らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

父ちゃん退院。
結局、旦那に付き合ってもらい、負担軽減したのは荷物の搬送のみ…父ちゃんはやっぱり自由自在の人でありました。
くたびれました。

今回はホームセンターで椅子を買うような大きな買い物はなく、買ったのは食料品と仏壇の花のみでした。
その、食料品がですね。
「腰が痛いから台所に立つ自信がない」という父ちゃん、レトルトカレーやらパックごはんやら冷凍食品やら、簡単そうなものばかりカゴに入れていくからさすがに心配になりましたが…。
こればっかりは致し方ない。
独居の父ちゃんは自炊をしなければなりません。
そして田舎住まいだから近所にコンビニなどはなく、簡単に弁当の類を買えない環境だし、外食する場所にも限りがあり…となると、体にはよくなさそうですが、便利な食品をうまく活用するしかないのです。
あとは通販で箱買いした野菜ジュースでなんとか補ってもらいましょう。

しかし、台所に立てないほど、そんなに腰は不調なのか?
食品の不健康さよりも、そっちが心配になりました。
そしたらレジの前でお金を出そうとした父ちゃんが、いきなり固まりました。
カートから手を放した瞬間に腰に来たらしい…なんだかなぁもう。
レジでは私が精算を済ませ、父ちゃんには待っててもらいました。
今まで病院でほぼ寝転がって過ごしてたのが、久しぶりに車の助手席に長時間座ってなおかつ町の中(店の中ですが)をウロウロし、結構な負担が来たのではないかと思われます。

腰がとにかく痛いようで、このたびは居酒屋もパチンコも行きたがらず、買い物のあとはすぐ帰りたがる父ちゃん。
家に着いたら、早速ベッドに横になり、動こうとしない父ちゃん。
入院生活の直後の日常ってこたえるみたいですね。
それはいいけど、心配して来てくれたお隣のおじさんにも対応しない、てか、できないほど腰は痛かったようです。
おじさん不機嫌気味に帰っちゃいました。
おじさんごめんなさい。
謝っといたけど、これからもおじさんには世話にならなきゃならんのだから、せめて電話でフォローしときなよと言っておきました。

父ちゃんが動けないみたいなので、買ってきたものを旦那と2人で片づけて。
病院から持って帰ったものを片付けたり、洗濯をしたり。
仏壇の花を3週間ぶりに交換して、仏壇の掃除をして。
いつもなら私の去り際は玄関まで送ってくれる父ちゃん、今回は横になった状態のまま「気をつけて帰れよ、ありがとうな」…マジで大丈夫なんか?
本気で心配しました。
しかし次の父ちゃんのひとことにより、私の心配はトイレの水洗のごとく流されました…。

ちょっと寝るけん、夕方6時に電話で起こしてくれ。
日本シリーズ家で観るの楽しみじゃの~。
病院じゃBS観れんし、試合に興奮しても騒げんし、つらかったんよ。
今日から好き勝手ができるけん嬉しいで~。


父ちゃん…。
もう心配しません(爆)。
日本シリーズもスポーツニュースも、好きなだけ観てください。
てか、娘に要らん心配かけすぎると、巨人が負けるぞ。
と思ってたら負けましたね…わはは。
阿部が出てない巨人は弱いんですね。
今更だけど。
しかし長い試合でしたね。
カープ出てないから「ながら観戦」しかしてないけど。

父ちゃんは今週いっぱいは、家でのんびり。
来週の月曜からまた、ひらさんの勤務する病院でリハビリです。
それまでに何とか、車の運転が自分でできる程度には、腰が回復しているのを期待しますが…回復してなかったら私が橋を渡って送迎するしかないので、ここは切実に願っております。

あ、ハロウィン、なんですよね今日。
カボチャの類を全然食べてないや私。
明日、半額になったカボチャプリンでも買ってこよう。
スポンサーサイト
明日は、父ちゃんが退院します。
手術からきっかり3週間。
足の治り具合は、前回の時とほとんど同じ。
ただし、今回は腰をやっちゃっており、そっちはまだ痛いらしい。

出雲に3日ほど行きましたが、それ以外の日は毎日、病院に行ってお世話をした私。
このたびは父ちゃん、手術直後の問題行動の他には特に何もやらかしませんでした。
というか、その問題行動により負った痛手が大きすぎたのです。
約3週間、借りてきた猫が病室にいたような感じで、私も看護師に対して謝るような機会はほとんどなく平和でした。
オモロナ…じゃない、父ちゃん、よくできました。

もしかしたら2回目の入院、それも同じ手術での入院だし、父ちゃんも要領がよくなったのかもしれません。
こっそりとばれないように、何か悪さをしていたのかもしれません。
それはそれでいいことにしてあげましょう。
他人に大迷惑を及ぼすような犯罪は、人はやってはならんのです。
だけどカンニングとか不倫とか、もちろん推奨はしないですが、絶対に誰にもばれなくて誰ひとり不幸にすることはない自信がある!って人がいるなら、そういう人だけはやる資格があるのです。
くどいようですが、推奨はしないですよ、念のため。

ちなみに前回の退院の際、送迎を私ひとりでやりました。
パチンコや居酒屋に付き合わされたり、ホームセンターで買った重い荷物をひとりで持たされたり、介護用の椅子を組み立てる大工仕事をやらされたり…で、ひどく疲れました。
だから今回は、たまたま休日の旦那にも来てもらおうと思います。
旦那が一緒なら荷物は持ってもらえるし、父ちゃんもそんなに無茶は言わんだろ~…とタカをくくってはいますが果たしてどうなることやら。
2日がかりで竹原に行って、入手した「ももねこ様ケーキ」。

瀬戸田産レモン使用のケーキに、ピンクのチョコをコーティングしたもの。
レギュラー商品にしてほしいのに、大人の事情でイベントの時にしか販売されない貴重品です。
竹原のモンシェリさんの力作。

かなひで夫妻にいただいたハロウィンお菓子セット。

福山のお菓子工房テテさんの商品。
クッキーやドーナツの詰め合わせですが…ドーナツがばりおいし~!
ドーナツの食感って普通は「サクサク」「ふわふわ」ですよね。
しかしこのドーナツは。
「サクッ、しゅわわわ~」
私はどこのセレブかと思いましたがな(爆)。
かなひでくんとかなつまさん、ありがとうございました。

かなひでくんのお母さまにいただいた塩豆大福。

福山の菓匠福富さんの新商品です。
塩味の加減が絶妙、豆の歯ごたえが最高、高級感漂う味です!
私はどこのセレブかと(以下略)。
かなひでくんのお母さま、ありがとうございました。

父ちゃんの兄(伯父さん)からいただいだ西条柿。

伯父の家でできたものです。
西条柿は渋柿なのでそのままでは食べられませんが、伯父がひとつひとつ丁寧に焼酎で渋抜きをしてくれたものを持ってきてくれました。
甘さの中にほのかなお酒の香りで、大人の味です。
伯父さん、ありがとうございました。

父ちゃんの妹(叔母さん)からいただいたスダチ。

叔母の家でできたものです。
もちろん、みかんじゃないのでそのまま食べるにはスッパイです。
今日のところはひとまず、酢の物に混ぜてみました。
もう少し寒くなったらポン酢を作って、鍋を食べたいですね。
叔母さん、ありがとうございました。

このように、1番上のももねこ様ケーキ以外全部もらいもんで、食欲の秋を満喫しております。
なんでおまえんとこそんなに食べ物が集まってくるんじゃ!と、旦那がいつもにも増してびっくりしてますが…そういえば旦那のところにはあんまり集まってこないですね~食べ物。
私が、なんか食べ物を呼び寄せるキャラなのか。
それともやっぱり人徳が…やめとこう(汗)。

人徳はともかく、もうすぐみかんが大量にやってくると思います。
冬になったら白菜やら大根やらほうれん草やら。
水菜やレモンの大量写真もブログに載せたこと、ありましたよね。
私だけでも人徳だと思うことにしよう(爆)。

気温が下がると、食べ物おいしくなりません?
私だけじゃないですよね。
昨日と今日、我が三原市では「生涯学習フェスティバル」なるものが開催中でした。
こちらの書道の展示会に、かなひでくんのおばさまの作品が展示されているということで、福山からかなひでくん御一行様がやって来ました~!

写真ではおなじみだけど、実際に会うのは1年半ぶりくらいのねいろちゃん。

カメラ目線じゃんか!
やるじゃんか~!

