らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

前回までのあらすじ
王子と少女は、それぞれの場所から、それそれの夢のお告げにより、機関車と馬車に乗り込んで旅に出ました。

必殺の2行説明、ですね。
まあ前回書いたとおりストーリーはオマケなので、写真をお楽しみください。

8.聖なる氷の雫

少女を乗せた馬車は大きな滝に阻まれて、先には進めなくなりました。

9.冬の妖精たち

滝の向こうは動物たちの森でした。
少女は動物たちの案内で先に進みます。

10.メープルワールド

やがて森の景色は鮮やかな紅葉でいっぱいになりました。
こういう電飾は広島ならでは、ですね。
この電飾の協賛はにしき堂…さすがです。

11.明日へのセイル

ここで王子と少女は出会い、ともに船に乗り込みます。

12.スノーホワイト

船が着いた場所はとても寒い氷の世界でした。
わかりづらいけど、バックの階段電飾にはシンデレラの靴が乗っていてとてもきれいです。

13.ピースツリー

やがて大きな樹の前にたどり着くふたり。
樹の周りはあたたかく、涙を流したふたりが手を取ると、あら不思議。
呪いの魔法で子供にされていた少女は、大人の美女へと早変わり。

14.魔法の国

少女は王子の国の隣にある小さな国の王女で、実はふたりは幼馴染。
王子は再会を喜び、王女を連れて国へ帰り妃に迎えました。

平和大通り電飾のストーリーはここまでです。
クレド前のツリーとか本通りのイルミとかは車内から見ただけですが、開催期間がまだあるので、できればゆっくり後日にでも見に行きたいですね。

王子と少女は無事、魔法の国に着きました。
私も魔法の国に行かなくては!

これが魔法の国ですかい(笑)。
これは最近できたばかりの街中の店舗じゃなく、オープン1周年の宇品にある店舗です。
MEGAドン・キホーテと呼ばれる大型ロードサイト店舗なので、圧縮陳列の歩きづらさがなく広々としていて気持ちがいいのです。
激安の殿堂でお買い物をして、今度こそ帰りました。
魔法の国で激安日用品を買う、それもまた良いもので。
だからそれは魔法の国じゃないんだってば(汗)。
スポンサーサイト
前回までのあらすじ
仕事のために広島市に出かけ、簡単に仕事を終えてしまったきょうこは、そのまま帰るのを勿体なく感じて石井夫人&新生児に会い、交流をはかった。
その後まっすぐに帰宅せずに寄り道した。

…あらすじって、大げさな(汗)。
でもこれから載せる写真達には、壮大なるストーリーがあるのです。
しかも前置きしとくと、次回に続きます。
何の写真なのか。
「ひろしまドリミネーション2012」なのです!
おとぎの国をテーマに、平和大通りで絶賛開催中のアレです。
今回は珍しく、お話の通りに写真を撮ることができました。
順を追って載せるので、これから行かれる方の参考になれば幸いです。

1.スターライトトレイン

機関車に乗れ、との夢のお告げで、王子は機関車に乗り込みます。

2.ハート島

同じ頃、同じように夢を見た小さい国の少女もまた、馬車に乗り込みます。

3.光の宮殿

少女が夢で向かうように言われた光るお城です。

4.エターナルロード

王子の乗った機関車から見えた光のトンネル。

5.音楽の広場

王子の元に飛んできた写真からは、懐かしい音楽が思い出されました。

6.スイーツの森

写真からは、おいしいスイーツの味も思い出されました。

7.夢の中の遊園地

さらに、遊園地の楽しい思い出まで浮かび上がります。

ここまでが平和大通りの北側の風景です。
横断歩道を渡り、南側へとストーリーは移動していきます。

番外編。
移動する本物の馬車です!

どうやったらこれに乗れるのかは不明。
でも、歩行者天国になってない、普通に車がバンバン走る道路でこういうものを見かけると嬉しくなります。
おとぎの国だからなんでもあり!みたいな。

というわけで、後半は明日載せます。
出し惜しみしてるわけではないです。
労力を惜しんでるわけでもないです。
うちのショボすぎるネット環境では、1回分の記事に大量の写真を載せようとすると、プレビューの段階で回線がヒステリーを起こします。
実は先ほど、15枚掲載しようと試みてフリーズさせ、記事を全部書き直しているところなのです…きっついわ~。

なお、それまで待てない方はぜひ現地で実物をご覧くださるか、下記の公式ホームページをご覧ください。
めっちゃきれいです。

先月から、短期ではあるけどレギュラーのカテキョを再開した私。
月末報告のために、カテキョ会社のある広島市まで行きました。

で、いつものことですが、報告や事務処理が終わった後は暇です。
たった2時間弱のためにわざわざ広島市まで行くなんて、そんな時間効率の悪いことは私のライフスタイルが許さんので(どんなライフスタイルだよ)、広島市滞在をもっと有効なものにしなければ。

石井夫人に連絡しました。
赤ちゃんの検診のあとなら会える、とのことだったので、会いに行ってきました。

前回、
お休み中なのでやや暗い部屋ですが、かわいらしい寝顔ですね。

約束通り私、こうちゃんのおむつ交換をさせていただきました。
赤ちゃんのおむつ交換は人生初でした。
感想ですが…成人のおむつ交換ほど「汚物感」はない。
しかし成人のおむつ交換ほどは気楽にはできない。
服を着た赤ちゃんには何度も触れましたが、足とかお尻とか素肌に触れるのはやはり不慣れだと気遣いが多くなりますね。
そんなに緊張しないでよ、なんて言われてしまいました(汗)。
出産3回目のベテランママにそれ言われても無理だってば。
あなた抱くのはうまいのに、おむつ替えの手つきがなってないね…う、うるせいやいっ(泣)。

お食事中のこうちゃん。

抱いているのは石井夫人の妹さんです。
待ち合わせのために行った商業施設で、偶然ばったり会ったのです。

「うちの姉ちゃん、忙しい女でしょ~?よく付き合ってくれてるね!」
などと妹さんから言われまして…うん、確かに忙しい女ではある(笑)。
この妹さんは見た目はヤンキー風で、犯罪ギリギリの年齢で長男くんを生み、周囲からは大変忙しい人生になることを心配されたそうなのですが、その長男くんは立派に育って現在18歳。
長男くんを筆頭に今は4人のお子さんの母となり、PTA会長なども頑張っておられるそうです。
逆にしっかりしていると思われていた姉は結婚3回、3人の子供は全て父が異なるという、忙しさでははるかに妹を上回る人生となってしまったのでした。
かわいいこうちゃんを見ていると、思います。
石井夫人の今回の結婚生活に、何も障害など起こらず、順調に静かに平穏な暮らしを送っていただきたいと…マジで思います。

この後はお食事に出かけて、夜になったのでお開き。
近々、一緒にカニを食べに行く約束をして別れました。
この時、19時です。
その時刻に私、まっすぐ帰る…わけない(爆)。

まっすぐ帰らなかった写真を明日、載せます!
カープ来季のファンクラブ入会しました。
というか、入力と入金の手続きが終わりました。
あとは会員証や特典が送られてくるのを待ち、来季に備えます。

継続会員の特典はこれ。

オリジナルコインケース、だそうです。
先着順らしいので慌てて申し込みました。
この画像だけだとわかりづらいですが、選手が実際に使用しているユニフォーム生地でできているとか…ちょっと楽しみですね。

今はグッズなどの到着待ちですが…。
ブログ記事を読み返してみると、会員証とメッシュジャージが届いたのは前回は2月下旬でした。
イヤーブックが届いたのは3月末でした。
2月下旬はともかく、3月末って…。
シーズン開幕ギリギリです。
いや、それはまあいいんですが。
私が現住所に住んでいなかったらどうするんだ。
入会時の住所氏名は、年会費有効期間つまり1年間、変更ができないって規約に書いてあります。
氏名はよっぽどのことがなければ変更しないけど、引っ越す人って結構いるんじゃなかろうかと…まあ、そのくらいの配慮は球団にはあると信じてますが。

定住しない人には、世の中は冷たい。
今更な事実で、普段はあまり気にしないけど、時々気になるような事象が出現します。
実際、お子さんの幼稚園入園を機に、何世帯か社宅から出て行ってしまいました。
出て行った家の、誰も住んでいないポストの中に、いくつかの届いたばかりの「喪中ハガキ」を見つけてしまったり…なんかこういうの切ない。

そういうの慣れっこですけどね。
面倒はできるだけ避けたいのが人情。
あと、完全に個人的なことですが。
三原居住ならカープ観戦は、比較的容易ですが、容易でない山奥に引っ越しになったりしたらどうしよう…今から危惧しております。
それに瀬戸内海沿岸には親族友人は多いけど、山奥となると私には知人すらいないのです…山奥移転を機に引きこもるかも(爆)。
先生、ヱヴァっておもしろいですか?

…今日仕事行って、いきなりの生徒の第一声がこれだった(笑)。

うんうん、カープはシーズンオフに入ったしね。
キャンプや自主トレの話題しかないですよね。
だからっていきなりヱヴァですか。
何で私がヱヴァが好きだってばれたんだろう…。

ばれたんではなくて、違う筋からの話題でした。

土曜日に、先生のプロフィールシートがあったから見たんですよ。
そしたら先生はヱヴァ監督の後輩だってわかったんです。
あれは子供よりも大人に人気のアニメだと聞いているし、先生ももしかしたら好きなんじゃないかと思って。
僕も先日テレビでやっていたやつはちらっと観ておもしろいと思ったから、新しい映画も友達と観てみようかと思うんです。


ああ、その筋ね。
ヱヴァ好きがばれたわけじゃないけど、私の出身大学ばれてるじゃん。
ま、ええか。
しかしこの生徒最高です。
どんどん私と趣味がかぶっていきます。
嬉しいけど、そのうち勉強時間が取れなくなるんじゃなかろうか。
その頃にはお役御免になっていそうですが。

ヱヴァはロボットではなく、汎用人型決戦兵器というらしいですね。
ガンダムとは違うんですよね。
そこがおもしろいと思ったんです。
ロボットの形なのに操縦するんじゃなく、心で動かすところが。
神経接続とか、よく考えついたと思いますよ。


さすが医学部志望、目のつけどころが違いますのう。
でもガンダムのファンは、ガンダムをロボットって言うと怒りますよ。
「モビルスーツ」ですから。
ということは今はどうでもいいんですが。
とりあえず、テレビでやってたやつをちらっと観たくらいで新劇場版を観に行ったら完全にカオスです。
もし観に行くなら、詳しい友達からDVDや本などを貸してもらってからの方がいいですよ…と、アドバイスしておきました。

