らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

私のブログ読者を長くやってくださってる方ならお分かりだと思いますが、私は不定期に特定のお菓子にハマります。

元々お菓子が好きで、普段からいろいろ手広くチャレンジします。
だから気に入ったものはとてもたくさんありますが、残念ながらそれらすべてにハマるということは不可能です。
期間限定で、何度も食べないうちに姿を消したり(セブンイレブン関係など)。
旅先などで買ったものは、日常的な入手が難しかったり(数え切れませんね)。
価格が高すぎて、たびたび買えるものではなかったり(ゴディバとか)。
人気がありすぎて超品薄だったり(八天堂とか)。

そんな中で比較的、条件的にも価格的にも継続して買えているのはヤマザキの「ロールちゃん」と、たまに不二家の「カントリーマアム」、カルビーの「プロ野球チップス」(そりゃオマケ目当てだろ)くらいだったりするんですが…このたび、久々にお手軽なものを見つけ、ブームがやってきました!
これで~す!!

ブルボンのプチシリーズ「チョコチップ抹茶」なのです。

中身です。

ひと口サイズの宇治抹茶&チョコチップのクッキー。
ご覧のとおり、見た目はそれほど華やかじゃなく、むしろ安っぽいです。
でも、お味が全然安っぽくないです。
大げさではなく、京都土産で買った某社の抹茶クッキーに全然負けてません。
しかも価格はうちの近所のスーパーなら68円!
京都土産の約10分の1価格です。
プチなので、コンビニで買っても100円は切ります。

これ、コーヒーにも紅茶にも、当然日本茶にも、よく合いますよ。
しかも低価格で結構どこでも売っているから買いやすく、ハマってしまいました。
見た感じや食感が手作りっぽいのもいいですね。

これを発見したきっかけは、単なる偶然でした。
プチシリーズは小腹がすいた時にいいので、何も考えずに結構買うんですが、普段はどっちかというと甘くないのを選んでます。
プチえびとか、プチポテトとか。
でもたまたまそっち系がなかったから、適当に選んで買ったら大当たり。
今はこればっかりです(笑)。
そのうち飽きるかもしれませんが、ドハマり中です。

しかし、これもやっぱり、取扱注意。
個別包装になってないので、開封して2~3枚食べて放置すると大変です。
湿気が来るから、じゃないですよ。
次に食べようと思った時になぜか、残りが2~3枚になってるんです。
犯人はいつものことですが、あいつです。
あいつもどうやらハマったようなので、多めにストックしとこう。
スポンサーサイト
福山行った翌日に、また福山に駆り出されました。
これじゃカテキョに通ってる時と変わらんじゃんか。

あ、でも、今回は送迎係じゃなく、一応仕事で。
作成した教材の納品のために行ったのです。
途中でチェックしてもらいながら苦労して、でも楽しみながら作った教材、間もなく新高校1年生達&担当カテキョの元に届きます。
使いやすいと思っていただけると嬉しいんだけど。
しかし、きっちり念を押されました。

この教材は商品であり、たった今、当社があなたから買い取りました。
版権などは当社にあり、あなたにはありません。
原本を破棄しろ、とまでは言いませんが、営利目的による他所での使用は10年以下の懲役または1000万円以下の罰金…はいはい、わかりました。
その割にはお安い買い取り料ですが、致し方ないか。
教材作る人って、業者も個人も、ゼロから作るわけじゃないですからね。
市販の問題集や、入試過去問などを参考にしないと作れません。
小説や評論など、ゼロから書かれた書籍と比べたら格安なのはしょうがない。
その分、著作権なんかは相当ゆるいのも事実ですが。

ああ、早いとこカテキョ復活したいです。
家族公認とはいえ、ニートって立場低くて、落ち着かないです。
父ちゃんが入院中だから、病院に行ったらどうしても親戚とかに会ってしまうし、そしたら現状を聞かれるのは避けられないし…これだから転勤族は。

暗い話?をぶつぶつやっても仕方ないので、切り替えます。
福山までの往復高速料金をいただいたので、遠慮なく高速に乗りました!
福山SA(下り)に、こんなのがありました。

不二家のちょっとしたフェアをやってまして、これは雛人形のペコちゃんとポコちゃん。
竹原のおすましお雛様もよかったけど、こんなのもいいですね。
和服も似合ってるじゃんペコちゃん。
サンタの格好も似合うし、とにかく赤が似合うのがペコちゃん。
きっとカープユニフォームも似合うと思いますが着てくれませんかね。

ここに来たら、これを食べます!