ポーズをとってくれたり。

ずいぶんとオネエサンになったものです。
前回会った時は、寝て起きて泣いてまた寝て…だけだった、生後4か月くらいのねいろちゃんでした。
今回はなんと、立って歩いています。
意味不明だけど言葉を話しています。
カメラを向けると表情がついてきます。
子供の成長って面白いですよね。
片時も離れず育んでいる親の大変さを棚に上げて、勝手な言いぐさで申し訳ないんですが…その成長の速さにいつも驚かされます。

ステージでは地元の子供たちが「子供神楽」を熱演中。

幼児から老人まで、さまざまな方々が日頃の「まなび」を発表する場。
まさに生涯学習って素晴らしいです。

かなひでくん達とお会いした理由のひとつはこれ。

…増えてるし(汗)。
しかも倍の10枚に。
マジで品薄なのかこの券は。
そして私の人徳の成せる技はやっぱりすご

なんでもありません(泣)。

と、とにかく、品薄で入手が難しかった彼らの役に立つことができたのです。
大変嬉しく思います。
ファン感謝デー当日は、一緒に行くことになりました。
たっぷりエンジョイしましょう!

ペットショップにて、おもちゃみたいな犬さんと。

逆光になっちゃいましたゴメンナサイ。
ねいろちゃん、また遊びましょうね。
楽しみにしてますよ!
今日はかなひでくんの親族の方々、とりわけお母さんにはお世話になりました。
いろいろと、本当にありがとうございました。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

夕方は父ちゃんの病院。
そして夜は…また竹原に行っちゃいました!

ライトアップの普明閣は珍しくて美しいです。

今日は昨日ほど長時間滞在はしませんでしたが、素敵な出会いというかシンクロが竹原でありました。
昨日の記事に載せたピアノ講師の月野ママさん。
私はかつて、尾道の老舗名店のお嬢さんのカテキョをしていたことがあるんですが、月野ママさんが陶芸家のご主人と出会ったのがなんとその店だったそうです。
イベントの手伝いをされていた月野ママさんのテーブルに、私がその店で見かけた陶芸作品と似たものがあったからつい、話しかけてしまったらそういう事情であったと…世の中、どんなご縁があるかわかりませんね。
1年に1度、竹原の町が竹灯りでいっぱいになります。
そんな「たけはら憧憬の路」に行ってきました!
普段はネオンや電飾とは無縁の町が、美しくライトアップ。

商店街のももねこ様も竹に囲まれています。

竹をよく見ると、肉球の形にくり抜かれています。
ももねこ様は本当にこの町で大事にされていますね。

駐車場はももねこ様の近くですが、町並み保存地区までてくてく歩いて約10分。

左の方に竹トンネルの一部が見えてます。
私がこれを撮影していたら、外人さんが近くで「タケハラ~」「ジャパニーズクリスマスイルミネーション!」などと言っています。
…それはちょっと違いますが(笑)。
ちなみに看板の「たけはら」は読めたけど「憧憬の路」は読めなかったらしい。

普段は夜に来るとめっちゃ暗い町なんですが、今日は違います。

きらびやかではないですが、温かさを感じる光ですね。

私が一番気に入ったのはこれ。

竹灯りの花畑!って感じで。

これはアニメ「たまゆら」にも出てきた竹楽ですね。


竹トンネルもくぐってみます。


茶房「ゆかり」の中庭です。

「ゆかり」は長い間休業していたんですが、最近復活しました。
すごい混雑でした。
いつも行くお好み焼き「ほり川」も長蛇の列です。

照蓮寺の境内です。

ここでは、たまゆら声優さんによるトークイベントが行われていました。
私もそれに参加しようと思い、13時から配布の400名限定整理券をもらうため、昼過ぎに竹原に行こうと思っていましたら…。
朝8時頃にすでに、整理券目当ての数百人の行列ができている、との2ちゃんねる情報が。
みんな、気は確かか。
その時点からすぐ駆けつけて並んでも、まず整理券はもらえない。
もらえたとしても、配布は13時なので、4時間くらい待たなきゃならない。
私、早々に諦めました。
諦めて父ちゃんの病院にまず行き、お世話をしてから夜に竹原入り。
地元民の私はそれができましたが、遠路はるばる来られた方はいろいろ融通がきかずに困ったことでしょう…ご苦労様です。

町並み保存地区のあちこちで、旧家やストリートを使ったコンサートが行われています。

これは「ぎゃらりい梅谷」での、リコーダーとピアノのセッション。
左は竹原在住プロリコーダー奏者でそば屋の店主・岩川洋二さん。
右は竹原の情報を発信されているピアノ講師・月野ママさん。
心に染み入る演奏でした。

お土産はこれを買いました。

憧憬の路限定・ももねこ様お菓子セットなり。
ももねこ様のケーキは雛祭り以来の復活ですね。
その時と変わらず、また、食べるのがもったいないかわいさでした。
でも食べちゃいました。

アニメ「たまゆら」で盛り上がった竹原は、アニメが終了して1年近く経ってもまだ巡礼客で盛り上がっています。
アニメの方はもうすぐ第2期が始まることになっていますが、それを抜きにしても本当にいい街だと、私は思います。
ゆっくりと時間が流れるような感じがとても心地よいですね。
三原在住の私は今はいつでも行けるので、お祭りなどがなくても頻繁に行ってる…んだけど、来年の春に転勤になったら遠くなってしまうので、今のうちにしっかり満喫しとこうと思います。

ヤフーニュースでの紹介はこちら
イベントは明日までです。
ぜひ、行ってみてください!
ハロウィンが近づいて、グリムスもハロウィン。

これに伴いグリムスから来たメールに、へぇ~と思うようなことが書いてありました。

ハロウィンに使うオレンジ色のカボチャは観賞用につき、非常においしくない。
中身はくりぬいたら捨てるのが一般的。


私、畑に囲まれて育った田舎モンですが、オレンジ色のカボチャは見たことがないんです。
オレンジだけはバカほど見ましたがこれは関係ない。
そのオレンジだと、緑色のやつよりも橙色が確実に甘くておいしいわけで、カボチャもそうなのかな、きっとおいしいんだろうなと、根拠のない想像を勝手にしていたわけですが…まずいらしいです。
知らなかったです。

ま、私はハロウィンでもそうじゃなくても、お菓子は年中食べるわけですが。
お菓子屋さんに行くとカボチャのパンやプリンがたくさん売られていて、それらを選ぶのもまた楽しいですね。
ちなみに今日の宿題おやつはこれ。

出雲で買った「しまねっこ人形焼」ウマ~。
東京の人形焼と違って、中身はカスタードクリームです。
箱がまたゆるくてかわいいじゃないですか。
ゆるキャラと言えば、今日、熊本の「くまモン」がやってきて、広島の「ブンカッキー」と縄跳び対決などをしたらしいですが…。
くまモンが勝ったそうです。
そりゃそうだ。
牡蠣のあの被り物じゃ、縄跳びは無理です。
ゆるキャラってみんな大人気なんですね。

父ちゃんは相変わらず、おとなしく過ごしています。
その理由はどうやら、ベッドから落ちたことだけではなかったようです。
父ちゃんのいる整形外科の、4人部屋病室に、なんと片足を切断した人が来たのです。
切断した理由が糖尿病の合併症である「糖尿病性壊疽」。
父ちゃんも糖尿病持ちで、今はそんなにひどくはないけど、いつ何時そのような事態になってもおかしくなく、防ぐためには間食なんかしていてはいけない…と、肝に銘じたそうです。
そうだったのか。
どうせ家に帰ったらおやつくらい食べるんだろうけど、病院にいる間だけでもその心がけはよいことですよ父ちゃん。

しかし、オモロナイ(爆)。
オモロナイなんて言ってはダメなんだろうけど。
間食以外にも、病院の規則などを前回よりは学習してよくわかっている父ちゃん。
脱走もどきの行動は、もちろんしません。
病室に昆虫を連れ込んだりもしません。
売店で週刊ベースボールがない!と文句を言ったりもしません。
真面目ないい子になっちゃってます…やっぱオモロナイ。
干支一周は12年。
結婚式を挙げてから、今日で12年になりました。

去年の同日のブログにも載せたこのキャンドルは、披露宴で使用した後でもらってきた記念品です。
衣装は全部借りもん、造花で豪華に自作したブーケはしばらく持ってたけど後進に譲ったので、これは数少ない当日の記念品です。
披露宴に出席してくださった方は見覚えが…あるわけないわな、そんなの(汗)。
毎年10月24日の夜には、わずかな時間でもこのキャンドルに点灯し、食事が質素だろうと外食だろうと必ずケーキを2人で食べる…という、私達らしからぬカワイイことをやっております…わはは。
当日の思い出に浸る、というよりは、初心に戻るため、といいますか。

プレゼント交換の類は、今年は特にやっておりません。
指輪の作り替えとか、検討しないでもないんですけどね。
なにせスイートテンの時に私、現在の愛車であるステラを買ってもらっており、指輪などよりもそっちの方がはるかに嬉しい私としては装飾品は特に望まないことにしています。
指輪もネックレスもピアスも好きではあるけどね。
道で売られているようなやつで十分ですから。
それか、ダイソーで売られてる材料で作っちゃうから。

まあ、山も谷も人並みにあったと思いますが、なんとか12年持ちました(笑)。
先月下旬に「こうちゃん」を出産した石井夫人、本当なら今日が出産予定日だったんですが、今日もらったメールにキャンドルのことを書いて返信しましたら…。

