らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

不動産屋に行く際に、旦那の実家まで、おつかいに行きました。
旦那の実家は福山市の北の方なので、上下町から行くには府中市中心部を通らない方が早いのです。
神石高原町を経由すると近いです…神石のイメージはかなり海抜が高い感じだったんですが、上下町ってそれよりも高くて緯度まで高かったんですね。
そんなすごい地域で今、暮らしてるわけで。
もちろんすごい地域というまでもなく、現地では人々の暮らしが普通にあるわけですが。
瀬戸内海出身の私にはピンとこないですね。

おつかいに行った後、隔日の温泉に行こうかと思ってたんですが。
その話を旦那の実家でしてたんですよ。
そしたら、なんと、実家でシャンプーしてもらえてラッキーです。

旦那の実家は理容院なんですが、最近は女性の髪を洗う機会は全くないらしく、なんか珍しがってくれました。
でもヘアカットなどは美容院に行けと言われて、全然やってもらえません。
理容師と美容師、そんなに差があるように思わないんですけどね。
カミソリの使用が許可されている分、理容師の方が偉いんじゃないかと、最近は思ったりします。
凝ったヘアスタイルを作れる点では美容師が偉いですけど。
単なる役割の違いですね。
だったら「カリスマ理容師」なんてのがいてもおかしくなさそうです。

食事は久々のココイチカレー。
20170428
オーソドックスにチキンカツカレーにしてみました。
すごくおいしいということもないけど、近所にないからたまに食べたくなるのです。

帰り際の、世羅町の桜です。
20170428
ピークは過ぎてますが、まだいけるんじゃなかろうか、これ。

福山市の桜は完全に葉っぱになっていたのに。
同じ広島県でもずいぶん違うんですね。
しかもそんなに遠くない(車移動で30分ほど)なのに、かなり気候が違うようです。
地図で距離を見るだけではわかりませんが、海抜がものすごく違うみたいです。

不動産屋では、申込書と審査会社への書類を提出してきました。
あとは審査と、新居の鍵交換と畳交換を待つだけです。
結局、5月初旬までは上下町の住民ですね。
面倒で人間らしくない生活状態で、なんとか4月を乗り切った、そんな感じです。
スポンサーサイト
外食やコンビニ弁当の暮らし、間もなく1か月。

設備がないんだから作れんし、家で食事作るの面倒じゃん。
作らんで済むのはラクチンですね~。
などと最初は思ってましが、すぐに飽きました(笑)。
全く、人間というやつは仕方ないものです。
与えられた環境に対し、不満を持つようにできているのですね。

栄養バランスが悪くなるのはある程度想定してたので、野菜ジュースなどを意識的に飲むようにしています。
本当は炭酸飲料やアイスコーヒーが好きなんですが、家ではなるべく避けています。
そういうことを心がけていてもやっぱり、大根を炊いたやつが食べたい!などと、普段はそんなにたびたび思わないことを思ってしまったりするキッチンの不備というやつよ。
今しばらくの辛抱ですね。

それでも、外食に行くとやっぱり少しは心が躍るわけで。
矛盾を抱えながらも、楽しみたいと思います。
20170427
世羅高原豚カツの御膳です。

レストランタイニーにていただきました。
カツ以外に、お刺身や茶碗蒸しやデザートまでついておいしかったです。
世羅は牛肉も有名なので、次回はぜひそっちも食べてみたいですね。

なんで今日は世羅高原豚カツにしたのかというと。
カープ大瀬良投手の登板日だったからです。
「大瀬良大地」と「おお!世羅大地」なんてコラボもあるほど、世羅町と大瀬良投手は密接です。
今季まだ勝ちのない大瀬良投手がカツように、世羅でカツを食べたのでした。

結果は皆様ご存知の通り。
20170427
大瀬良投手、2015年以来の先発勝利、おめでとうございます。
この姿をファンは見たかったのです。

見るからに好青年の、背番号14の彼に勝利を!
そんな思いで、カツをいただきました。
背番号14は巨人にはいませんから(永久欠番です)、神様が間違えることはないだろうと、勝手な思い込みと妄想でカツを食べました。
いや、巨人の14だった方はものすごく偉大ですけどね。
リスペクトはあれど、カープファンには試合に関してそこまで関係ないですから(失礼!)。

明日は不動産屋さんに書類を持参する予定です。
入居の日は確実に近づいていますが、引越しってやっぱり大変なので頑張らないと。
県北の地は、今日は雨模様。
でも時々やんでまして、よくわからん天気ですね。
広島市は結構降ったみたいでしたけど。
でも野球の試合はあり、巨人相手のシーソーゲームをカープが制しました。

そんな日でも(どんな日でも、ですが)、隔日の温泉に向かう私。
でも、新しい賃貸には5月初旬には入れそうなので、それまでで終わりですけど。
5月になったらすぐ、を希望してたんですが、GWがある関係で契約が遅れそうなんですよね。
でも出口が見えてきたので、温泉通いも楽しくできるようになったでしょうか。

