らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

江戸時代、庶民は除夜の鐘を聞きながら
今年新たに食べた7つの味
5つの楽しかったこと
3人の出会った人の
「七味五悦三会(ひちみごえつさんえ)」
を家族で話し合ったそうです。
そして全部を経験していたら「今年はいい年だったね」
と喜びあったのです。
杉浦日向子さんの話です。

来る年が、良い年でありますように。

何を思ったか、今年は我が家でもおせち料理が登場~!

大半がもらったものや買ったもので量も少ないけど、2人家族のうちではこれで十分。
価格総額は…1000円は行ってない(汗)。
数万円のおせちを買う層は、どのような層でしょう。

ギリギリ年内に間に合ったのです。
旦那の実家から、先ほど戻ってきたのです。

では皆様。
良いお年を!

スポンサーサイト
日帰り帰省してきました!
旦那と一緒に、私の実家に。
旦那は正月休みがなく、元旦から4日までは仕事なので、今日明日の連休を使って両方の実家に日帰り、ということにしました。
私は正月は休みだから遊びますけどね。
遊んでばっかりじゃいけませんけど、それ以外やることもないのですね。

天気の悪い中、ぬかるみを歩いて墓参り…のつもりだったけどそれは断念。
普段きちんとお参りしているので、そのくらい許してもらいます。
月命日にでも真面目に参ろうと思います。

実家でまずやったことは、凝りもせず家電のチョイ修理。
私、文系なんだけどな。
またBSアンテナを手作りして、ついでに電話の接続も変なことになってたから直して、父ちゃんが買ったばかりのFAX機器を設置して…。
てか、そのくらい父ちゃんがやれ~!
父ちゃん、高校は機械科出てるし、卒業後は船の設計士だったし、文系の私なんかよりよっぽど家電に強いはずなのに。
「最近のメカはややこしくてわからん」と、丸投げしやがります。
単に取説読むのをサボってるだけのくせに。
「取説読むのは文系の方が得意じゃないんか」…そういう問題か。

家電いじりの後は、3人でささやかに忘年会です。
居酒屋に行きました。
普段ひとり飲みばっかりの父ちゃん、旦那と飲むのが大好きです。
私はいつでも従順なハンドルキーパーです…ちょっと寂しい。
まあ、いいか。
その分、食ってやる。

って、払いは私かよ!
旦那のやつ、金がないから出しといてって…。
ああ、カテキョの給料振り込まれたばっかりなのに。
振り込まれたばっかりでよかったと言うべきか。
なんか解せんな~。
親孝行になったのならよかったけど。

さて、居酒屋はもちろん、私の地元の居酒屋です。
私の地元は、この方々の地元でもあります。

店に飾ってあったポルノグラフィティの垂れ幕みたいなの。
見えにくいけど、本人たちのサイン入りです。
なんだかんだで彼ら、売れても結構頻繁に帰省して来てるので、そんな帰省の際に書かれたサインなのでしょう。
サザンオールスターズのいない現在、アミューズの稼ぎ頭と言っても過言じゃない彼ら。
今後も地元の星として輝いてほしいですね。

あ、アミューズの稼ぎ頭は福山雅治さんかも(汗)。
偉大なる福山さんは抜いちゃいかんぜよ。
その次ぐらいで頑張ってください。
広島県人、特に因島人の立ち位置はそのくらいでちょうどいいかと。
大掃除に着手しまして。
換気扇をまずは磨いてやろうと思ったんですよ。
油汚れがすごいってのは想定の範囲だったので、気合入れて磨こう!なんて意気込んで取り外しましたら…。

換気扇に備え付けの、コンロ用ライトがちょうど切れました。
ぷちっとな。
コンロを照らすものがなくなりました。
これがないとうちでは、コンロの付近が真っ暗になり、火を使っての調理が不可能になります。
いや頑張ったらできないことはないですが、私は鳥目なので暗い場所での調理はしないように心掛けてまして、ましてや火を使うなどとんでもないです。

慌てて電球を買いに行き、換気扇の掃除はテンションが下がったからヤメだ。
たまに、真面目な行いをしようとするとこんなことになります。

電球を買いに行って帰る途中。
もう外は日が落ちていたので、車のライトを点灯しました。
そしたらなんか暗いのです。
…右側のライトが切れてました。がっくし。
外は、このまま運転しても整備不良にはならない程度の暗さでしたが、先ほど書いたとおり私は鳥目なので、早い時刻でのライト点灯を心掛けています。
夜になると私、免許持ってるのが不思議なくらい、視力が落ちます。
それもあって濃い色の車は持たないようにしています。
明日は生口島の実家に帰省するし、きっと三原への戻りは夜遅くなるだろうし、今日中にライトを交換してもらっとこう。

そう思って、イエローハットに行きました。
最近、わが三原にもイエローハットができたので、20キロ先の店舗まで行かなくてもよくなったのです。
「ライト切れました、替えてください!」
作業用ピットに車を置き、元気よく申込みしましたら…。

なんと。
右側ライトだけではなく、後部左側ブレーキライトも切れていたという。
全く気付かなかったという。
恥ずかしかったけど、指摘していただいて助かったので、そっちも新品と交換していただきました。

ああ情けない。
今日は家も車も、ライト切れまくりの、電球買いまくり。
電球がそんなに高いものじゃないとはいえ、いっぺんに電球代がかさむとなんかすごくもったいない気分になります。
食費や日用品代などの、普段かかる諸経費の中には「電球代」なんて全く入ってないですから特に。
だからといって家電を買い替えたようなリフレッシュ気分になるわけでもありません。
また、転勤族の我が家では電球は一切買い置きせず、切れた際にその都度買うので、切れた時刻によっては24時間以上電球なしってこともしばしば。

諭吉大脱走ってほどじゃなく、英世小脱走…くらいですんだからマシですかね。
年の瀬ってお金かかりますよね。
それより、換気扇どうしよう。
せっかくやる気になったのに失せたじゃんか(笑)。
先日、犬写真を送ってもらったので、タイミングだと思い年末でもあるし…ということで福山の美容院に行きました。
美容院の店長さんは元生徒ですが、最近入ったばかりのスタッフさんが別の元生徒の親友だったという…世の中って狭いですね。
私、福山市内だけで下手したら元生徒が4ケタくらいは存在するので、今後もこういうことがたびたびあるかもしれません。
気まずいというか気恥ずかしいのは最初だけですが、私は恥ずかしがり屋なので結構恥ずかしいです…そのうちだんだん嬉しくなって話が弾むようなら問題ないんだけど。

美容院は福山市北部にあり、ついでなので井原鉄道井原駅の電飾を見てきました。

いや、まあ、これだけなんですけどね。
普段は待合室になっている場所のライトアップです。
雨が降っていたので、濡れた路面が光ってきれいです。
待合室の形もツリーみたいでおもしろいですね。

帰りは通勤割の時刻だったので、リッチに高速道路に乗ります。
福山SAではこのお土産が目につきました。

ギャル曽根さん絶賛の尾道ラーメン、買って帰ろうかな。
でもこういうものはいくらおいしくても、一般家庭の火力じゃイマイチにしか仕上がらないと言いますし。

というわけで、現地にていただきました!

私はネギ抜きですが…ウマ~~~!!
最高のラーメン、になるはずでした。
いやラーメンはおいしかったのです。
隣に変なオヤジが座ってこなければ。

「横に座ってもいいかな?」と小汚いオヤジに言われ、イヤだったけどそうは言えないのでどうぞと言うしかありませんでした。
満席状態ならともかく、席がいっぱい空いてるのになんでわざわざ横に来るかな~と、かなり不快感を表したけど気にする様子もないオヤジ。
ラーメンをすする私に対し、意味不明の持論を語りだします。

女の人を飲食店でひとりにしておくのは優しさがないから、僕はなるべく相席にしてあげてるんだよ。

電車やバスでも同じで、女の人がひとりでいたら僕は横に座ってあげるし。

タクシー乗り場で単独の女性がいたら、行先を聞き、方向が同じなら相乗りにしてあげなきゃならない。


…オッサン、気は確かですか。
飲食店でも乗り物でも、ひとりでいる女性はひとりがええんじゃバカヤロウ。
しかも何が悲しゅうてこんなオヤジと一緒に食事せんといけんのんじゃ。
さらにひとりでくつろいでる乗り物で、変なオッサンに絡まれとうないわ。

私が変ですか?
私は寂しがり屋的要素が薄い方で、孤独でいるのも別に平気です。
だから親しい人とは一緒に行動したいと思うけど、知らない人と一緒にいるくらいならひとりでいる方がずっと好きです。
ましてや空席だらけの飲食店や乗り物なら、横に誰かに来てほしくないとさえ思います。
もっと極端な場所では、銀行ATMなどでも、混んでない時なら誰かの横にはわざわざ行かず、はじっこで操作します。
孤独が嫌いな人は、知らない人でも小汚いオヤジでも、ツレがいる方がいいものなんでしょうか。

このオヤジに絡まれて、幸せな時間を過ごした女性が果たしているのかどうか。
いるんだったら別にいいですよ。
きっと私とは世界観が大きく異なる女性なのでしょう。
てか、やっぱり、私の方が変?
クリスマスは終わったけど、私の電飾ドライブはまだまだ続きます。
電飾シーズンが続く限り続きます。
スノータイヤ履いてないから、多少の限界を感じますが…。

今回行ってきたのは、地元の三原市の北部。
久井町吉田のペットボトルイルミネーションです。
去年の記事はこちら
近所には「宇根山天文台」「久井の岩海」などの観光地があります。

到着するとトンネルゲートがあり、ここをくぐって公園に入場。

ここしか出入口がないので、混雑時はどうするんだろう。
もっとも混雑してるのを見たことがないので、大丈夫なのでしょう。

トンネルをくぐると真っ先に見えるのがこれです!