結婚12年おめでとう。
私は2回目の結婚の時、12年で破綻しちゃいました。
これから修羅場を迎えないように祈ってますね。


あは…あははは。
一応祝辞ではあるけど、相変わらず冗談きついわこの人。
私なんかとは比較にならないほどの、山と谷を越えてきた人だから、おふざけなどではなくこの言葉は真摯に受け止めようと思います。
そして冗談でなんとか済ませて、来年もキャンドルに点灯できるよう、頑張りますよ私は。

おまけ。
かなひで夫妻を安心させるための写真。

2012年カープファン感謝デー入場整理券、でございますよ。
当初、4枚持ってましたが、私の日頃の行いが良いので?5枚になりました。
あと1人、ご希望があればどうぞ。
聞けばこの券、マジで品薄なんだそうですね…5枚もうちに集まってきたのはやはり私の人徳ですかね。

…死ねと言われそうなのでやめます(爆)。
翌日は松江観光…と言っても、行ったのはここだけなんですが。

「松江フォーゲルパーク」
です。
ばかでかいベゴニアとたくさんの鳥達がウリの広い公園。
テニスプレイヤー錦織圭さんの実家の近くであり、彼が帰省するたびに訪れているというお気に入りの公園です。
入院中の父ちゃんもお気に入りらしく、山陰に行くなら絶対行って来い!とのことだったので行ってまいりました。

なるほど、確かにでっかいベゴニア!

大きすぎです(汗)。
ベゴニアってせいぜい直径10センチ程度だと思ってました。
ここにあるやつ、余裕で30センチ超です。
なんかもう、入場してこれが見れただけで元を取ったみたいな(笑)。

元を取ったからって他にもイベント盛りだくさんです。
入場してすぐにフクロウのショーがありました。

これが飛ぶんです。
人の手から手へと、実によく慣れていて気持ちがいいです。
ハリーポッターもびっくりです。

園内には広い放し飼いゾーンがあり、人間の通路にこんなのがウロウロ。

一応、カメラ目線?
私の足元にしばらく、こいつはいました。

園内1回目の1周が終わったので休憩です。

期間限定マロンソフトクリーム…ウマ~。
他に、園内で打っているという手打ちの出雲そばをいただきました。
これもウマ~。

ランチのあとは、はやぶさのショーがありました。

こちらもとてもよく餌付けされています。
見た目はかわいらしいけど、飛ぶ速さはとにかく速くてかっこいい!

ペンギンのお散歩タイム。

まだプールの中にいます。
10月はハロウィン衣装を着て歩くようです。

プールから出て、通路をお散歩。

こいつらはフンボルトではなくケープペンギンなので、こうやってお散歩していても脱走はしない…とのこと。
そういう問題か。
でも、間近まで来てくれるとすごくかわいいですね~。

ショーの出番を待ってるのかどうかはわかりませんが、フクロウの仲良しカップルがいました。

ここには複数種のつがいフクロウがいますが、どれもこんな感じで寄り添っていてとてもほほえましかったです。

と、まあ、こういう山陰旅行でした。
神々の力と花&鳥の美しさに癒され、満喫して帰途につきました。
もちろんイカ、シジミ、出雲そばなどのご当地グルメもしっかり堪能。
これからは毎年10月には、島根で過ごす時間を作ってみたいですね。
たとえ1日だけでも。
すごく遠いわけじゃないですし。

尾道~松江道路が早くできないかなぁ。
今まで別に心待ちにしてなかったですが、現在は完成がとても楽しみです。
2014年度完成予定、だそうです。
神話博&出雲大社を堪能した後。
最近の私の旅の中には結構頻繁に「岬」が登場しますが、今回も岬を観に行くことにしました。
出雲で岬といえば、日御碕(ひのみさき)です!
「日本の自然百選」「日本の灯台50選」「世界の歴史的灯台100選」「高さ日本一」などなど、興味をそそるキーワード満載の白い灯台。

到着しました。

おお、なんかすごそう。
しかも真っ青な空と海…こりゃ絶景。

接近しました。

灯台そのものが芸術品、って感じじゃないですか。
パールホワイトの輝きが美しいです。

200円払えば、灯台の中に入れて、最上まで登ることができます。
素晴らしい眺望であると聞いていたので、ぜひ登ってみたいです。
しかし、ウィキペディアには下記のような注意書きがあります。

内部階段は勾配が急な上に、対面通行なのに幅が十分でなく、昇降には危険が伴う。
特に最上階への18段は勾配が極めて急な梯子状の階段となっており、降りる際には細心の注意が必要である。
靴を脱いでの参観となるため、階段、展望回廊の両者において非常に滑りやすいことにも注意されたい。
小児、高齢者の参観は推奨出来ない。


…だからなんだってんだ(爆)。
私は行くぞ。
せっかく来たんだ。
要は、気をつければいいんでしょうが。



マジで怖いんですけど階段(泣)。
階段というより、らせん状の「ハシゴ」だこりゃ。
手すりがなかったら間違いなく落ちます。
手すりだけを頼りに、43メートルのハシゴを黙々と登ります。
しかも降りてくる人が対向から来るのに、すごく狭いから、離合ポイントが何箇所かあるという…なんかもう命がけなんですけど。

しかし、恐怖に耐えれば絶景が待っています!

晴天と日本海~。
手すりをずっと力こめて握っていた手が震えます。
カメラを落とさないかと不安になりますが、絶景です!

真下も撮ります。

人が歩いてるのわかります?
こんだけちっさく見えるんです。
43メートルばんざ~い♪
高い場所が苦手な人にはおすすめできません。
なお、引き続き手は震えております…ガクガク。

絶景を堪能したら、降りなきゃなりません。
降りるのがまた、登る時の倍の恐怖です。
踏み外したら人生終わりなので、また手すりをしっかり持ちながら降ります。
下まで無事に降りた時、手は完全に筋肉痛の予兆ありでした。
おかしいな~。
43メートルの急勾配を昇降したら普通、足が筋肉痛になりそうなもんですが。
…足は慎重そのものに動かすので、無理な筋肉は使わなかった、ってことでしょうか。

灯台を見終わったら、日御碕神社に行きます。

出雲大社も行ったし、神社のハシゴはどうかな~とは思いましたが、ここは出雲大社の祖神です。
つまり系列なので大丈夫だろうと勝手に判断して行きました。

もちろん、お参りは真面目に。

ここ、言葉は悪いけど、ものすごい辺鄙で寂しい場所にあります。
にもかかわらず神社のスケールは圧巻。
もちろん出雲大社には負けるけど、広島県で3番目に初詣客が多い「草戸稲荷」よりも大きくて荘厳な雰囲気です。
神様の国・出雲って何もかもが違いますね~。
ちゃっかり恩恵を受けさせてもらったわけですけど(笑)。

出雲の旅、可能な方はぜひ。
神様いっぱい、おいしいものいっぱい、いいことずくめです。
神話博は11月11日まで。


翌日は松江観光をして帰りましたので、それについて書きます!
神々の国にて、爽やかに目覚めた朝。
と言いたいけど前日からの寝不足でそうでもなかったりして(笑)。
今回の旅の最大目的である「神話博しまね」に行っちゃうのです。
よみがえる、はじまりの物語、なのです!

会場は小さくて半日あればまわれるとのことでした。

が、実際には半日どころか、2時間もあればまわれます。
好きな神楽のステージなどのスケジュールにもよりますが。
なんせ平日に行ったので、その辺も余裕。
どちらかと言えば、ごちゃごちゃとアトラクションをこなすよりも、会場の雰囲気や神様の気配を感じつつのんびり過ごす空間…てとこでしょうか。

しまねっこ発見!

