らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

今日はダンボさんが大阪から帰省してきたので、福山駅まで迎えに行きました。
迎えに行くと言っても、私自身のドライブも兼ねているので、気負いは全くなし。
いつもより少しだけ交通量の多い絶景のしまなみ海道を、快調に飛ばして、福山に着きダンボさんをお迎えです。

新幹線はものすごい混みようだったそうで、ダンボさんはお疲れ気味でした。
この時期しか休めない人が多いから仕方ないとはいえ、きっと私ならギブアップでしょう。
もともと公共交通機関に不慣れな田舎者の私、バスや電車の時刻に合わせるのが苦手な上、満員になって座ることもままならないとか考えられんのです。
逆に、車で走るのはほとんど疲れないし、満員は苦手でも交通渋滞はそんなに苦手じゃないんですが…。
典型的な車社会の人間ですね。
事故をしないように気をつけないと。

ダンボさんとの再会を喜んだあとは、何はさておき、腹が減ってるので食事です。
いつものことですが。
今回は尾道の「四一餃子」に行ってみました。
20161230
餃子は5人前です。
我々はふたりです。

…何も問題なく平らげました(笑)。
プレーンとシソ風味、どちらもおいしかったです。

ダンボさんのリクエストで「ええじゃん尾道」に野菜を調達に出かけ、買い物が済んだらおやつのお時間です。
20161230
「尾道浪漫珈琲」のフレンチトーストは甘さ控えめ。

ダンボさんは、春に腕を骨折して以来、かなり食が細くなってしまっています。
私と同じくらいすごくよく食べる人だったので、変わりように驚きました。
5人前餃子は問題なくふたりで平らげたけど、その後はおやつは要らないと言ってコーヒーだけ飲んでました。
これは由々しき事態です。
腕は複数回の手術をして現在は病院でリハビリ中ですが、胃袋の復活のためのリハビリは私が引き受けなくては(笑)。

だってね、空腹は最大の調味料って言うじゃないですか。
おいしくたくさん食べられないって不幸じゃないですか。
元々、食が細かったり好き嫌いが多かったりする人はいますけど、いっぱい食べる人と比べたらあまり幸せそうに感じないですから。
お酒が飲めない私、人生を半分損してるってよく言われますし、仕方ないとは思うけど、飲めたらきっと楽しいんだろうなとは思いますから。

ダンボさんをご実家まで送り届けた後、厚かましくも夕食に招待していただきました。
いつもとても優しくしてくれる彼女のご両親には感謝だらけです。
今はお姉さんもドイツから帰省しているので、とても賑やかな食卓となり、楽しかったです。
うちはふたり家族で、旦那の仕事の都合上ひとりの食卓も多いので、人数が多いとそれだけで新鮮に感じます。

人数の多い食卓といえば。
明日は旦那の実家に帰省して年越しをするので、また人数の多い食卓を囲むことになるでしょう。
年末年始は、いろいろと特別な時期でもありますね。
2016年のブログ更新は、ひとまずこれが最後になります。
年が明けて帰宅してから更新しようと思います。

皆様、2016年もお世話になり、ありがとうございました。
よいお年をお迎えください。
2017年もよろしくお願い申し上げます。

楽しい年にしたいですね。
皆様も、私も。
スポンサーサイト
おそらく年内最後になると思いますが。
映画を観てきました。
20161229
先週、ファンタビと迷って結局観なかった「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」です。

先週観なかった理由のひとつが、スターウォーズの時系列を理解するのが面倒だから、ということでした。
でも、この作品はスピンオフで、時系列は関係ないとのことでした。
フォースの能力で勝負が決まる本家と違って、普通の人々による宇宙戦争を描いたものなので、スターウォーズを全く観たことがなくても大丈夫と聞き、観ることにしました。

その通りでしたね。
本家よりも、私は好きかもしれません。
まあ、それでも本家をよく知ってる方が楽しめるみたいですが、全然知らなくても問題なしです。
本家のキャラはダース・ベイダー以外はほとんど出てこないし。
あ、最後に在りし日のレイア姫が出てきたのはちょっとウルッときました。
キャリー・フィッシャーさん、公開に合わせるように亡くなられましたから…。

ジェダイ戦士が出ないと物足りない、スターウォーズじゃない!と思われる方々には、物足りない映画かもしれません。
私は違うので楽しめました。
見慣れた俳優さん達が出てなかった分、新鮮だったと思います。
かなり暗くて重い世界観ではあるけど、その分、とてもリアルでした。
強いて言えば、ドロイド好きの立場からだと惜しいかも。
かわいくなかったので…でも、人間臭くて面白いドロイドではありました。
BB8みたいなかわいいのは、今回出てないです。

冬休みに入ったので、平日でも学生さんがたくさん観に来ていました。
年が明けたら、観たいと思う作品がまだあるので、来年早々も映画三昧になるでしょうか。
野球が始まるまでは(笑)。

年末恒例、父ちゃんを居酒屋に連れて行く忘年会を実施しました。
父ちゃんと旦那と私の3人で、私は運転手です。
来年は我々が現在の家に住んでいない可能性が高く、そうなると私の実家も遠くなるため実施が微妙なので、今回は思い切って本州(そんな大げさなことじゃない)の居酒屋まで出かけました。

父ちゃんは単身赴任や海外出張が多かったので、私は小さい頃に父ちゃんと暮らした記憶があまりありません。
やっと出張の必要がなくなった頃に、今度は私が大学進学で家を出てそのまま外で職に就いたので、一緒に住んだ時期がほどんどないのです。
宮参りや運動会などの写真には父ちゃんは写っていず、父ちゃんのお兄さんである伯父さんがよく写っていて、そっちが父親じゃないのかとご近所さんからからかわれたことも多いです。

いろいろ事情があったとはいえ、私は若い頃に全然親孝行ができていないので、今はできるだけ恩返ししていこうという気持ちは非常にあるのですが…父ちゃんはとにかくマイワールドな自由人です。
母が亡くなった15年前にはかなり落ち込んでいましたが、その後独居に馴染むにつれ、マイワールドはパワーアップする一方です。
まあ、ボケたり元気をなくしたりするよりはマシなので、なるべくこれからも励ましていきたいものです。

そういう前置きはともかく、本州の居酒屋です!
20161228
「すだちや」さんのお刺身です。
因島の居酒屋には、こういう美しいお刺身はないのです。
あ、でも、すだちやって因島発祥ですよね。
なんで因島には店舗がないのでしょう…儲からんからでしょうね。

すだちやといえば、サツマイモのバニラアイス包みです!
20161228
これ大好きです。
飲んでないけど、飲み会のシメはスイーツです!
お茶漬けやラーメンはシメじゃなく最初に食う私には、きっと飲酒を楽しむ権利はないのでしょう。
飲めんし、仕方ないや。

今回も、父ちゃんは喜んでくれました。
いつもひとりで家飲みですから、どこでも外で飲めるのが嬉しいみたいで。
あと、旦那が相手をしてくれるのも嬉しいみたいで。
年内に父ちゃんに会うのはこれが最後です。
ひとりでの年明けは寂しいかもしれませんが、親孝行できたのはよかったと思います。