温泉に向けて運転中の風景です。
20170426
広島県知事は今は湯崎氏ですが、前の知事が建てた石碑があります。

さすが県北、まだ八重桜がきれいですね。
20170426
葉っぱも増えて来てますが、八重桜は少し葉っぱミックスもいけますね。

どこかの庭の芝桜もきれいです。
20170426
芝桜は季節的にはこれからです。
今年も見に行きたいですね…行けるかな。

温泉に着きました。
20170426
せら温泉は3回目ですが、写真を載せるのは初めてです。

到着したら、駐車場が車でいっぱい、観光バスまで来てました。
これは混雑してるかな、しまったな…と思ったんですが。
混雑していたのはお芝居と食事目当ての方々で、お風呂はガラガラ。
真横のロッカーも使われていず、快適に服の着脱ができました。
そして中国新聞の「ちゅーピーカード」を持参すれば、800円→600円になることを知ったので、今日は持参して安く入浴できました。

温泉生活も、面倒だわ金がかかるわと、最初はシブシブ通っていた感があったんですが、今はなんか楽しくていけません。
ただ、私はシャイなので(笑)。
かけ湯をしてお風呂に浸かってしまえばなんてことはないけど、脱衣所で全裸になる際はちょっとだけ恥ずかしいです。
まあ、そういう恥じらいの気持ちは、多少は捨てずに持っていたい、とも思います。
今日なんかブラジャー1枚着用のアラカンおばちゃんが、平気で洗面所でドライヤーかけてました。
風呂上がりのマッパが気持ちいいのはわかるんですが、ブラジャーしてるならせめてパンツ履けよオバハン。

あらゆる人間の「素」が見られるのは、全裸だから、ならではですかね。
温泉に行けば当然の風景ですが、家で入浴する場合、他人のそういう姿を見習う機会はありません。
お金かかってるってのもあるけど、奥が深い世界です。
上下の人になって初めて、父ちゃんに呼び出されました。

みかんやるけん、福山で待ち合わせしよう。
今日は福山の眼鏡屋に眼鏡を取りにいくけん。


白内障手術を受けて、視力が安定した父ちゃん、眼鏡を作り直したそうでよかったよかった。
って、福山かい。
うちから福山まで何キロあると思ってるんだ父ちゃん。
府中市中心部まで30キロほど、そこから20キロくらいあるぞ父ちゃん。

橋代かからんのじゃけ、気にするな。

いや、気にするって。
うーん、でも、仕方ないか。
みかんをやると言って、しかも眼鏡屋のついでとはいえ生口島から父ちゃんは来るんだから、遠い遠い上下町まで来てくれとは言えず。
移転後、初めて、父ちゃんに会いに行きました。

父ちゃんがごちそうしてくれたお昼ごはん。
20170425
ガストの日替わりランチです。
リーズナブルでおいしかったです。

ガストで向かい合うなり、父ちゃんは言いました。

おっ、引越し直後はいつも痩せとるじゃないか。
まあまたすぐに戻るんじゃろうけどの。


要らぬ世話です。
どうせ、すぐに戻りますけどね。

でも今回、やつれてないじゃないか。
肌がツヤツヤになっとるぞ。
もう年じゃし、真面目に手入れしようるんか?


いや、それは覚えがない…あ、ありましたかね。
手入れは正直、多忙にかまけてかなり適当なんですが。
今、隔日で温泉行ってますから。
もしツヤツヤが本当なら、温泉の美肌効果じゃないかと。
やるな、温泉。
そして継続すれば効能もありまくるということですかね。
お金がかかってイヤだなと思ってたけど、クリームなどで手入れをするよりは、温泉の方が性に合っています。

父ちゃんが持ってきてくれたみかんです。
20170425
はるかと安政柑と、余りものですね。

温泉効果もあったようですが、これからはみかんの美肌効果にも期待してみましょう。
キッチンで火を使う料理は相変わらず作れませんが、包丁とまな板は何とか出したし、安政柑をガリガリとカットしてしっかり食べましょう。
映画を観てきました。
かなり久々の映画です。
そんな余裕なかったし。
でも、今後もそんな余裕ないかも。
余裕ないというより、映画館が遠すぎます(汗)。

橋代がかからんようになったので、距離はあるけど行きにくくはないんですかね。
まだ不慣れな道のり、やはり遠く感じますけど仕方ないですね。

観てきたのはこれです。
20170424
「ひるね姫」です。
岡山県倉敷市の、瀬戸大橋が見える地区、児島が舞台です。

他にも観たい映画はいっぱいあったんですが、私が忙しくしてる間に上映が終了しそうになっていたこれにしました。
28日で終わりだそうで、ギリギリ間に合った感じですね。

夢と現実が交差して、主人公が行ったり来たりする、ほっこりファンタジー…かと思いきや、全然違いました。
こんな大冒険映画だったのですね。
テンポがすごくいいです。
てか、よすぎて詰め込みすぎかも。
主人公がのほほんとした性格なのに、とにかく展開が早いです。
でもついて行けないということはなく、飽きずに楽しめました。

一部のアニメオタクの方々からは酷評されてますし、映画マニアの方々からは何かのパクリだと揶揄されていますが、正しく家族の愛を描いたすがすがしい作品だと私は思います。
ぜひみんなにおすすめしたい…けど、もう終わってる上映館も多いので(汗)、DVD化されてからでもいいので観ていただきたいですね。
制作に日テレがかかわってるので、早い時期にテレビでやるかもしれませんが。

さて、今日は隔日の「お風呂の日」でもありました。
20170424
映画を観に福山まで行ったので、福山のスーパー銭湯「ゆらら」です。

ここは以前は時々行ってましたが、ポイントカードを見たら約1年2か月ぶりでした。
1年2か月前…因島の社宅の風呂が壊れて、工事をしていた時ですね(汗)。
因島と言い、上下と言い、社宅の風呂に恵まれない状況が続きます。
ああでも因島にはシャワーはあったんだった…いっそ、何とかして壊して工事に来てもらおうか(爆)。
住むための賃貸住宅が、やっと決まりました。