ゆるキャラグランプリ2012
で現在、全国6位につけている人気キャラです。
800くらいのエントリーの中で6位なのです。
かわいいキャラはたくさんあれど、こいつは確かに相当ゆるい…と思います。
そのゆるさとは裏腹に、頭に出雲大社を乗っける斬新さがたまらんです。

臨場感あふれる映像体験ゾーン(ここは有料)は迫力があったんですが、当然撮影はNG。
単なるCGアトラクションと思いきや、舞台との融合が素晴らしかったです。
また、浅野温子さんの語りも素敵でした。
こんだけ金かかってるなら有料許す。

もうひとつの有料ゾーンはこちらですが、こちらにも行ってみました。

古代出雲歴史博物館です。
神話博にあわせた特別展示などがありました。

中でも、これが圧巻。

まあ、これ以外はほぼ撮影禁止でしたが…。
古代出雲大社本殿の復元(10分の1サイズ)です。
なんか、いかにも神様が会議などをしていそうです。
天空に続きそうな神社、というか。

この日のランチはカレーです。

ハート形のチーズが乗った「縁結びカレー」ウマ~。

んで、デザートもあります。

クランベリージュースに勾玉のクッキー。
たかがランチでも、神様にこだわれば自己満足に厳か。

神話博のすぐ近くの、出雲大社には歩いて行けます。

晴れ渡る空のもと、神様もきっとゴキゲンです。
出雲大社には何度か来たことがあるんですが、神在月に来るのは初です。
10月の出雲って、日本中の神様が集合している、どこにも負けない究極のパワースポットですよね。

ルールに従って真面目にお参りします。

お参りは御仮殿でしますが、後ろには本殿がちょっとだけ見えます。
来年には本殿が完成予定なので、これはあとわずかしか見れない、ある意味貴重な風景。

こちらは注連縄で有名な神楽殿。

この注連縄に向かって賽銭を投げ、賽銭が落ちて来なかったら良縁がある…と言われていますがそれは実はマナー違反だそうです。
投げたらいかんのだそうです。
スマセン、投げたことあります(汗)。
その時は特にバチ当たりはなかったですが、良縁もありませんでした。

いっぱい持ってるくせに買っちゃうお守り。

今年は浅草でも買ったんですが、何せ10月の出雲大社でしょー。
ご利益がものすごくありそうじゃないですか。
で、あったんですよこれが。
出雲大社をあとにすると私、あのパワーがめちゃめちゃみなぎってきて困ってしまって。
観光メインで来てるので短時間だけ、と思って、パチエヴァに挑んだら出まくってしまいまして。
どんだけ出たかというと、旅費と宿泊費と滞在中の食費とお土産代が軽く浮いてしかもプラスアルファ。
旅に出る前よりも金持ちになりました(汗)。
こりゃもう、毎年10月は出雲で決まりですね。
そんなに遠くないし、日程を詰めたら日帰り可能。

神様と俗物を同時体験してしまいましたが、この日はもう1箇所観光したので、明日書こうと思います。
昨夜、山陰から戻ってまいりました。
山陰すごいです。
山陰万歳です。
そんなに開けた都市でもないし、ガツンとした何かがあるわけでもないんですが、とにかく魅力的です。
今まで何度も山陰には行きましたが、ここまで魅力的に感じたことはありませんでした。
ああ、これが噂の。
「神在月(10月)に出雲に行く」ということなのか。
霊感とか全然ない私でも、神様がそこらじゅうにおられるような気になってしまうから不思議です。

出雲到着直後、いきなりの神様のおもてなし。

いや、これは単なる居酒屋の「お通し」なんですが。
単なるお通しが究極の美味ってどゆことよ。
しかも、広島県じゃイカ刺しをおいしいって思わないのに、このイカ刺しは絶品。
日本海は偉大です。
他に、海の幸をたくさんいただきました。
どれもおいしかったです。
おいしすぎて写真を撮ってません(汗)。
お通しの時はまだ余裕があったんですが、途中でなくなりました。

ホテルに戻る際に買ったアイス。

やぎの乳のアイス…出雲ではポピュラーなんですか?
なんか珍しかったので食べてみました。
牛の乳より、少しあっさり目でヘルシー。
そういやハイジが飲んでたのは、牛じゃなくやぎの乳でした…なんてことを思い出したりして。

出雲市駅前には、神様の時計がありました。

からくり時計らしいですが…からくりの時刻に居合わせることができなかったので、どんな動きをするのかは不明。

初日は雨の中、夜に出雲に向かっただけなのでこんな感じ。
雨に遭ったのはこれだけで、翌日からはいいお天気の中、観光ができました。
出雲にお集まりの神様、ありがとう。
朝、某情報番組で、かに座の運勢が最下位でした…。

そんなあなたのラッキーアイテムはコロン!
お気に入りのコロンをつけて出かけるといいことがあるかも!


気休めですが、竹原で買った「竹の香りコロン」をワンプッシュして、父ちゃんのいる病院に行きましたら…。
夕食の世話が終わった頃に、電話が鳴りました。
なんと、新しいカテキョ依頼が来たのです。
すごいぞ竹コロン。
竹原に足を向けて寝られないじゃないか。
本当はお気に入りはバラ香水だったけど、しばらく竹様を愛用します(笑)。

今年はもう、新しい仕事は来ないと思ってたんです。
なぜなら月初めに来た世羅町での仕事を、家族会議の結果断ってしまったから。
とても温暖な現住所で、週に1~2回しか行かない積雪地域通勤(それも年明けまでで終了)のために、長瀬智也でもないのに高額な冬用タイヤをわざわざ買うのはもったいないという結論に至り、条件などがよかったにもかかわらずお断りしたのです。
しかも断った直後に教材作成の依頼が来たので、これはもう、お前はしばらく先生はやるなと言われたものとみなし、半ば諦めていました。
おそらく来年春には異動になるので、異動先で新しく見つけるつもりでいました。

ところが、予期せぬ形で仕事が回ってきました。
過労で入院した教師の代役として働いてほしい、とのこと。
その教師の復帰後はおそらく解任になるので、ちょっと長めの「代打・前田」ということに…え、違う?(汗)
まあいいじゃん。
私の好きな表現というかたとえにするとそうなるので。
いままで1回限りの代打は何度かありましたが、複数回の代打は初めてです。
しかも生徒のパターンもどうやら、かつてないような生徒。
「尾道市在住」で「広島○院高校」に通学しているという…。
すんごい優秀だけど、相当な変わり者と思われ。
いや、わかる人にはわかると思いますが。
広島県人じゃなかったらわからないかも。スマセン。

変わり者でもなんでもいいんです。
今までにもかなりの変わり者相手に働いてきましたし(爆)。
仕事がなくて困ってる人もいる中、私は今までほとんど切れ目なく仕事を与えられています。
教材作成とかテレマとか、カテキョじゃないものも含みますが。
転勤族の妻という、就活にはかなり不利なポジションでありながら、とても贅沢なことだと思います。

ということで、本日の功労賞はこの方に。

め○ましテレビの占いカウントダウンも、ちょっとはあてになるじゃんか。
と言っても最下位の12位だったんだけどね。

明日から出雲です。
神々の国で楽しんでまいります。
ひとりでトイレに行けるようになった父ちゃんと、手厳しい看護主任の許可を得たから羽根伸ばしてきます。
連日、結構父ちゃんに振り回され、多忙です。
前ん時こんなに大変だったかなぁ。
人は面倒だったことは簡単に忘れるようになってますね。
まあ、そうしないと人生やっていけないからでしょうけど。

そんな状況でプロ野球のクライマックスシリーズをチラ見しつつ。
不謹慎ながら、カープがBクラスでよかったと少しだけ思うのです。
病院のテレビじゃ、BSが一切見れないし、カープの試合経過が気になってお世話どころじゃなくなってしまうでしょう。
今でこそネットですぐに結果が確認できますが、高校時代の私はカープの全試合をスコアブックに記録していたほど(マネージャー気取りかい)試合の中身を把握したい奴だったわけで。
実際、巨人ファンの父ちゃんはヤキモキしています。
もし巨人が日本シリーズに行けなかったりしたら、この時期に手術を受けたことを後悔してしまう、なんてぬかしております。

ま、そんなことを言えるほど、回復してきたってことは喜ばしいことで。
これで私、予定していた「外出」には、何とか行けそうです。
17日から2泊3日で、島根県の出雲に行ってまいります!
開催中の「しまね神話博」へ…天気が心配ですが。
1週間早く予定していたら絶対行けなかったので、そこはいろいろなタイミングに感謝しなきゃなりません。
野球がCSがどうとか言ってるようじゃ人間がちっさいですが(笑)、父ちゃんの順調な回復にまず感謝です。
いつも来られてるの、娘さんですよね。
娘さん優しいですか?


あいつは優しいんじゃけど、すごい厳しいんよ。


あら、そうなんですか~。
娘さんのお仕事は?


先生しよるんよ。
学校勤めたり、塾に勤めたり。
転勤族と結婚したけん今は家庭教師よ。


先生だったら、優しくて厳しくていいじゃないですか~。


じゃけど、入院しとるような時は、厳しいのはちょっとツライよのう。


何言ってるの。
あなたは問題行動が多いんだから、もっと厳しくしてもらいなさい!
贅沢言ったらダメじゃん!