吉田スカイツリー…ペットボトルで作ったスカイツリーです。
ここ三原市久井町吉田は、標高が東京スカイツリー展望台と同じなんだそうで、それにあやかって今年のテーマを決めたらしいです。
去年のテーマは「絆」でしたね。

ペットボトルでできているのは一部のオブジェだけで、これはLED電球によるツリーです。

点滅が結構早く、光っている状態で撮影するのはなかなか難しく、なんか暗い感じになってしまいましたが…実物はきれいですよ。

冬ホタルって書いてあるのわかります?

冬ホタルとは、毎年ここで電飾を作っておられる会の名前です。
きれいな電飾をいつもありがとうございます。

宇根山天文台のオブジェです。

まだ行ったことないんですよね。
三原にいる間に行きたいと思いつつ、早3年過ぎてしまいました。

地面にもいろいろな光があります。
これは久井の岩海だとか。

キレイだから歩いてみたいんですが、ぬかるみがすごくて断念しました。
前日に雪が降ったみたいですねこの辺。

手前が水車、向こう側が野間川ダムのオブジェ。

野間川ダムはもうすぐ供用開始で、ダム湖の名称がこの10月に決まったんですが、その名は「栗湖(マロンこ)」。
どういうネーミングセンスなのか不明ですが、供用開始はダムヲタとしてはとても楽しみです。

光のトンネルです。

ここもぬかるみがすごい(泣)。
しかしせっかくなので頑張って通り抜け、帰宅後の靴磨きが大変でした。

寂しい山奥に浮いたように輝く一角、それがこの「冬ホタル電飾」です。
敷地は小さいけど、素朴な光の数々がすごくよかったです。
天気が良ければ、とんでもなく多い数の星空と重なって、絶景になること間違いなしです。
電球4万個、ペットボトル3万本の幻想風景は、1月2日まで開催中です!
昨日載せたメロンパンの写真ですが。
他の呉市メロンパン紹介記事やブログなどをネットで見てみまして、このパンは断面を見せないとあんまり意味がない…ということがわかりましたので、私も断面の写真を撮ってみました。

クリームのぎっしり感、伝わるでしょうか。
激甘とろりんのカスタードとはちょっと違って、かなりの弾力を感じるクリームです…練乳クリームと白あんを足したような食感です。

さて、今日はいよいよ、楽しかった男子高校生の最終指導日。
勉強熱心で努力家で、趣味が合い、話が弾み、授業のし甲斐がとてもあったので名残惜しいんですが、元々病休講師復活までの期間限定。
最後だからって卒業するわけでもなく、前任の先生にちゃんと生徒をお返ししなきゃならないので、特別なことはやらず淡々と指導をすすめました。

そして終了して、帰るという時。
こんな素敵なプレゼントをいただいたのです。

生徒のお母さんは、趣味で油絵のグリーティングをやっているんですが、生徒との合作でかわいいカードを手作りしてくれました。

別れがつらくなってウルウルくるじゃんか。
こんなものいただいたら。
私がまだ指導を続けたい、名残惜しいと感じていたら、相手側もそう思ってくださるものなんですね。
逆もまた然りですが。
ご縁はこれきりにしたくない、生徒も気に入ってくれている、とは聞いていましたが、ドライな話をしちゃうと社交辞令でそのように言ってくださる家庭も多いんです。
そういう家庭とはだいたい、その後の交流はありません。
カテキョは雇われなので、それが普通のことだと割り切っています。
だけどここまで手間のかかったプレゼントをくださるお母さん。
社交辞令で言ってくれたのではなかったと信じたいです。
すごく嬉しいです。
ありがとうございました。

生徒のお母さんは、今は開業医夫人、元は教師という方です。
私よりも年齢は少しだけ上ですが、ほとんど同世代です。
カテキョは大半が大学生や大学院生で年が若く、しかも男子生徒にあてがわれるのはほぼ男性講師。
今まで雇った数人のカテキョもそうだったとのことで、同世代の女同士ということで私には特に親近感を持ってくださったようです。
「息子が大学合格したら、その後は私もカテキョをやってみたいんですけど、どうやったらなれますか?」みたいなプライベートなお話もよくしてくださいました。
油絵や書道が趣味で基本はインドア派だけど、私がドライブが好きだという話をすると、アウトドアで写真を撮りに行くのも楽しそうだからやってみたい、とか。
人生半ばにして自分の世界を広げようとしている、とても魅力的なお母さんです。

だから私もぜひ、今後も仲良くしたいと思っています。
現在高校1年生の息子さんの様子を見守りつつ、何らかの形で関われたら、こんな嬉しいことはありません。
カテキョ会社的には、そういう交流はやってほしくないでしょうけどね(汗)。

そのためには、旦那だ(爆)。
旦那が変な場所に異動になったら、そんなささやかな約束がパーになってしまうので、あまり遠くへの引っ越しは勘弁。
今の場所にずっといられないのは仕方ないけど、頼むよ旦那。
昨日の、呉のお土産。

左側にあるのが「野菜サンド」「レモンクリームパン」。
右側がどちらも名物「ナナパン」「メロンパン」。
「野菜サンド」は閉店時刻が迫っていたこともあり、無料でいただきました。
ありがとうございました。

特に広島県で有名なのはメロンパン。
お店の名前がメロンパン、販売会社の名前も(有)メロンパン、商品名もメロンパン。
そして、いわゆる一般的なメロンパンとは味も形も異なります。
ラグビーボールの形状、外側のカリカリがなくふわふわ、中には隙間なくぎっしりのカスタードクリーム…結構重いんです。
創業が昭和11年で、当時から全く変わらない味だそうです。
海軍さんの中にもファンが多かったとか。
呉ではメロンパンと言えばこれのことらしく、普通のメロンパンはコッペパンと呼ばれているのです。
では一般的なコッペパンはなんと呼ぶのか。
「給食に出るパン」と呼ぶそうな。

呉に行けば必ずフライケーキかメロンパンを買って帰りますが、今回はフライケーキの店は閉まっていたのでメロンパンにしました。
いつかは憧れの「エーデルワイスのクリームパイ」を買ってみたいけど、なぜか現地に行くとそのことを忘れます(笑)。
まあ、メロンパンもおいしかったです。
呉までわざわざ買いに行くのはちょっと不便ですが、広島市の福屋八丁堀店や、わが三原市の広島空港でも購入可能です。
せっかく呉まで行ったので、現地グルメの肉じゃがや細うどんなんかを食べたかったんですが…呉のお店はとにかく夜が早いのが難点。

今日、カテキョ打ち合わせのために行ったカフェのテーブルに、オシャレなツリーが飾ってありました。

クリスマスって、今日が本番ですよね。
昨日は前夜祭というか、イブですよね。
それなのに街の電飾は大半が撤去され、テレビやラジオからクリスマスソングは流れて来なくなり、ケーキはたたき売りされ、注連縄や鏡餅が売られ始め…おいおい、もっとクリスマスしましょうよ、今日までは。
私が物心ついた時にはすでに、イブに盛り上がってクリスマスはサンタが来た後は平常通り…という傾向はあったように思いますが、平成に入って23日が祝日となってからは特に「前倒し」が顕著になりました。
そんな中、25日も頑張ってるこのカフェのツリーになぜかホッとしました。
明日には片付けるんだろうけど。

クリスマスが終わると、いよいよ年の瀬って雰囲気になりますね。
旦那が正月も働くので、年末年始の帰省や旅行とは縁遠い私でも、周辺が慌ただしくなるからイヤでも実感します。
せめて大掃除とは行かないまでも中掃除くらい、やっときましょうか(汗)。
広島ミステリーツアーの内容はやはり、WINS広島でした。
有料の指定席を旦那が取ってくれたので、快適ではあったんですが、私は競走よりも馬が好きな競馬ファン。
馬がいない競馬場ははっきり言って退屈でした。
たまに馬券を買ってみたりもしましたが、モニターの馬だけってのはやはり面白くないですね。
こんなんなら家で、テレビやネットで競馬中継観たらええじゃんか!と私などは思うのですが、競馬ファンにはそれなりの考え方があるのでしょう。
珍しくいくらか的中した旦那がご機嫌だったからまあいいか。

ご機嫌な旦那、競馬のあとは電飾に連れてってくれました。
「イルミネーションロードくれ」に今年も行きました!

健在の実物大紫電改。

どうせならコクピットなんかもちゃんと再現して、乗れるようにしてほしい…と思いましたが、そんなことをすると常に誰かが座ってる状態になり、のんびり撮影はできないでしょうね。

「大和」の主描も、去年と同じ位置に。

いちいちこういう戦闘的なものにときめく私、やはりオッサンかも。

ヤマト…もとい、大和発進!