と言ってもまだ電話で物件のキープをしただけで、申込書も誓約書も書いてないので、不動産屋さんの都合でどうにでもなりそうな状態ではあります。
だって、私よりも先に誓約書を交わしてお金を払いに行ってしまう人がもしいたら、それは阻止できないですから。
普通ならそんなこと、疑わなくても大丈夫なはずなんですけどね。
なんせ家族で住もうとした社宅が単身用だったという恐ろしい手違いに遭ったばかりなので、そのあたりは慎重にならざるを得ません…ガクガクブルブルですよ。

取り急ぎ、仮にですが、旦那と前祝です。
20170423
アジフライ定食くらいで前祝…えらくささやかじゃないか。

あ、アジフライで前祝ではなく、カラオケに行ったのです。
ドリンクバーとランチ付きのカラオケがひとり千円弱だったので。
旦那は引き続き、しばらくは上下町の社宅に住まなければなりませんが、仕事に慣れた頃合いを見計らって、賃貸住宅に引っ越してくる予定です。
通勤が遠いのが厳しいですが、二重生活が長くなるのも厳しいですから。
持ち家がないのに単身赴任ってすごく無駄ですよね。

今日はもうひとつ、すごい発見をしたのでした。
いや別にすごくもないか。

1年半ほど前、私は、苦労しながら指導していた鬱病の青年(というか成人)とお別れしました。
鬱病の治療に専念するため大学受験を諦めることになり、その後治療はできたのか入試には挑戦したのか、そもそも今現在、この世に存在してるのか(LINEメッセージでやたら死にたがってましたからね)。
しばらくは気になっていたけど、最近はとんと思い出さなくなっていました(汗)。

その、ブログの中での通称「ややこしくん」を、発見したのです。
Facebookで、です。
人の噂が怖すぎて、スマホを持たずネットもしない主義だった彼を、SNSで見つけるとは夢にも思わず。
わざわざ探したんではなく、知り合いかも?の一覧に出てきたんです。

おそるおそる彼のページにつないでみましたが、現在の職種や大学に行っているかどうかなどは定かではありません。
尾道市出身、尾道市在住となってたので、無職かフリーターの可能性は高そうです。
だけど、彼が書いている内容は、愛車のことや好きなテレビのことなどで、文面からは鬱病を引きずる感じはなく、明るい今どきの青年のイメージだったのでちょっと安心しました。
免許取得には性格が向かないから、取得はしない、と断言していた彼に愛車があるとか。
テレビはくだらないことしか言わないから見ない、と軽蔑していた彼がテレビを見るとか。
なんか、いろいろ、前向きになってるみたいでした。

会ったわけじゃないので、真実はわかりませんが、そういう明るい内容の記事をたとえ嘘であっても彼が書けるようになったこと。
その点は評価したいですね。
理解者にでも出会えたのでしょうか。
苦労しながらも一時期は関わり合った人なので、生存確認ができてよかったと思いました。
いや、本当にそう思ってますから!
苦労してる当時はマジでどうしたもんかと頭を抱えたのは事実ですが(汗)、やはり人間、命あっての物種じゃないかと。

改めて、私も鬱病になりそうな気がしていたここ1か月、彼の抱える闇と比べたら全然たいしたことではないと認識しました。
こんなことで認識するのも変ですけど(汗)。
今日は温泉の日です。
今日行ってきたのは、こちらです。

せら香遊ランドです。
テニスコート、グラウンド、キャンプ場、研修室、レストランなどがある複合施設で、もちろん温泉のみの利用もできます。

施設の近くに咲いていた菜の花。
20170422
世羅高原では間もなく、花の祭りが各地で開催されます。
芝桜、チューリップ、ゆり、菊桃…GWあたりは賑わいそうですが、道端に咲いている菜の花も結構きれいですね。

目的地に着きました。
うちから30分程でしょうか。
20170422
自然豊かな環境の中、マッタリと建っています。

そんなに大きな建物ではないのに、温泉の場所はひじょーにわかりにくいです(汗)。
20170422
まるで迷路です。

やっと到着です。
20170422
さあ、お風呂を楽しみましょう。

おお、いきなり貸し切りかーい!
20170422
まあ、誰かひとりでも先客がいたら、こんな写真撮れないですけど(笑)。
最初は貸し切りだったけど、途中でボツボツと人は来ました。

大きな浴槽とサウナがあるだけの施設で、入浴料は500円とまあまあ安かったです。
洗髪目的で行くにはこれで十分ですね。
シャワーも他の温泉と違い、蛇口をひねれば出しっぱなしにもでき、使いやすかったです。

ただ…ひとつだけ不満がありまして。
私が行ったときは誰もいず貸し切りで、ロッカーも自由に使える状態だったので、とりあえず洗面所近くのロッカーを確保して入浴しました。
その後は何人か人が来たけど、混雑という感じではなかったです。
しかし、私がお風呂から出てロッカーに向かうと、真横のロッカーが誰かに使用されていました。

普通、そんなのってあります?
いっぱいロッカーは空いてて自由に選べるのに、誰かが使ってるところの真横って、あえて使います?
私なら、使用中ロッカーから離れた場所を取りますけど…。
これって、私が特別「ひとりが好きだから」そう思うんでしょうかね。
温泉のロッカーって、場所によってはかなり狭いですし、広く取ってあったとしても、誰かと並んで使うとなると狭いです。
何より、スッポンポンで全身を拭いたりしてる際に、近くに人がいない方がいいに決まってます。