父ちゃんの病室に行ったら、若いナースと主任ナースと父ちゃんの3人で私の噂話をしており、つい部屋に入らずに聞き耳を立ててしまいました。
うんうん、もっと言ったってよ主任さん。
これからリハビリ始まったら父ちゃん、結構暴走すると思うから。
今は足腰痛すぎて、そんな元気がないけど。
それよりすごい厳しい奴で悪かったな。
私は、真面目ないい子には優しいんだってば。
父ちゃん不真面目で悪い子なんだってば(爆)。

不真面目な父ちゃん、ここ数日、血糖値が高くて怒られてます。
こっそり間食してなくても高いみたいです。
仕方ないですよね。
術後間もないから、1日30分ほど、化膿止めの点滴を入れられてるし。
切ったり縫ったり骨を削ったり…痛いだけじゃなく、ストレスも溜まってるかと思います。
おまけに余計なことですが腰までぶつけて打撲状態なので、うまくベッドに座って食事が摂れないから、お見舞いの柿とか梨とか(カットしてくれたやつを父の兄が持ってきてくれました)つまんでるし…。

今のところ、それくらい私は許してあげてます。
が、ちゃんと座れるようになったら、病院のごはんを食べるように!
それは厳しく言っておきました。
今は箸を持つのもままならないから、やむを得ずってことで。
箸が持てないと言うので、私がコンビニでドリア買った時にもらって使ってなかった「先割れスプーン」を持参して与えたら、なんかそればっかり使ってるみたいで…小学生の給食じゃあるまいし(笑)。
とても使いやすくて食べやすいそうです。
私は先割れスプーン苦手だからようわからんけど。

いろいろ忙しくて、私も疲れてます。
今日は日頃の疲れを癒そうと、G1の馬券を買ってみました。
200円ほどですけど、ジェンティルドンナの単勝。
というか、岩田騎手の応援ですね。
病室でテレビを観たんですが…ギリギリ勝ちでした。
130円の配当で、200円買ってたので、260円になりました。
60円増えました(笑)。
安くてもいいんだ。
当てることに意義があるんだ。

ジェンティルドンナ&岩田騎手、おめでとう。
連日、父ちゃん関係で結構疲れ切っているんですが、まだ疲れを知らぬ頃の写真を掲載してなかったことに気づき、時期が前後しますが載せようと思います。

父ちゃんを病院に搬送した日、病院の手続きは午前中にほぼ終わりました。
しかも父ちゃん、まだ手術前でピンピンしており、自由に院内を動き回っていて、お世話するようなことは何もなし。
それで午後からは撤収し、晴天でもあったので、庄原までドライブに行ってきたのです。
行先は「国営備北丘陵公園」です。
秋真っ只中(と言うには少し暑いんですが)、ここは今コスモスまつり開催中です!

入場して間もなく、オレンジ&黄色の「キバナコスモス」がお出迎え。

遠くに見えている展望台を目指して歩きます。
満開のようなキバナコスモス、これでも実はピークは過ぎ、終わりかけなんです。
近寄ると確かにくたびれてはいますが、十分きれいです。

別の角度から展望台を見ると、ピンクのコスモス「ドワーフセンセーション」が。
こちらは終わりかけではなく、満開です。

私、10年ほど前まで、コスモスはピンクしか知らなかったせいもあって(汗)、やはりピンクのコスモスの方がビジュアル的に好きですね。
オレンジや黄色も悪くないんですが、別の種類みたいに見えちゃうので。

この濃淡ピンクに白が混ざって、なんともいえないかわいらしさです。

イングリッシュガーデンっぽい雰囲気です。

かわいらしいと言いつつ、花びらはかなりでかいです。

私の手のひらなんかと比較してお目汚しもいいとこですが(笑)、まあ手っ取り早い対比ってことで。
つまり成人女性の手のひらサイズ、なのです。
ついでに丈もでかく、1.5メートルくらいはあります。

キバナコスモスとは違う種類の、少し薄い黄色のコスモス。

これは「イエローガーデン」と言います。
日本で発見された世界初の黄色いコスモスで、元々は赤系の突然変異なのだそうです。
日本人受けしそうな控えめなルックスですね。

展望台からのコスモス。

芝桜の時もいつも思うんだけど、この中で思いっきり大の字に寝転んでゴロゴロと暴れまわりたい衝動に駆られます。
実際にやるとそんなに気持ちよくないことは、田舎者なら知っていますが(笑)。
ハイジの真似して芝生でゴロゴロしたけど全然快適じゃなく、服が草だらけになっただけ…そんな情けない過去を少しばかり思い出しつつ。

以上、怒涛の出来事が始まる前日の、平和なひとときでした。
今は術後間もないため、ただただ振り回されるのみ。
でもお陰様で、父ちゃんの状態はかなり良くなってきました。
明日から、看護師の介添えがあれば、車椅子で出歩けるようです。
回復は喜ばしいですが、また変な伝説が増えそうな予感です。
昨日の朝、のんびりとテレビ観ながら洗濯物をたたんだりして。
実に主婦っぽい日常をガラにもなく過ごしていました。
午後から、てか、夕方頃から父ちゃんの病院に顔出すつもりで。

そしたらいきなり普段はほとんど鳴らない「家の電話」が鳴りました。
父ちゃんの病院の、ナースからでした。

もしもし、すぐに来てください!
お父さんの様子が尋常じゃないのです!
できれば、1泊くらいは泊まる支度をして来てください!


さすがの私もビビリました。
たたみかけの洗濯物と作りかけの昼食を放置して出かけました。
前日から宿泊勤務に出ている旦那は夕方まで戻らないので、書置きとメールだけして、大急ぎで病院に向かいました。

ナースが言うには、父ちゃんがやらかした内容とは

深夜に点滴やドレーンの管を自分で引き抜き、ナースステーションの前で腹ばいになって叫んでいた


という、想像を絶するものでした。
おいおい。
今までやらかしていた天然アウトローな行動とは事情が違うじゃんか。
こっそり間食して血糖値が上がって怒られたり、リハビリの手抜きをして怒られたり、病室にバッタを持ち込んで怒られたり…などなどとは全然違うじゃんか(いやそれでもロクなマネをしておりませんが)。
なんか深刻さが増しています。

早速、父ちゃんにも事情聴取です。
そしたら、少しナースが言ってるのと違いました。
違うとはいえ「事情は違えど行動は同じ」ということになるんですけど…。

父ちゃんの言い訳としては
見回りに来たナースによって、ナースコールのボタンを遠いところに置かれてしまった。
そのため、深夜に足が痛くてナースを呼びたかったが、ボタンの位置がわからず呼べなかった。
仕方ないので自分で呼びに行くことにしたが、手術直後で足が動かないのを計算に入れていなかった。
無理に動こうとしたらベッドから転落し、はずみで管が取れてしまい、病室に流血が飛び散った。
そのまま歩けないので、腹ばいでナースステーションまで行って、驚いたナース達により処置を施された。


…う~ん。
それ、信じてあげてもいいですよ。
父ちゃんの性格とか、よくわかってるし。
だけどね、ナースの皆さんから見たら、完全なる異常行動ですよ。
意識障害起こして、夢遊病状態になってたと思われても、致し方ないですね。
手術後で、痛み止めとか睡眠導入剤とか、一時的に意識障害の出そうな薬をたくさん入れられてるわけで、ナースの皆さんもそれわかってるわけで。
大変なことになったと思われて、家族を呼ばなきゃ!と電話をくれたナースの心中、お察しします。
本当、お騒がせして申し訳ないです。

とりあえず転落した際に腰を打って痛いと言うので、主治医に事情を話し、要らぬ心配をしたくないので腰のレントゲンも撮ってもらいました。
打撲だけで骨折などはなかったから一安心です。
いろいろな事情は複合されましたが、結局は天然アウトローが招いた事故だったわけで。

主治医、ナース、本人交えて話し合った結果、今夜のところは私は泊まらなくても大丈夫だろうということになりました。
しかしそのような事故もあったせいで、深夜まで付き添わなくてはならなくなりました。
昨夜のブログが更新されなかった理由は、そういうことでした。
今日、昼頃に病院に行ったところ、私の帰宅後は何も問題行動は起こさなかったとのこと。
てか、痛さと疲労で爆睡してたんでしょうね。
痛いのは仕方ないです。
骨を削って人口軟骨を仕込んだんだから、理論的には「骨折した」のと同じことだし、何日かは我慢しないと。

そんなわけで今日は昨日よりもはるかに調子がよく、痛みも7割くらいまでにはなったようで、顔色もよくなっていました。
明日からは許可があれば、車椅子でお出かけができるようになります。
そうなったら私の手伝いは、外部へのお遣いと衣類の洗濯くらいになります。
安心して、今日はのんびりと映画を観てきました。

面白かったです。
ファイナルにふさわしい、スケール大きい映画でした。
青島はかっこいい、これは当然として。
スーちゃん(小林すすむさん)の優しげな、在りし日の姿に涙出そうでした。
私は、テレビや映画に出る仕事には特に憧れはないです。
ただ、亡くなった後でも映像として活躍の姿をたくさん残せて、家族や知人や知らない人々にも見てもらえる…という点で、少し羨ましく思いました。

青島が観たくて観に行った映画でも、こういう感想を持てるのですね。
何とか、父ちゃんの手術終了。
しかし疲れた…。

特に肉体労働も頭脳労働もさせられてないのに。
病院特有のあの雰囲気と、待ち時間の長さにとにかく疲れました。
結局、朝8時から夜8時まで拘束されたんですが、そのうち半分以上が待ち時間…買って持ってった文庫本、2冊読破したじゃんか。
こういう時、読書習慣のない人はどうやって過ごすんだろう。
音楽聴くのも携帯やスマホいじるのも、ゲームやるのも限界ありますよね。