尾道ラーメンでございます。
「いきなり黄金伝説」で、ギャル曽根さんがベタ褒めした、福山SAの尾道ラーメン…いやもう、普通においしいですよ。
ただ、尾道ラーメンといえば、創業100年近い老舗も数多く存在する匠の名品でもあるので、その味をSAのバイトの兄ちゃんでも作れるような仕様にしてあるだけで厳密にはこれはそれほどの名品ではない…とのこと。
いやいや、それでもおいしいです。
むしろ名品ではない分、敷居が低くていいかも。
そして、いつもは2枚乗ってるチャーシューが3枚…混んでない時はこれがデフォルトのようなので、混んでない時に行きましょう!
今年初の映画鑑賞です。
てか、前に観たのって「マクロスフロンティア」だから、ほぼ1年経ってます。
映画館のない市で暮らせばこんなもん…ちょっと寂しいですかね。

これを観ました!

福山への送迎に駆り出され、せっかくなので福山を楽しもうかと思ったけど、滞在時刻が21時から翌1時…映画かネットカフェくらいしかないじゃん。
それでちょうどいい時刻に上映されてたから観たわけで、あまり選択の自由がなかったわけですが…いいじゃん、この映画!

私は「はやぶさ」に関する知識は、報道された程度のものしかありません。
専門的なものはないのです。
だけどはやぶさが無事に帰還した時は、単純に嬉しかった記憶があります。
そんな感動の裏で、多くの専門家の方々が7年もの年月を費やし、どうやってそれぞれの情熱を傾けて成功に導いたのか…もちろんフィクション部分が多いとは思うんですが、ひとつひとつの仕事に感動しました。
演出は、はっきり言って地味です。
その地味な演出にこめられた労力は必見です。
地味で淡々と進む作中に、どんどん引き込まれました。
そして、最後にはやぶさが放った輝きにウルウルきました。

あんまりネタバレできませんが、どんな人にもお勧めできる映画です。
大人にも、子供にも。
もちろん、リアルはやぶさ帰還の時に個人的に盛り上がらず、ニュースに関心がなかった人でも大丈夫です。
宇宙担当の新聞記者(夏川結衣さん)と一緒に、順を追って事情が分かるようになっているので、一緒に盛り上がれます。

映画を観る前と後とでは、はやぶさに対する愛着度が格段に変わることは間違いないです(笑)。
観てるうちにどんどんかわいくなっていくんです。
あのおどろおどろしい機械のことが。
そして、日本の科学技術って素晴らしい。
人知れず小さな町工場が、宇宙につながる夢を支えるんだから。
アメリカやロシアのように、宇宙開発予算が最優先じゃなく低予算なのに、逆境で力を発揮していく…これって世界の中で、脅威ですよ。

日本、見直しました!
2014年に打ち上げ予定の「はやぶさ2」にも期待してます。
映画の評判や動員はイマイチのようですが、私はいい作品だと思います!
前記事の最後の写真の奥のほう、ちょっと人影があるの分かると思うんですが、そのあたりに「ぎゃらりぃ梅谷」があります。

アニメ「たまゆら」に登場した、竹細工の雑貨などを売ってるお店です。
経営者の小梅さんはピアノ講師をされており、教え子にはHFMアナウンサーの笹原綾乃さんなどがおられます。

ここで期間限定たまゆらとのタイアップ「ももねこカフェ」が開催されるということで、行ってきました。

このポスター、アニメに出てきた「私たち展」をリスペクトしてますね。

屋根の上にはももねこ様が!

