らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

今日は久しぶりに、教材を渡しに行きました。

まだ新居にはパソコンがないため、教材作りは上下町でやっています。
担当さんにはすでに「府中町に引っ越した」と言ってあるため、打ち合わせの場所は府中町近辺。
まあ、上下町に来ていただいても、食事する場所はないんですが(汗)。
楽しくもあり、面倒くささもありの二重生活。
それを言っちゃうと、旦那の実家も理容院経営なので、自宅と店舗との二重生活ですけどね。
違いは、旦那実家と店舗の距離は1キロほどで、上下町と府中町の距離は30キロくらい、という点です。
とてもキツイ違いだと思います(爆)。

荷運びの際に打ち合わせに行ってきました。
場所はジョイフルです。
20170614
チキン南蛮定食です。
リーズナブルですが、1,312kcalもあるので、今日の最後の食事になりました(笑)。
おかげさまで現在、腹が鳴りまくりじゃないか。

その後は新居に戻り、洗濯などして、テレビ購入後は初のカープ中継を観ました!
テレビあるって、いいですね。
今まで新居ではずっとラジオの中継を聴いていました。
ラジオの実況も細かいので、試合の一挙一動はわかるけど、やっぱり決定的なシーンは映像で観たいですから。
大瀬良くんがピンチになった時の菊池選手の華麗なプレー…しびれましたよ。
野村克也氏からはずっと「髭を剃れ、俺はプロ選手として認めない」と言われ続けてますが、イチローだって髭あるじゃんか。
髭のない菊池選手もきっとかっこいいとは思いますけどね。

でも、一番しびれたのはこの人ですね。
20170614
誠也くん、また「最高です!」と叫んでくれました。
そして自分で水をかぶっていました。

この人は、どんだけすごいのでしょう。
ホームランと得点量産は確かな打者としての実力であり、神がかってるわけではないと思うのですが、やはり「神ってる」と言いたくなってしまいますね。
いや、神ってるというより、持ってるのでしょう。
去年のオリックス戦の自分を思い出してサヨナラホームランを打ったというのだから。
そんな大一番の場面できっちり仕事ができるのは、持ってる人ならではです。

持ってるというのは幸運な人に対して使う言葉ですが、実力と精神力も含め、誠也くんは持ってるのですね。
夜はバットを抱いて寝るような変態ですから(笑)、持ってて当然ですよね。
グラブを抱いて寝る野球人は多いようだけど、バットって…変態そのものです。
いい意味で言ってるんですよ、もちろん。
スポンサーサイト