父ちゃんがよいお年を迎えますように。
最近、ブログ更新しない日が私にしては頻繁にあります。
病み上がりというほど病み上がりは引きずっていないんですが、まだ病院から処方された薬を使い切っていないので、真面目に食後に飲んでいます。
そしたらですね、すごく眠くなって早くに寝ちゃうんですよこれが。

もう薬は要らないくらい回復してるんで、飲むのやめようかと思う気持ちもありますが、かなり久々に診察受けて薬出してもらってそんな自己判断が許されるのかとも思うので、年末ギリギリまで飲むしかないでしょうね。
まあ、眠くなったら寝なさい、ということでしょうか。
もう疲れを出すな、ということでしょうか。
しかしいったい何に疲れていたのか、あまりこれといった心当たりはないんですよね私。
そういう人が一番危険だとはよく聞く話ですけどね。

今日は夏以来、友達のFさんとランチしました。
秋から冬にかけてお互い時間が合わなかったんですが、年末だし忘年会もどきをしましょう、ということで。

Fさんは長男くんを連れてきていました。
三原でFさんと知り合った時にお腹にいた長男くんは、もう小学1年生です。
長女さんも一緒かと思ったけど、長女さんはお友達と約束があるとかで、子離れの時期かな~と少し残念そうなFさん。
育児は大変でツライ、鬱になりそうだとよく愚痴っていた彼女ですが、少しだけ乗り越えて、少しだけ寂しい時期に来たみたいですね。

ランチはインド料理だったんですが…空腹のあまり写真を取り忘れました(汗)。
ちょっと辛口のカレーとふわふわのナンがおいしかったです。
その後いつものように「お茶が足りない」ので、ファミレスで2次会です。
正確にはお茶よりも「話足りない」のですが。

パフェとドリンクバーで語り合いました。
20161227
そんなに長時間ではなかったんですけどね。
でも、楽しい語らいでした。
新年会は早めに計画しましょうと約束してお別れしました。

夜は、あかねちゃん宅でカテキョの御用納めです。
お歳暮替わりに、はるさんからいただいたもの。
20161227
お菓子の詰め合わせを造花で飾ったバスケット…ありがとうございます。

あかねちゃんの成績が思ったよりも上昇したことを祝って、とのことでした。
そうやって成果が出たことは私としても嬉しいです。
でも、本番はこれからです。
油断しないように、新しい年も頑張っていきましょう。
ちなみにあかねちゃんは、クリスマスの日が15歳の誕生日でした。
ささやかにプレゼントを渡したんですが気に入ってくれることを祈りましょう。

さて、グリムスは少し前に大人になりました。
雪景色の中で、スコップのような形状です(笑)。
20161227

いつもの「地球に立つ樹」の画像を経まして…。
20161227

サンタとトナカイが来たと思ったら、ショボい芽の状態になってました。
20161227

どうせならもう1~2日遅く、大人になってくれたらいいタイミングだったのに。
私の樹はいつものことながら、間が悪いですね。
新しい芽の成長にも期待しましょう。
クリスマス、です。
でも昨日のイブで、世の中はクリスマスを使い果たした感じがありました。
クリスマスって24日と25日、本番はどっちが正しいんでしょうね。

24日はイブだから25日が本番なんだろうけど、今日の街の中はそんな雰囲気じゃなかったです。
ハローズに行ったらすでにおせちの材料が売られてました。
大好物の伊達巻を見つけて、早すぎるけど買っちゃいました(笑)。
正月用には後日買うでしょう。
今日買ったやつは、明日くらいに完食の予定です…おせちなのに。

もう正月気分先取りとはいえ、わずかばかりのクリスマスは満喫しないと。
今日で終了のイルミネーションもあります。
買い物ついでに行ってきました。
20161225
おなじみ万田発酵の巨大大根です。
左側後方に、少し電飾が見えてます。

万田発酵入口のきれいなツリーです。
20161225

こちらは社屋ですね。
20161225

昼間に見ると掘立小屋のような社屋(失礼!)なのに、ライトアップできらびやかです。
20161225

社屋の向かいにある、びっくりファームです。
20161225

年明け早々には「餅つき大会」や「ジャンボ大根早おろし大会」などのイベントが予定されている万田発酵。
いつの間にか、因島を代表する全国区の企業になりました。
これからも地域発展に貢献し続けてほしいですね。
とにかく過疎化が止まらん寂しい島ですゆえ(汗)。

買い物して電飾を見て帰宅し、家でツリーを飾りました。
20161225
毎年作ってるツリーサラダですね。

今年はブロッコリーがなんか少なかったみたいで、緑よりも赤系が目立ってしまいました。
そしてついにカラーピックのストックがなくなり、爪楊枝オンリーになったので、見た目が大変ワイルドです。
メルヘンチックなツリーには程遠いですが、これが我が家のクリスマス。
安物のチキンとケーキと、前日にコストコで買った、大量のディナーロールパンで作ったサンドイッチでお祝いです。

皆様はどんなクリスマスをお過ごしでしょうか。
サンタは来たでしょうか。
クリスマスモードはそろそろ終了、今年の総括をする時期でもあります。
来年の支度も…ああ、師走は忙しいです。
浜田省吾ライブ、行ってまいりました!

ツアーの最終はだいたい、浜省のホームタウンである広島であります。
今年もそうだったんですが、今年は福岡公演が浜省の体調不良で4月に延期になったので、まあそれが最終と言えば最終になるのでしょうか。
ともあれ、やっぱり1日遅れの報告になりましたが、とても充実した時間でした。

やっぱり私の中で浜省は最強アーティストです。
好きなアーティストは他にもたくさんいますが、浜省ほど長きにわたって聴き続けている人は他にはいないですから。
ローティーンの頃から大人になってもずっと聴くことができるって、ある意味幸せなことです。
自分の好きなアーティストが、そこまで息の長い活動をされていることが嬉しいです。
言っては何ですが、仕方ないこととはいえ、当時人気絶頂で頑張っていたアーティストは大半が消えましたから(汗)。

会場のグリーンアリーナは、原爆ドームのすぐ近く。
20161224
浜省の歌の中には、戦争や平和をテーマにしたものが多くあります。
原爆を扱った曲もあります。
広島で生まれ育ち、被爆体験のある父を持つアーティストのスピリットですね。

ツアートラックを発見。
20161224
ライブ中は撮影ができないので、皆さんこちらで記念撮影をされていますね。

荷台が急に開くという偶然もありました。
20161224
楽器などが入ってるのかと思ったら、ツアーグッズが入ってました。

入場しました。
20161224
席は、ステージの左側スタンドです。
近くはないけど、演出の大半がしっかり見えるいい席でした。

さて、真赤激ライブの時のように、セットリストを載せます!