そうですか、難しそうですね。
僕はジブリのアニメが好きなんだけど、そんな単純なもんじゃないんですね。
友達とは相談して、検討してみます。


え?ジブリが好き?
だったらヱヴァはそっちのけで観に行っても大丈夫ですよ。
同時上映の「巨神兵東京に現わる」はジブリ作品だから。
10分程度の作品だけど、ジブリファンなら絶対面白いから。
ナウシカに出てきた巨神兵なんかとは比べものにならんほどの迫力だから。

ということで、友達と相談するまでもなく、観に行くそうです。
それに頭の切れる優秀な生徒なので、多少難解なストーリーでも理解できるだろうから、ヱヴァも楽しめることでしょう。
ああ私、仕事に行って何やってんだ。
もちろん仕事もちゃんとやってますけどね。
やっぱりタイマン張る生徒との相性は、悪いよりいい方が断然いいんです。
趣味だって合わないよりは合う方がいいに決まってます。
私も仕事の仕込みに気合が入る、ってもんです。
時間をより有効に使うために、綿密に教材を作ったりしちゃいますしね。

カープの次はヱヴァ。
おそらく年末くらいまででお役御免ですが、いろいろな形で親交を深めていきたいものです。
昨日のことです。
旦那が休日でした。
夕食は一緒にバイキングでも、ということになり、出かけました。

おいしいバイキングだったので、たっぷりいただきました。
肉も魚も野菜も果物もデザートも充実のラインナップ。

それらの中に、ひときわ目を引く、おいしそうな鶏のから揚げがありました。
お皿に2個ほど取りました。
食べました。
食べました…あ、あれ?これって…。

まずくはないです。
おいしかったです。
しかし、私の体質が完全否定する「ニンニク」がかなり大量に使われている味付けでした。
やばいかも。
これ、あとで来るかも。
ひと口食べて、そう感じる、かなり濃いニンニク味でした。
だからって取ってきたものを残すのは礼儀に反するので、残さず食べようと思いましたが…1個で挫折。
もう1個は旦那に食べてもらいました。
そしてから揚げのことは忘れて、他のメニューをたくさん味わいました。

だいたい食べ終わって、制限時間まであと15分ほど。
そろそろ帰ろうという時になって。

キタ~~~!!

ごっつ~~キタ!!

ものすごい来ました。
上げたり下げたり、もうムチャクチャ。
制限時間までの15分、店のトイレと大親友になってしまいました。
たかがから揚げ1個なのに。
なぜだ。
なぜ私を拒絶する∑(゚Д゚)
というヱヴァごっこもままならぬほどのツライ状態。
しかもバイキングだから調子に乗って、いつもの倍くらい食っちゃってます。
それらが全部上げたり下げたりされるんです。
いつもの倍くらい食ったことを、これほど後悔したことはないです。
元を取ろうと思ってたくさん食べたのに、出すんじゃ意味がないし。
そして食べるのは簡単なのに、短時間だと出すのがこんなにツライなんて。

汚い話で申し訳ない。
結局、その後は家に帰ってのびてました。
昨夜ブログが更新されなかった真相はそういうことで。
いや別に誰も気にしちゃいないんだろうけど、念のため。
単なるニンニクでギブアップした私、旦那によってドラキュラ確定されてしまいました…まあ、もともと昼型じゃなく夜型だし、しゃーないか。
でも、今はかなりよくなりました。
上げたり下げたりしたのはバイキングのメニューだけで、その後は普通にごはんもおやつも食べてるので、多分治ったと思います。
しかしながらもう、あの店には行きたくないです。
時が経てば行くでしょうが、しばらくは寄りつきたくないです。

荒れ放題の胃腸を癒してくれたものはこれ。

前日にかなつまさんからいただきました。
かなつまさんのご実家のみかんが主原料となったみかんドリンクです。
その名も蒼い蜜柑の愛恋歌です。
甘酸っぱくて胃に優しい味でした。
かなつまさんありがとう。
おいしくいただきました。

こんなお土産菓子も。

これは自分で買ったんですけどね。
広島ローカルアイドル「MMJ」とコラボした、老舗の銘菓「宮島さん」。
MMJとは「もみじまんじゅう」の略語です。
青春ど真ん中って書いてあるけど、彼女たちは社会人と大学生で結成されていて、最年少の人が22歳だったりするので微妙に青春ど真ん中とは違うかと(笑)。
でも、レモンクリーム味で食べやすかったです。

今後の教訓。
バイキングのから揚げは、同行者の味見のあとに食べよう。
アレルギーで死ぬかと思った人の話は聞いたことがありますが、まさか自分がそこまでひどい目に遭うとは思ってなかったのでした。
死ぬかとは思わなかったけど、それでもめちゃめちゃツライのには変わりはないのです。
バイクに乗っててコケれば、重傷を負わなかったとしても、とても痛い。
昔、バイクでコケたことをなぜか思い出しました。

バイクとバイキング…言葉として似てないこともないけどね。
関係ないですね。
失礼しました。
前回(1~7)のあらすじ
ある国の王子と別の国の少女は、それぞれの夢のお告げにより、それぞれ機関車と馬車に乗って旅に出て、多くの幻想的風景を見ました。

…2行で説明できてしまう単純なストーリー。
でも前回書いたとおり、ストーリーはオマケなので、写真をお楽しみください。

8.聖なる氷の雫

少女を載せた馬車は、滝の前にて行き止まりに。
余談ですが私が今回の電飾の中で最も気に入ったものはこれです。

9.森の妖精たち

滝の向こうは動物たちの森で、少女は動物たちに案内されて先に進みます。

10.メープルワールド

やがて森の景色は鮮やかな紅葉でいっぱいになりました。
これ、広島ならではの電飾ですね。
ちなみにこの電飾の協賛はにしき堂…さすがだ。

11.明日へのセイル

ここで王子と少女は出会い、一緒に船で旅を始めます。

12.スノーホワイト

船が着いたところは氷の世界。
ふたりは寒さに会えながら進んで行きました。
バックにある階段みたいなものには、わかりづらいけどシンデレラの靴が乗っかっていてとてもきれいです。

13.ピースツリー

ふたりの目に緑色に輝く大きな樹が見えてきました。
樹の周りはあたたかく、涙を流すふたりが手を取り合うと、あら不思議。
呪いの魔法をかけられて子供にされていた少女は、たちまち大人の美女へと変身しました。

14.魔法の国

少女は実は、王子の国の隣にある小さな国の王女でした。
そしてふたりは幼馴染でもありました。
再会を喜んだ王子は王女を連れて国へ帰り妃に迎えました。

平和大通り電飾のストーリーはここまでです。
クレド前のツリーや本通りのイルミは車から見ただけでしたが、まだ開催期間があるし、これらもできればゆっくり歩いて見てみたいですね。

さて、王子と王女はめでたく魔法の国に到着しました。
私も魔法の国に行かなくちゃ!

…魔法の国ですかい、これが。
これは最近できた街中のやつじゃなく、オープンして1年の、宇品にあるドン・キホーテ。
MEGAドン・キホーテという大型ロードサイド店舗なので、圧縮陳列の歩きにくさはなく、広々としていて気持ちのいい空間です。
激安の殿堂でしっかりお買い物して、今度こそ帰りました。
魔法の国で日用品を買うのもまた楽しいもので。
だからそれは魔法の国じゃないんだって(汗)。
サッカーは盛り上がり中ですが、野球は長いシーズンオフに入ったばかり。
実質上、今季最後の球場での盛り上がりです。
アホみたいな数の整理券もなんとか全部人の手に渡った「カープファン感謝デー」に行ってきました!

晴天…とはいかない曇天。
降水確率70%がくもりになったんだから、いつものことですがグッジョブ私。
少しは降りましたが、傘は必要ない程度にまで回復しました。

着席した場所は1塁側のやや外寄りスタンド。
イベント開始前には、ビジョンで今年の名場面を放映中。

今年はこのくらいしかいいとこなかったね天谷。
この写真もそうですが、今年はビジョンに頼りがちの撮影となりました。
だって実物が遠すぎる上、曇っててビジョンはきれいだったから。

なぜかサンフレッチェの「サンチェ&フレッチェ」がグラウンドを通ります。

新スタジアム建設のPR&署名運動のために来ていました。
サンフレ熱狂的ファンではない私にも、カープとサンフレの関係が設立以来すごく良好なことは喜ばしいことですね。

今日はかなひで家と一緒にスタジアム入りしました。
約1か月ぶりの、元気なねいろちゃん。

カープのチアユニフォーム姿でゴキゲンです。
楽しい1日をありがとうございました!

トークショーが始まるわけですが…この後姿では誰だかわかんないですね。

菊池選手、木村選手、中東選手、赤松選手…わかるかいっ!
唯一のヒントは俊足選手の特徴「ストッキング膝下まで丸出し」それでもやはり判別できる人はマニアではないかと。
彼らは第1弾トークショーに登場しました。
トークショーはこの後も続々あり、トークやクイズで盛り上がりました。

イベントスペースには鯉の壁画が登場しました。

関西の画家・木村さんがほとんどを描かれましたが、仕上げにカープ選手数名が色付けをしております…私のゆーきもその中にいました。

スタンドで見かけたスラィリー。

この日はスタンドで、グラウンドで、ファンサービスに大忙しです。
そしてどこでも大人気です。

今季、賞を獲った方々の表彰式がありました。

これは先日発表されたばかりの新人王ノムスケ君。
他の受賞者の皆さんもおめでとうございます。

表彰式の後は、来季スローガンの発表です。

「剣砥挑来(けんどちょうらい)」です。
リベンジを意味する四字熟語「捲土重来」をアレンジした造語。
カード持たされてる堂林は特に、肝に銘じなさい(笑)。

公式戦では絶対に見られない、楽しい紅白戦をして、ファン感謝デーはお開きとなりました。

選手の皆さん、1年間お疲れ様でした。
来季はCSとか言ってないで、優勝目指してください!
それにしてもマエケンってやっぱり、心がけもいい選手ですね。
他の選手達が防寒のブルゾンを着ていても、彼だけは終始ユニフォーム姿でファンにアピールしていました。
トークショーの時なんか寒かったでしょうに。
去年も確かそうでした。
他の選手は、マエケンをもっと見習いましょう。
彼から学ぶべきことは、成績だけじゃないのです。
姿勢もしっかり学んでください…ゆーき、あなたもです(汗)。

かなひで家の皆さんも、お疲れ様でした。
来年も私の人徳で整理券いっぱい用意して、私の人徳で雨を阻止するので、よければまた楽しい時間を共にしましょう…もう好きなこと書いてますね(笑)。
本日のパン。

ジャガイモパン(右下のやつ)を店員さんがキープしてくれてました。
今回気になったのは「肉じゃがコロッケバーガー」で、海軍さんの肉じゃががそのままコロッケになったものとパンが分離されているシロモノ。
コロッケをレンジで軽く温めて、ソースなどはつけずにパンにはさんで食べよ、とのことだったので、その通りにしたらおいしかったのでした。
来週売ってたらまた買おう。

パンを買っていくつかをランチ代わりにした後。
行ってきました!
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を観に!!