去年は白電球ボディーでしたが、今年は黄色です。
相変わらずかっこええです。

これは去年はなかったですね。

市制110年…結構すごいことですよ。
私の生まれ育った場所などは、市としては存在しなくなってしまったし。
そして私の出身高校はすでに、名前だけ残ってよそと合併移転、出身小学校と中学校はもうすぐ統廃合されます。
母校が、学び舎が、間もなく全滅…せつないのう。

これも間もなくお役御免です。

まあ、清盛は大河ドラマとしては終了するけど、ここ広島県では恒久的なシンボルでもあり、今後も何らかの形でいろいろ残っていくでしょう。

空母赤城です。

飛行機も一応飛んでます。

地元の中学校で作られた電飾もいろいろ。

手作り感溢れる感じがいいですね。
手作り感と縁遠そうな、大和や赤城との対比が何とも。

これは去年はなかったような。

呉市出身の城みちるさんが考案したんでしょうか。
いや、バカにしてるんじゃなく、50歳過ぎて未だに「イルカ」のイメージで語られる城さんって尊敬に値しますよ。
そもそも一発屋ってダメなものじゃなく、縁起のいいものですから。
一発すら出ない人が世の中にはたくさんいるのです。

ここの電飾は毎年、ほぼ同じです。
ちなみに去年の様子
真新しさはあまりないけど、毎年同じものが見られる安心感がありますね。
大和とか紫電改とか、呉らしいモチーフも独特です。
旦那がご機嫌だったお蔭で、私にしてはコテコテのイブらしいイブになりました。
まだまだ電飾の季節は続きますね…それにしても寒いイブでした(汗)。
昨日書いた「ややこしい案件」ですが…。
ややこしさがやや緩和されたようなので、引き受けることにしました。
やや
こしさがやや緩和…スマセン(汗)。
ついにギャグまでオッサン化したか私。

どのようにややこしかったのかというと。
1.土日以外は指導日が取れない、平日は不可。
2.中3と中2の姉弟を同時に指導してほしい。
3.中2の弟は空手を習っており多忙で、2人が揃わない日は授業不成立。
4.両親のうちどちらかが不在の日も不可。
5.2人同時だが授業料は2人分ではなく1.5人分。
6.前任の教師が、1~4厳守がうまく行かず時間が取れず授業がろくにできず、9回分の未消化を残したまま辞めてしまった。

…これ、無理じゃないですか?

まず1ですが、土日は確かに学校が休みで、私も特にレギュラー生徒はいませんが、社宅住まいの主婦でもある私には野暮用がいろいろあったりします。
生徒本人や家族も、土日に行事が入ったりします。
そしたら振替は平日しかないですが、平日不可だといつ振替やるんだ。

2も結構きついです。
受験生優先にならざるを得ません。
その場合の要望苦情をいちいち受けるくらいなら、別々にしろと言いたいです。

3は、姉の方はともかく、弟は空手やってるから土日は試合とかあるんじゃないかと。
そしたらそれも振替しなきゃなりません。

4…これは不可解です。
親を指導するわけじゃないんだから。
最初のうちは不安でしょうけど、ある程度慣れたらお任せしてもらいたいものです。
せめて親のどちらかがいる場合は構わないとか。

こんだけわがままを抜かしといて5もありえません。
言いたくないけど、2人分でも、年内終了の男子高校生宅の1時間あたり単価よりも安い金額です。
義務教育の指導料はだいたい高校生よりも安いのは普通なんですが、2人分でそりゃないよって感じです。

こういうありさまなので6は致し方ないかなと。
だけど未消化の9回、土日しか取れない状況で、どーやって確保するんですか。
広島県立の高校入試までもう3か月ないのに。

という、いかに安請負の私とて、こりゃ無理だと思うしかない案件でした。
それで私、かなりカテキョ会社に食い下がり、文句も言ってしまいました。
受験まで時間がないこのような状態になって、今更わがままを言い過ぎの家庭ではないですか…と。
だからもうこの話は流れたものと思っていました。

そしたら、緩和されたようです。
1と4だけナシになりました。
食い下がった価値があったと思うべきか、結局やらされることになり、しまったと思うべきか(笑)。
だけどね~。
前任教師が時間取れずに辞めたわけだから、その点を家庭側が学習してもらわないと、私が引き受けなかったとしても他のカテキョが困ってしまうだけです。
2と3と5はどうしても譲れないとのことだったので、2人同時にやることで時間とお金を節約したいということなのでしょう…まあ、それはわからんでもないけど。

いろいろとまだ納得してないですが、決まったものは仕方ないです。
早速打ち合わせに行きました。
帰りのバイパスで、道の駅に寄って撮った写真。

もう土産物屋は閉店してたけど、電飾がついてました。
そして三原市街のささやかな夜景に癒され…しかし今日、すげー寒っ!!
あんまりのんびりしないでさっさと帰宅です。

明日は旦那が「広島市に行こう」と言ってたのでおでかけです。
どこに行くか聞いてないミステリーツアーですが、多分WINS広島です(笑)。
クリスマスイブに競馬…まあ、それが旦那にとってイブの最高の楽しみ方であるなら、たまの休日くらい好きにさせてあげます。

おでかけとなると、毎年作ってるツリーサラダや、ケーキはおあずけでしょうか。
と思い、今日、こんなのを買ってきました。

プリンアラモードプチシェア、というシロモノです。
A5サイズの弁当箱の大きさの容器に、スポンジケーキ、フルーツ、クリーム、プリン2個が入ってて500円弱。
プリンアラモードのケーキを2個買うよりは安上がりです。
大家族じゃない我が家、ホールケーキじゃなくても、こんくらいでいいかなと。

ホールケーキはあったらあったで嬉しいですけどね。
これは25日の安売りを狙ってみます(笑)。
もう帰っちゃいましたけど…。
来たんですよ。
グリムスに、生き物が。

ウサギですね。
白ウサギじゃなく、アンゴラ種っぽい色ですね。
アンゴラ種といえば毛皮用ではないですか。
エコ活動してるサイトが、皮を扱うウサギの絵とか載せていいのかどうかわかりませんが、おそらくそういうくだらんことを考えるのが私以外にいないのではないかと(汗)。
でもね~。
皮を剥がされたウサギって首から切断されるから、まず生存してないんですよ~。
ほら、そこのあなた、もうラビットファーが持てなくなったでしょ。

…読者を脅すようなことを書いてどうするんだ(汗)。

さて、私、今日カープファン高校生の家にお仕事に行ってきまして。
めでたく年内での解任が決定しました…ち~ん。
結核療養中の先生、隔離から解放され、除菌ができたようです。
本当は今日でおしまいのはずでしたが、生徒のお母さんが配慮してくれて、あと1回は行けることになっています。
だけどお別れは突然ですね。
予定通りと言えばそうなんですが…やはり寂しいです。
この生徒、優秀で教え甲斐があったし、面白かったし、趣味は合うし。

私が突然のお別れを悲しんでいたのを察したのか、お母さんが言いました。

先生、今後も連絡を取らせてもらっていいですか?
元の家庭教師に戻ってもらうのが形式上いいのはわかっているんですが、先生とのご縁はこれきりにしたくないと思っています。
息子も先生と出会えて、よく国語が理解できたし楽しかったと言っています。
補習とか小論文とか、違う形で、必要な時にお願いできるならお願いしたいんです。


…嬉しいですねぇ。
カテキョ冥利に尽きる、ありがたいお言葉です。
いや、今後も連絡は取るつもりでいたんですけどね。
生徒からはfacebookでの友達申請もあったし、受理したし、これからも細々とでも交流できそうだとは思っていました。
当面、高1が終了するくらいまでは元の先生にお返しする形になりますが、引き続き仕事でもつながりが持てるなら、大学入試まで一緒に頑張れます。
私が山奥や離島に引っ越しをしなければの話ですが(汗)。

そして、お母さんには内緒ですが、恋愛相談も受けてたりして。
本人は中学から男子校、本命のお相手は中学から女子校の、不器用同士の同級生だそうですが…クリスマスイブに告白するらしいです。
頑張れ~!!
おっと、もちろん勉強が第一ですよ。
と、カテキョの立場からは言っておきましょう。

年明けからの「ややこしい案件」は、ややこしくなくなったら引き受けますと返事をしてあるんですが、その後カテキョ会社から連絡がないです。
おそらくややこしいままなのでしょう。
別に家庭環境などがややこしいわけじゃないんですが、日程とか時間とかが無理難題過ぎる設定になってまして…正直、どんな教師でも受けたくない案件です。
あと、私が今まで引き受けてきたややこしい案件の数々には、ややこしいなりの報酬が用意されていたから頑張れたんですが、この報酬に関しても相当な無理難題のようで、カテキョ会社も頭をお抱え中です。

いろいろな家があるのが、不可思議でもあり、面白くもあり。
カテキョは勉強を教えるのが仕事ですが、社会から教わる量も計り知れません。
昨日、年末のいろいろについて書いたんですけど。
この時期は「この時期ならでは」という行動が、他の時期よりも圧倒的に多いですよね。
普段あんまり曜日感覚などがない仕事をしている私にも、単なる生活の中で季節を意識できる時期です。
普段は桜を見に行ったり、紅葉を見に行ったり、日常とは少し違うことで意識するのが常なんですが…。

まあ、どんな仕事をしていても、この時期が多忙なのは事実。

今日も年末の風物詩である、これを購入。

そのうち買おうと思ってのんびりしていたら、発売最終日になっていて焦りました。
いつものように連番を10枚、バラを10枚、合計20枚です。

私はパチンコや競馬は時々やります。
そして自分で言うのも何ですが、結構強いみたいです。
最近それに気づきました。
どうせ依存症になるほどハマってるわけじゃないから、そんなにお金は減らないし、何も研究せずにたまにやるんだし、勝てなくても楽しかったらいいか…のスタンスでやってることは皆さんご存知だとは思います。
しかしここ何か月か、私の好きなヱヴァの台がことごとく店舗から消えつつあり、あまり興味もわかないのでホールに行かない日々が続いています。

そしたらあろうことか。
お小遣いが全然増えてない~~!!
大きな買い物もしてないし、細かい無駄遣いもしてないのに。
というわけで。
私のお小遣いの多くは、パチンコで勝ったお金で今まで上乗せされていたことを認識したのでした…わはは。
そういえばヱヴァに夢中の頃、箱いっぱい積んでたよな~。
コンサートや野球観戦や映画にたくさん行っても、あんまりお金が減らなかったんだよな~。
ああ、ヱヴァンゲリヲン様。
早く新しい機種を出してくださいよ~。
今だったら映画「Q」が大ヒット中だし、新しい機種が出るの待ってる人は多いんじゃないかと思いますよ。