世の中には、他人と距離を置かない性格の人も多いので、仕方ないと言ったらそれまでですけど。
私はダメですね。
銀行ATMでも、いっぱい機械が空いてる状態で、真横に人が来ると不快になります。
公共のトイレでも、いっぱい空きがあるのに、私の個室の横に人が来ると不快になります。
混んでるときは仕方ないから別にいいけど、混んでないのにそれをやられるとちょっと…と思います。
ひとり好きの私、心が狭いんでしょうか。

温泉もですね、親しい人と一緒に行って、並んで話でもしながら入浴するのは好きなんですよ。
でも広々とした浴槽なのに、すぐ近くに知らない人が来て話しかけられると不快になります。
お風呂って、リラックス空間じゃないですか。
他人と一緒に楽しむのはいいけど、他人と共有しようとは思わないです。

家にシャワーがないと、普段は考えもしないことを考えてしまいますね。
これも貴重な体験の機会、ということにしておきましょう。
いよいよ新しい家が決まりそうなので。
山間部に住んでいる間に、山間部の思い出作りをしようかと。
そういうのは言い訳で、私はどこに行っても、現地をエンジョイしたいだけかもしれません。
引越し三昧の人生では悪いこともたくさんありますが、定住していたら得られない楽しいこともいっぱいある、そう信じて生きていくしかないのです。

今日、行ってきたのは庄原市中心部です。
昼過ぎまでは宅配待ちをしていたので、そのあとで出かけました。
うちから庄原市中心部までの距離は、世羅町よりもやや遠い感じ。
しかし府中市中心部に行くよりは近いようです。
うち、本当に府中市なんか?
疑問を禁じえませんが、とりあえず行ってきました。
ちなみに、3日前に行った庄原市高野町の温泉は、庄原市最北部なので中心部とはかなり色が違います。

昼過ぎから行ったんですが、ランチがまだでした。
遅いランチはPONYの「庄原焼き」です!
20170421
庄原焼きとは、庄原風のお好み焼きです。

庄原焼きの定義は「そばやうどんの代わりに、庄原産のお米が入っている」「ソースではなくポン酢で味付けしてある」ということです。
この店のお米は焼きおにぎりですが、キムチ炒飯などを用いている店もあります。
肉みそや目玉焼き、チーズなどもトッピング可能でしたが、オーソドックスな「プレーン」をいただきました。
おいしかったので、近々他の店にも行って、違う種類の庄原焼きも食べてみたいですね。
だけどこれから引越す賃貸の近くには「府中焼き」の店がいっぱいあるのでした。
それも楽しみだったりするのでした…どこまでも欲深い私でありました。

PONYは、ジョイフルnagaeというスーパーの1階にあります。
ここは総合ショッピングセンターで、小ぢんまりしていますが食品売り場や衣類売り場などがあります。
それで、2階の趣味の売り場に、ぜひ見に行きたいものがあると聞いたので見てきました。

これです!
20170421
カープグッズ売り場に懐かしの「まえとも坊や人形」があるのです。
マツダスタジアムから姿を消して数年、今はここに設置してあります。

田村坊や人形も、一緒に置いてあります。
20170421
大瀬良投手をドラフト1位で指名して交渉権を得た、ラッキーな田村スカウトの人形です。
これもマツダスタジアムにかつてあったもので、相変わらず赤いパンツで頑張ってます。

今日のカープは負けてしまいましたが、私は庄原でうまいもん食べて、思い出に浸ってきました。
まだまだ県北にはいろいろと楽しいものがありそうです。
とりあえず、まえとも坊やと田村坊やには、庄原で会えます。
廃棄処分でもおかしくないのに、ちゃんと引き取り手に渡って第2の人生を歩んでいる人形達が幸せでありますように。
他の人形も探してみたいですね。
スパイダーマン天谷さんと赤松さんの人形も、そのうち見に行ってみます!
旦那が休日だったので、不動産屋に一緒に行ってきました。
ネットで何度か問合せをしていた物件を、実際に見せてもらったのです。

店の人ともいくらか相談をしまして、府中駅近くのとある物件に、今のところほぼ決まりです。
あとは1階にするか2階にするか、それを決めるくらいになりました。
今週中には決めたいですが、まだ迷い中です。
間取りは全く同じで、希望としては2階の方なんですが、1階の方が月額家賃が2000円安いのです。
これが決まれば旦那は単身赴任扱いとなります。

二重生活は何かとお金がかかりそうなので、2000円分を節約するべきか。
妥協はせずに気に入った方に住むべきか…悩みますね。

さて、旦那休日ということもありまして。
隔日通いの温泉に、今日は旦那も一緒に行くことに。
単なる入浴ではなく、少しだけ贅沢してきました!