やっと福山でも上映されるようになったけど、私はすでに福山には住んでいないという…もうどこにだって行きますけどね。

内容はですね。
何を書いても多分、ネタバレになります。
だからレビューサイト以外で、感想の詳細を書いてる人があんまりいません。
だからちょっとだけ言わせていただきます。

カヲルくんにジンジン来ちゃいます♪


ヨレヨレの主人公を優しく癒す、イケメンカヲルくんにご注目ください。

…いや見どころはそれだけじゃないんだけど。
いい意味で私、現在、侵食されてます。
精神汚染されてます。
エヴァのファンだったら侵食されます。
レビューサイトには酷評もたくさんありましたが、それらの酷評の内容さえも「画面に釘付けにならないと書けない」ようなものばかりでした。
エヴァのファンではなく、話題作だからちょっと観てみるか、程度の人にとっては完全にカオスですが、それでも最低限釘付けにはなるはずです。
あんまり釘付けになると、暗くて重くて疲れるのが難点ですが(爆)。

それでももう1回くらいは観に行こうと思うので、やはり侵食されたようです。
きっとまた会えるさカヲルくん。

映画鑑賞の前に見つけたツリー。

私の心を癒すのはカヲルくんではなくツリー。
シンジいいな~。
カヲルくんと仲良くできていいな~。
…ツリーの季節も大好きですけどね。
先日、松江日帰りバス旅行が当選したばかりの私。
また何か当たったようで、封筒が届きました。
こういうのだいたい忘れた頃に届くのがいいですよね。
懸賞は割と応募するんですが、いちいち応募したことを記録しないんです。
以前はしてたんだけど、しなくなってからの方がよく当たります。

今回は、これが当たりました!

コロナワールドの温泉券です。
応募したのは福山で、ですが、全国どこのコロナワールドでも入浴できるようです。
ま、福山に行くと思いますが…。
ただしこれ、私の好きなモンゴルサウナまでは入場できません。
露天風呂などの「スーパー銭湯」のみ。
追加料金払ってサウナまで行ってもそんなに高くないのは事実。
だけどせっかく無料券当選したのに、追加料金なんか払ったら抱き合わせ商法に引っかかるみたいであんまり嬉しくない…と言ったらせこいでしょうか。

これの他にも実は、父ちゃんの手術中の暇つぶしにせっせと解いたパズル雑誌の懸賞なんかも当たりまして(なんと現金1万円ですよ)、最近はそっち方面のツキがあるのかもしれないです私。
こういう時期に宝くじを買ったり、ギャンブルをやったりするといいのでしょうか。
宝くじの発売はもうすぐですが、取り急ぎロト6でも買ってみようかと思っています。

当たりが続出するってことは。
プロ野球チップスなんかも、当たるかも~。
と思って買いに行ったら、プロ野球チップスはもうシーズンオフなのか、売られていませんでした。
そのかわり、いつもの売り場にはこんなものがありました。

カード入りのヱヴァンゲリヲンチップス。
プロ野球チップスと同じく、カルビーの商品です。
カープ選手は出ないに決まってますがカヲルくんが出れば…と思ったら、初号機とシンジのカードでございました。
何もかも当たる、というわけには行かないようで。

それにしても「綾波レイ等身大抱きまくら」って。
しかも極秘って…R指定の匂いがプンプンする。
と思ったら「15歳未満の方の応募は保護者の同意が必要」なんて裏側に書いてありました。
応募も恥ずかしいし、当選して受け取るのもきっと恥ずかしいし、誰得ですか。
でももし渚カヲル等身大抱きまくらだったら…うふふ。

なんかカオスな世界に行ってしまいそうなので妄想ストップ(爆)。
ノムスケ君が新人王。
とても嬉しいです。
カープで投手で新人王受賞…あんまり縁起が良くないのは事実ですが(汗)、本人がとても嬉しそうなので私も嬉しいです。

普段はクールなノムスケ君、はにかんだ笑顔とガッツポーズがかっこええです。

得票数は以下の通りらしいです。

野村祐輔(広) 200
田島慎二(中) 40
高木京介(巨) 12
堂林翔太(広) 9

ノムスケ君、10勝できなかったから微妙とか言われてましたが、ダントツでした。
堂林にも9票入ってたのですね。
そして宮國には票がなかったのですね(汗)。
それはそれは。
でも投票した記者の方々、よく見ておられますね。
勝ち数は少なくても防御率1点台…地味ですが妥当すぎる線です。

記者の方々がよく見てると思ったのは、パリーグ益田の受賞。
セットアッパーの新人って、やはり先発ローテの投手よりは見てもらいにくいかもと思ってましたが、しっかり報われてよかったですね。
登板72試合という酷使の中、41ホールドは立派すぎます。
まるで去年のペローン青木のような使われ方でした。
そういうのをきちんと評価されて受賞したということが、他球団の選手だけどなんか嬉しいのです。
セリーグじゃないからだとは思いますが(笑)。

何はともあれ、ノムスケ君おめでとう!
無援護に耐え、救援に勝ちを消され、エラーで足を引っ張られ…新人にとっては厳しすぎる3重苦の中で本当によく頑張りました。
今までの不吉さは跳ね返して、来年以降も活躍してください。
だけど普通はね、この防御率なら20勝行けますよ…もったいないことで。

ところで、私はサッカーはあんまり観ないんですが、この方が応援しておられるようなので、シーズンあとわずかですが応援しようかと。

今日の竹原のももねこ様はサンフレッチェ仕様。
間もなくホーム最終戦です。
カープはBクラスでしたがこちらはJ1首位…サッカーに疎いとはいえ、広島県人としては大注目ですね!
名古屋は、夏に私が行った場所。
友人のともさんと会えなかったのが残念だったけど、観光やグルメをしっかり楽しんできた場所。
広島県の東部とは、水野勝成の時代から縁のある場所。

その名古屋の喫茶店「コメダ珈琲店」が、年明けに広島県に初上陸します!
具体的にはこんなメニューがあったりします。
やった~!
シロノワール食うぞ~!!
めっちゃ楽しみです。
「朝にコーヒーを頼むと、トーストとゆで卵が無料でついてくる」という、名古屋さながらのサービスもあるみたいなので、すごく楽しみです。

コメダのコーヒーについては諸説あり、とてもおいしい!という意見は実際にはあんまり聞かなかったりします。
メニューも高いものが多くて評判悪い、という人もいます。
だけど、広島県人の立場で言えば「出店してくる」という事実が嬉しいわけで。
広島県は全国的に見れば、それなりに大きくて人口も多い県です。
(私の出身地のことはこの際無視しよう。)
それなのに話題のお店などは、大半が関西以西は皆無です。
いつも雑誌やテレビやネットで見るだけの店ばっかりです。
だから、結構多くの広島県人が楽しみにしてると思います。

おいしいコーヒーでマッタリしたいなら、高級コーヒー専門店へ。
貧乏な時に買い食い感覚で楽しみたいなら、マクドナルドへ。

コメダはその中間にある店だと聞いたことがあります。
そして、その中間の店が広島には少ないんですよね。
だから注目されるのでしょう。
とはいえ、コメダができる場所は広島市安佐南区。
三原には喫茶店すらろくにないのです。
かろうじてマクドナルドはありますが、あそこのコーヒーは正直コーヒーじゃないし…まあ、安さで勝負なんですけど。

私、ガラにもなく、カフェでのんびりするのが好きなんです。
でも比較的近場で気に入ってるカフェって、竹原のホクストンくらい。
もっといろいろ三原にも進出してほしいこの頃。
せめてスタバとドトールは欲しいよね。

などと願望は尽きませんが、ドトールのインスタントカフェオレで今は我慢。
天気も気候もいい日曜日です。
こんな日はきっと混み合うんだろうな、でもそろそろ見頃だし。
ということで、もみじを狩ってきました。
なぜ眺めるだけなのに、もいだりするわけじゃないのに「狩る」という動詞を用いるのか昔は謎でした。
貴族階級の遊び、というのが語源らしいですね。
狩猟民族主流の頃に、狩猟をしない貴族という人々が出現して、単に草花を見て楽しむことを「狩り」と言い換えたのだとかなんとか。
国語教師の私、歴史の書物で知ったのではなく、平安~鎌倉時代の古文を読んで知ったので信憑性はイマイチかもしれませんが(汗)。

狩りに行った場所は東広島市の「憩いの森公園」です。

三原に来てから佛通寺と御調八幡宮は何度も行ったので、行ったことない場所に行こうと思いまして。
西条ICのすぐ北のあたりにあります。
三原市西部の自宅からなら、高速道路は不要です。

紅葉は…ありました!