1 路地裏の少年
2 HELLO ROCK & ROLL CITY
3 モダンガール
4 ラストショー
5 アメリカ
6 EDGE OF THE KNIFE
7 DJお願い!
8 バックシート・ラブ
9 今夜こそ
10 終わりなき疾走
11 ミッドナイト・ブルートレイン(寸劇あり)
12 愛の世代の前に

(短い休憩)

13 星の指輪
14 片想い

北海道公演2日目のトラブル再現。省吾さんによる弾き語り(楽屋ver.)
15 夢のつづき(1番のみ)
16 朝からごきげん(1番のみ)
17 いつかもうすぐ
18 あれから二人(1番のみ)

19 マグノリアの小径
20 きっと明日
21 光の糸
22 旅するソングライター
23 夜はこれから(途中で年代チェック)
24 ON THE ROAD
25 J.BOY

区切り

26 アジアの風 青空 祈り part-1 風
27 アジアの風 青空 祈り part-2 青空
28 アジアの風 青空 祈り part-3 祈り
29 誓い

アンコール
30 こ んな夜はI miss you
31 光と影の季節
32 I am a father

アンコール2
33 家路

なんと、5時間弱に及ぶ長い長いライブでした。
ご本人も還暦を越え、ファンも高齢化していることを配慮してくださって(笑)、途中に休憩などをはさみながら、それでも全力ではじけてほしいという意向でそのような構成になっていたようです。
実際、年代チェックの時間では、観客の年齢層は40代と50代が大半を占め(50代がやや多め)、60代や70代以上の人もかなりおられました。
だからってノリが悪いなんてことは一切なく、素晴らしい盛り上がりでした。
好きなアーティストのライブを楽しむのに年齢は関係ないということですね。

何より、浜省本人が、もうすぐ64歳とは思えない力強さとかっこよさなのです。
永遠の「J.BOY」と呼ばせていただきます。
浜省に言わせれば「BOY」とか「少年」といった言葉は、未熟者や出来損ないを表すんだそうですが、人間誰しも完璧ではないのです。
夢も希望もいっぱいのJ.BOY、それが浜省なのです。

浜省はクリスマスイブも、広島でライブです。
残念ながら私はイブの夜はくりぼっちですが、昼間はたかえちゃんに誘われて買い物に行きました。
チキンやケーキを買い求める楽しげな人混みの中、浜省の言葉を思い出していました。
「素敵なクリスマスをお過ごしください」…了解です!
クリスマスどころか年明けまで、この幸せな余韻に浸って過ごせそうです。
今日は多くの公立学校で終業式でした。
我が生徒のあかねちゃんも終業式を終え、冬休みに突入です。

成績表を今日見せていただいたんですが…めっちゃ上がってます!
懇談で担任が「頑張らないとダメだ」と脅す、と、はるさんは言うんですが、それは脅しではなく励ましですよ。
この成績だったら十分、志望校に行けるので、脅しなんかじゃないはずです。
あかねちゃんも今までにないほど頑張っているんですが、この心配性のお母さんは合格するまで心配しそうです…まあ心配の方ははるさんに任せて、私は励ましの方を担当して頑張っていこうかと。
もちろん勉強の指導もですが。

明日はいよいよ、待ちに待った浜田省吾ライブです。
201661222
「クリスマスまで待てない!」と、HFMで夏頃から宣伝してましたが、ついにクリスマスですね。

浜省ライブは久しぶりです。
中学生の頃から好きで、隔年くらいでライブに行っていましたが、ドラマ主題歌でブレイクした時からチケット入手が困難になり、もう何年も行っていませんでした。
今回は夏からチケットを準備して待っていました。
1日早いクリスマス、楽しんで来ようと思います。
明日は帰宅が遅くなるから、ご報告は明後日になるかも、です。

ところで昨日、久井町吉田の電飾を見に行って、この人のことを少し書きましたが…。
201661222
九里投手ですね。
なんと今年の4月に、結婚していたことを今日、発表しました。

お相手は同い年の同郷女性とか。
おめでとうございます。
てか、そういうめでたいことは極秘にしないほうがいいよ九里さん。
人それぞれではあるけど、きちんと発表してる選手の方がきちんと活躍してますし…。
発表して成績が落ちたら奥さん責められる、というのはあるかもしれませんが、ずっと隠しておけることでもないですしね。

来季の頑張りに期待してますね!
教材渡しに行ったついでに、三原の山奥まで行ってきました。
またしてもどっちがついでなのか分からん感じになりましたが…島暮らしの間はこれでいいことにして、私は自由に動くのです。

三原の山奥、久井町吉田のイルミネーションを見てきました!
入口です。
20161221
ここは標高がそれなりにあるので、寒い時だと積雪があり、ノーマルタイヤで行くのが厳しいのです。
それで「冬至なのに暖かい」今日に行くのがベストだと思いまして。

「吉田」の文字をてっぺんに据えたツリーは毎年のものですね。
20161221
テーマは毎年変わります。
入場して、逆時計回りに見ていきましょう。

テーマその1は、カープでした!
20161221
ペットボトルなどを交えて、きれいな文字が光っています。

文字の横には、カープを応援する男の子。
20161221

その横にはスラィリーがいます。
20161221

見づらいけど、スラさんの横にはカープ坊やがちゃっかりと。
20161221

スタジアムをかたどった、こんな電飾もあります。
20161221
守備位置には、選手の背番号がそれぞれあります。

投手のところは「12」になっています。
今年の投手の活躍を考えると、12よりも19か42が妥当なんですけどね。
なるほど、点灯式に九里投手が来たのは、そういうことだったのか。
期待値は低くないと思うのに、まだ納得の行く投球ができてないであろう九里投手。
少なくとも久井町吉田の皆さんからは来季の活躍が期待されていますね。
私も応援しています。

カープ電飾の次にあったのは、ポケモンでした。
20161221
ボールと、見づらいけど「ナゾノクサ」がいます。

もちろん「ピカチュウ」も。
20161221

そしてピカチュウの向こうにあるのは「PPAP」でした。
20161221
ペン、パイナップル、アップルが並んでいます。

今年の流行を勢揃いさせたような、とても楽しい電飾でした。
規模はそんなに大きくないんですが、小ぢんまりとして見やすく、無料なのが嬉しいですね。
場所が不便なのはよろしくないけど、今日みたいに暖かい日だったら問題ないです。
いつも積雪の中、寒さに震えながら眺めていた記憶しかないですから。
1月2日までやっているので、ちょっとしたドライブにはお勧めですよ!
去年の年末もそうだったんですが、映画をいろいろ観て過ごすのが楽しいです。
今日も観に行ってきました。
ローグワンと迷って、こっちにしました。

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」です。
20161220
ハリー・ポッターシリーズ原作のJ・K・ローリングさんが脚本に参加、新しいハリポタと言われている作品です。

4DXの大きなポスターもありました。
20161220
私が観たのは2Dですけど…。

私はハリポタシリーズは観てますが、全部テレビで観ました。
映画館では1回も観ていず、要するにその程度のファンであり、マニアではありません。
嫌いではないけど思い入れもないというか、そんなスタンスで観ています。
だから新シリーズと言われても実際にはそこまでの期待感はなく、ローグワンよりも上映時間がいい感じだったからこっちにしよう、みたいな。

まあ、正直に言うと、ローグワンにもそこまで思い入れはないです。
スターウォーズも嫌いじゃないけど、監督が何を考えてるのか、ストーリーを順番通りに作ってくれていません。
子供の頃に上映された最初のストーリーが、実は第1話ではなかったとか、時系列の調整に苦労するのが面倒で興味が失せるのです。
マニアな人はそういうのも楽しいんだと思いますが、映画はマニアだけのものじゃないので、そのあたりは監督の思いやりが欠けてるような気がするのです。