このブログには何度か登場している、コロナワールドのモンゴルサウナです。
20170420
4月末まで有効の「サウナ込み1000円ポッキリクーポン」を利用しました。
普段は入浴とサウナで平日1250円必要なので、少しはお得ですね。

上の写真は遠赤外線のトロッコが来ておりません。
トロッコが来てるときは、人が周りに集まっていて撮影はできないですから。
今回もほっかほかのデトックス効果で全身があったまりました。

こちらは熱い石の上に寝転ぶ、その名も熱砂利洞です。
20170420
ここも気持ちいいです。
ただし、暑がり根性なしの私はほどなくギブアップし、売店でかき氷を食べてクールダウンしました。

サウナもいいですが、単に広々したお風呂で足を延ばすのは気持ちいいですね。
だから温泉通いはとても楽しくやっています。
ただ、贅沢で行くんだったらエンジョイするんですけど、家で好きな時にシャワーで思いっきりシャンプーしたい!という思いはやはり強いです。
それができないから温泉に行く、というのでは、心から楽しむのが難しいですね。
温泉のシャワーって結構使いにくいですし。

契約間近の賃貸住宅には、もちろんシャワーはあります。
かなり広いバスタブもあります。
それだけじゃなく、洗面所には家庭用のシャンプー台まであります…今みたいに髪を洗うのに苦労することは一切、なさそうです(笑)。

早く契約して、ご心配いただいた皆様にいい報告ができますように。
昨日カープがいい感じに勝ったので(今日は負けましたけど)、広島銀行にリベンジに行きました。
印鑑は、きっとこれだ!というやつをひとつだけ持参しました。
そしたら大丈夫でした。
完全に勘だったんですがラッキーでした。
もう目印でもつけておかないと…でもそんな保管方法はよくないんですよね。
いい方法はないでしょうかね。

帰りは蕎麦でも食べに行きました。
20170419
天ぷら盛り蕎麦です。
おいしかったです。

中国山地沿いって、やっぱり水がいいんでしょうね。
おいしい蕎麦屋さんが多いです。
うどんやラーメンも好きですが、いざとなったら蕎麦派の私。
いや、単にうどんやラーメンほどの「お手軽感」がないから、高級な感じが好きなだけでしょうか(汗)。
味覚は大したことがないのでそうかもしれん。

山間部の現在の桜。
20170419
まだ、なんか大丈夫そうですね。
平地はもう散ってしまったみたいですが、うちの近くはまだ見られます。

桜を見逃しちゃった人、ぜひ山間部に遊びに来てください(笑)。
昨日書きましたとおり、現在、隔日で温泉に行っています。
自宅でシャワーがままならないからです…さすが築60年の社宅です。
自分の年齢よりも古い建物で暮らすとか、おそらく生まれた時以来ですよ私。
結婚17年で7回の引越しをした私、生まれてから以降の引越し回数を足すと25回くらいになるでしょうか。
その中には新築という物件が3か所ありましたね。
めぐりめぐって今、歴史的建造物に居住してるわけですが。

ああ、思わず遠い目になってしまいますがそれは置いといて。

温泉は、毎回違うところに行くようにしています。
一番近いのは現在「せら温泉」ですが、ここだけは2回行きましたかね。
もっと近くに「矢野温泉」てのがあったんですが、今年に入ってすぐに営業休止したらしく、再開は未定だそうです。

今日は、口コミ情報を見てぜひ行ってみたかったところに行ってみました。

途中の道の駅には、こいのぼりがありました。
20170418
ここにも温泉施設はあるんですが、今回はここじゃなく。

こちらです。
20170418
「たかの温泉 神之瀬の湯」です。
庄原市の最北部・高野町にあります。
通行無料のやまなみ街道を使えばかなり速く行けるようになりました。

ここは地元出身の漫画家、瀬尾公治さんが漫画の中で描いています。
20170418
青大くんと柚希ちゃんのPOPが玄関に飾られています。
「君のいる町」はアニメにもなりましたね。
庄原市が舞台です。

この温泉は小さい施設で、内湯と露天風呂の2種類があるだけです。
ジェットバスやサウナなどはありません。
でも、お湯の質が最高でした。
ちょっとヌルヌルして肌にまとわりつく感じが気持ちいいのです。
価格はシャンプーとリンスとボディーソープが備え付けで、入浴税込みの350円。
リーズナブルでいいですね。
近かったら常連になりたいです。
せら温泉は近いけど800円するから…。

化粧水の備え付けはないと聞いていたので持参したんですが、必要がないほど肌がツヤツヤになりました。
しかも、ほぼ貸し切りでした。
最後の方で地元の人らしき女性が入ってきたけど、鍵付きロッカーすら使用せず、慣れた手つきでむき出しのかごの中に荷物を放り込んでおられました…きっと常連さんですね。

湯上り後、ポカリスエットを飲みながらしばし休憩所でカープ観戦。
20170418
アツくん、人生初のサヨナラヒットおめでとう。
彼、泣いてましたね…いいシーンですね~。

夕方に行ったのに、帰り際にはすっかり夜になってました。
20170418
温泉の外観はこんな感じです。

漫画に出てきた外観と、ほぼ同じですね。
20170418
施設の中の様子も、漫画やアニメには出てきていて、さすがの再現度でした。

わざわざ遠くまで出かけた甲斐のある、素敵な温泉でした。
カープも勝って、いい締めくくりでもありました。
だからってこんな生活に浸っていてはいけないので、現実も見ながら前向きに過ごしましょう。
次回の本格的な引越しはGW明け、くらいです。
草と苔が生え放題、カメムシとカエルが大量発生する、築60年の狭いボロ屋敷。
当然、家賃は格安です。
しかしキッチンで食事が作れないので、外食しまくり。
簡易シャワーでは洗髪もままならないので、隔日で温泉通い…という、質素なのか贅沢なのかよくわからん暮らしも半月を過ぎました。
しかもヤバいことに、結構なじんできました…いかんいかん。
荷運び第2弾があるし、落ち着いたらダメなのです。