まだ少し早いかな、という感じですが、この辺は山のふもとにあたる場所なのでもうちょっと登ってみます。

おお、黄色よりも赤が多くなってきたじゃん。

まだ色づいたばかりの新鮮な赤、でしょうか。

渋みを増してきました。

ここは登山口みたいなところから、並べるように上に向かってもみじが植えてあり、海抜が上がるごとに色が変化するのが面白いです。

日当たりのいい場所にて。

混じりけのないきれいな赤ですね。
ただし、地面は前日の雨でぬかるみ状態。
山道につき、滑らないように頑張って立っております。

黄色と赤の対比とか。

この黄色と赤は木の種類が違うらしく、黄色の方はもっとあとで赤く色づくんだそうです。
長く紅葉を楽しむための工夫に頭が下がります。
バーベキューやキャンプもでき、草野球のグラウンドもあり、子供用の遊具もたくさんあり…ご家族連れや友人連れで丸1日、エンジョイできそうな公園ですね。

もみじだけを狩りに行った私はキャンプには用がないので、もう帰ろうとしたんですが、せっかく西条まで来たのでやや北上してこんな場所へ。

おなじみの福富ダムです。
このダム、マッタリできるから大好きです。
道の駅が併設なので、ダムを眺める以外の楽しみもあります。

その道の駅にて、ここに来たら絶対に食べるジェラート。

いろいろ種類があるけど、私はいつもスイートポテト味です。
おいもの味がしっかりしていてウマ~。
でも1番人気のイチゴミルクも気になったりして…次はイチゴミルクにしようと思いつつも毎回スイートポテトだったり。
だって、よそにあんまりないじゃん、いものアイス。

こんな普通の人のような観光をしたというのに。
帰宅後はF1予選やら野球やら、オッサンくさい趣味にちゃんと戻る私。
堂林の振り回しっぷりはやっぱ、気持ちがいいです。
三塁打でヤターと思った次の打席にお約束の三振とかもう最高。
…もう少し、確実性が欲しいよね、やっぱり。
華は十分あるから、もう少し頑張れ堂林。
炊きたてアツアツのご飯にロースハム。
ハム1枚でご飯1杯いけるけど、なんかけち臭いので2枚にしてみます。
パックのハムは4枚入り標準なので、ご飯は2杯。
ごちそうさまでした。

旦那がいなかったら私の夕食はこんなもん。
ええ、手抜きです。手抜きですとも。
手抜きではあるけど、不細工とか情けないとかは思いません。
だってこれめっちゃおいしいですから。
熱いご飯にハム乗っけて、ハムもあったまったところをかっこみます。
これだけでは野菜不足なので、プランターのサニーレタスを少しちぎって、これも一緒に乗っけます。
ウマ~!です。
ここでミソなのが、ご飯を2杯食べるんだから丼に盛って1杯、ってことはしてはいけません。
普通の茶碗で2杯食べるのがいいんです。

で、翌日。
ご飯が冷たくなったら、このご飯をインスタントラーメンと一緒に食べるのですが…これがまたウマ~。
簡単だからとか安上がりだからとか、そういう理由ももちろんあるけど、おいしいからってのが大きいのです。
ご飯が進む、それだけで、全然貧乏くさいとは思いません。
むしろ贅沢かも。

最近、旦那の宿泊勤務が減ってしまい、今日は久しぶりにおひとりご飯を満喫しました。
別に旦那がいない方がいいとは言いませんよ。
ただ、食事などの面を考えるといない方が楽なのは事実で、主婦の方であればきっとわかっていただけると思うのです。
うちの旦那はそれでも比較的、手がかからない方ではありますが、それでも気分的な問題もありますから…ハムとご飯だけ食卓に出すと何か言われそうで。

ちなみに旦那にもいわゆる「弱味」はあります。
私が留守にしてると、アツアツご飯にバターとソースかけて食べてたりしますから…その組み合わせはどうなんだろう。
バターと醤油はやったことあるんですけど。
おいしかったけど、2杯は行けませんでした…残念。
そのうちソースでもやってみようと思います。
侍ジャパン始動です。
侍ジャパンって愛称は巨人の原監督がつけたんだそうですね。
サッカー日本代表の愛称と被るんではと思ったけど、サッカーの方は「サムライブルー」で、侍ジャパンよりも先に命名されたようで。
女子サッカー日本代表の愛称が「なでしこジャパン」だから、私おそらくそれとごっちゃになってたんではないかと。

私のアホな話は置いといて。
国際親善試合、勝ちましたね。
キューバの打線はもっと手強いと思っていたので少し拍子抜けでしたが、日本の投手はやはりレベルが高いですね!
大竹さん今村さん、ナイスピッチングでした。
あなた達がいれば、メジャーリーガー数名の不参加とかどうでもいいような気がしますが…まあ、今やってるのはWBCじゃなく親善試合ですからねぇ。
山本監督も、あんまりあてにしてなかったけど(こら)、なかなかやるじゃないですか。
今後に期待ができそうですね。
これちゃんと観たかったから今日のヱヴァは録画…「Q」はいつ観よう。

ただ、ちょっと、てか、かなり紛らわしいんですが。
私が普段応援している国内のチームはカープです。
カープは赤のユニフォームです。
だからつい、赤い方を応援してしまい途中で「あ、違う!」ということが何度かありました。
そのつど自分がうっかり「非国民」になってしまい、侍ジャパンに申し訳なく思いました…わざとじゃないんだ、わざとじゃ。
だって大竹さん、あんまり侍ユニフォームが似合ってな…ごめん。
まあ、見てくれで試合するわけじゃないので。
次の試合はなんとか、非国民にならないように応援したいです。

赤は目立ちすぎる。
いつものカープの試合では思わないけど、こういう時には思いますね。
あと、オールスターの時とか。
カープ選手あんまり出てなくても、とにかく目立ってます。
私は赤が大好きなので、この「目立ちすぎる」という特性さえなければ、身の回りの持ち物や衣類を赤で統一したいところですが、そんなことをすると気が狂ったと思われるのでできずにいます。
一生に一度は、赤い車のオーナーになってみたいとは思いますけどね。
空色でも目立つことは目立つんですが…赤はちょっと勇気がいるかも。

今日の観戦中の食事。

練り物を入れ過ぎたおでん…竹輪と丸天が巨大化してるし(汗)。
大根もジャガイモもこの下に埋まってます。
でも汁を吸って巨大化した練り物、おいしいですよね。私だけ?
先週売りに来なくてがっかりしていたパン屋の車。
今日は来ました!
定刻通りに来ました。

先週売りに来なかった理由は「うちの近くに来る前に売り切れたから帰った」とのことでした…ちーん。
いつかそんなことになるだろうとは思ってましたけどね。
今後も何回か、そんなことになるんでしょうね。

広島市でこのパンを買っていた頃、売りに来るのは土曜日の朝11時でした。
企業の多くはお休みで、時間的にもまだ売り切れには早い感じなので、好きな種類のパンをよりどりみどりで選んでは、やれ買い過ぎになる、やれお金が足りなくなるなどと思いつつ、楽しく購入していました。

しかし今は、車が来るのが木曜日の13時。
三原の申し訳程度のオフィス街でOLさん達が買い占めたらアウトです。
しかもランチタイムはやや過ぎているので、あまりいいのが残っていません。
特にランチでパンを買うような人の多くは総菜パンを買うので、甘い系のパンばっかり残っている状態。
私の好きなエビカツバーガーとジャガイモパンなどとっくにありません。

そして、どういうわけか販売員さんが替わっていました。
前の販売員さんは、私が売り場を提供したことを一応感謝してくれていたのか、エビカツバーガーを1~2個は必ずキープしてくれていたんですが、キープがなければあんな人気商品はすぐになくなります。
他のパンもおいしいからいいんですが…エビカツ食べたいですの~。
三原では買い過ぎも小遣い不足もまだ未経験ですよ。
あんまり買うな、ってことでしょうか。

広島市は政令指定都市です。
パン屋さんの数も三原の比ではなく、競争は激しいことでしょう。
だからパンの種類を増やして、などと要望を出せば、だいたい叶えてもらえました。
三原だと田舎なので、その点がどうものんびりしてるんでしょうね。
パン屋に限らずどんなお店でもそんな感じですが。

あ、忘れとった。
三原には全国区のパン屋「八天堂」があるんだった。
でもなぁ。
あれはなんだかスケールが違うしね。
売ってるパンも、すでにパンの域を超えてますしね。
日常的に食べるには明らかに贅沢な部類です…クリームパンの分際で。

ちなみに、写真の右下に写ってる、紙袋入りのパンですが。
普通のクリームパンではなく、冬季限定のクリームパンです。
これも大変セレブなお味でおいしいです。
子供の頃は、実はあんまりクリームパンが好きじゃなかった私。
今になって好きになった…のとは少し違うみたいです。
だって昔ながらの袋入りのクリームパンは、今でもそんなにおいしいと思わないですから。
アンパンやジャムパンなどと比べて、クリームパンの進化は著しい、ってことでしょうか。
う~ん、深いのか、そうでないのか。
姉さん、大変です!

などとドラマで言っていた以上に大変な私生活に決着がついた高嶋弟。
あの大変さには及びませんが、なんか今日、大変でした。

「Tちゃん一家」
長らく読者してくださってる方は、ちょっとは覚えておられると思います。
Tちゃんは、中学入試の際に私がカテキョをしていた女子で、現在は中高一貫の中2です。
妹と弟と、継母が生んだ腹違いの妹がいます。
お父さんは会社経営者で県内トップ10の資産家で、元在日韓国人で、Tちゃんの実母である前妻とは死別。
現在の妻を迎える際に家族全員で帰化されました。
彼女の妹の指導中にいろいろと家庭内に問題が起こり、約1年前にその家に行くのを辞め、それっきりになっていました。
詳しくは先代のブログをご覧いただければ、と思います。
毎回何かやらかすので、ブログ常連となっていた家族でもあります。

その、Tちゃんのお父さんから電話がかかってきたのです。
ビビリました。
何もやましいことしてないのに、なぜビビらにゃならんのだ。
と自分に言い聞かせて、冷静に対応しました。

要件は
Tちゃんのパソコンのパスワードがわからなくなったから教えてほしい

というものでした。

パスワード?
何それ。
しかも今頃わからないって。
そういえば、Tちゃんが中学入試模試を受けていた時、オンラインサポートを少しやっていてそのパスワードならありましたが…。
そのパスワードは、中学合格と同時に必要がなくなったので、お父さんの目の前で削除しました。
私にとって覚えのある「Tちゃんのパスワード」はそれだけです。
よくわかりませんがそのことだけ、お父さんに伝えました。

すると。

ああそうでしたか…わかりました。
先生、ご無沙汰してるしどうされてるかと思って。
お元気ですか?