前置きが長くなりましたが、ファンタスティック・ビーストは面白かったです。
ハリポタは子供が子供の目線で、もしくは大人が子供時代の目線で楽しめる作品ですが、ファンタビはその点が少し違う感じ。
少し時代は異なるようですが、魔法学校にはハリー達以外にもたくさんの生徒がいました。
魔法学校を卒業して大人になったハリー達以外の人々はこんな風に暮らしているんだ…ということを、きちんと認識させてくれた作品でした。

魔法動物達もみんな愛らしくて個性的で、魅力がありました。
この作品はシリーズ化されるとのことなので、今後が少し楽しみですね。
同じ登場人物で続編を作るのか、全く異なるものを作るのか…どちらにしてもいろいろな作品が作れそうです。

ただ…吹替版を観たんですが、字幕で観るべきだったかも。
もちろんキャラクターの声はみんな素敵だったんですけどね。
私はアニメオタクですので。
途中からニュート(宮野真守さん)とティナ(伊藤静さん)が別作品キャラに見えてきてしまいまして。
まあ、そこはあまり気にするところじゃないのですが。
先週の月曜に「成人後の診察デビュー」をして、一皮むけたと勝手に思ってた私。
今日はさらに高いハードルを超えました。
ハードルというより山かもしれん。
ドッキドキの体験でした。

なんと、MRIデビューをしたのです。
20161219
※画像はイメージです(笑)。

ドラム缶くらいの狭い場所に1時間固定されて、ものすごい大音量とともに自分の断面写真が撮影されるという…エヴァかガンダムの搭乗員になったような気分ではあるけど全然違いますよ。

なんでこんなもんしなきゃならなかったのかというと。
先週の治療の際に、私が書いた問診票に問題ありまくりだったからです。
持病や既往症があるとかじゃないんですが、属性がヤバかったらしいです。

私は病院での治療は成人後は初めてでしたが、会社員だった頃に健康診断は受けていました。
しかしまだ20代だったので成人病の心配もなく、特定検査などもなく、検査項目はものすごく少なくて済んだ時期です。
相応の年齢になってからの受診歴が全くないフリーランス、というのは一番危険なんだそうで、そういう来院者に対しては一定の検診をする決まりになっている病院だからご了承ください、と言われてしまいました。
で、いきなりのMRIです…マジでいきなりすぎます。

待っている間、暇なのでこんな貼り紙も真面目に読んでみたり。
20161219
病院あるある、ですよね。
歯医者とかでも、つい見ちゃいますよね。

で、順番が来まして。
造影剤を打つけど、副作用があるから同意のサインを、みたいな紙を見せられます。
100万人にひとりの確率で副作用で死ぬ、と書いてあり、怖くてフリーズしてしまいました。
でも「バリウムで死ぬ確率よりも低い」と説明されたので、勇気を出してサインしました。
バリウムってどんな恐ろしいものなんだ。

倦怠感・頭痛・蕁麻疹などの副作用があることがある…とのことでしたが。
私の場合はそれらは特になかったです。
強いて言えば、ワンピースのルフィの技「ギアセカンド」みたいな(笑)。
ルフィが口の中のスイッチを押すと、体から蒸気が出て熱くなり、パワーアップする…なんかうまいたとえがこれしか思いつかないのが情けないですがそんな感じでした。
後で聞くとそれは副作用じゃなく、正常反応だったそうな。

MRIの最中は…正直、音がうるさい以外は寝てるだけなので、途中はマジで寝てました。
前日に検査が恐ろしくて寝られてなかったのもありますが(笑)。
ただ、やっぱり1時間も狭い場所で固定されると疲れますね。
閉所恐怖症の人は気分が悪くなったりするそうです。

ということで、ハードルの次にいきなり山越えをしてしまいました。
それにしても病院ってとこはアレですね。
待ち時間に疲れ、検査に疲れ、診療に疲れ…疲れてばっかりじゃないですか。
健康じゃないと行けないですよこんな場所(爆)。
本当に具合悪い人は、行けないですよ!

カープ契約更改は、この人で全員終了。
不穏な年越しをする人は今年はいないみたいでよかったですね。
20161219
この人も1億円超えて、カープ日本人でトップの年棒です。

菊池さんおめでとう。
華麗な守備はなかなか評価につながらないけど、間違いなく彼がいなければ、優勝はありませんでした。
そして彼は別に変なもん持ってないです(笑)。
ちょっと期待してたのに残念でしたね。
今朝の目覚めは素晴らしいものでした。
暫定推しメンの、暫定の文字が取れそうな、そんな勢いでした。

私の暫定推しメンのノムスケくんが、サンデーモーニングにいきなり登場したのです。
広島ローカルのスポーツ番組には前日に出ていて、それもかっこよかったんですが、一夜明けて全国放送に出てきたノムスケくん、明らかに髪型などが垢抜けておりました。

張本さんと並んで喋ってると、完全に一流アスリートです。
20161218
少しはにかんだ笑顔が初々しくもありつつ、確かな強さも感じさせますね。

関口さんと並んで喋ってると、有名タレントに引けを取らない存在感です。
20161218
スポーツ全般のコーナーだから仕方ないけど、松坂の状態の話題を振られてもめちゃめちゃ答えづらいかと(笑)。

もちろんひとりで映る姿もナイスです。
20161218
最多勝ですもんね…この人が推しメンなら、幸せなファン人生になるでしょうね。
まだ迷ってるのか私(汗)。

最近ですね、スポーツ選手もよくこうしてテレビに出てきますよね。
スポーツする以外のことで。
それでよく思うことがあったんです。
野球選手は、他の一流スポーツ選手と比較すると、受け答えがあまりうまくないんじゃないかと。
テニスの錦織圭氏とか、フィギュアの羽生結弦氏とか、ゴルフの松山英樹氏とか、彼らは国際大会で慣れているというのもあるけど、インタビューの受け答えがすごく好感度高いんです。
それらの方々と比べると、野球選手はイマイチ品格も知性も欠けてるというか。
まあ、サッカー選手全般と比べるとお上品ではありますが(スマセン、例外もありますよ)。

でも、錦織圭氏と同世代でもあるノムスケくんはそのへん、すごくしっかりしています。
けっして器用ではないけど、肝心なことをきちんと答えているし、言葉遣いも謙虚です。
もちろん野球選手でも30歳を越えてくれば、慣れてくるのでうまくはなりますけどね。
これはひいき目ではないですよ。
だって元の推しメンであるゆーき氏は、受け答えはうまいとは言い難かったですから。

誠也くんなども時の人として騒がれましたが、お立ち台で「最高です!」しか言わないのならまだまだかと。
元気いっぱいの点は私もすごくいいなと思いましたが、あの後、ジョンソン投手も「最高です!」って言いましたよね。
外人選手が簡単に言えるようなフレーズ連呼では、日本人としてはどうなんよと。
まあ、誠也くんはまだ若いので、数年後に期待しましょうって感じでしょうか。
若いと言っても羽生結弦氏や日ハムの大谷くんと同い年なんよ~。
その2人と比べたらヤンチャなボーヤ、ですよね…そこが彼の魅力だけどね。

菊池さんみたいな、計算されたヤンチャボーヤもいます。
新井さんみたいなオッサンボーヤもいます。
それらは個性ですから魅力的ではあるんですが、若くして落ち着いているノムスケくんってすごくいいなと思うのです。
近々、暫定の文字が取れることを私も祈っています。
そうなったらゆーき氏は殿堂入りさせますので(笑)。
旦那の宿泊研修が終わりました。
これで晴れて、来年4月からの昇任(と異動)が確定しました。

