らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

東京2日目。

朝一から、こんなところに来ました。
20170712
浅草のホテルから徒歩10分ほどの場所にある隅田公園。

隅田川越しに見るスカイツリーとアサヒビール本社。
20170712
隅田川は思っていたほど汚くはなかったです。

そう、ここから水上バスに乗ることにしたのです。
20170712
浅草に4泊もするのだし、このくらいの体験はしておこうと思いまして。

乗り込んだのは漫画家・松本零士氏デザインの船「ホタルナ」です。
20170712
乗客の大半がキムさんやパクさんです…日本人、少な~。

松本零士氏が監修もしているのか、船内アナウンスは鉄郎とメーテルと車掌さんです。
20170712
「メーテル、東京の町はまるで999の駅があるメガロポリスのようだね」
などと、我々の世代なら震えてしまう野沢雅子さんの声が響き渡りますが、キムさんやパクさんにはお分かりにならないようで、みなさん好き勝手にでかい声でおしゃべり中です…もったいない。

海から見るレインボーブリッジもなかなか新鮮です。
20170712
「東京の夢の懸け橋と呼ばれる橋よ」メーテルの声も優しくて震えてしまいます。

浜離宮の桟橋に着きました。
20170712
「向こうに見えますのは東京タワーでございます」…車掌さんの声優さんは亡くなったんですよね。
別の意味で震えます。

晴海客船ターミナルは、三角屋根が印象的です。
20170712
東京みなと祭の会場になるところですね。

終点のお台場海浜公園に到着です。
20170712
すぐ後ろにあるのははちたまと呼ばれる、フジテレビ本社ビル。
これも海から見ることは珍しいです。

これがホタルナです!
20170712
宇宙船をイメージしたシルバー・メタリックの流線形ボディに、ガルウィングの扉…SF漫画の巨匠・松本零士氏らしい未来的なデザインが素敵ですね。

お台場に到着したのはお昼過ぎでした。
まだまだ1日は長いです。
続きます。
スポンサーサイト