そっちが要件?
気にしてもらえるのは嬉しいんですが、別に友達とかではないので、やはり不審に思いました。
例えるなら、事情が混乱して別れなきゃならなくなったけど全然未練のない元彼…のようなもので、そんな人に近況を気にされると逆におかしいです。

まあ、正直に、簡潔に近況を言いました。
まだかろうじて三原に住んでいて、カテキョは細々と続けていることなど。
そしたら、先方も近況を語ってくれました。
Tちゃんと弟は、真面目に塾に通って頑張っていること。
妹は勉強に向かないようなので、中学受験はさせないこと。
お父さんの仕事も不景気のさなかではあるけどなんとか、順調なこと。

なんか、ますます気持ち悪いというか(失礼)。
あ、私、基本的にここんちの方々は嫌いではないですよ。
ただひとり、超自己中の継母を除いては(爆)。
しかし気になったのは、家族の近況を饒舌に語るお父さんの口から、継母の話題が一切出なかったということ。
何かありましたかね。
何かありそうな予感は、当時から少なからずあったことはあったんですが。
だけど何かあったかなんて聞くことはできないので、お父さんの話の腰を折らずにずっと耳を傾けるのみ。

結局、よくわからんまま、お話は終わりました。
もしや再びの指導要請?というのも考えましたが、塾に行ってたり受験を諦めたりという状況では、指導要請の必要などないはず。
強いて言えばパスワードが要件ですが、約1年も経った現在、今更パスワードがどうこうなんてのはありえません。
何の電話だったのでしょう。
延々と近況を語りたかったわけでもないだろうに。

これがですね、何一つ気に入らないことがない場合だったらね。
私、冗談交じりにでも営業かけたかもしれないです。
また指導が必要だったら教えに行きますよ!とか。
だけど、できればもうこの家には行きたくないので(汗)。
少なくとも、1年前と事情が変わってないんだったら、イヤなので。
顧客としてはこんな大金持ち、逃しては惜しい案件です。
でもお金が全てじゃないです。
ぶっちゃけお金が結構好きな私(笑)がそう思うんだから、心中お察しいただければ、と。

ああ、しかし、悶々としますのう。
もう思い出しもしなくなって平和に暮らしてたのに。
今後、ややこしいことを言ってきませんように。
昨日少し書いた、背番号25の行方ですが…。

ドラフト1巡目指名の高橋大樹選手がつけることに決まったようです。
残念だったね天谷。
欲しいって琢朗さんにアピールしたのにね。
頑張っていればそのうち報われると思うので、もっと頑張ってください。
ちなみに井生選手のつけていた「0」は、3巡目指名の上本崇司選手が。
いろいろ、世代交代のカープです。

私が今年、久しぶりに入会していたカープファンクラブも世代交代というか、来季の会員募集が間もなく始まります。
私、来季も入会しますよ~。
またメッシュジャージがもらえるみたいだし、継続会員にはオマケ(今年はコインケース?)もつくみたいなので。
イヤーブックもらえるし、ファン感謝デーに無条件入場できるし、新人入団会見などにも希望すれば行けるし、3500円にしてはおいしい特典がいっぱいです。

新しいメッシュジャージはこんなの。

前年のは赤白グラデーションでしたが、今度は「H」の白抜き模様入り。
ファンクラブの新しいテーマは「極赤」です。
極赤と書いて、ぶちあかと読むのです。
広島弁万歳です。
あ、これはファンクラブのテーマであって、カープ自体のスローガンは23日のファン感謝デーで発表されると思います。
「破天荒」は成りませんでしたが…次はどんなので来るでしょう。
個人的には横文字よりも、日本語の方が好きです。
もっと言うと広島弁ならとっても嬉しいです。

気がつけば、ファン感謝デーまであと10日。
すでにゴールデングラブ賞のタイトルを獲ったマエケンは当然、表彰式があるでしょうが、まだ21日にベストナインと新人王の発表が待っています。
マエケン以外の選手もぜひ、何か受賞して表彰されて欲しいですよね。

ノムスケ君が新人王を獲れるといいんですが…。
セリーグ優勝争いに、最後まで絡み続けたドラゴンズ。
そのドラゴンズで戦力外になってしまった久本祐一投手が、どうやらカープに拾われたようです。
おめでとうございます、とここでは言っておきます。
コメントがすごく気に入ったから。
「強くなるチームの力になりたいと思った」…カープファンの心を鷲掴みにしようと思って言ったかどうかはわかりませんが、心くすぐるセリフじゃありませんか。

久本投手は昔から、カープファンの心を掴んできた人です。
緒方に満塁ホームランを打たせてくれた人です。
前田に2000本目の安打を打たせてくれた人です。
あまりにも広島と絆が深すぎて、広島の女性を嫁にした人です。
それもカープのホームランガールだった女性を。
敵チームのベンチ内の女性をゲットするって、高校野球で言えばライバル高校のマネージャーに手をつけるようなKYな行動ですが、思えばその頃から着々とカープとのご縁を育んできたということなのでしょう。

それは冗談として。
久本投手は左投げ左打ちで中継ぎが得意で丈夫なタイプだから、カープの需要と一致しての獲得でしょうね。
新聞でも、救世主扱いです。
ん?
そういえばそのタイプ、カープじゃ何人か、酷使で潰れました(汗)。
久本頑張れ。
潰されんように頼むよ。
投手コーチが変わったから、大丈夫だとは思うんですが、やや心配です。

当面ライバルになりそうな似た感じの投手は、菊地原投手でしょうか。
切磋琢磨しつつ、どちらの投手にも活躍してほしいです。
で、左投手といえば。
私のゆーきも忘れてはなりません(爆)。
こちらは年齢的にまだ、そんなに切羽詰まってないですが、彼もあれよあれよで来年は26歳。
あんまり落ち着いてないで、そろそろローテ一角レギュラーになっていただかないとまずい時期ではあります…だからってファンはやめませんが。

ドラフトで指名した選手達とも、続々と契約交渉が成立していて、試合はなくても何かと忙しいシーズンオフ。
あとは、石井琢朗さんがつけていた背番号「25」を誰かに譲りたいけどまだ決まってないという話なんですが…。
私の中で忌まわしい番号でしかなかった25が、琢朗さんによっていい番号へと上書きされたことは喜ばしきことで、誰かふさわしい良い選手に引き継がれるといいですね。
ちなみに、天谷選手が25を欲しがってるらしいです(笑)。
願いがかなうといいね天谷。
家電が大きく進化を遂げる昨今。
私なんかは時代遅れの部類だとは思うんですが、デジタルオーディオを使って音楽を聴くくらいのことはします。
アイポッドを初めて入手したのは5年ほど前の「shuffle」で、当時はたったの1GBをものすごい大容量に感じて重宝したものでした。
その後、現在持っている16GBでも全然足りなくなるほど、セレブ生活に慣れてしまいましたが…まあ、便利に音楽を持ち運べるようになったものです。
車移動が多い私、ほとんどヘッドフォンは利用せず、トランスミッター&カーステで活用してるんですが、CDやカセットを車内にたくさん持ち込むことを思えばかさばらなくてありがたいです。

ただ、音楽以外の録音に関しては、私はカセットが好きです。
職業柄、大学や公会堂に講義を聴きに行くことが多いんですが、録音する際にはカセットレコーダーを使いますし、最近はほとんどやらなくなりましたが、ラジオ番組の録音は昔からのオーソドックスなCDラジカセを使ってやっています。
MDは長時間録音できるけど、再生や戻しや送りの時に面倒くさいことが多いから好きになれず、持ってはいるもののほとんど使用していない状態ですね。

その、講義録音用のカセットレコーダーが古くなりました。
巻き戻しの際に変な音がしたり、録音音量が小さくなったりするようになりました。
ヘッドを掃除したりして使っていますが、年数的に寿命が近いようです。
買い換えたいんですが…カセットレコーダーのいいのがないんです。
今やカセットの時代じゃないから、デジタルレコーダーばっかりお店に並んでいます…私も鞍替えの時代でしょうか。

時代遅れとはいえ、カセットそのものは今でも現役だと思います。
ラジカセなんかはずっと売ってるし、カセットテープも売ってるし。
ヘッドクリーナーだって普通に売っています。
まだまだカセットの愛用者は結構いるみたいです。
需要は確実に減ってるし、衰退もしてるんだろうけど、消滅は当分しないものだと思われます。
それ自体はいいことだと思うんです。

しかし。
売られているどのカセット機器からも、私が重宝したいオートリバース機能が消滅しています…困ります。
もしかしたら若々しい読者の方々は、オートリバースって何?と思われるかもしれませんね(汗)。
簡単に言えば、カセットのA面からB面に移行する際、カセットをいちいち出し入れしなくてもいい機能…いや、A面とかB面って概念がデジタル世代にはすでにないのかもしれませんが(滝汗)。
ここ何年か、カテキョで教える現役学生の脳内からカセットなんて存在していませんから。

話が逸れましたが。
オートリバースそのものは、2005年頃に生産をやめてしまったと聞いたことがあります。
カセットデッキ本体は細々ながら製造され、周辺機器も製造され、テープも製造され…それなのになぜオートリバースだけなくなっちゃったんでしょうか。
講義録音用のカセットレコーダーには、オートリバース機能が不可欠。
いちいちカセットを取り出してガチャガチャやりたくないし、中断の時間が長くなるのも困ります。
何か難しい技術の介入する機能なんでしょうか。
文系の私にはよくわからないんですが。

そんなわけで、デジタル機器への買い替えも検討しなきゃならない昨今。
使っておられる方、どんなですか?
やっぱり使いこなせれば、デジタルの方が便利でしょうか。
録音の際、ポーズとか簡単にできるでしょうか。
再生の際、巻き戻しとか、自由自在にできるでしょうか。
使い勝手がいいなら、もちろん移行してもいいかとは思ってます。
だけど、講義を聴きに行くと、録音している人の大半がまだカセットレコーダーを使用してるのを見かけるんです。
私みたいに時代遅れっぽい人じゃなく、最新機器をバリバリ使っていそうな人が普通にカセット愛用…講義録音にはカセットが適していると思っている人が多い、ってことですよね。

う~ん。
やっぱり。
オートリバース、カムバック!!(爆)
あんな便利な機能、なんで無くすかなぁ~。
家電業界の人は考えてくださいよ。
せめてカセットデッキが現役の間だけ。
父ちゃんからお電話。
おつかいを頼まれました。

1.金券ショップで商品券を買ってくる。
2.PCで結び切りの「のし」をダウンロードする。
3.お見舞いの返しである、快気祝いの封筒を作る。

…そのくらい、自分でやれよ父ちゃん。
と思いましたが、生口島に住んでるといきなり1が難しいです。
金券を売ってる店なんてないよな~。
せとだサンプラザとJAの金券じゃ、本州の人に贈っても需要無し。
生口島の見舞客にはすでに、地元の金券をお返ししたようなので、本州(と書くとものすごい本州がご立派に思えますが、本州に住民票を置いたことのない父ちゃんには大げさではなく本州は偉かったりします)のひとり分だけ用意してほしい、とのことでした。
金券ショップで、というのは、単にケチりたいからでした。
そして三原の金券ショップでは、尾道や福山よりも金券が少し安いのでした。