異動は面倒くささと寂しさを伴うんですが、職位が上がるのはめでたいことです。
ちょこっとだけ、前祝いをしに行きました。
20161216
太刀魚のお造り…これは絶品。

他にもタコのお造りやらキスの天ぷらやら、海の幸をいっぱいいただきました。
最近、魚の居酒屋に行く頻度が多いのは、旦那が日本酒にハマってるからです。
日本酒には海の幸がよく合うらしい、です。
ビールには揚げ物だそうな。
ソフトドリンクにはどっちも合いますよ…下戸の負け惜しみでしょうか。

今日は暫定推しメンのノムスケくんが契約更改でした。
20161216
最多勝と最高勝率の二冠王で1億円越えです。
おめでとうございます。
そして、やっぱりなんかオモロイもんが目の前にありますが…。

もっとオモロイもん持ってる人がいた。
20161216
大真面目な顔したカピバラが、カピバラ持ってます。
今村さん、大幅昇給ではなかったけど、4年ぶりの昇給おめでとうございます。

これは、今までのところ、あれですね。
年棒がアップした人だけ、変なもん持って契約更改会見やる、とか。
だって大瀬良くんは現状維持でしたけど、カピバラは持ってなかったですから。
まあ、カープは優勝したので、大半の選手が変なもん持ってくるはずです。
今後は誰が何を持ってくるのか、とても楽しみですね。

もしかしたら契約書にサインしないシビアな人もいるかもしれないですね。
いつぞやのまえけんのように。
今日は寒くて雨が降ってるし。
体力もまだ今ひとつだし。
電飾ドライブにでも行こうと思ったけど、またにしましょう。

こちらの電飾で手を打っとこう。
20161215
…全然、手を打ってないですね。
温泉に来てしまいましたね。
「尾道平原温泉ぽっぽの湯」です。

上の写真はいつもライトアップされてる玄関ですが、中庭は今限定。
20161215
これらを見ながら露天風呂に入れるわけではないですが、ゆったりと温泉を楽しみました。
中庭は休憩所から楽しむことができます。

カープの契約更改も続々と行われていますね。
20161215
新井さん、久々の1億円超えです。

カープに出戻った時は、なんと格安の2千万円契約でした。
それが今年は優勝に貢献するわ、大記録達成するわ、MVP獲るわの大活躍。
しかもまだ限界じゃないそうなので、来期にも期待しましょう。

田中さんも、2倍に上がったそうです。
20161215
最近はそういう変なものを持って契約更改するのが流行ってんのか?(爆)
楽しくていいですね。

日本シリーズを観ながら、旦那が言ったことがあります。
あれ、この選手、日ハムに移籍したんか?と。
田中さんと中田さんを間違えていたようです…あほかいっ!
名前は似てますが、このふたりは顔つき体つきが全然違うのです。
それこそ、天と地ほどの差があるのです。

中田は、こわい。
田中は、かわいい。
これで納得してもらったけど、ザックりすぎでしたかね。
まあ、いいや。
まだ完全回復とはいかないんですが。
映画を観てきました。
体力もお金も少ない時、映画って娯楽は高尚な感じがしていいですね。
と、少し言い訳ですけど(汗)。

「この世界の片隅に」です。
20161214
戦時中の広島県呉市が舞台のお話です。

戦争を扱った映画やドラマはたくさん観たことがあります。
でも私は戦争を知らない世代なので、空襲や戦いの場面など、怖いという思いはあってもリアリティを感じませんでした。
「はだしのゲン」はトラウマになるほど怖く感じましたし、原爆の継承者は必ずいなければならないなどとかっこいいことを思いましたが、それでもピンと来たかというとちょっと違います。

でも、この作品は違いました。
戦時中の、ごく普通の日常が細かく描かれていて、感情移入ができました。
主人公のすずさんが広島市から呉市にお嫁入りして、新婚生活を送り、少しずつ家事に慣れていく日常。
そんな街が空襲に遭い次第に激化しますが、それもだんだん日常に変わっていきます。
約2時間、すずさんと一緒に過ごしたような感覚が残りました。
呉という知っている街だから、戦争の怖さがよりリアルでした。
とても悲しい場面もありましたが、強く生きるすずさんに感動しました。

何より、すずさん役ののんさんは違和感が全然なくて素晴らしかったです。
広島弁ネイティブの私が聴いても、とても自然な演技でした。
事務所独立騒動や洗脳騒動などでかなり長い間メディアから遠ざかり、名前まで変更された気の毒な方ですが、演技力は確かなものを持っている人であると、この映画で思いました。
「あまちゃん」での存在感は、やはり只者ではなかったのですね。
大人の事情に負けず、たくさんのドラマに出てほしい人です。

映画を観に行ったフジグラン神辺は、クリスマスセール真っ最中です。
20161214
これは結構大きめのツリーです。

別の場所には、ひとまわり小さいのがありました。
20161214
ちょっと前まで「それゆけカープ」が流れていた店内は、今はクリスマス一色です。

そしてツリー並みにきらびやかな男がここに。
20161214
誠也くん、給料が3倍強になったそうです。

その、手に持っとる変なパネルと、肩にかけてるタスキは何なん?(爆)
いやいや、似合ってますよ誠也くん。
来年もノリノリで頼みますよ!
どうも皆様、お久しぶりです。
って2日更新を休んだだけですけど。

実は、結構本格的に、体調を崩してました。
金曜日に旦那が帰ってきて、土曜日には広島市まで仕事に行き、日曜日は坂町まで旦那を送ってきたんですが…諸々の行動でかなり疲れを出してしまったようで。
日曜の夜には完全に動けなくなりました。

旦那からは、絶対に病院に行けと言われました。
私はいくらカテキョ収入があっても非課税なので、旦那の扶養に入っているため、行かずに噓をついたところで必ずバレます。
それで昨日、成人後、初かもしれない受診に行ってきたのです。
予防接種や検査や身内の入院では何回も病院に行きましたが、自分の診療をしてもらうのはマジで久々でした。
恐ろしくてビビりまくりですよ。
そんなに怖がるなと医者から怒られましたよもう…お恥ずかしい。

まあ、私にしてはとてつもなく高いハードルを、勇気を出して飛び越えたわけです。
おかげさまで、まだ本調子ではないけど、普通にカテキョに行けるくらいには回復し、あかねちゃんの指導もいつも通りしてきました。
動けないということもなくなったので、こうしてブログ更新をしています。
特に重篤な病名もつかず、疲労の蓄積が原因のようでした。

いやー、昔と今とでは、病院の設備や医師の力量その他が全然違うんですね。
テキトーに心音とか確認して、テキトーに注射されて薬出されて終わり、みたいなイメージでいたもので。
ちょっと調子悪いって言っただけで血を抜かれるし、腹部エコーまで撮られるんですね。
エコーなんてマジの人生初で、この段階でビビりまくって、心拍数が異常になってしまったのが大変お恥ずかしいことで。