さて、これから約3週間の入院生活。
今度はどんな伝説が始まるのか父ちゃん。
前回の入院である程度学習したので、前回ほどは激しくないとは思いますが、それでも父ちゃんは天然アウトローです。
何か楽しいこと(他人に迷惑かけない程度の)やってくれるのを期待しております。

大竹カムバック賞おめでとう。
私、嬉しすぎて涙が出ちゃうよ。
マエケンの防御率1位より感動しました。
あと「心のカムバック賞」を河内くんにあげたい…彼にも感動したので。
カープにとってのシーズンは終わったけど、ストーブリーグが始まったばかりでまだまだ話題はいっぱい。
もちろん父ちゃん以上に(笑)。
5時に起きるつもりが起きられず5時20分に青ざめて飛び起きる…という、出鼻をくじかれるアクシデントはありましたが、なんとか実家の父ちゃんを病院まで搬送することができました。
今回は足の手術程度で深刻問題じゃないけど、父ちゃんもやはり高齢だし、今後も入院搬送の機会は何度となくあると思います。
その時はもう、父ちゃんが嫌がっても、前日に泊めてもらおう。
布団なんか揃ってなくてもいいから。
ソファーと座布団さえあったら、それでいいから。

今日は入院手続きと説明のみなので、父ちゃんはまだ点滴の管などに繋がれていず、病院内を自由に動き回っています。
あ、自由なのはいつも同じだった。
とにかく自由な父ちゃん、早速売店でメロンパンを買いこんでました。
そして持参した荷物の中に、大量のミニ醤油とチョコレートが入ってました。
病院食が薄味で量も少なくて物足りないから学習した、とのことですが、そんな学習する入院患者がどこにおるんじゃ。
血圧とか血糖値とか、変な数字が出たらまた怒られるぞ。
知らんぞ。

ちなみに前回の父ちゃん入院記録の詳細は、このブログの「2012年2月」にほぼ毎日のように記録されております。
私も自分で読み返して、今回の入院の参考にしようと思ったんですが…父ちゃんカープファンじゃないくせに、あまりにも破天荒すぎます(汗)。
こんなオッサンの遺伝子を引き継いだのか私は。
実は私、幼少時の父ちゃんの記憶がほとんどないのです。
いや家族旅行とか、遊んでもらった思い出はちゃんとあるんですが、どんなしつけや教育を父ちゃんから受けてきたのか、ってことがあまり思い出せないんです。
よっぽど思い出したくないことばかりだったんでしょうか(笑)。

あ、私と父ちゃんの間柄は、別に悪いわけじゃないですよ。
むしろ良好な部類です。
いろいろ書いてるから誤解してる人もいるかもしれませんが。
ただ、ドラマや漫画で見るような、世の中の父親のイメージって、あるじゃないですか。
あとは私の職業上、生徒のお父さんともよく接する機会があるわけで。
そういうのとえらくかけ離れてるなと思うことが、他の人よりは確実に多いんですね。
父親の威厳を保つよりは、マイペースを優先する、そんな感じです。

生前の母ちゃんがよく言っていたことには
「お父さんみたいな人を旦那さんにしなさい。楽だから。」
…一理ある(爆)。
マイペースに振り回されることは多そうだけど、扱い自体は簡単そうです。
破天荒にも法則があるのかもしれません。

明日は父ちゃん手術です。
今日ほどじゃないけど、早起きしなきゃなりません。
病院ってとこはとにかく「待ち」が長くて困ります。
何か本でも持って行っとかないと。
パズル雑誌とかあったら便利かな。
明日の朝は5時起きです。
6時に家を出て生口島の実家に帰り、実家で父ちゃんを拾って、尾道の病院に搬送します。
そのまま父ちゃんは、明後日の手術に備えて病院に入ります。
手術後は集中リハビリのため、1か月弱の入院生活が待っています。

それはともかく。
またしても短時間で、高額なしまなみ海道を往復せねばなりません。
父ちゃん、こき使ってくれます。
私、5時起きなんてイヤだったので、前日(つまり今日です)に実家に帰るから泊めてほしいって言ったんですよ。
そしたらダメって言うじゃないですか。
長期不在にする直前に、布団の準備とか食事の片づけとか面倒だから当日来い、と。
父ちゃんどんだけ自由なんだって思いましたですよ。
こういう時、母ちゃんが生きててくれたら、と考えちゃいますね。
少なくとも母ちゃんなら、実家に帰るのを阻止するようなことは言わんだろうと。

まあ、たかが入院の送迎を、橋を3つ渡らないと実家に行けないような身内に頼むしかない父ちゃんが、一番大変なんだろうけど…。
生口島には父ちゃんの兄弟とか友達とか、いないわけじゃないんですよ。
だけど実の娘がやっぱり頼みやすいんでしょうね。
父ちゃんは5人兄弟で全員が生口島に住んでるけど、配偶者がいなくなったのは父ちゃんだけなので、余計に頼みづらいのでしょう。
当然、入院中の身の回りのお世話など、大半が私ひとりの仕事になります。
10月からやる予定だったカテキョが一旦流れちゃったのが幸いというか(汗)。
それより、9月に旦那の異動がなかったのがものすごい幸いだった(爆)。

父ちゃんが重病などじゃなく、膝に人口軟骨入れる手術をする程度だから、こうやって愚痴をたれる余裕があるのだ、と思っていただければ幸いです。
もし余命いくばくもない重病であるなら、さすがの私とて、文句ひとつ言わずに無償の愛と奉仕を父ちゃんに注ぐことでしょう(自分で書いてて恥ずかしくなってきた)。
生き死ににかかわるような状態ではないから、愚痴も不満も言えるのです。
そして、また入院期間中に生じるであろう数々の「武勇伝」をひそかに楽しみにしていたりします。
前回の入院では、医師や看護師から目をつけられるほど、規則という規則を守らなかった天然アウトローの父ちゃん。
守らなかったというよりは、規則を激しく自由解釈したため問題が起こった、というべきか。

あんまり病院に迷惑かけない範囲で、のんびりと治療して退院しましょうね父ちゃん。
下戸なのに、今年も来ました!
東広島市の「西条酒まつり」に!!

毎年代わり映えのしないこの装飾ですが、かえって安心感を覚えるから好きですね~。
酒蔵のイメージがとってもかっこいいです。

下戸なので、今年もここには入場不可。

いや入場しても一向に構わないんですけどね。
「入場料1800円で日本全国の地酒が飲み放題」という、大変珍しい「酒アトラクション会場」なので、下戸が入場してもお金がもったいないだけなんです。
私が利用できるのは、この会場の真裏側にある駐車場のみ。
余談ですが酒ひろばのそんな近くに駐車場なんかあって大丈夫か?

メイン会場中央には、今年もやぐらが組まれています。

晴天の真昼間から、千鳥足の人やクダを巻きながらヤンキー座りしてる人が路上にいっぱい。
しかも救急車がひっきりなしに来るわ、あちこちにゲロは落ちてるわ…相変わらず、ワイルドな祭りです。

今年ぜひ来ようと思ったのは、この方々がステージに出ると知ったからです。

着ぐるみの「のん太」の横に、法被を着たふたりがちゃっかりと。
この会場とは別の会場では、同時刻に辛島美登里さんのライブが行われていたんですが、カンフル罪が見たかったのでずっとこっちの会場で過ごしてました。
辛島さんのライブは地元のコミュニティFM局が中継してたので、聴くことだけはできました。

ステージが終わった後のわずかの時間で、たくさんある屋台を急いでまわります。
旦那へのお土産は、西条地酒の「賀茂鶴」を買いました。
おつまみの「せんじがらパック500円」も買いたくて屋台に行ったら売り切れてて、仕方なく「炭焼きせせりパック500円」を買おうとしたら、なんと叩き売り状態で閉店大サービス。
500円でせせりパックを2個と、牛タンパック2個、合計4個くれました。
晩のおかずに助かったけど、そんな大放出してもええのか。
小学生が「ポテトください」と買いに来てたのに対しては、それやるから持ってけ!ってタダであげてたし。
多分、ほんの1時間前までは定価で売ってたはずなので、定価で購入した人たちには申し訳ないですが…叩き売りありがとう。

帰宅後はカープ中継を観ました。
ノムスケくん2ケタ勝利はならなかったけど、勝ちました。
カープ中継の後は、F1日本グランプリを観ました。
カムイくんおめでとう!地元の開催で3位、日本の誇りとなりました!