話がそれたんですが。
そんだけパチンコで上乗せがある私、宝くじではあんまりいい思いをしたことがないんです。
唯一の高額当選は父ちゃんのおこぼれをいただいた10万円ですが、これは自力で当てたとは言えないので、自分の宝くじ運はイマイチなんだと思います。

そろそろ、いい思いしたいですね。
高額投資ができない性格の私だと、パチンコや競馬ではめちゃくちゃ多くても数万円程度の儲けですが、宝くじは当たると本当にでかいです。
それこそ、お小遣いのレベルじゃない場合もあります。
会社勤めの頃はよく生徒達に「私、宝くじ当たったら申し訳ないけど、すぐに先生を辞めるけんね!」などとフイてましたが、結局それは冗談に終わりました。

冬至のゆず湯につかりつつ、しばしの夢を見ようかと。
どうせしばしの夢、などとは思わず、やっぱり期待してみましょう。
先週はバス旅行に出かけたので買えなかったパンを、今週は買うことができました。

エビカツウマ~。
そういえばAKB48の「Everyday、カチューシャ」って曲、省略してエビカツって言うんだそうですね。
AKB劇場まで通っていたというAKBファンの知人が言ってました。
私が所属してるカテキョ会社のCMソングでもあった曲です。
AKBはどうでもよくて、このパン屋さん、年内は来週で営業終了。
エビカツがさっさと売り切れてなかったらいいんですが。

グリムスは靴下をぶら下げたクリスマス仕様に。

先月末にまた、モンゴルでの植樹報告がありました。
あと「オゾン層」とブログに書くと、何か動物が来るらしいので、あざとく書いておきたいと思います。
何が来るのか楽しみです。

いつも行っている美容院の店長さん(元生徒です)から、携帯番号とアドレスが変わったという連絡があり、それに添付されていた愛犬じろうくんの写真。

相変わらずかわいいです。
そしてよく考えると、そろそろ美容院に行く時期です。
いつも最高のタイミングで連絡くれる彼女…商売上手です(笑)。
年の瀬だし、さっぱりと新年を迎えたいし、まあ年内にはお邪魔しよう。

ということで、年末いろいろでした。
あとは年明けからまた、期間限定で新しい生徒さんを…とのことで紹介を受けましたが、ややこしい家庭のようなので返事を保留中です。
そうだった、うちにくる案件は大半がややこしいんだった。
今のカープファン生徒がまともすぎるから忘れてました(笑)。
年賀状を作成しました。
さすがにもう、喪中ハガキは来ないだろうと思いまして。
うちも、私をかわいがってくれた伯母が春に亡くなったので、どうするべきか迷ったんですが、伯母はいわゆる直系ではないです。
一緒に暮らしたこともありませんし、何より先日私は父ちゃんに頼まれて父ちゃんの年賀状をたくさん作ってきました。
父ちゃんが普段通りなら、私も普段通りです。

今年は恐ろしいことに私、郵便局に転送届を出しておりません。
つまり、前の住所宛にもし年賀状が来たら、それらはうちには届かないのです。
現在の住所で新年を迎えるのは3回目だし、さすがにもう間違える方が悪いってことにしようと思います。
引っ越しの時にちゃんと「移転のお知らせ」を送っているし、前2回の年賀状にも今の住所がバッチリ書いてありますし。

本音としては去年あたりでもう、これ以上間違えるやつなんか知るか、その程度の付き合いなんかいらんわ!と開き直りたいところだったんですね。
だけど私の住所は、普通の賃貸住宅じゃなく、今回も前も社宅です。
宛先不明で送り主のところにハガキが戻ってくれるならいいけど、前の社宅に「無事に」着いてしまった場合、今その場所に住んでおられる方に迷惑をかけてしまうから、開き直る勇気がありませんでした。
さすがに3年も経ったので、万が一そこに着いた年賀状は転送不要なので処分してくださいと言えば済む話です。

まあ、なんとかなるでしょう。
ど~~しても私と連絡が取りたい人なら、ずっと不変の携帯電話かメールアドレス宛に何か言ってくるんじゃないかと。
言ってこないならもう知らん(爆)。
…こういう態度でいると、友達減りますかね。
でも私、誰にでもこういう態度ではないですよ。
ちゃんと友達とみなした人には礼を尽くします。
田舎者でもありますし、そういうところ薄情になれないんで。

年賀状を作る際、今年いただいたものを読み直すのも楽しいですね。
楽しいと同時に、いつまでこれらを保管すべきか悩ましくもあり。
100均で売ってるハガキファイルを使えばそんなにかさばらないし全部取っておこう…てな感じで、10年分くらい取ってたら結構かさばってます。

皆さんはどのくらいの期間、保管してありますか。
うちは結婚後のものは全部あります。
ごくまれにですが、前の前の住所とかその前の住所とか、確認しなきゃならない時があり、そんな時に重宝しています…どんな理由なんだ。
近いうちにホテルランチを食べましょうと、今日、石井夫人からお誘いがありました。
今度はご主人に了解済みのようなので、安心して出かけられますね。

その時のメールに添付されていた写真がこれです。

サンフレッチェの優勝パレードに行ったそうです。
彼女はそこまでサッカーファンではないですが、郷土愛に満ちている人なので、地元のスポーツが盛り上がると嬉しいとのこと。
まあ、私もそうですね。
サッカーには詳しくないけど、他の地方のチームが強いよりは、サンフレッチェが強い方が断然嬉しいです。
だからこのたびの優勝は、広島県人として本当にめでたく思います。

これ、テレビでも中継やってたし、ニュースでも流れてましたけどね。
カープ黄金時代を一応知る世代としては、やっぱりカープのパレードで興奮した当時を思い出してしまうのです。
ああ、復活せんかな~、カープ。
弱い時期ばかり続いて、AクラスだCSだ、なんて盛り上がるのはいいんだけど、やっぱり優勝の2文字に勝るものはないですよ。
優勝って、本当にすごいんです。
あのイチロー氏だってハイリスクを覚悟で、シーズン中盤でヤンキースに電撃移籍したのは、優勝が体験してみたかったからこそ。
そのくらい、優勝は素晴らしいわけで。

とはいえ、今年は打線が奮わない中でのあの成績はまあ、よくできた方だったと思います。
打線、しっかり鍛えてほしいですね。
そしてオーダーはある程度安定させた方がええですよ。
左投手には右打者、右投手には左打者、そんな不安定なこだわりをせずとも良いように、打線をしっかりさせたらええのです。

そして新たなる背番号「7」を得た堂林くん。
ユニフォーム屋さんや、13で応援していたファンはしばらく切り替えが大変でしょうが、これでますます彼はエラーができなくなりました。
三振が多いのは強打者にはありがちだから、私はいいと思いますが(それにしても多すぎですが)、エラーが多いのはプロとして恥ずかしいです。
守備が下手くそではいくらよく打っても、いくら人気があっても、三井ゴールデン・グラブ賞は絶対にもらえない…かなり情けないですね。

さて、そんな石井夫人から頼まれて、私はベビーシューズを作り始めました。
ベビーシューズの実物を見たことすらあんまりない私に、なんで彼女がそんなもん頼むのかよくわからず、よくある編み図をネットからもらってそのとおりにやってるんですが…。

片方だけなんとかできたけど、ベビーシューズってこんなのでいいのか?

赤ちゃん用の編み図って、大人用と違ってちっちゃくてかわいいな~。
そんな真新しい感想だけはあるけど、うまくできてるかどうかの自信は全くなし。
この写真を石井夫人に送ったところ、気に入ってくれたみたいなので、もう片方にも着手しようと思いますが…。
言っとくけど、実物は写真よりもかなり荒々しいぞ(爆)。
結局昨日、ヱヴァQの2回目を観に行っちゃいました。
福山での上映はすでに終わっていたので、ヱヴァとより縁の深い「Tジョイ東広島」へ。

上映時刻が遅いのが気になったけど、通常料金で2回観るのは贅沢かと思いまして、レイトショーです。

どのように縁が深いかというと、ヱヴァ仕様のKINEZOがここにはあるのです。

レイとアスカの自動発券機です。
全5種類らしいです。
てことは、当然あの方(カヲルくぅ~~ん♪)もおられると思いきや、ここは2台しかなかったです。

マリのコースターをいただきました。

全国でも限られた劇場でしか販売されてない、オリジナルヱヴァドリンクを買うとオマケでくれます。
これも5種類あり、あの方のが欲しかったけど選べないから仕方ない。

アスカのポストカードをいただきました。

12月15日から、これもTジョイなど限られた劇場で配られます。
12月28日までアスカ、その後はシークレットです。あの方は?