病院の話だけ書いて盛り上がるってのもアレなので。
坂町に行った時の写真でも。
20161213
呉線坂駅の前にある「パルティ・フジ坂」のライトアップです。

これも同じく。
20161213
ここで旦那とお好み焼きを食べて、研修の場所まで送り届けて帰宅です。

帰り道の高速道路、山陽道小谷SA上りのライトアップ。
20161213
ベーカリーアンデルセンが経営する施設なので、メルヘンチックですね。

正面から見るともっとメルヘンです。
20161213
これ撮ってるあたりからなんかフラフラしてきて、節々が痛くなり始めました。
そして帰宅後に完全ダウンしてしまい、翌日病院に行ったわけで。

ああ、普段、健康すぎるから全然わからんけど。
健康って本当にありがたいものですね。
考えてみれば元気な私も、年に1回くらいはなんか不調になります。
それがこの時期に来たということは、神様の与えたもうた何らかのものなのでしょう。
つまり、旦那の留守中に遊び呆けるくらいなら、家で休んでおけと。

わかりました、そうします。
でもかなり治ってきたら、その後は好きにさせていただきます(笑)。
病院に行くという高すぎるハードルを越えたので、そのくらい許してくださいな神様。
予定されていた、広島市での仕事に行ってきたんですが…。

なんという余裕のなさでしょう。
ただ行って仕事しただけになりました。
いや、普通そうなんですけどね。
私の場合は遠出した「ついで」に何か違うことをしてくるのが定番ですから(汗)。

余裕がないので、カープスケジュールノートをゲットしてくれた友人に会う時間もなく、ドリミネーションなどを見る時間もなく、お好み焼きを食べる時間もなく…仕事終わったらさっさと撤収です。

かろうじて、こんな写真だけ撮ってきました。
20161210
平和公園の中にある噴水ですね。
かつて広テレのエンディング動画として使用されていました。

どうせなら電飾でライトアップされた原爆ドームも見てみたかったけど、ちょっと距離があり、駐車場からも離れていたので断念です。
またの機会をお楽しみ、ってとこでしょうか。
またの機会、あるのか?

悔しいので、笑顔のザキくんにご登場願います。
20161210
なぜサンタ姿?と突っ込みたくなるけど、似合っています。

契約更改の際の写真ですが、給料は倍額以上になったそうですね。
胴上げ投手になったのは記憶に新しいところ。
もうすぐ1億円プレイヤーです。
西武を解雇されたお兄さんとは真逆の、光の当たる野球人生を歩みつつありますね。

サンタ姿は似合うし、袋に書かれた「日本一」の手書き感が彼らしくてなんとも。
そして、かなり髭が短くなりました。
彼は菊池さんと違って髭はそんなに似合わないと思うので、もう伸ばさないでほしいですが…。
旦那が4泊5日の研修を終えました。
また来週月曜から4泊5日ありますが、第1弾が終わったとのことで、帰宅することに。
それで車でお迎えに行きました。

旦那が研修をやってるのは、呉市と広島市の中ほどにある、坂町ってところです。
街の規模はそこそこ大きく、なんでもありますが、交通の便がとにかく悪いです。
特に因島から行く場合、ものすごく悪いです。
だから行きも帰りも車で送迎すればなんてことはないんですが、職場の都合上、公共交通機関を使って領収書を提出せねばならず、それ以外は事故があった場合の保険も下りません。
このへん融通効かないのは仕方ないけど、田舎住まいではなかなか厳しいことです。

だから行きは土生港までは車で送り、その後は朝一の高速艇で三原港→三原駅→新幹線で広島→呉線で坂まで戻る…という移動をしました。
帰りも同じルートの予定でしたが、三原駅まで迎えに来いとな。
え、領収書は?と聞きましたら。
三原港からの高速艇の最終便がもう終わっていて乗れないんだと。
ああ、やはり離島住まいは厳しいです。
車がないととても生きていけません。

最近、高齢のドライバーによる悲惨な事故が多いです。
それでタレントさんや評論家の方々が、事故を防ぐために免許を早期返納しろとか、交通機関を使えだとか、高齢者はタクシーを割安にしろとか、テレビで論説し合っているのを聞きますが…。
はっきり言って、大都市に住んでる方々がいろいろ言っても、説得力ないです。
電車は走ってなくて、バスが1日数本とかで、タクシーもろくに走ってなくて電話で呼ぶところから始めなきゃいけない、そんな田舎では車がないと生活が難しいのです。
時刻表見なくても1分もすれば地下鉄が来る、恵まれた環境の人々の討論は意味がないのです。

そんなややこしい論議をしたいのではないですが、三原駅まで真面目に迎えに行ってきました。
帰りに買ったプロ野球チップスから、すごいの出ました。
私の真面目さに神様がお応えくださったのでしょうか。

菊池選手のカードです。
20161209
過去に当てた菊池選手のカードは、バッティングスタイルのものでしたが、やはり彼には守備のシーンが似合うので、守備中のカードが欲しいとずっと思っていました。

裏です。
20161209
日本球界屈指の二塁手…その通りですよ。

ユアタイムのスポーツコーナーで、今年も「選手が選ぶ守備のナンバーワン」に選ばれていました。
彼のところに打球を飛ばした打者は、ああアウトかと諦めてしまうそうです。
とにかくどんな球でも捕るし、守備範囲が広いし、捕った後のアクションもめっちゃ速い…そりゃ、諦めますよね。

若い若いと思ってましたが、すでにアラサー、中堅どころに突入してる菊池選手。
しかしまだまだ進化してくれそうで楽しみです。
アラサーというとそろそろFAとかあったりするけど、そういう暗い考えはしないことにして(笑)、これからもカープのために頑張り続けてほしい選手です。
でも、関東出身、なんですよね~。
丸さんも誠也くんも、関東出身…イヤな予感はナシでいきましょう。
12月1日に配布開始して、フレスタでの配布は即日瞬殺だったそうな。
因島にフレスタがないので出遅れて、もう今年は入手できる気がしていなかった、HFMとカープコラボのスケジュールノート。
遅ればせながら、4冊セットでゲットできました~!
20161208
感激しておりますよ。

フレスタでさっさとなくなったと聞き、これはHFM本社で入手するしかないと思いました。
広島市での仕事予定はもう少し先にあることはありますが、そんな先ではおそらく、HFMの在庫もなくなってしまうでしょう。
それで、HFMがある広島市南区在住の知人に頼みました。
お手数ですが、取りに行っていただけないだろうか、と。
その知人ももらいに行く予定だったとのことで、快諾してくれました。
それが12月2日のことです。

その後、今日まで「入手したよ」という連絡なし。
ラジオを聴いていると、なんと12月5日には、HFMでの配布も終わったとのこと。
どうなっているんだろう。
一応、広島市に行く際にこっちから連絡すると伝えてあったので、それを待っているんだろうか。
お願いしている側としては、頻繁な連絡をすると、催促してるみたいで感じが悪いし…。
とりあえず、広島市に行く直前まで、待つことにしてました。

そしたら!
なんと郵送で知人が送ってくれたじゃないですか。
今日の夕方、ポストに届いてました。
しかもフルセットで。
もう感謝感激です。
広島市に行った際、会えたら、フランス料理のフルコースをご馳走したい気持ちです。
本人が嫌がっても、です。