で、用意しました。

1000円券ですが1枚970円で購入、番号はもちろん連番です。
普段はリサイクル屋には行かないと昨日書いたくせに行きましたね私。
買う方の側としては実はよく行きますね。
売りに行くことはないですけど。

これにのしをつけ、毛筆で快気祝いと書けば完成です。
30円×5=150円のお得。
ジュース代じゃん(爆)。
いやいや、ちりも積もれば…ですよ。
約1年前から開始したアクセス貯金、あれよあれよで60万円くらい貯まってしまって家計を圧迫してますから(爆)。
まだやってたのか、というツッコミは…さすがにあるかも。

このように大変つつましく、また親の役に立とうと頑張る健気な態度が実を結んだのかどうかはわかりませんが、久々に懸賞当選しました。

松江への日帰りバスツアーが当たったのです。
松江方面に行ってきたばっかりなのに。
これは、先月に世羅高原農場にダリアを見に行った際、なんとなくスタンプラリー参加して3つスタンプ押して応募箱に入れたら当たったものです。
ちなみに一緒に応募した旦那はハズレでした。

これ、おひとり券です。
お友達などと一緒に行くことはできますが、その人は有料となります。
多分、その有料分を見込んで、儲けを出す作戦なんでしょうね。
女ひとりが当選したらひとりでは行かないだろうから、男は落選させて女だけ当たらせる…みたいな。
甘いですのう。
私は以前、ひとりで当選バスツアー行きましたよ。
あんまり自慢になりませんが。
世の中には、ひとりで行動できる女は結構いるのです。
むしろひとりが好きかも(笑)。

ただ、これに関しては、旦那も参加すべく休日を調整するらしいです。
行程表の中に「境港でカニを食べる」なんてのがあったから、有料でも行きたいんだそうです…カニ、解禁になりましたからねぇ。
ま、当選とかそういうのは、きっかけに過ぎないわけで。
こんな比較的近場の旅行、行きたい行きたいばっかり言ってて、きっかけがないから、時間もお金もそこそこあるのに行けない…なんてことはよくあるようです(注:私にはあんまりないです。行きたきゃ行くので!遠すぎたり費用が高すぎたりするのは別)。

旦那がどうするかはわかりませんが、私は行きますよ!
まだ見ぬ解禁後のカニに、すでに思いを馳せております(爆)。
私は暑がりなので、人よりは少し遅いと思うんですが。
今頃、夏物衣料と秋冬物を入れ替える作業を始めたりしてます。
今年は私じゃなくても「夏が長い」と感じた人は多いみたいで、父ちゃんがまだ入院していた10月下旬の病棟内では、半袖パジャマの入院患者を結構たくさん見かけましたね…今はもう少なくなってるだろうけど。

衣類の入れ替え時は、私はいつもオークションを頻繁に使います。
そういう機会に衣類を売っておかないと、異動の際に荷物が多くなるのがイヤだからです。
もちろんブランドものとか、流行に左右されない定番ものとか、そういうのは何年でも持っていて使い続けているんですが、もともと私はあまり高い衣類は買わないので、大半の服は惜しみなく出品します。
1円スタートの激安価格で出すのでよく売れます。
たまにですが、買った時の価格よりも高値がついて恐縮します(汗)。

出したり売れたりまた出したり…で、現在7品がサイト上に出ています。
それら7品、ありがたいことに全部、入札者がいます。
そして今のところ全部、同じ人による落札です。
この調子で終了すると、7品とも同じ人のところに発送することになるでしょう。
よくあることです。
よくあることですが…今回のこれはなんかおかしい。

なんでおかしいかと言いますと。
7品の内訳は、ワンピース1点、チュニック2点、付録のカバン2点、ブラウス2点…となっております。
全て女性用です。
それなのに、7品に入札しているひとりの人は男性…どういう男性でしょう。

彼女か奥様に頼まれて、代理入札してるのか。
あるいは彼女か奥様に安くプレゼントをしたいのか。
あるいは安くいろいろ買って、フリマなどでの転売を試みるのか。
それらだったらありがちなことなので別にいいんですが。

万が一、女装するつもりだったらどうしましょ(爆)。

女装したいけど、ショップで女物を買うのは気が引けるし恥ずかしい。
自分だけのために新品を買うのも勇気が要る。
ひとり暮らしだから家族のため、という言い訳もできない。
彼女もいないからその言い訳もできない。
だったら、目に見えない相手から事務的に、しかも安く送ってもらうのが無難だ。
…などと、しょうもない妄想が暴走しますが、どういう男性なのか。

出品者である私には、相手がどんな事情なのかはさっぱりわかりません。
わかっているのは相手の住所と名前と電話番号のみ。
あと、名前で性別が特定できる場合が大半ですが、できない場合もあります。
人によっては、匿名配送を希望してくるので、そういう場合は何もわからずただ送るのみ。
ネットのいいところでもあり悪いところでもありますが、この場合「いい」と判断する人が多数だと思うから、オークションの利用者が多くなるんでしょうね。

私としては、リサイクル屋に持って行くよりは、オークションの方が好きです。
リサイクル屋だと店の人が勝手に査定して、場合によっては値段が付かなかったりして、二束三文の取引をしたらそれで終わりになり、その後の商品の行方は知る由もありません。
オークションだと発送の手間がかかり、売値が安い場合もありますが、確実にそれを受け取って役立てようとしてくれている相手が存在します。
たとえ見知らぬ人で、今後は一切関わり合わない人だとしても、落札されて発送手続きをしている間はその人のことを少なからず考えますし、場合によっては上述のようなアホな妄想も抱きつつ楽しみます(楽しいのかよ~)。

「場所に届けるんじゃない、人に届けるんだ」
あのTOKIO出演のCMいいですよね~。
1年位前、よりによってドライバー役だった山口さんが無免許…という不祥事はありましたが、今やってるTOKIOのCMはそういうのを乗り越えた吹っ切った感じがしてすごく好きです。
私も、顔もわからないけど、人に届けるつもりでいろいろ出品しています。
女装でも何でも、役に立てていただきたいと思います(こらこら)。
人に迷惑さえかけないで頂ければ、私としては幸せでございます。
今日は真面目に仕事やろう。
いや、いつも真面目にやってますが。
しょっぱなから脱線というのはいかがなものかと思うので、指導開始から60分頃にピットストップ的な感じで脱線を入れてみよう。
普段の生徒の能率がいいからって、私が甘えていたらいけません。

それなのに。

先生!サファテが退団してしまいます!!
いくら腰が治らないからってあんまりです!!


…ま、まぁ、わかってたんだけどね(汗)。
そして相手もよくわかってたのです。
これこそが予定調和なのです。
それも、お互いの予定調和。
う~ん。
私、この生徒、単なる代行で指導するのが惜しい気がしてきた(爆)。
病休中の先生が復活したらお役御免なのは事前に決まってることなんですが、生徒さえよければ長いお付き合いを希望したいものです。
カテキョをやってると、時々そんな生徒に出会うことがあります。
実際にmixiやfacebookなどで繋がることができ、時節の挨拶などで連絡を取り合い続ける生徒も、中にはいます。
逆に、さっさと縁を切りたい人もやっぱりいるんですけどね(汗)。

そう、サファテ、退団してしまいます。
しかも国内の他球団が接触している模様です。
願わくばセリーグの球団ではありませんように。
「抑えの切り札」って、自分の応援する球団ではものすごくありがたくて頼もしい存在ですが、他チームの切り札は鬱陶しい以外の何物でもないのです。
サファテを鬱陶しい奴だと思いたくはありません。
逆にサファテを打ち崩すのも、気持ちの良いものではありません。
今年はイマイチだったけど、今までカープのために頑張ってくれて、本当にありがとうサファテ。
これからの野球人生のご多幸を祈ります。

ところで。
今日は木曜なのに、パンの車が来なかった…。
いつも13時前後に来るので、12時頃から窓を開けて、音楽が聞こえるのをずっと待ってましたが、14時になっても来ませんでした。
音楽をやめたのではと思い、玄関から何度か出てみましたが来た気配なし。
なんか悲しいので、1個100円のミスドを買ってきてヤケ食い…のつもりでしたが、5個買ってきたのに私が仕事終わって帰ってきたら2個しかない!
2個じゃヤケ食いには全然足りません。

いつものことですが、勝手に食うんじゃない旦那!
私のテンパイ状態の気持ちは毎回、こうやって流されていきます…。
ピンフのみだろうと、大三元だろうと、タンヤオで流される、そんな感じ。
変なたとえでスマセン。

でも、テンパイとかテンパってるとかって本来そういう意味ですよね。
季節の変わり目には、変な人が増える。
というのは本当だと思います。
今日はうちに、変な人が3人も来ました。

最初の人は、朝10時頃に「倫○」の冊子を持ってきました。
読んでくださいと言うから、ああどうも、と、受け取ろうとしましたら。
お代を要求してきました。
お金がかかるならいらないです、と言ったら、なんか無料になり、置いて帰りました…なんだったんでしょう。

次の人は、何年か前に見てとっくに忘れていた「白装束」を身にまとっていました。
「パ○ウェーブ研究所」って。
その名前も忘れてました。
もうすぐ、ニビルという惑星が地球に衝突するんだそうです。
他にもタマちゃんはまだ生きているとか、電磁波やらスカラー波やらよくわからんことを言うので、帰ってもらいました。
ネットで調べたら、この団体はとっくに消滅したようなので、便乗商法か何かの偽物がやって来たのかと思われます。
本物に来られてもこの場合は困りますが(汗)。

その次には「立正佼○会」の人が来ました。
もう話を聞くのも面倒くさいので、これから出かけるからと言って帰ってもらいましたが、何か冊子を置いて行きました。

私、神を信じますかと聞かれたら、基本的に信じますよ。
宗教活動に対しても、否定的ではないです。
信仰することでその人が救われるのであれば、それは素晴らしいことです。
だけどね~。
神を信じるのに大金がかかったり、無理やりな勧誘があったり、強制的とも思えるような戒律があったり…そういうのが解せんのです。
そういうことばかりやってたら、救われたい人も救われないと思うんですけど…どうなんですかねぇ。