裏にはメリークリスマスの文字が。

クリスマス終わった後も観に来いってか~?
いや、行ってもいいんだけど…何回観たらええのよ。

そして今回最大の収穫品。

カヲルくんフィギュアが当たりました!
1回目に福山で観た時は、映画を観ただけで、何かをもらったりすることはありませんでした。
最初からTジョイ東広島に行けばよかったのかも。
そういえば前売り券を売ってなかったのも福山だけでしたね。
上映期間が短かったのも福山…相変わらず適当な扱いじゃないか。

ヱヴァQが、前2作と比べてすごく面白いかどうかというと、私は前2作の方がおもしろかったと思います。
ではなぜ2回目を観たかというと、前2作と比べて難しすぎたから、自分の中でのシンクロ率を上げたかった…というのが正直なところですね。
それと…カヲルくん。
テレビの最終の方にしか出ず、前2作にはちらっとしか出ず、出し惜しみしまくりだった彼が今回の映画では出まくり。
もうキュンキュン来るんです。彼が。
いちいちドキドキします。
優しくて超然としていて、その上イケメンで。
絵に描いたような全く現実味のない、理想の彼氏ですね。
いや実際彼は絵なんですけど。

うまく言えませんが。
松潤には興味ないけど、月9で松潤が演じた楠大雅には惚れそうになりました。
あ、それはマイナーでしょうか。
ペ・ヨンジュンには興味ないけど、冬ソナで彼が演じたミニョンさんには惚れそうになった…まあ、そういうマジでいそうにないタイプがカヲルくん。

ところで昨日のタイトル「鈴木福に怒られた」の意味はですね。
シアターに少し早めに入って、ちょうどスマホで記事を書き終わった頃に、ライトダウンになったんですよ。
で、映画上映の前に予告編とか流れるんですが、それより前のCM上映の時にですね。
妖怪人間のベロに扮した鈴木福くんが「あ、携帯をいじっている人がいるよ!」なんて言って私を指さすわけですよ。
それに対して亀梨さんのベムが「携帯の電源は切っておけ」…いわゆる映画開始前のマナーを「上映」してたんですが、私はモロに指摘されたわけで。
もちろんタイトル書いたらすぐアップして、電源は切りました。

それと「No more 映画泥棒」の内容が新しいものに変わっててびっくりしました…何年ぶりくらいですかね。
これからヱヴァ2回目ミテキマス~!

あ、投票は行きましたよ。
12日に、期日前投票に。



よく考えたらスマホではブログ初投稿ですね。
うまく行くんだろうか。
昨日の続き。
バスは米子道をひたすら北上、中国山地を抜けていきます。
街が近くなるにつれ、雪はなくなり、晴天だけになっていきます。
そして今回の観光の目玉であるこちらに到着。

松江城のお堀を船で巡る「堀川遊覧船」です。
何度か松江に来ていますが、これに乗るのは初めての私。
なかなか素敵なオプショナルツアーじゃないですか。

乗船するとミニこたつが用意されていて、吹きさらしでも寒くありません。

純和風の「ジャングルクルーズ」という感じ?

船上から松江の街並みを眺めます。

船頭さんのお話も楽しく、流れる景色がいちいち風流です。

武家屋敷が見えました。

松江市の文化財になっているそうです。

逆光ですが、松江城です。

山陰地方では唯一残る天守閣です。
いつかはこれも中に入ってみたいですね。

遊覧船ではのんびりできたんですが、船を降りたら休む間もなく次の場所へ。
昨日も書いたけどこれは結構ハードなツアーなのです。
参加者に要らぬ遊びの時間を与えない修学旅行のごとく(笑)。

次の場所は境港市の「大漁市場なかうら」です。

さっすが鬼太郎の街ですね。
てか、前にここに来たのは10年ほど前でしたが鬼太郎の像はなかったですよ。
水木しげるロード以外でも、妖怪アピール開始したんでしょうか。

ここからも大山がよく見えます。

聞けば「ここ1週間くらいの中で天気が最高にいい日」だったとか。
さすが私です。

最後の立ち寄り所は米子市の「お菓子の壽城」。

夜に来たのは初めてですが、ライトアップがきれいです。
お城の形をしたお菓子屋さんなのです。
ここで名物の「とち餅」「梨せんべい」などをお土産に購入しました。

この後は米子道~岡山道~山陽道…と、高速道路を一気に駆け抜けます。
途中のトイレ休憩はサービスエリアで1回だけ、しかも5分程度。
本気でハードですね。
参加者もハードだけど、運転手さんと添乗員さん、一体いつ休憩取って食事したんだ…と思うほど働きづめです。
そして現在、週に4日は同じ行程を往復されてるそうです。
お疲れ様です。
添乗員さん「ここ何回か天気が悪く寒かったのですが、今日は晴天に恵まれて本当によき旅となりました」…さすが私(えーかげんにせえ)。

まあ、こういう旅の日は、誰が何と言おうと晴天が良いのです。
私が晴れ女でよかったのです。
他にも晴れ女や晴れ男がいたと思いますが、よかったのです。
楽しい旅でした。
もっとゆったりした行程だとなお良しですが、行ってよかったです。
有料で参加した旦那もよかったと言っていました。

次は自分の車で行ってみよう~!
松江バス旅行に行ってきました!
日帰りバスツアーに久々の参加でしたが…高齢者が多いツアーにしてはなかなかハードな行程だったじゃんか(笑)。
行く先々で自由時際に行動したい人には完全に不向きですが、予定がバッチリ決まっていて何も考えなくて済むのが好きな人には、こんな楽ちんなことはない、それが日帰りバスツアー。
私としては、自分じゃ絶対に組み込まないであろう行程が混じっているバスツアーなら、それは新しい発見があるから好きですね。
今回も楽しい旅でした。
ただし、当たったから行ったけど、有料だったら悩んだかも(爆)。

ツアーの最初の場所は岡山県総社市の「珠屋」です。

こういう無料バスツアーに当たったことのある人ならご存知でしょうが、必ずと言っていいほど高額な宝石店見学がセットされています。
買う買わないは自由ですよもちろん。
買わないからって罪もないです。
ただし高額な真珠製品の試着が自由自在です。セレブ気分~!

昼食会場は「蒜山高原センター」です。
天気が良かったけどここはめっちゃさぶい!

つららですよ、つらら。
南国育ちの私はこんなもん日常的に見ないので狂喜乱舞。

積雪ですよ、積雪。

南国育ちの私はこんなもん(以下略)。

遠くに見える蒜山にも、雪が積もっています。

ここは岡山県と鳥取県の県境。
同じ中国地方でもこんな場所があるんですよね。
いや、知ってはいたけど、なかなかピンとくる場所に住んでないので。

バスの中からの景色も、非日常的です。

バスの窓を開けられないので、窓に写り込むものもありますが気にしない。

そうこうしていると、大山が見えてきました。

うーん、遠い。遠いしブレる。
残念がっていたら、添乗員さんが大山のいいスポットを教えてくれました。

じゃーん、高速道路から撮影です。

トンネルを抜けたらベストビューなのですぐに撮影してください!との指示に従い、すぐに撮影したらこんな感じに。
伯耆富士と呼ばれるだけあって、さすがの存在感です。
添乗員さん、ありがとうございました。
走るバスの中からにしては、なかなかいいのが撮れました。

次回に続きます。
次回は中国山地を抜け、雪のない日本海側編です。
だんだんとエラー対策にも慣れてきました(笑)。
今、このブログの右サイドメニューの、グリムスの下にですね。
漫画「ブラックジャックによろしく」無料配信のリンクがあるんですよ。
更新用のトップページにはもっとでっかい広告が出てます。

私、この漫画好きで、ビッグコミックスピリッツ連載の時からずっと読んでたんですが、電子書籍で漫画を読むってのはどうなんだろう。
携帯小説だったら読んだことあるんですが、どうも紙の質感がないと「読んだ」という気がしないのは、私が原始人だからでしょうか。
無料でしかも暇だったら読んでみようとは思うけど、お金払ってまでは読まないような気がします…時代の流れと共に私も変わっていくなら読むでしょうが、あまり変わる気がしないんですよね。

まあ「ブラックジャックによろしく」は面白いので、暇な方はぜひ無料ダウンロードして読んでみてください。

この漫画、医師が選ぶ好きな医師漫画の2位になってました。
1位はもちろん本家の「ブラックジャック」。
他に「JIN」「Dr.コトー診療所」なんかがランクインしてました。
どれも私、読んだことがあって好きですね。
「医龍」はドラマの方がよかったです。
でも医師が選ぶランクなのに、1位が無免許医って…。
なんて野暮なことは考えたらいかんのでしょう。

このランキングを見ながら、お医者さんも普通に漫画が好きなんだってことがわかって、なんか親近感が湧いたのです。
中には「漫画は読まないからわからない」「本を読まない」という回答もあって、まあそういう人もいるだろうと納得は行ったんですが、それはどうなんだ!というような回答をひとつ見つけてしまいまして…。

この仕事は好きじゃないから医師漫画は嫌い


え、仕事、好きじゃないんですか…。
この回答をした先生が自分に当たらないことを切に願うしかない(汗)。
だって、なんか怖いじゃないですか。
あ~仕事やだな、面倒だな、早く帰りたいぞ~…なんてことを考えながらメスで人間の脳みそを開けてる人がいるのを想像したくない(爆)。

さて、私、いよいよ明日。
先日当選した「松江日帰りバス旅行」に行ってきます。
結局、旦那も行くことになりました。
旦那の分は有料なので迷ってましたが、案内に載ってる料理の写真がなかなかよく、これでひとり分料金でふたりなら、観光の内容はどうあれ、まあよかろうと。

帰宅が遅くならなかったら明日も更新しますね。
昨日、父ちゃんにもらったレモンで、早速レモンティー作りました。

うまいです。
やっぱ、レモンティーはこうでないと。
しかしまだ大量にあるレモン、またケーキでも焼かないと消費できませんね。
おいしいから無駄にしないように使い切りたいです。

私は、喫茶店などではレモンティーを頼みません。
紅茶を飲みたい時はミルクティーにして、ひと口目はストレートで飲みます。
おいしい紅茶だったらそのまま全部ストレートで飲みます。
おいしくなかったら半分くらいストレートで飲んで、残りにミルクを投入する…というややこしい飲み方をします。
レモンティーが好きなのにもかかわらず、頼むのはミルクティーで場合によってはストレート…どんな変人かと思われそうですが。