今日は福山市の広島銀行まで、カープ応援預金の更新に行きました。
そしていきなり、住所記入で引っかかります。
引越したばかりの私、現在の住民票は府中市上下町。
しかしそれを証明するものを、何ひとつ持っていませんでした。
しかも、もうすぐ別の住所に引っ越すことになっています。
ああ面倒くさい。

幸い、免許証の住所は因島のままです。
もうややこしいのイヤだったので、落ち着いてから銀行提出の住所は変えることにして、因島のままで住所を記入しました。
今後、カード会社なども変更しないといけないのですね。
思うに、カード会社って、信用が第一ですよね。
引越しばっかりしている人って、信用のない不審者だと思われたりしないんでしょうか。

いろいろな書類を書いて待っていると、今度は印鑑の照合で引っかかりました。
持って行った印鑑は合わないとのこと。
これも、転勤族のあるあるですね。
移転の際に貴重品はまとめてあり、印鑑も当然まとめてあるので、どれが銀行印なのかわからなくなるのです。
最近の通帳って印鑑が載ってないから、サッパリなのです。

事情を説明すると、印鑑をあるだけ根こそぎ持ってくれば、ひとつひとつ照合してくれる、とのこと。
実際にそういう恥ずかしい人は多いから気にしないように、とのこと。
そんな恥ずかしいこと、私にはちょっと…ゴニョゴニョ。
別の支店に持って行くんだったらできるでしょうか。
とにかく、カープ応援預金の更新はできませんでした。
銀行員さんは全員、カープユニフォーム着用でキビキビと仕事をしておられ、対応もよかったんですが…私、何しに行ったんだろう。
菊池ユニフォームの行員さん、面倒な客に優しい対応、ありがとうございました。

遠い距離を走って福山市まで行ったので、まっすぐ帰るのはもったいなく。
因島在住の頃から私、こういうせこい性格でした。
遠方に出かけたら、すぐ帰りたくない。
当時と違うところは、橋代がかからなくなったことでしょうか。
でも距離は遠くなったので、ガソリン代は高くなってると思います。

まあいいや。
福山市にもできたと聞いていた、星乃珈琲店に行ってきました。
20170417
親子カルボナーラです。
ベーコンだけじゃなくチキンも入っていて、おいしかったです。

アイスコーヒーもおいしかったです。
20170417
次はぜひ、ワッフルもいただいてみたいですね。

星乃珈琲は、去年の夏、新横浜に宿泊した際に初めて行きました。
その後、イオンモール広島府中にオープンし、そこにも行きました。
府中は府中でもこちらは府中市上下町、何もない田舎なのでいじけたくなりますが、福山にも星乃珈琲ができていたと知ったのは最近のことです。
教材の仕事を再開したら、打ち合わせ場所に使ってもらいたいけど、うちから40キロほど離れているので難しいでしょうね…。

てか、うちの近所に、打ち合わせに使えそうな施設なんかないじゃん。
最寄りのファミレスまででも20キロあるぞ。
そして現住所ではカテキョ再開はどう考えても無理です…やっぱり、早めの引越しをしないと。
結婚式の写真整理、何とか終わりました。
ムービーまで作ってBGMまで入れて、結構大変でしたね。
義弟と新婦が喜んでくれるといいのですが。
しかし、世の中、進歩したものです。
ずっと前はプロに頼んでやってもらっていた作業が、今はパソコンさえあれば自宅でできてしまうんだから。
私みたいなド素人でもスライドショーが作れるんだからえらいこっちゃです。

ブログには身内の写真をいっぱい並べても仕方ないので、例によって雰囲気のみお伝えします。
昨日も書いたけどこぢんまりとしたいい式でした。
チャペル挙式は普通にやりましたが、披露宴はケーキカットとファーストバイト、花束贈呈以外は特に演出もなく、親族で食事しながらの和気あいあいとした歓談…淳ちゃんの結婚式もそれに近かったけど、最近の主流でしょうか。

これがチャペルです。
20170416
かなひで夫妻もここで愛を誓いました。
当時と変わらないステンドグラスですね。

義弟が新婦を伴って、緊張気味に入場。
20170416
この後、指輪の交換やらサインやら…ふたりとも、ガッチガチでした(笑)。

ケーキは桜をあしらったかわいらしいケーキです。
20170416
あとでふるまっていただきましたが、おいしいケーキでした。

披露宴会場に、ふたりが入場します。
20170416
お色直しをして、華やかな雰囲気になりました。

ケーキカットはふたりで笑顔で。
20170416
だいぶガッチガチがとけてきましたね。
思えば、かなひで夫妻(特に新郎が)もこのくらいまでは表情が硬かったのでした。

今回は司会などはしていない(てか司会者自体がいませんでした)ので、ずっとのんびりとできましたし、普通においしい料理を楽しむことができました。
新郎新婦に飲み物を注ぎに行ったりして、余裕で過ごすことができました。
にもかかわらず、披露宴が終わったらなんかどっと疲れが出ました。
身内も全員疲れて、実家に戻るとソッコーで寝ちゃってました。
私、今まで司会とか、どーゆー体力でこなしてたんでしょうね。
なんもせんでも疲れるのに、お仕事いっぱいとか、今後もし頼まれたら自信がないぞ。

まあ、充実した時間だったからいいことにしよう。
20170416
式場から新婦が大量の花を持ち帰って持て余していたので、私がそれを使ってフラワーアレンジメントを作り、私から新婦への最初のプレゼントとなりました。