飲酒はしてないけど、昼間っから酒まつりに行って。
夜は野球とF1って…これって、まんまオッサンの休日じゃんか(爆)。
周囲の同世代女子がどんどんオバサン化する中、自分もそれを受け入れなければと思っているものの、なんか私だけオッサン化しております。
とはいえ私は10代の頃からオッサン成分がかなり濃いんですよね。
似たような女子の方、一緒にオッサンになりません?(笑)
iPhoneに機種変更して4か月。
4か月なので、今話題の「iPhone5」ではないですが、なかなか便利に使えています。
しかしまだまだ知らない機能がいっぱいあるようで、使いながら新しい発見をすることもしばしばあったりしますね。
普段自分にとって必要のない機能だったらそんなもんです。

ただ、ごくまれに「使いたい機能がない」ということがあります。
それまで使っていたガラケーにはあったのに、iPhoneにはない機能。
一般的にiPhoneの不便な点として「ワンセグがない」「おサイフ機能がない」「防水がない」これら3点はよく言われることであり、機種変更前から知っていたことなのである程度妥協はしていました。
で、最近、ガラケーの頃に使い倒していたある機能が、iPhoneにはないことに気づきました。

それは
着信拒否の機能がない

ということです…ちーん。

携帯番号を10年以上、全然変更したことのない私には、この機能はイタズラを避けるために必需品と言えるものでした。
ガラケーの頃には、アドレス帳に登録していない番号と非通知の電話は全部着信拒否にしており、また未登録のメールアドレスも専用フォルダに行くようにしており(着信の記録だけは残る、音やバイブは無反応)、その旨を友人に伝えていました。
しかしiPhoneには、着信拒否の機能がありません。
迷惑メールがじゃんじゃん来るので困ってしまい、これに関してはソフトバンクホームページの「拒否リスト」を利用することでなんとか解決できました。
いちいちウェブサイトにアクセスして、迷惑アドレスを登録しないといけない手間はありますが、サーバーで削除されるからiPhoneには一切の負荷はかかりません。

困ったのは、通話の着信拒否です。
保険の勧誘やらマンション経営の勧誘やら、アホみたいにかかってきますが、いちいち出たくありません。
だけどそれだけのために、電源を切るわけにもいきません。
ガラケーの頃は一切受信せずに済んだのに面倒くさいったらありません。
苦肉の策として「無音」という着信音をダウンロードして、友人知人以外の番号には無音で対応していますが…他に何かいい方法ないですかね。
無音だと着信の際に音が鳴らないから、iPhoneが離れた場所にある時なら気づかずに無視することができます。
しかし近くにあれば画面は光るしバイブは動くし気づいてしまいます。
放置すればいいとはいえ、うっとうしいです。

だいたい親しい友人なら、緊急事態は別として、電話の前にメールで「今電話いい?」と確認がありますから、そういういきなりな電話ってほぼ失礼な相手なんですが、何かいい対策はないものでしょうか。
iPhoneユーザーの方で「自分はこうしている!」というような方法があったら教えてください。
教えてちゃんは困ったちゃんですが、どこかの掲示板などではなく自分のブログで言うなら、それほど困ったちゃんではないかと思い(勘違いだったら申し訳ないですが)…よろしくお願いします。
ロールちゃんのサツマイモ味とともに、現在ハマリ中のおやつ。

ハーゲンダッツの紫いも(期間限定)。

蓋を開けますと

濃い紫色の部分がサツマイモペーストになってるんですが…これが病み付きになりますのう。
ガリガリ君などと違ってハーゲンダッツは高価なので、毎日食べるのは贅沢になってしまいますが、せっかくの限定だし…。
近所で200円を切ってる時に1個だけ!というローカルルールで買ってます。

まあ、高いと言ってもですね。
ケーキとか買うのと比べたら、そんなに高くもないんですよ。
あと、カフェでケーキセット…などと比べても、安いんですよ。
それに、出先でサーティーワン…なんかよりもずっとお得です。
外食でうどんが400円くらいだとリーズナブルに感じるけど、スーパーでは1玉50円のうどんを高く感じて15円とか20円とかを買っちゃう、みたいな貧乏性レベルの比較になっちゃいますが。
だからあんまり気にせずに楽しみたいんですが、ハーゲンダッツって名前に対して恐れおののくのはやっぱり庶民だから、ですかね~。

今日は、売りに来たパンも買いました。
先週とほぼ同じラインナップなので写真は省略。
パン屋さん、相変わらず社宅の敷地まで売りに来てくれるんだけど、今現在社宅内でパンを買ってるのは私だけなのです。
8月末までは複数の仲間がいたんですが、私以外はみんな秋の人事異動にかかり、引っ越してしまいました。
パン屋さんは「新しい常連さんができるかもしれないから頑張る」と言っていますが、出て行った人達よりも新入居した人達の人数がかなり少なく、空き家が結構出ていることを言うべきか言わざるべきか。

言っちゃったら、また徒歩5分の先(薬局駐車場なので常連客が多い)までしか売りに来ないよね。
でも言わなかったらなんか気の毒です…どうしようかな。

話は変わりまして。
今日珍しく、夕方にブログにログインしたんですが、夕焼けバージョンの大人グリムスがかっこよかったので保存しました。

リスいなくなってる…ちょっと残念。
また来てね。
先ほど、ヤンキースが地区優勝を決めました。
優勝投手は我らが男気・黒田です。
シーズン中盤で「優勝をしに移籍して来た」イチローさんも、メジャーでの悲願達成。
おめでとうございます。
ああ、なんてナイスな眺めなんだ。
チームメイトとなった黒田とイチローがシャンパンをかけあって喜んでいる姿…日本人として、カープファンとしてものすごい贅沢な風景。

黒田はこれで16勝です。
ダルビッシュと並びました。
日本人投手はメジャーでも大活躍、それは嬉しいことだけど、その分日本のプロ野球が空洞化するって話もあり…まあ、私はそれはそこまで危惧してないですけど。
どんな目的があったとしても、最終的にメジャーが目的だとしても、選手がレベルアップする理由になるなら日本の野球も面白いです。
サッカーだってそうですし。
海外への夢があるから日本で頑張れる、素晴らしいことです。

だけど私、報道にはやっぱり文句あるよ。
ダルが勝ったら大騒ぎするのに、黒田の扱いって相変わらず小さくないですか?
さすがに今日みたいに優勝投手になったら違うでしょうが、普段の扱いは結構ショボくて泣けてくる時があります。
今年はダルがメジャー1年生だからまだ100歩譲ってもいいけど、来年同じような感じだったら新聞に投書するぞ。
てか、来年できれば黒田には帰ってきてほしいんだけど~。
もうそれは諦めるしかないですね、今日のような安定感を見せられたら。

敵さんの松坂氏はボッコボコでお疲れ様でした。
彼も、すごくいい投手だと思うんですよ。
だけど、黒田やダルとの決定的な違いは「慢心環境」ですね。
ストイックさが足らんです。
西武にいる時からそれは思ってましたけど。
だから今日みたいな、まるで公開処刑のような試合になるんだよ。
レッドソックスの契約は終了で、他のチームでも取ってもらえるかどうか微妙ですが、日本なら入れるチームがあると思います。
今後も慢心を捨てて頑張ってもらいたいですね。

これから、ヤンキースはプレーオフです。
レンジャーズ対オリオールズの勝者と対戦します。
日本人野球ファンは「ダルVSイチロー」「ダルVS黒田」を観たいから、レンジャーズ勝利を祈ってる人が多いと思うんですが…。
今更言っても仕方ないけど、レンジャーズのルイスがDLじゃなかったらなぁ。
ルイスと黒田の投げ合い、観たかったですよ。
単純にカープファンとしてですけど。

日本の小さな地方都市の、貧乏な弱小球団が育んだ投手が、海の向こうで光り輝く嬉しさと。
どんどん遠い存在になっていく寂しさと。
どっちの気持ちも本音です。
だけど今は、メジャーでの黒田を応援したいです。
ヨレヨレになるまで、メジャーで頑張ってほしいです!
ヨレヨレになったらまたカープに戻ってきてください。
黒田ならやれます、ヨレヨレでも。

グリムスにリスが来た画像。

カタツムリよりかなり嬉しいです…カタツムリごめん(汗)。
明日、石井夫人、退院するそうです。
すごいな~、きっかり1週間だ。
帝王切開がそんなに革新的になってるとは私も知りませんでした。
何年も前ですが、私の親戚などは1か月くらい入院して、まだ本調子ではなかったですから。
明日お見舞いとお祝いに行こうかと思ってたけど、こんな状況なら退院して落ち着いてからの方がよさそうです。
何より、琢朗がまだしばらく入院してるようですし。

あ、琢朗じゃなく、今後は「こうちゃん」と呼んでほしいそうなのでそうします(笑)。
ちゃんと名前が与えられたのです。
名前それは燃える命、なのです(古いです、スマセン)。
石井夫人からはちゃっかり「退院したらおむつを替えてね!」なんて言われてしまいまして…そんなに気にしてくれてるのかこのベテランママさんは。