だって喫茶店のレモンティーって、レモンがだいたい輸入品じゃないですか。
ドールとかサンキストとか、緑色の刻印が押してあるじゃないですか。
しかも皮の部分がやたら薄いですし。
マクドナルドのレモンティーなんか、レモンの実物じゃなくポーションで、しかも原産国アメリカって書いてあったし…。
私、輸入品レモンがダメなんですよ。
薬臭くて、酸っぱくて。
贅沢言うんじゃない!と思われるでしょうが、セレブな瀬戸田レモンと大長レモンで育ったので、舌が肥えてしまったんです。
国産レモン生産量日本一のおしい広島県にはそういう人が多いらしく、何でも平気で食う旦那も同じことを言うので、やっぱり瀬戸田レモンはおいしいんです。

レモンを材料にしたお菓子も、広島県にはたくさんあります。
これとか。


これとか。


いずれも旧因島市の人なら誰でも知ってるお菓子屋「松愛堂」のものです。
昨日書き忘れたけど、これらも父ちゃんプレゼンツ。
まあ、食べきれないというから持って帰っただけなんだけど。
「エコレモン」とは、減農薬栽培でできたレモンで、安全と安心がウリです。

私がもらったレモンももちろんエコレモン。
紅茶に入れても、油みたいなもんは一切浮いてきません。
松愛堂さんにはかないませんが、おいしいケーキでも焼いて、おいしいレモンをいただこうと思います。
スダチの時みたいに、鍋にするのもいいかな~。
あとが散らかるのが難点ですが、市販のポン酢よりは絶対うまいです。
今日は1日、父ちゃんにお付き合いしました。

まずはリハビリのため、入院していた病院への搬送です。
私はただ付き添っていただけでしたが、とある入院患者さんからものすごい挨拶をされる父ちゃんにビビリました。

お~、お久しぶりですの~。
あんた全然見かけんようになったけん、死んだんじゃないかゆうて噂になっとりますよ。


呆然…。
てか、父ちゃん、何ヘラヘラ笑って聞いてんだ。
「社交辞令じゃけん気にするな」って言われましても。
そんな社交辞令されるならシカトの方がマシじゃんか!
病院ってとこは、そうなんですか?
しばらく見かけなかったら、死んだことにされるのか…ああ恐ろしや。

病院の縁起でもないローカルルールに困惑しつつ、父ちゃんのリハビリは終わったので、実家に連れて帰ります。
そこで私、またしても電気接続のような仕事をやらされます。

ミッションその1
テレビの映りが悪いのを直せ!

…これは、アンテナの接触不良が原因でした。
アンテナ端子をバラしてみたけど、金具が切れてたりねじれてたりよくわからんことになってたので、家でやった要領にてアンテナ端子を手作り。
なんとかまともに映るようになりました。
ミッション成功です。

ミッションその2
年賀状の住所録をパソコンに入力して、ついでに年賀状を作成せよ。

…別に難しいことじゃないけどね。
だけど、まだ自宅用の年賀状作ってないのに。
まあ、人生なんてそんなもん。
年賀状印刷の業者さんが年末は多忙で、自分用の年賀状は元旦までに間に合わない、そんなもん。
いや、私は間に合わせようと思ってますが。
ゼロから作るのはさすがに面倒だったので、年賀状ソフト付きの本(去年買ったやつ)を持参し、干支じゃないやつを作成しました。

そしたら父ちゃんびっくりしてやんの。
すご~!最近はこんな本で年賀状が作れるんか~!!

父ちゃん、パソコンもプリンタも持ってるくせに、今まで年賀状はワードの毛筆文字のみをレイアウトして作成。
さらに「筆ぐるめ」も持ってるくせに、使っていたのは住所録だけ。
なんか中途半端にITを利用している、珍しい72歳です。
こういうのって70代世代だと、バリバリ使いたがるか、今回の人生では使うのを諦めてるかどっちかですよね。
ちなみに本とディスクは、来年以降父ちゃんが使いたいと言うので置いてきました。
辰のイラストは、次の辰年で使うそうです。
気の長い話です。

今回の帰省で、父ちゃんからもらったもの。

大量のみかんとレモンとなぜか大根。
それと、作業料代わりのランチとディナー。
それと、交通費代わりの2000円。

何歳になっても、親から小遣いもらうと嬉しいですね。
むしろ子供の頃よりも、ありがたみを感じる心は強くなります。
決して、社会人になってからはあげる方が多くなったからそう思うのではないです(笑)。
みかんやレモンは実際のところ、ひとり暮らしじゃ食べきれない父ちゃんにとって「ていの良い厄介払い」なのですが、それでもありがたいです。

帰る道中、車の中でHFMを聴いておりましたら。
先週「Do The Carp」にゆーきが出ていたのに聴き逃して打ちひしがれていたんですが、なんと今日も出演して声が流れています。
冗談だと思いますが準レギュラーになったとかで、2週連続の出演です。
ゆーき…。
声を聴けるのはすげー嬉しいんだけど、そんなになかまゆが気に入ったのか。
だまされるな、そいつは人妻だ!
そういう私も人妻だ(爆)。
買い物に行ったついでに、久々にももねこ様を拝みました。

日が落ちるのが早くなってしまったので暗いんですが、去年と同じようにサンタ帽子をかぶせてもらっています。
先日ローカルテレビ番組の「ひろしま満点ママ」に出てきた時は、まだサンフレッチェ優勝冷めやらぬ状態で紫色まみれでしたが…。
去年の11月に、竹原の商店街に設置されたももねこ様。
無事に1年が過ぎ、間もなく2回目のクリスマスです。
お賽銭箱の横に、ミニチュアのケーキがあるのがわかるでしょうか。

竹原からだとどう考えてもご近所ではないんですが、今日は旦那が仕事で遅く、晩御飯予定時刻は夜9時。
かなり遠回りして、東広島まで行きました。
西条駅の前の電飾が今年バージョンになってると聞いたので。

今年バージョンです。

去年は確か球体オブジェでそれもきれいだったんですが、こっちの方が西条っぽいじゃないですか。
西条は酒造で有名な所なので、蔵元の煉瓦煙突がモチーフになっています。
背景はイルミネーションとは違いますが、なんかもう酒どころ丸出し。
駅南口西側のこのあたりは居酒屋やリカーショップが多く、東側は古式ゆかしい酒蔵通りがあります。
酒が苦手な私、通りの香りだけで酔っぱらいそうになりますが、そんなに不快な感じではなく趣もあるので好きですね。
ただし、今の時期の西条は気温が低すぎるのが難点。
天気予報では「天気は広島県南部、気温は広島県北部」として認識するのが良いのだそうです…東広島市民談。

観光に出かけたわけではなく、お買い物なので、お買い物をして帰宅してじっくりレシートを見てププッとなっちまいました。

私が買ったのは「ヱヴァンゲリヲンチップス」なんですが…。
これはなんて読んだらええのだろうね。
この店、前からレシートの誤植が異常に多いんです。
「はちみつマーガリンホットケーキ」買ったら「はみちつ」になってたことがあって、さっすがにそれはまずいんでないかと思いつつ、指摘するのも恥ずかしいので何もしなかったんですが…。
だって、はみ ちつ ですよ。
一歩間違えたら、単なる菓子パンが危険なR指定です。

世の中少しのミスでとんでもないことになる、という見本のようなお話。
生徒が模試の結果をもらってきました。

「お茶の水女子大学・A判定」

偏差値65の大学で、A判定はなかなかのものです。
高1なので今後の努力も必要ですが、とりあえず上等です。
地元の国立・広島大や岡山大など屁でもないですね。
すごいじゃないか。
すごいけど。

オマエ男だろ!


全くもう。
これだから志望校10も記入させる模試はワケワカラン。
オマエもオマエだよ。
5校くらい真面目に書いて、ネタがないからってそんなの書くんじゃないよ。
男はどう頑張ったって、いくらA判定が出たって、女子大には行けません。
しかもオマエ医学部志望でしょうが。
お茶の水には医学部ないんだよ。

優秀すぎる生徒にとって、模試程度は単なるゲームに過ぎないようです。
まあ、高校生向けのクイズ番組とか見てたらわかりますけどね。
奴ら頭の構造が凡人とは違いますから。
ああ、その余裕を私が担当する受験生に分けてあげたい…なんていつも思いながらテレビを見てましたが、分けなくてもいい生徒を実際に目の当たりにすると、こんな面白いことはないですね。

受験を制する者は、余裕を持つ者。
現役よりは浪人の方が余裕はあるでしょう。
志望校10校を全部、くそ真面目に記入する生徒よりも、半分くらい不真面目に記入する生徒の方が余裕はあるでしょう。
そういう意味では、とても頼もしく、2年後の受験が楽しみですね。

…私、おそらく年内くらいで担当じゃなくなるけど(汗)。
引き続き雇ってくれってお願いしたいですね。
引っ越しの可能性さえなければ(泣)。
庄原電飾の続きです。
思えば去年は、女子高生Yさんと一緒に行ったのでした。
Yさんは現在は女子大生Yさん。
もうすぐ冬休みで帰省するので、ぜひ会いましょうと連絡がありました。
今は履修希望科目の審査のための論文が大変なので、ワードファイルを往復させながら少し手伝っていますが…大学1年生って人生で最大に楽しい時期ですよね、きっと。
羨ましいのう。

毎年楽しみなシャンパングラスツリーです。
今年は色が変わる画期的仕様にしてありました。
これは赤です。


緑です。


青です。


私は赤がいいと思ったんですが、他の人達もそう思ったらしく、赤の時にカメラを向ける人が多かったです。

これも常連となったハートフレーム。

なんでも、ここでツーショット撮影をすると別れる、という噂になっており、単独やご家族での撮影者が多かったようです。
せっかくのツーショット用フレームなのに惜しいことで。

車に乗り、中入口会場から北入口会場に移動しました。
雰囲気を味わいたい方は、銀河鉄道(有料)がおすすめですが、戻るのに時間がかかるので要注意です。

去年「はやぶさ」があった場所には「渦巻銀河」がありました。

平地だと見づらいので、ウィッシュホールの2階から撮影しました。
きれいだけど…はやぶさの方が好きかも(笑)。
はやぶさは
部屋の中は暖房が効いていてあたたかかったです。
こんな場所でクリスマスパーティーをしたら楽しいでしょうね~。
チキンとケーキを用意して、トレンディドラマみたいに。

H-ⅡBロケットイルミ。

本物のロケットは高さ56メートルで、これは10分の1サイズです。
どうでもいいけどこんな場所に設置するから全体像が撮れないじゃないか。
銀河の中央にでも置けばよかったのでは…まあ、かっこよかったけど。

楽しい庄原電飾観光は以上です。
まだの人はぜひ。


12月は始まったばかりです。
まだまだいろんな電飾、見に行きたいですね!