「お姉さん、すごく器用なんですね!ありがとうございます!!」
なんなら私、ブーケだって作れるので、このくらいは余裕なのです。
それより、ちゃんと「お姉さん」と呼んでもらえたことがもう嬉しくて(泣)。
義弟は私より10歳ほど若く、新婦はそれよりさらに10歳ほど若いので、はっきり言って私とは姉妹というより親子ほどの年齢差があるのです。
年配者の威厳を保たねばと思ってなんか気取ったもんを作っちゃいましたが、でもばあさん扱いは正直ツライ…という、大変微妙な立ち位置におります(笑)。

今回は、また久しぶりに旦那の親族の皆さんにも会いました。
最初の挨拶は「いや~、強いですね!」やっぱりこれでしたね。
親族の間での私の立ち位置は、そこらのオヤジよりカープに詳しい女、と決まっています。
だから新婦の中での立ち位置も、年齢とか関係なく、それだったらいいなと。
ああでも新婦は倉敷出身なのでした。
まだ野球には詳しくないようなので、これから少しずつ、広島県人になっていってほしいですね。

今日はカープ負けたんですけどね。
阪神、今年はなんか手ごわそうです。
それとは別に、巨人が手ごたえがありません。
いや強いことは強いんですけど、あんだけ大金使って選手補強してあれか?という疑問は拭えず。

まあいいや。
それが巨人のチームカラーであるなら。
そして最終的に、カープが優勝するなら、なんでもいいや。
義弟の結婚式、終わりました。
親族のみ参加のこぢんまりとした、アットホームないい式でした。
義弟は旦那の年の離れた弟ですが、私にとっては教え子にあたるので、感慨ひとしおですね。
式と披露宴の写真は、整理できたら載せてみようと思いますが、顔出しはナシで。

さて、まだ本格的な花見には行ってません。
てか行ける気がしません(汗)。
それで現在の仮住まいの近くに咲いてるやつを撮ってきました。

上下町はちょうど中国山地に差し掛かる位置にあり、寒冷地です。
だからまだまだ散っていず、見頃が続いています。
20170415
この後、夕立が来るという割には雲は少ないでしょうか。

田んぼをバックに、美しく咲いています。
20170415
上下町は米どころでもあり、秋になるとかかし祭りが開催されます。

アップで見てみます。
20170415
桜真ん中の花弁が赤くなると間もなく散ってしまいますが、まだもう少し大丈夫みたいですね。

そのまま、世羅まで買い出しに行きました。
買い出しをするような近場の町、といえば、上下町民にとっては世羅町ですかね。
そしたら運転中に夕立が来てしまい、結構な雨量だったので、道の駅世羅に車を止めて小降りになるのを待っていたところ。

小降りどころかきれいに止み、虹が出ていました。
20170415
明日、晴れるといいですね。
各地でイベントあるみたいだし、甲子園でカープが戦うし。

で、虹を撮ったら退散しようと思ってたんですが。
20170415
この道の駅って「クレミア」の発売やってるんですね。

買っちゃったじゃないか。
そして食べちゃったじゃないか。
見つけたらつい食べてしまうクレミアでした。
これ、濃厚なクリームでとにかく溶けやすいですから、夏の暑い時期よりも今くらいの季節の方が合っていて食べやすいかもしれませんね。

クレミアを食べた後は、世羅の中心部にあるイオンで買い物をして帰りました。
世羅で買い物、なかなか楽しいんですが、馴染んでしまうわけにはいきません。
週明けには賃貸物件を見に行ってきます。
いろいろな試練が待ち受けた年度替わりでしたが、ひとつずつ山を越えるのも楽しくなってきました。
たいして高い山でもなかったのかもしれないです(笑)。

現住所にずっと住めと強制されたら、それは高すぎる気はしますが…。
上下町生活12日目。
まだ左手薬指に、結婚指輪がはめられず、中指のままです。
そして移転作業でボロボロになった指の指紋も戻らず、スマホの指紋認証ができません。
お前誰だよ、やり直せよボケ、と、毎回スマホに怒られて、結局パスコード入力させられます。
自分のスマホなのに。
怪しい者ではないのに、

上下町では、府中市中心部で勤務していた頃に同僚だった人が、事務所を開いています。
彼は弁護士を目指す社会科教師だったんですが、司法試験の合格は諦め、今は行政書士をやっています。

こちらでです。

自然がいっぱいの山の中に、ひっそり存在する事務所はなかなか風流。
20170412
都会の大手事務所の賑わいはないけど、地元の方々のために頑張っておられます。

これが表先生です!
20170412
顔出しはNGだそうです。

上下町に引っ越してきたことを報告に行ったんですが、驚いておられました。
彼は生まれも育ちも上下町なので、どのあたりに引っ越してきたのか聞かれて答えたらすぐにわかりました。
「あのボロ屋って人が住めるん~?知らんかった!!」…地元じゃそういう建物なのねやっぱり。
そして上下町での暮らし方や、数少ないおいしい食事の店などを教えてくれました。
ありがとう表先生。
間もなく出る予定だけど、それまで参考にさせていただきます。

