らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

また更新休んで、教材作ってた昨日。
3月後半と4月前半をまるまる休ませてもらうため、かなりの量の前倒しをやっているので、カテキョやってる時よりも多い仕事量です。
そのくせ、カテキョよりも低収入…内職で高収入を望むなってば。

で、公立高校入試が終わり、本業の方は完全に終了しました。
だから封印していたダムドライブに出かけることにしました。
引っ越して、しまなみ海道から離れてしまったら行きにくくなるであろうダムへ行ってきました。

台ダムの管理事務所です。
20170309
台ダムと書いて、うてなダムと読むのです。
しまなみ海道の大三島にあります。

ここは堤体のすぐそばに駐車スペースがあるので、ステラさんの記念撮影。
20170309
土師ダムのように、桜の樹とかはないみたいですね。

さあ、橋を渡ってみましょう。
20170309
しかしなんという風の強さでしょう。

それでも久々の堤体歩行に心が躍る私。
20170309
おお、水辺がなんと美しいことよ。

風がすごいので、水面が波打ってます。
そして離島のダムとは思えない、スケールの大きさです。
20170309
天気イマイチの割には、どす黒くありません。
ダム湖の名前は「うてな湖」で、四国にはひらがなのダム湖はここを含め4基あります。

どす黒くない理由はこれでしたか。
20170309
渇水だとさえない色になりますが、貯水率95%とは、素晴らしいじゃないですか。

そんなに水量あるなら放水してほしいところですが、静かなもので(汗)。
20170309
さすがに平日の昼間、訪問者は私のみ、放水大サービスとはいきませんね。

車で移動して、こっち側も撮ります。
20170309
ああ、肝心の洪水吐ゲートが見えんじゃないか。
足場がなかったのでした。

ダムカードもゲットです。
20170309
放水はこんな感じなのですね…どうせ合成写真だと思いますが(汗)。

不満な点もあるけど、貯水率95%に私の水位も満たされました。
帰り際の多々羅大橋です。
20170309
今は割とこの橋も身近な存在ですが、間もなく遠くなるのですね。
そう思うと少し寂しくもあり。

巡礼の地である四国には「四国堰堤ダム88箇所巡礼」というコアなものがあります。
いつか納経帳を持って、全部のダムを廻ってみたいですね。
全国のダムカードコンプリートは至難の業ですが、四国の88箇所巡礼なら頑張れば数日でできるみたいなので、ダムヲタとしてはチャレンジする価値はありそうです。

頑張れば…と言っても、大半のダムが秘境にあるので、車がないと難しいですね。
中にはかなり細い道もあったりするので、車よりもバイクがいいっちゃーいいんですが。
そしてやはりドローンで空撮した方がかっこいいダムもあるわけで…私の欲望は尽きません。

人の住む街を破壊し、自然も破壊し、壮大な人工物として建造されるダム。
それでもやがて人と自然に溶け込んでいくダムの風景に計り知れないロマンを感じつつ、これからも私はマニアックな変態として生きるのです。
マニアックな変態とはいえ、最近は理解者も増えてきました。
喜ばしきことですね。
スポンサーサイト