私、おむつ替えもそうですが、ソッチ方面の経験値が極端に低いんですね。
ソッチ方面というか、医療関係が、ですが。
年齢の割に社会的経験が低くて迷惑な大人って、いますよね。
私はそれは一応「平均点」くらいだと思ってました。
しかしこと医療関係については、経験値が小学生以下です。
単に「健康で過ごしてきたから」じゃ済まされない点も多々あります。

1.ハシカの抗体を得たのが去年である。

幼い頃に罹らず、ワクチンを打ちに連れて行かれたけど私が逃げ回ったため親は断念、去年やっと自分で打ちに行きました。

2.おたふく風邪に罹ったのが5年前である。

病院に行きたくなくネットで調べた自己診断でしたが、直後に一緒にいた親戚の子供に感染させてしまったことで完全発覚したけど治りかけてました。(笑)。

3.風疹に罹ったのが大学生の時である。

塾講師のバイトをしていて生徒からうつされ、まさか先生が罹るなんて想定外だと顰蹙を買いつつも出社停止にされました。

4.自分の血液型がA型だと知ったのが高3の時である。

それまで病院に縁がなく知る機会もなく、18歳の誕生日に献血に行ってわかりましたが、その後私の血液型はA型→AB型→RH因子のないA型→現在のA型…と何回か変化する判定を受けており、献血ルームはいい加減だと思いました。

5.入院した経験がない。

身内の入院には何度も付き添いましたが、これに関しては健康に感謝しています。

6.点滴を入れられた経験がない。

上に同じ…とはいかないでしょうね。病院嫌いが主な原因です。

7.高卒後、健康診断の類を一切受けていない。

会社勤めの頃に受けるように言われましたが、病院に行くのが恐ろしくて決心できず躊躇している間に毎年受診の期間が終わっていました。
有給を取ってまで受けろとは言われなかったのでそのまんまです。

8.約10年間、全く保険証を使用していなくて、市役所に不審がられて呼び出された。

…病院への敷居が高すぎるとこうなります。
そういえば3年前に親不知抜いてから、また保険証使ってないな~。

9.高卒後、予防接種と歯医者の麻酔以外の注射を打たれていない。

もう、ここまで来るとアホですね。

ざっと思いつくものを挙げてみたけど、まだあるかもしれません。
ここに挙げた1~6に関しては、私の弟は小学生になる前に全部経験してるので、私の経験値はやっぱり小学生以下と言わざるを得ないのです。
健康だからそうなったのか、病院嫌いだからそうなったのか。
だけど健康でなければ、病院の好き嫌いにかかわらず行かなきゃならないわけで、やはりここは健康に感謝することにします。
丈夫な体に産んでくれた、あまり丈夫じゃなかった母に感謝です。
いつか「こうちゃん」も、母に感謝する日が来ることでしょう。

病院は嫌いですけどね私。
医療に関心がないわけじゃないんですよ。
年に2回くらいは献血に行きますし、骨髄バンクにも登録してますし。
しかし血液型が二転三転して現在は「A型」で固定されてるため、手術を控えているB型の父ちゃんへの輸血が不可能であり、そこんとこは親不孝ですかね。
旦那の家族にもA型はいないので、今後も私は見知らぬ他人のために献血を頑張ることとなるでしょう。

なぜ献血だけはやってるかと言いますと。
いい年をして注射針が怖いなんて恥ずかしいから克服したいのです(爆)。
しかし未だに怖く、針と目を合わせることが一切できません。
おそらく献血ルームの人にはバレてます…情けないわ。
石井夫人から送られてきた写真です!

9月28日に生まれた石井琢朗(仮名)です。
なかなかのオトコマエ、とのこと。
親ばかでごめんね、と言っていたけど、いやいやオトコマエじゃないですか。
しかし年の離れた末っ子で、今のご主人である石井さんにとってはひとりっ子で、しかも男の子…。
私ならもう、それだけで溺愛マザコン育成確定(爆)。
じゃなくて。
健やかなる成長を楽しみにしてます。

実は私、この年齢になって未だに「赤ちゃんのおむつ交換」をしたことが1回もないという…全然自慢になりゃせんがな。
普通なら実子がいて当然のお年頃。
また実子がいなくても、甥っ子や姪っ子で経験する人が多いかと思いますが、私には甥っ子も姪っ子もいないので機会が全くなかったのです。
友達の赤ちゃんはいっぱい抱っこさせてもらいました。
しかし友達という間柄では、赤ちゃんを預かってるならまだしも、ただ会いに行った程度ではおむつ交換はさせてもらえるはずもありません。
旦那は9歳下の弟がいるので、9歳の時から何度も経験したようです。
私、旦那以下でした(汗)。

石井夫人にそれを正直に言いました。
そしたら「じゃあおむつ替えさせてあげるね!楽しみだね!」と。
ええのか?
私、成人のおむつしか替えたことないけど大丈夫か?
大丈夫なことにしよう。
楽しみです、というカテゴリのものじゃないんだろうけど、楽しみにしておきます。

そしてこちらも健やかな成長の結果。

人間の赤ちゃんと比較したら殴られそうですが(汗)、ブログだって我が子も同然ですから、大人の樹になったら嬉しいですね。
しかもグリムス5周年記念のちょうどいい背景つき。
ただ、グリムスの植樹は主に雨季(4~8月)にやるそうなので、1年弱ほどの間は保留ということになるんでしょうか。
地球温暖化防止の観点から素人が考えると、年中やればいいのに、とは思うんですが…いろいろあるのでしょうね。

そういえばあえて触れなかったですが、グリーンサイトライセンスのテレマについてブログに書いた時、カタツムリさんがいらっしゃってました。
今のタイミングでいらっしゃってくれたらかっこええのに。
満開ダリアに会いに来ました。
場所はチューリップやひまわりの祭で知られる「世羅高原農場」です。

実はダリアが第1目的じゃありません。
もうそろそろ出荷がなくなりそうな「豊水梨」を買いに行くのと、私の10月からの職場(カテキョです)が世羅町になりそうなので下見と言っては何ですがそんな感じのドライブ。
ただ、世羅町での仕事はまだ保留中なんですね。
条件は悪くないんですが、世羅町って三原からそう遠くない場所なのに冬場の積雪や凍結がすごいから、今の車に冬用タイヤを付けてまで通うかどうかを家族会議中というか。

まあ、そんな前置きはどうでもよろしいので。
入場したら、こんな感じ!

平日で曇り空にもかかわらず、人はかなり来ています。
ちなみに服装は様々。
コートみたいなのを着てる人あり、タンクトップ姿あり。

ダリアには種類がかなりあるようですが、正直私はよくわかりません(笑)。
ただ、見て、きれいとか素敵とか、そういうことはわかるので、そういう視覚的直観優先で写真を撮っていきました。
まずは私の好きな「赤」のダリアを遠景で。

こんな雰囲気で実家の畑に、赤のダリアばっかり植えられていたのを思い出しますね。
何年前の話だ。

ピンクがかわいいダリア。

淡いダリアも悪くないんですが、曇り空の下だと残念ながらあまり映えません。
天気がよかったらきっともっと素敵だと思います。

薄いオレンジのダリアも上に同じ。

こういう、花びらがツンツンしてる花ってなんか大好きですね~。
基本的に花は人を和ませるフォルムというか、ふわふわした雰囲気のものが多いんですが、ツンツンがたくさん集まってかわいらしさを醸し出すというところがなんとも…ツンデレ女子高生みたいなかわいさです(笑)。
変なたとえをするなってば。

黄色いダリアは見た目はかわいかったけど、名前がすごかった。

「土俵入り」って…なんか戦う直前のイメージ?

紫色もなかなか。

展望台付近には、癒されに来た方々がちらほらと。
私も展望台に行ってみたんですが、個人的にはここのダリアは接近して見た方が美しいですね。
9月初旬に見に行った
コスモスに似ていますが、一応ダリアの種類みたいです。
コスモスも今が満開ですね…見に行きたいな~。

本日の最大花です!

写真では大きさはわからないと思いますが、バスケットボールくらいのサイズを想像していただけたらよろしいかと…とにかくでかくてきれい!
これは特別大きいですが、他のダリアも結構大きいのが多いんですよ。
小さいやつでも握りこぶしくらい、平均的にはハンドボール大。
見ていて迫力があります。

第1目的じゃないはずのダリアをたくさん撮影しちゃいました。
だって買った豊水梨とかバシバシ撮ってもアレだし(笑)。
ましてやカテキョ先の家なんかもっとアレだし(爆)。
まだ日中は蒸し暑かったりしますが、こんなダリア満開を見ると秋を感じられるから、日本の四季ってやっぱりいいなぁと思いますね。
大きな豊水梨は現在、家の小さな冷蔵庫の中で狭苦しく冷えています。
今回はあまりオマケしてもらえなかったので数は少ないですが、豊水梨は幸水梨よりもかなりでかいから、これでも十分食べごたえはありそうです。

この梨たちを食べ終わる頃には、半袖をしまえるでしょうか(笑)。