フランス料理並みの価格で、ヤフオクに出品してる人がいますけどね…。
それはやめてほしいですよね。
使わないなら、いらないなら、なんでもらってくるんですかね。
カープ人気は嬉しいけど、行儀の悪い変な商法が横行するのには本当にがっかりです。

とりあえず、ご配慮をいただいたかなつまさんには、ご迷惑をかけずに済みました。
おかげさまで私も入手できました。
かなつまさんはご自身で、そのノートをご使用ください。
使わないなら、神棚にディスプレイしましょう(笑)。
期末テストを終えたあかねちゃん、すべての点数が戻ってきました。
驚いたことに、かなり成績が上がっており、この調子でいければ志望校は何とか受かりそうです。
一安心です。
本人も、はるさんも、私も。
もちろん、ねくらさんも、ですよね。

成績は簡単に急上昇したりはしないのですが、この学習姿勢はなかなかです。
20161207
すでに冬休みの宿題にも着手しました…さすがです。

長年教育業をしていると、確実にわかってくることがあります。
それは「成績が伸びる子は学習姿勢がりりしくなる」ということです。
指導開始した初秋と比べると、格段にりりしくなっています。
入試が近づき、本人の意識も変化してきたのでしょう。
この調子で頑張ってほしいものです。

昨夜、進路の件で、家族や学校とひと悶着あったというあかねちゃん。
滑り止めの私立を受けるかどうかで話し合いが持たれたようです。
あかねちゃんの意向は「私立を受ける場合、3学期から放課後に前倒しの授業が始まり、その内容は進みが速くてついていく自信がなくしんどいので、公立1本に絞りたい」というもの。
それで、滑り止めを確保しておいてほしかったご両親とは食い違ったそうです。

私も私立は受けた方がいいと思っていたんですが、あかねちゃんの意識改革に驚いたので、本人がいいようにしたらいい、と、はるさんには伝えておきました。
だって、秋までのあかねちゃんなら、そんな発言が考えられなかったですから。
授業について行けようが行けまいが、全然気にしなかったでしょうから。
努力してもついて行けないならつらい、分相応のクラスで確実に理解したい。
そんな風に思えるようになったことが、学習に対する前向きさとして表れてきていることは頼もしいですね。

入試までまだ少し間がありますが、そう思っているとあっという間に時は過ぎます。
万全の準備で挑みたいものです。

仕事帰りに見つけたイルミネーション。
20161207
大山トンネルの近くのごく普通の家がこんなになってます。

周辺には家がほとんどなく、道路の脇にぽつんと建つ家なので目立ちます。
また、高台にあるのでかなり目立ちます。
しかも、一般家庭の電飾としてはめっちゃ派手です。

よく、一般家庭の電飾は色彩感覚がイマイチで悪趣味、なんていう人もいますけど、それこそが手作り感があっていいと私は思うのです。
街がキラキラしてくると、楽しくなってきますよね。
前日に、自分を律するなどと言っておきながら。
旦那の留守をいいことに、映画を観に行ってきましたぁ~。

だってね。
今日は冬休み教材を渡しに行って、担当さん忙しくて食事もお茶もできんかってですね。
わざわざ橋代使って本州まで行ったのに、たった数分で仕事が終わっちゃったわけですよ。
すぐに帰ったらなんかもったいないじゃないですか(何がだ)。

前置きはさておき、映画です。
20161206
「ボクの妻と結婚してください。」です。
織田裕二さん主演です。
末期がんで余命半年の売れっ子放送作家が、自分の死後のために「妻の結婚相手を探す」という、人生最後の企画に挑戦するストーリーです。

私はこの種類の話は、映画でもドラマでも小説でも、かなり客観的に観ることにしています。
実母や伯母をがんで亡くして、その様子を近くで見てきたので、余命宣告をされた患者の闘病が並大抵のものではないことを認識しているからで、実際にドキュメンタリーを除き「お話」の場合はリアリティがないものが大半です。
この映画も、そういうスタンスで観に行きました。
今やってるドラマで、突き抜けた新鮮な演技をしている織田さんが観たい、それだけの理由でした。

まあ、リアリティーは確かになかったです。
なかったんですが、発想の転換というか、すごく観た後の心がすがすがしかったです。
余命が少ないとわかったら普通は、家族で思い出を作ることを優先するだろうに、自分に代わる新しい伴侶を探すのに奔走するというのはバカバカしいと最初は思いました。
でもそれは、不器用な彼なりの、精一杯の愛の形だったわけで。
思い出よりも、未来の幸せに目を向けたら、そういうのもアリだと思うわけで。

テーマは重くて悲しいです。
でも、妻も子供も周辺の人もみんな優しく主人公を思いやっていたので、重くて悲しい感想は残りませんでした。
ベタだけど、感動できる映画です。
近くで鑑賞していた女子高生の集団は号泣してました。
若いっていいなあと思いました(笑)。

私の一番のポイントは、原田泰造さんでした!
もう、めっちゃイケメン、いい人過ぎ、かっこいい!!
織田さん目当てで観に行ったのに、織田さんを完全に食ってましたね。
特にファンではなかったけど、あのイケっぷりはもはや、お笑い芸人のそれではありません。
まあ、そういう役だからと言ってしまえばそうですが、誰にでもできる役ではないですしね。

織田さんには、IQ246の役を今しばらく頑張ってもらいましょう。
あっでももうすぐ終わるのか…あの役、面白いですよね。
今朝、4時起きの必要があったため、昨夜は更新せずに寝ました。
なぜ4時起きかというと。
職位が上がる時期が近付いてきた旦那、朝イチの高速艇で研修に向かったので、土生港まで車で送ってきたのです。
研修は広島県の西方面でありますが、おそらく因島から参加する旦那が、全員の中で一番遠いのです。
夜の仕事をする妻にとって、極端な早起きがどんだけツライか…などという考慮は旦那の職場には一切ないので、ツラくても頑張ってお送りしてきました。

旦那は週末には帰ってきますが、週が明けたらまた研修で、16日までは家を空けてる状態です。
うちはふたり家族なので、ひとり欠けるとひとりになります。
私、かなり久々の「ひとり暮らし」じゃないか。
元々3日に1日は宿泊勤務で家にいない旦那ではあるけど、5日連続が2週なんてすごく久々です。
あまり自由気ままに過ごさないよう、気をつけましょう(笑)。
食事の手抜きはまあ、やむを得ないというか必然でしょうけど。

自分を律するため、この期間は仕事をいっぱいやることにしています。
カテキョは普段より少し多い程度ですが、教材はたくさん注文を受けています。
早速、第1弾を届けてきました。

今日は食事するような時間帯じゃなかったので、ミスドでおやつ会議です。
20161205
今年のミスド手帳はスヌーピーオンリーで、好みのものがなかったから入手していません。
ああでも担当さん、金曜日だったら私、ミスドは2個まで無料ですよ。
ソフトバンクユーザーなので…でも行列できてるっていうよね。

帰りにコロナワールドに、ゲーセンのメダルを更新しに行きました。
7000枚くらい預けてるんですが、遠くに住んでるが故に忘れて期限が切れるなんてイヤなので、なるべく福山に行ったときはゲーセンで遊ばなくても更新だけはするようにしています。