あ、イスラム教の人がお酒や豚を口にしなかったり、決まった時刻にお祈りをしたりする、そういう戒律を厳しく守るのはいいと思います。
少なくとも私、イスラム教の人に強引な勧誘を受けたことはないですから。
大学時代、バングラデシュからの留学生と一緒に学食に行って、平気でその人の目の前でカツカレー食っちゃいましたけど何のお咎めもなかったですし(その人は当然ですがそんなものは食べてなかったです)。
信仰するもしないも自由、そんな雰囲気でした。

とにかく、11月7日って日は何かの決済の日だったりするんでしょうか。
無知な私は知らないもので。
同じ日に不思議な人々が複数来られたので、多少困惑したのです。
単なる偶然なら、それはそれでびっくりですが。
季節の変わり目はやはり、人の変わり目でもあるのですね。
皆様もお気を付けください。

今日のおやつ。

タカキベーカリーの「瀬戸田レモンケーキ」。
しっかり歯ごたえのあるレモンピールが入っててウマ~。
それと、ドトールのインスタントカフェオレです。
私、基本はブラックコーヒー派ですが、ドトールのカフェオレだけは別格。
30袋入りで500円てのもお手軽です。

季節の変わり目は、おやつもうまいのです。
って、いつでもうまいくせに(笑)。
昨日指導した高1男子は、親との相談の結果、結核の検査は受けないそうです。
本人がBCG接種を受けてまだ10年くらいしか経っていず、心配はないという判断になったようで。
ここんちのお父さんは結核専門ではないけど開業医さんだし、そういう人がそういう決断をしたんだったらまあ、大丈夫でしょう。
私も安心して、指導に専念しますよ~。
今は元担当者が緊急入院したせいで指導回数が不足になってる分を補っているため、曜日や時間は関係なく頻繁にその家に通い、今日も行ってきました。

先生、ニュースを見ましたか?
井生が引退してしまいます!ショックです!


…指導に専念すると言いつつ、いきなりこんな話題を振られたら(笑)。

もちろん勉強は頑張っています。
だけど普段の能率が格段にいい生徒だから、適度な脱線は許されるのです。
実は私が代行に決まる前、別のカテキョが代行として2回ほど指導に行ったらしいのですが、その人は脱線のしすぎでこの家から解任されたようです。
それを今日知りました(汗)。
私はすでに2回どころか、その倍ほど行ったけど解任されていず、即座に次回指導の予約をしてもらっているので、おそらく現在程度の脱線だったら大丈夫ということなのでしょう。
脱線の内容にもよるのかもしれませんが…しかし焦ったわい。
ああカープが好きでよかった(笑)。

井生の引退の話で、しばし盛り上がりました。
惜しいよね、まだ31歳だよね。
あと1~2年辛抱していれば、カープは養ってくれるだろうに。
でもプライドの問題もあるしね…。
そのような内容で、いろいろと。

すると、急に質問されました。
好きなカープ選手は誰ですか?と。
私は迷わず「齊藤悠葵」と答えました。
ミーハーだとバカにされるのを覚悟で(爆)。
しかし返ってきたのは意外すぎる回答でした。

そうなんですか!それはシブい趣味ですね!!
てっきりうちの母のように「ドーバヤシ」などと言うのかと。
僕も末永が好きだったからわかるんですが、1軍と2軍を行ったり来たりして見え隠れする選手って気になるんですよ。
彼も1軍の試合に出なくなって久しいけど、貴重な左腕だからもっと大事な扱いを受けてくれるといいですよね。


…ごめん。
顔が好きなんだとは言えなかった私(爆)。
いえいえ、もちろん選手としても大好きですよ。
貴重な左腕、そう、よくわかってるじゃないか。
でも多分動機としては、あなたの母と同じだと思います。
いいんだ。
大半のカープファン女子って結構こんな感じだから。
てか、こんな感じになれる方が、応援的には盛り上がれますよ。
私も物心ついたころにはすでにカープファンなので、かなりファン歴が長い部類です。
その長い間にはいわゆる「推しメン」と呼べる選手がいない時期もあり、やはりいる時期と比べるとテンション低いのは否めませんね。

そんな私が今、買うかどうか迷っているもの。


バックスタイルで自己主張。


もちろん欲しいですよ。
でも、なんで今頃発売するんだ。
シーズン終わってるし、Tシャツの季節も終わってるし、Tシャツとしては価格が高めの3200円だし。
つくづくゆーき王子は商売が下手だなと。
これを買うのもいいんだけど、どっちかっていうとシーズン中に何か面白い試合をやって、球団から商品を作ってもらえるようにならんといけんよ。
マエケンや堂林やノムスケくんみたいに。

現在、フェニックスリーグ参加中のゆーき。
頼むから来季こそ、1軍の試合でバンバン姿を見せてくださ~い!
私は現在、病休のカテキョの代行として、高1男子の家で指導をしています。
今日、その病休のカテキョ本人から、直接電話がかかってきました。
カテキョ同士が連絡を取り合うことはめったにないんですが、本人と直接話をしなければならない内容だからということで、会社から私の番号を聞いたようです。
どんな恐ろしい内容なんだ。

…ものすごく、恐ろしい内容でした(汗)。

このたびはご迷惑をおかけいたしております。
また、代行を引き受けていただきありがとうございます。
私、当初、過労ということで入院しました。
しかし精密検査の結果、過労ではなく結核だということがわかりました。
疲労のギリギリまで勤務をしていたため、現在指導をお願いしている高1男子には感染させてしまった可能性があり、彼には念のため検査を受けていただくようにお願いしております。
万が一彼に感染していた場合、保健所の指導であなたにも検査を受けていただかなくてはならないので、直接ご連絡差し上げました。


結核って。
つい最近だと、モデルのJOYさんが罹りましたよね。
少し前だと、ハリセンボンのはるかさんが。
いずれも復帰には2か月くらい要したと記憶しています。
急激に体力が奪われたりはしないけど、空気感染する病気だから、社会復帰にはある程度の時間がかかるんですよね。
この先生、元気そうな声で病室から電話してきてました。
元気そうだけど隔離されていて暇だそうです…なんだかな~。

この先生は50歳くらいの男性プロ講師で、かなりの数の生徒さんを担当されており、週に20万円くらい稼ぐスーパー家庭教師です。
それゆえにご本人もカテキョ会社も、過労だと思っていたようです。
結核だとわかってしまったので、私以外の全ての代行講師にも同じような電話をかけているのだとか…大変気の毒なことで。

いや、気の毒とか、他人の心配してる場合か。
私が結核に罹った可能性があるって。
全然リアリティないけど不安じゃんか。
そりゃ結核になれば、よりいっそう正岡子規をリスペクトできるけど。
命がけのリスペクトはやっぱりしたくないじゃんか。
いや現代医学では死なない病気だって言うけどね。
病気で病院に行って治療されるだけでもう、私じゃないってば。
ましてや入院とか隔離とかとんでもないってば。

奇しくも今日は、その生徒の家に行く日です…。
足取り重く家に向かいますと、生徒とお母さんはすでに事情をご存知でした。
あまり気にせずに日々の勉強を頑張りたいというので、少し安心しました。
私も、前向きに頑張ろうと思います。
きっと大丈夫です。
私の腕には、BCG予防接種の痕がくっきりあるのだから。
…その先生にはなかった、ってことですか?
世代的にそんなに差がないと思うんだけど、幼稚園などで受けなかったのでしょうか。
謎です。

いろいろ考えてたら疲れるので、考えないことにします。
帰りに休憩がてら、久しぶりに道の駅に寄りました。
名物白だるまの横で有吉さんと杏璃ちゃんが自己主張してました。

そんなに露骨に宣伝しなくてもねぇ。
観光客が面白がってだるまを撮影すれば、イヤでもフレームインしますがな。
素朴な疑問ですが、この「おしい!広島県」キャンペーンって、広島県以外では知名度はあるんでしょうか。
島根では少しくらいはありましたが…これも、謎です。
11月に突入して4日。
この時期は、社宅の居住者がかなり引っ越して行く時期でもあります。
異動期でもないのに、です。
すでに3世帯ほどが転出確定し、異動期の春を待たずに去ってしまうことになっています。

出て行ってしまう理由は。
三原市立の幼稚園で、明日から入園受付が始まるからです。
他の市でも、このくらいの時期からってのは多いかと思います。

旦那の職種は転勤族です。
それも異動の2~3週間前に、いきなり言い渡されます。
すると、該当年齢のお子さんがいる家庭では、今の時期に幼稚園入園の手続きを済ませ、制服やかばんを購入し、入園金などを払い終えてしまったにもかかわらず入園ができずに引っ越し…という困った事態に陥ります。
私立は配慮がある場合もあるみたいですが、公立だと融通が利かず、家庭の事情があるから支払いを待ってくれというのは聞いてもらえないので、入園のために使ったお金が全て無駄になるのです。

そんな事態を避けるため、入園が確定した時点で、お父さんが現在通勤できる範囲の場所で民間賃貸に移る人が多いです。
もしお父さんが春の異動にかかり、遠方への転勤となった場合は、とりあえずは単身赴任となり、家を買うまでもしくは何かの区切りがあるまでは、お母さんとお子さんだけ民間賃貸で過ごすことになります。

改めて、この「異動」ってシステムどうよ?
働く本人も嬉しくないだろうし、家族にも迷惑かけまくりだし、時間とお金の無駄がどんだけあるのかって思うわけで。
うちは子供の入園は気にしなくていいですが、私の仕事には影響出ます。
引っ越しの作業と手続きだけでも、相当な時間とお金を費やさなければなりません。
費やした時間とお金が、何かの肥やしになるのならともかく、ほとんど無駄になるだけで終わってしまいます。
そう思うとマジ虚しくなるんですけど。

中には、開き直ってる奥さんも結構います。
入園に使ったお金はもったいないけど、職場から出る赴任手当は他の会社と比べると多めだし、社宅の家賃も民間賃貸と比べて破格の安さだから別にいいじゃない、と。
今は違うけど、元は同業者の妻だった石井夫人もそうでした。
転園や転校を繰り返しつつも、長女さんは高校を出て会社の寮に入るまでずっと社宅住まいでした。
長男くんは小6まで、ですね。
現在中1の彼は父親と新しいお母さんとその連れ子と暮らしていますが、新しいお母さんが社宅を好まなかったらしく今は賃貸にいるらしい…人生いろいろ(爆)。

まあ、確かにねぇ。
社宅の家賃は、大きな声では言えない安さです。
福山市の住み込み職場の頃は、4LDK、ジェットバス付き、倉庫付き、駐車場2台分付きの部屋に無料で住んでましたから(汗)。
ただやはり、家賃無料を取るか自由を取るか、ってことになります。
この住み込みの部屋から異動になり自由を得た時、ものすごく嬉しくてたまらなかったのを覚えています…そのくらい何もかもが不自由でした。

次の都はどこだろうか。
そんな思いがリアルになりつつある、丸3年居住の秋。
おそらく3年半…でしょうね、現住所は。
でも今年も現住所から年賀状が書けるのはちょっと嬉しいかも。
年賀ハガキ買ってきたけど、作業はおそらく来月です(爆)。
久々に、父ちゃんの付き添いから解放された土曜日。
出かけるぞー!
絶対出かけるぞー!
あ、早朝から社宅の一斉清掃だった…ちっ。

社宅の草抜きや階段掃除をやったあと、昼前に出かけました。
かなり疲れてますが気にしません。
疲れていてしんどくても気にしない。
それも私の流儀。
なんか間違ってるとよく言われますがそうですか?

