおかげで、遊びに行ってもあんまり疲れなかった私ですが、最近はやはり年取ったのか、人並みに疲れていることもありますね。
まあ、今回の疲労原因は遊びじゃなく、暑さによる寝不足なわけですが。
スポンサーサイト