観光の方々を見守っておられるようです。
商店街の石像とは違い、ぬいぐるみなんだそうです。かわゆい。

今日は朝から天気がよろしくなく、てるてる坊主が吊ってありました。

この怖い顔のてるてる坊主は、アニメに同じものが登場しました。
主人公の親友がどうしても天気を晴れにしたくて作り、実際に効果があったのですが…これも効果があり、見事に雨は止んでしまいました。

カフェのメニュー、ももねこセットです。

ももねこ様のレモンケーキと駄菓子と紅茶のセット。
ケーキは竹原の洋菓子名店・モンシェリーによる力作です。

ケーキのアップです!

そ、そんな目で見られたら…食えないじゃんか~!!
…いただきましたけど。
おいしかったです。
ちなみに瀬戸田レモン使用(モンシェリーのお菓子はみんなそうらしい)。

ももねこカフェは25・26日の期間限定。
ただ、25日があまりにも盛況だったので、カフェは営業するけどももねこ様のケーキはもうほとんどないんだそうで…残念。
モンシェリーでも扱ってないとのことなので、26日の開店直後に行けばなんとかありつけるかも?というレベルだそうです。
写真撮っておいてよかったー。
私、ももねこ様、大好きなんですよね。
かわいいし、商店街ではご利益もいただいたし(笑)。

また来週あたり、竹原行って、お雛祭りを楽しみたいと思います。
竹原に行きました。
今月11日から始まっている「雛めぐり」を見に行ったのです。
今回行ったのは「旧笠井邸」と「ぎゃらりぃ梅谷」の2か所。

今回…というのはですね。
普通は観光客の皆さんは、1日かけて町並み保存地区を歩いて、雛めぐりを楽しむんですよね。
だけど私、竹原って近いんですよ。
だから小分けにしてちょこちょこと通うことにしたんです。
3月20日までやってますから余裕ですし。
和服姿で出かけると、文化4施設の入場料が無料になる特典があったり、日曜日には定期的に三味線やライア(ギリシャの古い楽器です)でのライブ開催もあります。
そういうのも小分けで行けたらいいな~などと思ったりしてます。

旧笠井邸は、入場無料です。
江戸時代から現代までのいろいろなお雛様が展示されています。

これは入り口付近に飾ってあるオーソドックスなタイプ。
厳粛な気分になります。

この並べ方と形式は、初めて見ました。

段の数といい、箱に入った人形といい、ユニークですね。

比較的新しいタイプ。

現代の住宅事情によりコンパクトですが、これはこれでかわいらしいです。

これはさらに小さい、お盆に乗せたようなやつ。

小さいけれど必要なものは揃っています。
屏風が美しいです。

3つ並べてあったので、ズームダウンして撮りました。

この窓から見える景色は、テレビでたびたび映るのでご存知の方も多いでしょうね。

まるで江戸時代のような町並み保存地区。
今日は観光客で賑わっていました。

日付をまたいで、ぎゃらりぃ梅谷の写真を載せますね。
ここでもイベントをやっていたのです。
旦那が職場のレクとやらで、倉敷にできて間もない「三井アウトレットパーク倉敷」に行ってきました。
チボリの跡地にできたという話題のアレです。
くそう、私まだ行ってないのに、お先に楽しんできやがって。

そんなひがみっぽい私に、旦那がお土産を買ってきてくれました。
観光地じゃなくショッピングモールなので、ご当地的なお土産は諦めてこれを買った…というシロモノはこれ!

ゴディバだ。
久々だ、このロゴ。
カテキョ行ってる頃に訪問先で何回か見たけど、自宅で見るの多分初だ。
なんて書くと貧乏くさいです…わはは。

ジャ~ン、中身です。

これ、高かったのではないですか?
…安かったそうです。
チョコをよく見るとわかりますが、限定商品の余り物です。

ノエルなんたらと名付けられた、サンタやツリーの形のチョコ…そう、クリスマス限定商品の在庫処理なので、半額以下で売られていたそうです。
さっすが、アウトレットショップならでは、です。
贈り物にはできないけど、家で食べるなら季節感無視でもいいですもんね。
味が悪くなるわけでもないし。
むしろおいしすぎましたし。
旦那にしては、しゃれたお土産じゃないですか。
ありがとうございました。