えーと、今日の内容とは関係ないんですが。
旧ブログ
が、190万アクセスを超えました(汗)。
簡単に更新記事を書きましたので、よろしければ冷やかしコメントでも。
じゃなくて。
こっちのブログ、いつまでたっても「先輩」に勝てませんね。
先輩も後輩も同じ人間が作成してるのに、なんででしょうね。
しかも先輩の方は放置中なのに、なんででしょうね。
そんなに偉いのか先輩。
星が降ってきた…。
というほどの好天ではなく、少し粉雪が舞っています。
そんな寒いくらいの気温が、イルミネーションにはちょうどいいです。
今年も庄原市のウィンターイルミネーションに行ってきました。
秋には
テーマは「空の世界」。
ここ数年で常連になった銀河鉄道も健在ですね。

ベンチに座って空の世界をバックに写真を撮ろう!的な。

撮ってる人いましたが、暗いから表情はあんまり見えないみたいです。

シンボルの「スターライトツリー」です。

この存在感ですよ。
はるばる来た~!って気分にさせてくれますね。

今年の干支であるドラゴン。

もうすぐ役目も終わりですね。
来年は美しい蛇の登場でしょうか。

これも常連となったペガサス。

普通のオブジェじゃなく、空に向かって飛び立とうとしてるところが好きです。

ひばの里にある「竹取物語」。

竹原辺りではよく見かけるタイプの電飾です。
かぐや姫が昇天するシーンを表現したもので、時間で光の色が少しずつ変化しています。

毎年電球が増えていると思われる「光のトンネル」。

これは外から見てもきれいですが、やはり中をくぐりたいですね。
先ほど通過したドラゴンやペガサスを横目で見つつ。

写真7枚…なんとかエラー出ずに済んだ(汗)。
これが8枚だと微妙になります。
9枚だと失敗率が上がります。
10枚だとほぼ運次第です。
プレビューを表示させなかったらいいんだろうけど、それだと自分が何を書いてるか確認しづらいし…よって、明日に続きます。
どうも私です。
3日前の記事
のかなひでくんへのコメント返しに「HFMが聴けなかったけど臨場感を味わったから残念じゃない」みたいなことを書きましたが、あとになって ゆーき王子が出演していたことを知り打ちひしがれる私です…知っとったらタイマー録音して出かけたのにチョークヤシー(泣)。
ゆーきとなかまゆのツーショットに殺意再び!
…なんて物騒なことは思わずとも、やはりくやしーですっ!

神領域に全然到達しないこんなアンポン私に、昨日一緒にカニランチを楽しんだ神領域の石井夫人から連絡が。

旦那とケンカしちゃった。
もう仲直りしたんだけど、私、反省したよ。
あなたは大丈夫だった?


なんだそれ。
穏やかではないですね。
しかもあなたは大丈夫かって、どういう意味なんだろう。
詳細を聞いて、意味が分かりました。

カニランチのあと、嬉々としてお品書きを持ち帰る私をよそ目に、石井夫人がお品書きをその場で捨てていたのは知っていました。
でも家計簿をつけるために、レシートは持ち帰っていました。
そのレシートをご主人に見られ、こっそりカニランチを食べたのがバレて、ご主人が激怒したんだと。
どうやらご主人の留守をいいことに、内緒にしていたようです。
でも、それだったら私、ご主人にとってすげー悪い奴?
一応話の決着はついているし、私のことは責めてなかったと言っていたので、大丈夫だとは思うんですが…しかし穏やかでない。

かに道楽は、行ったことのある人ならわかりますが、お安いお店じゃないです。
ディナーよりランチは安いとはいえ、それでも今回食べたかに会席は4千円ほどはします。
加えて石井夫人は玉の輿ではあるけど、現在は専業主婦で自分の収入がないのに、そんな高額な食事をするのに遠慮があり、内緒にしようとしていたんだとか。
まあ、主婦が普段の家計費や小遣いをやりくりすれば、4千円くらいの交際費は出せないことはないので、黙っているつもりだったようです。

私、高収入の旦那のお金を湯水のように自由に使ってる女を知ってます(笑)。
だからそんな女に比べたら、石井夫人の気遣いって理解できるし、元来つつましい性格の人だからそういう行動に出たのでしょう。
でも、秘密はいかんですよ。
私、石井さんのご主人知ってますが、カニランチくらいで文句言うような人ではないです。
贅沢しちゃったんならクリスマスプレゼント減額するよ~んあははは♪くらいのことは彼なら言ってのけるでしょう。
そんな優しいご主人のことはもっと信じてあげましょうよ奥さん。

で、私に対する「あなたは大丈夫?」発言ですが。
旦那にバレて自分のような思いをしてるんじゃないかと心配したらしい。
いや、バレるも何も。
得意気にお品書きを見せびらかして、自慢しちゃいましたが何か(汗)。
カニ食ったよ~~ん、ええじゃろ~!と。
ああ、やはり私はオッサン。
オープンにするのはいいことだとしても、配慮のかけらもないじゃんか。
私も反省した方がいいのかも(滝汗)。

ともあれ、石井夫人も今後はご主人に話してから出かけることにしたとかで、とりあえず安心です。
まだ新婚だし、こうちゃん生まれたばっかだし、そんなことくらいで関係に亀裂が入ったりはしないでしょうが、やはり秘密はダメです。
いや私もね、ひとりでこっそりラーメン食ったりハンバーガー食ったり、そんなことはいちいち旦那に報告しないけどね。
誰かと一緒に食事とか、飲み会とか、高額なものを食べるとか、そういう時は隠す方がいけないと思うのでちゃんと言いますよ。
鉄砲玉のように遠距離ドライブしてる私、勝手に何でもやってるんだろうと思われるかもしれませんが、全部が全部鉄砲玉だったらとんでもない妻です。

うちの場合、旦那も自由人なので、ほぼダメ出しがないのもありますが。
「山口までドライブしてくるよ」
「あっそう、お土産はクジラ缶ね」
ほぼこんなノリ…夫婦じゃなく、オッサンがふたりいるみたい(爆)。
広島市在住の石井夫人と、
来たよ~。
かに道楽へ。

私、広島のかに道楽は初めてだったりします。
大阪在住の頃は何度か行きましたが、貧乏学生であったため、当然リッチな料理にありつけることは少なく…。
しかし、もうあの頃の私じゃない。
貧乏ではあっても、大人なのです。
薄給ではあっても、社会人なのです。
大人食いするど~。

カニに夢中になりすぎて、料理の写真撮ってません(汗)。
とにかくうまいんだってば。
でも、せめてもの参考にと思い(いらんがな)、お品書きだけ載せます。

ディナーだと高額なので、ランチにしたんですが、やはり豪華。
これらが右から順に1品ずつ出てくるんです。
ハズレいっこもなしです。
ああ、おいしかった~。
冬の間にまた行きたいです。
そのためにカップめんランチが続いても気にしません(爆)。

石井夫人とは昼間から、こうちゃん横にいるのに、人生についてきわどい語り合いをかなりしました。
正直な話ですが、もし学生時代に知り合っていたら、友達になってないようなタイプの人です。
もっと言うと、10年くらい前に知り合っていても仲良くはなってないと思います。
あらゆる面で共通点がほとんどないというか、お互いに若かったら相容れる余地のないような雰囲気なんです。

石井夫人は家事が得意で家庭的で、花柄の小物や服や、ギャルっぽい装飾や髪型などを好み、年齢を重ねてもずっと「かわいい女子」の部分を持ち続けている人です。
それに対して私、家庭的なことはだいたい苦手で、かなり若い頃から「オッサン」のような性格全開で今に至るため、若い頃からの友人は大半が似たようなサバサバした女性が多いんです。
女子っぽい女子は逆に苦手でした。
今でもひとりでトイレに行って戻ってくると「ひとりにしちゃってごめんね」と言ったり、雑貨屋でかわいい髪飾りを見つけて「これ、お揃いで買わない?」と言ったりする彼女について行けてない時が多々あります。
オッサンみたいな私は孤独は平気だし、ましてや誰かとお揃いの物体など持たないのです。