そしたらエスカレーターの前に、風船でできたでっかいツリーがありました。
20161205
いたずらっ子が下の方は割ってしまいそうですが…大丈夫でしょうか。

今年も、間もなく終わりですね。
早かったよなぁ今年。
カープ優勝のおかげもあるけど、なんか早かったです。
ハワイ行きの便を変更して向かったというカープの鈴木誠也選手ですが。
無事、ハワイに到着して、みんなと合流したみたいですね。
プールで楽しそうに遊んでおられます。
20161203seiya
楽しそうに?かと思ったけど、菊池選手によってプールに落とされたそうな。

あれほどの強打者でもいじり倒す菊池さん、さすがですね。
優勝の胴上げの際は、ドサクサで磯村さんにキックしてますし。
20161203
この後、別の方にカンチョーもやってました。

オールスターの時は、ベイスターズの筒香選手にカンチョーしてましたね。
20161203
結果として、これ以降、筒香選手は覚醒しました。
菊池流のやる気スイッチ、なのでしょうか。

新井さんにもそういえばしてましたけど、おかげでMVP獲得でした。
丸さんは誠也くんにカンチョーしてたようです。
カープの野手、何やっとんじゃ。
いやこれが独走の秘密であるなら構わないんですけど。
文字通り、尻に火がついた…ということでしょうかね。

その、菊池さんや丸さんにいじられた、誠也くんです。
20161203seiya
流行語大賞の授賞式でのスーツ姿がりりしかったです。

大賞の「神ってる」とか、「聖地巡礼」「アモーレ」「復興城主」みたいな、明るい言葉がノミネートされるのはすごくいいことだと思うんですが…。
ゲス不倫とか日本死ねとか、候補に入れる必要、ありますかね。
それらの言葉は今年多く発せられましたし、世間を騒がせた言葉ではあるけど、誰かに何かを受賞させるような言葉かというと違うように思うのです。
マイナスイメージの言葉(そういえばマイナス金利って言葉もランクインしてました)は、単なる「流行」であって、「流行語大賞」からは除外していい気がします。

特に主催のユーキャンって会社は、通信教育や生涯学習の企業ですからねぇ。
そういう企業は率先して、日本語の持つ意味合いの美しさを強調してほしいものです。
世の中には美しくない言葉も確かにあり、誰でもその場に応じて使うことはあります。
そういう言葉の存在自体は否定せんけど、表彰なんかしなくていいんじゃないかと思うのです。
私が国語教育に従事しているから、特別そう思うのでしょうか。
一般的にはそんなに疑問視しなくていいことなんでしょうか。

キックとカンチョーについて書いていたら、思いのほかお堅い記事になってしまいました。
主旨がずれまくりですが、誠也くんはもっといじられて強くなってください。
教材作って、福山まで持って行きました。
持って行って、今までにないほどの屈辱を味わう羽目になりました…。

ここんとこ、というか、離島住民になって以来、カテキョのマッチング失敗がやたら多い私ですが。
なんと先月下旬からたったの10日ほどで、5件、うまく行かなかったそうな。
理由は全員「橋の通行料が払えないから」でした。

いや、それ、私にわざわざ報告する必要あるのか。
払えないから近所の先生で落ち着いたのか、カテキョを雇うこと自体をやめたのか、それはわかりませんが、私個人に連絡の来ていない案件を報告する必要あるのか。
そもそも大半の生徒家庭が「交通費上限は1000円」と書いてあるのに、あえてドヘキチ在住のカテキョと5件もマッチングさせる意味はあるのか。
もう人間不信に陥りそうです。

まあ、そういう細かいことは気にしないのがいいんですけど。
東京本社にとっては、抒情的なロケ地尾道もドヘキチ離島尾道も同じ「尾道市」だから、深く考えてマッチングしてないんだろうってことはわかるんですけど。
広島県と東京は確かに離れてますが、せめて自社に所属してるカテキョが「どこに住んでいるか」ということくらいは把握しておいてほしいと思うのです。

難しいことじゃないはずなんです。
生徒が新規カテキョ申し込みをしてきた際は、住所をもとにグーグルマップで必ず場所を確認するんだから、マッチングのついでに先生の家も確認くらいしておいてほしいと思うんですが…そのへんテキトーなんでしょうね。

愚痴っても仕方ないです。
メシです。
20161202
ガストの日替わりランチです。

おいしかったけど、次から広島支社のマッチングしかしないでほしいって言っておきました。
もちろん、交通費無限大!なんて家庭があるなら別ですけどね。
昔はともかく、今はカテキョを雇うイコール大富豪とは限らないんです。
貧しい母子家庭でも、普通にカテキョを雇うのです。
そんな家から授業料以外に、交通費をボッタくるのは私としても心外なことです。

打ちひしがれて、HFMのスケジュールノート配布が終わってなかったらもらおうと思い、福山市内のフレスタに行ってみたんですが…。
駐車場で偶然、かなつまさんにバッタリ遭遇。
ちょうど仕事の休憩タイムだったようです。
そんなに長く話せなかったし、スケジュールノートも品切れでしたが、やさぐれてしまっていた私の心が少しだけ温かくなりました。

かなつまさん、ありがとう。
今思えば、ちょっと対応がぞんざいになっていたかもしれないので、すみませんでした。
いや時間が少なくてそっけなくせざるを得なかったのもあるけど、私、やさぐれていたのです。
でもかなつまさんの笑顔に救われてありがたかったのです。
今度改めて、コメダでお茶でもしばきましょう。

ということで、人間不信になるのはやめときまして。
現在進行中の仕事を精一杯頑張ることで、自らの充実を図りたいと思います。
今日は、代り映えのしない画像を載せるので、かったるい方は閲覧しないでください。
画像もそうだけどマジでどーでもいいことかもしれないので。

11月26日にステラの走行メーターは「111011」になりました。
それが昨日になってこうなりまして。
20161201
思っていたよりも時間かかりましたね。

1キロ走って、路肩があったから停車してまた撮影。
20161201
1と0の並びが二進法みたいで楽しくなってきました。

プラス9キロで、また路肩で撮影。
20161201
離島の中にいるとこういう時便利ですね~。
道路で車を停めても、短時間なら全然問題になりません。

そして、大台とは違うキリを達成しました。
20161201
1が6個、きれいに並びました!

ステラは軽自動車なので、耐用年数はそんなにないと思われます。
したがって、同じ数字が6個並ぶのは、新車の時を除きこれが最初で最後なんじゃないでしょうか。
頑張れるものなら頑張りたいけど、222222まではエンジンが持たんでしょうね。
前の車は16万キロくらいで壊れましたし…酷使しすぎだっつうの。

愛車ステラがこのように「神っていた」日、流行語大賞は「神ってる」になりました。
誠也くん、表彰式に出席するために、優勝旅行の便を遅らせたそうな。
忙しくてなんか気の毒なので、早くハワイに行かせてあげて…と思うけど、めでたいことだしいいですよね。
受賞おめでとうございます。
来季は、これをネタにヤジられないよう、頑張っていただきたいです。
凡退して「ゴミってる」などと言われませぬよう(笑)。

そういえばカープには「カピってる」なんてのもありますね。
大瀬良くんがチームカピバラ増殖計画実施中のようなので、兄弟が倍増するかも。
とりあえず岡田くんは入れられましたかね。

カープの皆様、よき旅をお過ごしください!