でも、出かけました。
イオンソレイユに到着~!

インフォメーションの上にはもうツリーが。
早いですね。
11月に突入すると、いつも年末まで一気です。
年賀状の支度しなきゃ。

入口のところにもツリー。

まだジングルベルが流れたりはしてないけど、時間の問題ですね。
しかしどっちもでかいな~。

イオンソレイユに何しに行ったかってぇと。

映画観てきました。
「マクロスFB7銀河流魂オレノウタヲキケ!」長いタイトルです。
マクロス7(1994年)とマクロスF(2008年)のコラボ、という、なんとも不思議な作品です。
主人公は一応、マクロスFのオズマ兄ちゃん。
いや、マクロス7のバサラか?
まあ、どっちでもいいんですが。

正直、映画としてはアレです。
ダメダメの部類かもしれません。
かなり低予算と短時間で作っていると、素人の私でもわかります。
今テレビで「超時空ゼミナール」という、マクロスをおさらいする番組をやっていますが、内容はそれ以下です。
ストーリー性もクォリティも全くなし。
ほとんどがダイジェストで、新作部分はほんの少し。
しかもマクロスFのメインキャラクターは大体出てるんですが、私が好きなアルトとブレラの存在が完全に消されてます…がっくし。

では、お金払って観に行くのは損なのかというと。
それは違います。
マクロスファンなら、めちゃめちゃ面白い映画になってると思います。
戦闘シーンと歌唱シーンの映像がド派手で美しいのはもちろんだし、なかなか笑える構成になっています。
つまり、ファンムービーかプロモの感覚で観れば合格です。
何より、ファイヤーボンバーがあんなでっかいスクリーンで、あんなに長くライブをやったのは初ではないかと…だからファイヤーボンバーとバサラのファンは超おすすめです。
どこのレビューサイトを見ても最悪な感想しかないですが(笑)、私は結構熱くなれたしよかったんじゃないかと思います。
ファイヤーボンバーファンのオズマ兄ちゃんも満足してたし。
あ、映画の半券と一緒に写ってるのは、ゴールデンスプーンのフローズンヨーグルト「ピーナツ味」映画のあとはアイスがうまいのです。

夕食は広島市の友達と、短時間でしたが語りつつパスタ。

黒コショウたっぷりのカルボナーラがウマ~。
私、パスタ好きのくせにカルボナーラが作れんので、外食の際にはついカルボナーラを頼んでしまいます。
いつか作りたいです。
黒コショウたっぷりのカルボナーラ。

充実した週末in広島市でした。
やっぱり野球がなくても、たまには行っときたいですね。
いつもは夕食のメニューにリクエストなど出さない旦那。
ネタに困るからたまには出してほしいけど、基本、出しません。
そんな旦那がめずらしくリクエストしてきました。
「垰下牛が食べたい」おいおい。
垰下牛と書いて、たおしたぎゅう、と読みます。
竹原市の牛さんです。
なんか職場で食べた人がいて、おいしいと言っていたのを聞いて食べたくなったんだとか…ありがちな人生だ。

竹原はいつも買い物で行きますし、大抵のスーパーに垰下牛は売っています。
今までにも何回か買って、しゃぶしゃぶなどで食べたんですがねぇ。
そういう時ってあまり意識して食べないですよね。
今回は意識して食べてもらおう。
ステーキは高いので、やっぱりしゃぶしゃぶにしよう。
大量にもらったスダチも使えるし。

ということで竹原に行ったんですが。
今日は平日だし、久しぶりに聖地巡礼してみよう。
たまゆらのオープニングで使われたあの場所へGO!です。

これは実際のオープニング。
ももねこ様と、主人公ぽってたんの後ろ姿がなんとも情緒的です。

今日のこの場所の風景はこんな感じ。

…かなりの干潮だったみたいですね。
満潮の時には茶色の地面なんか見たことなかったので、干潮だとこういう絵になるんだなと。
船は満潮時には沈んでいるのか、この時にたまたま来ていたのかは不明。
なんにせよ、河口と海と島と空がいっぺんに楽しめる素敵な場所です。
ちなみに平日なのに巡礼の先客がいました…おーい、仕事は?(爆)

オープニングつながりですが、これもオープニングです。

ぽってたんの親友たちが普明閣をバックにポーズ。

偶然ですが、憧憬の路の時に私が撮った写真と構図が似てたので。

ごめん、あんまり似てなかった(汗)。
しかも昼と夜ってだけでもう、大違いですね。
こういう写真を忠実に撮影しているマニアは確かに存在するのですが、そんな方々が見たら怒りそうな写真です…スマセン。
私、地元民なので、遠方から来るマニアに比べたら景色を見慣れているし、気合もイマイチなんだろうなと思いつつ。

帰宅の頃には日も暮れてました。

道の駅の竹ライトアップがきれいです。
そして垰下牛はとてもおいしく、この秋初のしゃぶしゃぶを堪能しました。
旦那も明日、職場で自慢するそうです。
そんなことのために食べたがったのならけしからんですが(笑)、おいしかったからいいことにしてあげます。
帰宅後にワガママ放題だった父ちゃんも、今回の入院生活は意外と静か…のはずだったんですが、最後の最後にやらかしていたようです。

今日になって病院から電話がかかってきました。
私あてに、です。
来てくださいって言われました。
父ちゃんもう病院にいないじゃん。
私に何の用があるっていうんだ。

ちょっと不安になりました。
病室の備品か何かをうっかり壊して、弁償しろということなのか。
問題がなかったように見えて実は問題アリアリだったから、監督をしっかりやれと釘を刺されるのか。
いや、その程度ならまだいいや(よくないってば)。
もしかしたら、腰のレントゲンを撮った時、腰はたいしたことなかったけど何か恐ろしい病気でも見つかって、本人に言うより先に家族に言うつもりでもあるのか…ガクガクプルプル。
不安いっぱいもういっぱいで、病院に向かいました。

なんのこたぁない。
マジでたいしたことなかったのでした。
ああよかった。
しかし、病院に着くまで生きた心地がしないで運転した私の気持ちが、またしてもトイレの水洗のごとく流れていきまして…ホッとしたのは事実だけど、こういうの心臓に悪いから勘弁してほしいぞ父ちゃん。

呼び出された内容ですが。

父ちゃんのいた病棟には、現在、父ちゃんの姉であり私のおばちゃんである女性も入院しています。
これは偶然などではなく、父ちゃんやおばちゃんの住む生口島はド田舎で最新設備の病院がないため、手術などとなると紹介状を書いてもらって尾道のその病院に入るのが普通なので、こういうことはよくあります。
病院で実家のご近所の人にいっぱい会ってしまうのも普通。
橋を3つも渡るのに、こういうことはかなり普通。

で、父ちゃん、退院の際に着替えや貴重品などは当然持って帰るとして、そうでないもの(ティッシュの箱とか布巾とか)は置いて帰るのでおばちゃんに寄付してほしい…と看護師に頼んでいたようです。
まだまだ入院生活が続くおばちゃんには、そういうものは使えるからありがたいはずで、父ちゃんにしてはなかなか気がきくじゃん…と思っていました。

しかし、置いて行ったブツの中に、とんでもないものが混じっていました。
何かというと、父ちゃん宛にいただいたお見舞金の封筒10セット…。
なにやってんですか父ちゃん。
そういうことを素でやってしまうのが天然とはいえ、さすがにそりゃないだろ。
ここいらのお見舞金の相場は1万円なので、10セットなら10万円。
そんなものを置いて行かれたおばちゃんビビっただろうなぁ。
おばちゃんごめんね。

なぜ病院からの電話が私あてだったかと言うと。
父ちゃんにも電話したけど出なかったらしい。
ん?私も出られなかったから出てないぞ。
留守番電話を聞いて、かけ直して病院に行ったんだぞ。
さらに看護師に聞くと、父ちゃんの電話の留守電にはメッセージを入れず、私のだけに入れたんだとか。
父ちゃんやっぱり問題児扱いだったみたいで、あんまり信用されてなかったんですね…まあ、父ちゃんまだ車の運転すら怪しいから、呼ばれて確実に行けるのは私の方ではあるんだけど。

まあいいや。
お見舞金を回収して、おばちゃんと世間話を少しして。
たいした用事じゃなくてよかったと安心して帰宅しました。
おばちゃんは笑ってました。
「あいつ昔から抜けとるんじゃけど、あんたはあいつに似んでえかったよね~」
さすが実姉の言葉には、説得力と余裕があります。
しかし…おばちゃん、私も結構抜けてます(爆)。
父ちゃんと比べたらしっかりした人間に見えるかもしれんけど。

帰宅して、ギリギリだったけどパンの販売に間に合いました。

右下の期間限定クリームパン以外は、細長い惣菜パンメインになりました。

あとは、1日遅れだけどこんなおやつとか。

カボチャのプリンは甘さ控えめでした。

久しぶりにこんなおやつとか。

ポルノグラフィティが絶賛して、一時期は品薄でしたが近年はよく売られています…でっかいはっさくが入っててウマ~。

いろいろあると疲れるけど、その分おやつがうまいよね!
空腹を満たすのは「食事」だけど、気持ちの疲労を癒すのは「おやつ」であると信じています。