生活面も全然共通点がありません。
石井夫人の長女さんは20歳、長男くんは12歳、こうちゃんは2か月。
20年前から育児に明け暮れ、やっと一段落した頃に次の育児がゼロから始まり、このたびそれの3回目を迎えています。
若い時より今までほぼ毎日が育児の彼女。
その間には2回の離婚と、3回の結婚がありました。
対する私、彼女の育児が始まった時分にマイカーを入手し、父ちゃんから「ドライブに出かけたら帰ってこない女」の烙印を押され、未だにその性質から抜け切っていないアンポンです。
趣味は入れ替わるどころかどんどん増える一方です。
形だけなんとか結婚生活をしながらも、仕事も楽しいから、激減する時期はあっても完全には切ることができません。

やばい。
こうやって列挙して、少し不安になりました。
私、もしかして、石井夫人から相手にされてないんじゃ(爆)。
だって人種が違い過ぎます。
でも、おむつ交換させてもらったし、カニランチに誘ってくれるし、次は年内にホテルランチしようって誘われてるし…どうなんだろう。
口先だけの人ではないことはわかってるので、大丈夫なんだと思いましょう。

などといろいろ書いてたら。
すぽるとに琢朗さんが出てます。
おとといローカルなイオン宇品にいた人が、フジテレビのスタジオにいます。
そんなことで嬉しくなる私、完全な発展途上の田舎者です。
そして石井夫人のような神領域に全く達していません…やはりアンポンだ(汗)。
逆輸入品です。

…どこが?(汗)

これは全国に誇れるブランド「高根みかん」です。
しかしながら、瀬戸田町高根付近にいっぱい住んでいる私の親族からもらったものではありません。
カテキョ先でもらったのです。
懐かしい物体を、新しい部類の御縁家庭にもらった…ということで、逆輸入なんて言葉を使ってみたのでした。
そこんちのお母さんは言いました。

先生、高根みかんって知ってますか?
おいしくて私、大好きなんです。
これを知ってから、店で売ってるみかんは食べられなくなったんですよ。
主人がたくさんもらったから、おすそ分けしますね。


いや、知ってるも何も、ほぼ地元だし。
しかし地元のみかんがそんなに褒められると嬉しくなりますね。
ここのお母さん、私のプロフィールシートはじっくり見てます。
つまり私の実家が因島洲江町にあるのを知っています。
だけど三重県出身のため、その位置をわかってなかったのです。
私が困惑しつつごまかしていると、カープファン生徒から助け舟が出ました。
お母さん、先生は高根のすぐそばの出身だよ、と。

沈黙ののち、悪くもないのに謝るお母さん…あはは。

いいものはたくさんあっても構わないから、ありがたくいただきます。
そして私の地元のものを褒めてくれて嬉しかったです。
たとえいいものじゃなくても、そうやって単なるカテキョにおすそ分けしようと思ってもらえたことが何よりも嬉しいです…ありがとうございます。

ご主人は尾道市で開業医をしており、瀬戸田町高根も一応尾道市なので、その方面から患者さんや営業が来ることは珍しくないでしょう。
そしたらみかんくらいもらいます。
特に自家栽培の方々は、出荷しても余るほどみかんがあるから、たいてい配りまくっています。
そんなみかんが巡り巡って、地元出身の私のところに来るのはまさにシンクロですが、ありがちなこと。
たかだかみかんでも、やっぱり御縁って不思議ですね。

ちなみに。
このカープファン生徒は、昨日は商工センターのエコスにて、大竹寛投手のトークショーに参加していたんだそうです。
友達に誘われたから行ったけど、本当は石井琢朗コーチのトークショーに行きたかったと…もし友達に誘われていなかったら、こっちもシンクロでしたね。
12月最初の日曜日。
シーズンオフで秋季キャンプも終わったカープ選手達は、県内各所でイベントに引っ張りだこ状態です。
そんなイベントのひとつ、石井琢朗コーチのトークショー&サイン会にかなひでくんが当選したとのことでお誘いを受け、広島市南区のイオン宇品までやってきました。

高速道路ナビに失敗し、かなひで一家に迷惑をかけながら(スマセンでした)、なんとか目的地に着きました。

チアユニフォームで看板の前に建つねいろちゃん。
この時、トークショー開始まで約2時間前。
すでに場所取りの方々が多数陣取っていましたが、とりあえず我々は先に食事です。

13時になり、琢朗さん登場、トークショー開始です。

左側は司会担当・HFMの中川真由美さん。
進行をやらなきゃならないのに、新婚ということで琢朗さんにいじられまくり、照れながらも頑張っておられました。

芸人ばりの楽しいトークで、会場は盛り上がりっぱなしです。
琢朗さんへの質問に、琢朗さんが達筆回答するコーナーがありました。

読みにくいけど「亭主元気で留守がいい」と書いてあります。
家庭円満の秘訣は?という質問に対する回答ですが…ウケ狙いなのかマジなのか。
でも、試合で留守がちな琢朗さんの家庭が円満なのは事実で、説得力がありますね。
「留守がいい」よりも「元気で」を強調するならば、なかなかの名言です。

サイン会の当選券を持っていたのはかなひでくんのみだったので、私はサインはもらっていませんが、おかげでこんなに近くに行って撮影することができました。

かなひでくん宛のサインをまさに書いておられる琢朗さん。
もちろん宛名は「ねいろちゃんへ」です!
いいオヤジじゃないか、かなひでくん。

イベントが終わり、イオン宇品を探検。
ねいろちゃんはメリーゴーラウンドに乗りたがり、かなつまさんと乗り込みました。

あ、あれ?
乗りたがった割には、笑顔ひきつってるけど大丈夫か(爆)。
こういうのに乗るの初めてだったそうです。
しかもこれ、結構な速度で回っててびっくりしました。
屋内ゲーセンの小さい乗り物と侮るなかれ。

遊びまわった後は、アイスで休憩です。

サーティーワンのスノーマンサンタですが…チョコ帽子をかぶせてくれるのを店員さんが忘れていたようです。
そんな細かいことでガタガタ言いませんが(笑)、写真的にはなんか残念。
おいしかったからまあいいか。

思いがけず楽しい1日はあっという間に過ぎました。
かなひでくん&かなつまさん、お誘いありがとうございました。
また何か楽しいことに誘ってください。
特に女子会、楽しみにしています!
私は男性が多い職場でしか働いたことがなく、あまり女性に縁がないのです。

なんか独身男性のボヤキみたいな1文です(笑)。
そして独身女性は羨ましがるかもしれませんが、女性扱いされることも非常に少なかったのでたいして羨ましくもないのです。
福山競馬に行きました。
かつてのダービー馬、チュウオーバロンが凱旋し、誘導場を務めるというので、それを見に行ってきたのです。
実は私、チュウオーバロンがまさにダービー馬になる瞬間、地元のラジオ番組に出演して実況と予想に参加しておりました。
人気薄で優勝したこの馬が勝つ予想は当然私はしておらず大外れで、参考のために番組を聞いておられた方々には大ヒンシュクだったんですが(汗)、年に1回程度しか出てなかった番組でたまたま居合わせたこともあり、とても印象に残っている馬です。
その番組は何年か前になくなっちゃいましたが…。

第7レースの誘導場として颯爽と現れたチュウオーバロン。

逆光になってますが、競馬場の構造で仕方がないのでした。
現在チュウオーバロンは、岡山大学馬術部に所属しています。
今年9月の馬術大会で見事優勝したのを記念に、里帰りしてくることになったのです。
馬術競技で現役とはいえ、まだまだレースでも走れそうな立派な馬体に惚れ惚れしますね。

チュウオーバロンの手綱を引いているのは、当時ダービージョッキーとなった周藤騎手です。
人馬一体の頃のようには行かないだろうけど、久しぶりに「相棒」の姿を見て、周藤騎手も感激ひとしおでしょう。

表彰式の際、馬術部の監督さんは言いました。
「またこういう機会があれば、ファンの皆さんの前にチュウオーバロンを連れてきたいと思いますのでよろしくお願いします!」
次、ないんですよね…。
残念ながら福山競馬は来年3月いっぱいで廃止になることが決まっています。
チュウオーバロンは今後も馬術競技で活躍して優勝することもあるでしょうけど、競馬場はなくなってしまうのです。
ずっと衰退し続けていて、いつかは廃止になるような感じでしたが、決まってしまうととても残念というかやるせないというか。

騎手や調教師、厩務員、その他関係者の再就職を危惧する声も多く上がっていますが、私が心配して悲しくなるのは馬たちのことです。
人間は頑張れば、不本意であっても何らかの仕事に就け、死ぬことはないと思いますが、馬はおそらくほとんどが処分を余儀なくされるんです。
中にはチュウオーバロンのように「再就職先」がある馬もいるでしょうけど、そんなのは大活躍した一部の馬だけで、大半の馬は維持すること自体が難しいから肉になるしかないという…人間の心配よりそっちが超心配。

私に財力があれば、馬を全部引き取って飼育したいところですマジで。
でも1頭あたり月間約20万円の食費がかかるし、現実的には不可能。
処分しなきゃならない馬主さん達だって、血も涙もないわけじゃないだろうからやっぱりツライと思いますよ。
競走馬として使い物にならなくなってやむなく処分、とは違いますから。
元気いっぱいな馬を処分、それはやるせないです。

福山競馬廃止で、馬のことが心配になってるのは私だけじゃないと思います。
他の競馬場に行って走るとか、牧場で余生とか、動物園で余生とか、乗馬用の馬になるか…どんな方法でもいいからできる限り生存させてほしいですね。
元々血統的にイマイチのサラブレッドしかいないから、繁殖用にするってのはほとんど期待できませんが…でも中にはディープインパクトの子供なんかもいるんですよね~。

「馬券」よりも「馬」が好きな、私みたいな競馬ファンは少数派かもしれませんが、確実に存在します。
まあ私の場合、動物は全部好きなんですけど…。
1頭でも多くの馬に、今後の生活がありますように。