らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

広島県で大雨、降りましたね。
皆様の地域はいかがだったでしょうか。

上下社宅の裏山は崩れそうで崩れず、しかし木の枝は垂れ下がり、車の屋根を直撃しそうでした。
傷がついたら困るので、なんとかカットしましたが、また垂れ下がってきそうなので心配です。
倉庫の屋根にはツタが絡まっています。
駐車場は草ボーボーで歩きづらし。
そして玄関にはどでかい蛾がしがみついたまま動きません。

そんな、人里離れた山奥の、雨上がりの様子です。

福山市の河口へと流れゆく芦田川もこの通り。
20170705
普段は静かな川なんですが、濁流が流れております。

お聞かせできませんが、流れもすごいけど、音がとにかくものすごいのです。
20170705
いつもはチョロチョロとせせらぎチックなんですが、今日は「ゴォォォ~」と唸っています。

こんな水量の増えた日は、ダムに行きたいですね。
でも今日も昼過ぎまで大雨が降っていたのでそれは我慢です。
昼過ぎからは止んだので、いつものように荷運びに出かけました。
今日は荷運びのついでに、歯医者にも行ってきました。

実は8年前に抜いた親知らずの跡に、後遺症が残ってまして。
普段はなんともないけど、疲れたりすると痛むことがありました。
でも抜歯のあとなのでそんなものかと思い、特に何もせずにいました。
それが最近、疲れてもいないのにズキズキするわ、モノを噛んだら頭痛がするわ…で。
これはおそらく歯周病じゃないかと。
明日から東京に行くし、歯が痛いまま旅行してもつまらんし、応急処置だけでもしとこうかと思って、重い腰を上げて歯医者に行ったんです。

そしたら、単なる歯周病ではなく。
なんと抜歯の跡に脱脂綿だか糸くずだかが残って埋没しており、そこに細菌が入って痛んでいた、ということがわかりました。
レントゲン写真にくっきりと、糸くずの画像が写ってるのを見せていただきました。
完全に、親知らずを抜いた先生の後処理ミスです。
やれやれです。
今日は応急処置と消毒をしてもらい、東京から戻ったら根治治療に入ります…こんなことってあるんですね。

ということで完全に治ってはいませんが、痛みだけは取ってもらったので、なんとか東京旅を楽しめそうです。
明日から行ってくるので、次の更新は帰宅後、11日以降になります。
7月9日の神宮球場以外、具体的なことは決まっていませんが、宿泊が浅草なので、周辺を観光するだけでも楽しめそうな感じです。
現在、巨人に連敗中のカープ。
神宮では打線炸裂してくれることを願いましょう!
スポンサーサイト