ちなみに表先生は、野球の名門・新庄高校出身です。
後輩にカープの永川や巨人の田口、歌手の堂珍嘉邦やMEGなどがいます。
もちろん、カープの大ファンです。

カープゆうたら、今日はこの人でしょう。
20170412
床田投手、初勝利おめでとうございます。

ドラ1の加藤投手より、私はこの人が大変気になるのです。
長身で端正な顔立ちの左投手…まるであのお方のようではないですか。
あのお方とは当然、ゆーき王子ですね。
だったら床田投手はひろき王子…ダメだ、そんな立派な名前で呼んだら罰当たりです。
カープじゃひろきは黒田博樹、ですよね、まだまだ。

まあ、そういう無粋な妄想ができるようになった私には、かつてない落ち込みからの復活の兆しが確実にあるんだと思います。
友人に会いに行ったり、カープが活躍したり、そんなことが日々の力になりますね。

明後日、義弟の挙式が福山市であるため、明日は福山市の旦那の実家に泊まりです。
したがって次の更新は実家から戻ってから、になります。
挙式の会場はなんと、7年前、かなひで夫妻が挙式をした式場だったりします。
最後の方、ゆーき王子のユニフォーム姿で披露宴の司会をした私のことを、式場スタッフが忘れてくれていると嬉しいです(汗)。

あの時の21ユニフォームは、観戦で時々使用して、今は大事にとってありますよ!
世代は変わり、背番号21はなんと去年の優勝投手になりましたね。
登録抹消中のザキくんの早期復帰を願っております。
やっと、ネットがつながりました。
無事に引越しが完了したとは言えない状況ですが、とりあえず府中市上下町への「荷運び」は終わり、次の移転に向けて少しずつ動いているところです。
皆様、お待たせいたしました。
てか誰も待ってないかもしれない危惧は拭えませんが(汗)。

まだ宙ぶらりん状態は続行中なので、毎日の更新は難しいかもしれません。
倉庫代わりの空き家のおかげで、なんとか寝る場所は確保できてるものの、今の家で長期の生活はやはり現実的ではありません。
だから必要なもの以外は荷解きもしていず、箱に囲まれて暮らしています。
早く移動したいんだけどね~。
義弟の挙式が14日にあるので、それが終わり次第不動産屋に行って賃貸を契約して、本格的な荷運びは引越し業者が安くなる5月あたりを検討中です。
せわしないですが、3月下旬と比べると全然落ち込んではいないし、前向きになっているので、取り急ぎご心配をおかけした皆様にはご安心くださいということで。

まあ、たった10日ほどでいろいろありましたね。
余裕のある時に、少しずつ書いていければと思います。

引越しは、当初の予定通り3月末日に決行しました。
当日の因島は朝から雨が降っていて、今日は1日雨みたいね、幸先悪い引越しじゃね、などと旦那と話していたところ。
夜になってたどり着いた上下町は、このありさま。
20170411
雪ですよ。
しかも積雪。

いや、今年の春が変な気候なのはわかってます。
だからって積雪とは。
温暖な瀬戸内海の離島出身の私、雪が降るのは知ってるけど、積雪なんてめったに見たことがありません。
しかも3月末の積雪とか、前代未聞です。
とんでもないところに来てしまったんだと、廃墟に近い新居を前にして、途方に暮れるしかなく。
上下町が寒冷地という認識はありましたが、いきなり現実を突きつけられました。
そして狭くて寒い部屋の中、荷解きはせずに布団とセラミックヒーターだけを出し、頼りない簡易シャワーを取り付けた風呂に入って、明日以降の激務に備えた移転当日でした。

翌日は、ささやかに「引越しそば」を食べに行きました。
20170411
冷やし山かけそばです。
前途の明るい引越しじゃなくても、このくらいのことはしないとやってられんわ。

ネットの開通ですが…。
当初、NTTさんのご指導で「ひかり」にすることになっていて、開通はGW前の予定でした。
しかし長年空き家だった社宅で、現在も4世帯中2世帯が空き家になっているので、ひかりはマンションタイプが使えずに高額な一戸建てタイプしか選択できませんでした。
それもやむなしと思っていたんですが。

当然、ひかりを開通するにはNTTの下見と工事が必要です。
そして旦那の職場からは、工事の許可が下りなかったのでした。
こんな前時代的社宅に無理やり入れといて、そのくらいの許可もないんかい。
もう腹が立って仕方がなく、別の方法を検討した結果。

これにすることにしました。
20170411
ソフトバンクエアーです。

手続きして機械を入手して、家で電源を入れてWi-Fiで繋ぐだけで使えるというものです。
正直、ひかりと比較したら速度は落ちますが、ADSLのホワイトBBよりはかなり速いです。
引越しの時は機械を持って移転して、電源を入れるだけという点も、転勤族の我々にはポイントでした。
しかもひかりよりも安く、予定よりかなり早い時期にネット開通できるのもありがたかったです。

現在、何も生活の基盤はできていないです。
箱に囲まれているし、キッチンにはガスやIHコンロさえ未設置で食事も作れず、コンビニ弁当や外食に頼らねばなりません。
不経済だし、栄養バランスもめちゃめちゃです。
でも、ネットだけは繋がったので、ライフワークのブログは再開できました。
まずは、読者の皆様に、移転完了(仮)のご報告まで。

ああ、花見にも行けずに、4月も中旬になりそうです…。
幸いと言ってはアレですが、現住所である寒冷地の桜はまだあんまり咲いていません。
少し落ち着く頃に満開になると思うので、それを見に行きましょうかね。
引越しに振り回される人生ではあるけど、ここまで振り回されたのはマジで初で、いい勉強になったと捉えることにしておきます。

以上、築60年の歴史的建造物よりお送りいたしました(汗)。