冷蔵庫にしまい、大事に食べよう。
そう思ったんですが、私が1粒しかいただいてないのに、なぜか空きスペースが4つもある…いや、こうなることはわかってたけどね。
買ってきてもらったんだし、文句は言わないですよ。
ただね、旦那様。
ゴディバはチロルとは違うんですよ。
短時間にバクバク食ったらありがたみがなくなりますよ。
これはアウトレット価格だったかもしれんけど、通常なら1粒が300~500円はする高級品…1個10円のチロルとは一緒にしてはいけません。

というような理屈は、旦那にはあまり関係ないようで。
チョコはチョコ。
クレーンゲームのチロルも、デパ地下のゴディバも、チョコはチョコ。
安上がりに暮らせそうで、それはそれでいいのかも。
カープのファンクラブグッズ第1弾がやってきました。

嬉しいですね~。
ワクワクしますね~。
ユニフォーム型メッシュジャージと会員証です。

メッシュジャージはこのようになっています。

赤と白のグラデーションで、背番号はありません。
写真ではわかりづらいけど、意外としっかりとしたつくりで、ちょっと薄めの生地は夏の暑い時期の応援にぴったりと思われます。

私、何年か前(山本浩二監督の時代)にファンクラブ入ってたけど、たびたび球場に行ける人以外にはあんまりおいしい特典はなかったですよ。
会員証がもらえて、チケット入手がしやすい、そのくらい。
今はこんなおいしいことになってるんですね。
年会費3500円だったら、このジャージだけでも十分、お得です。
レプリカユニフォーム買おうと思ったら5000円ほどしますし、1回も現地観戦できなかったとしてもお得。
これプラス4月にはイヤーブックが届くし、継続会員にはパスケースも届くし、当然人気の席(砂かぶりや寝ソベリア、焼肉の席など)は優先予約…ブラウン監督の頃にファンサービス重視の改革があったけど、ここまでだったとは。

背番号のないユニフォームって物足りないですが、試合にあまり出ない選手のファンならちょっといいかも。
特に私のような「投手推し」のファンなら。
チケットってだいたい1週間前くらいには入手するので、どの投手が登板するのかわからないですからね。
いくらマエケンが人気でも、マエケン投げない日に「18」で自己主張はやや恥ずかしいです。
ましてや私の「21」は…去年1回も出てないし(汗)。
それでも着ましたけどね。
しかも、仲間がちらほらいたのが嬉しかったですね。
でもちらほら見かけた仲間は、全員が女性でした…わかる(笑)。

カープはオープン戦を見る限り、なかなかいい感じです。
次の土日にはホークスと対戦します。
「破天荒」の活躍を期待しましょう!
グリムスが数日前から大人になっております。

ブログ移転後、初めての植樹対象となりました。
しかしこの形は…ホウキ?(笑)
相変わらずオモロイ完成体ですね~。
成長過程は結構普通な感じなのに。
でも、真面目に更新した結果と、いい意味で受け取っておきます。
植樹楽しみですね。

父ちゃん記録ですが、今日は何もやらかすことなく過ごしました。
かなり深い角度までリハビリで曲げられるようになり、抜糸もされ、明日からは入浴もできるみたいです…着々と退院に近づいています。
そして余計なことですが、ちょっと間食したくらいじゃ血糖値は上がらなくなり、数値が安定してきました…やはり足とはいえ、切ったり縫ったりしたことで体力がかなり落ちていたのでしょうね。

強いて言えば、足が比較的自由になったことで、寝相の悪さが復活。
布団を蹴って寝ていたらしく、今日は風邪気味でした。
そんなことまで面倒見切れません…。
というわけで、私も毎日病院に行く必要がなくなったこともあり、マイワールドの父ちゃん記録は、ここでひとまず完結させていただきます。
そもそも皆様に楽しんでもらえたかどうかすらわからんけど(汗)。
また何かアホなことやったら、その時は書かせていただきますね!
私が幼い頃から今に至るまで、父親の威厳などかけらもなく、ひたすら自由人の父ちゃん…何かやらかす日もそう遠くないかと。

私の帰り際につ~けまつ~けまと、何か聞こえてきたような気がしたけどあれは幻聴でしょう(爆)。
今日はそういうことにしておこう。
前にチーズケーキを作った際、レモンが大量にあることを書きましたが、今度はレモンを使って「レモンケーキ」を作りました。
私の得意技である炊飯器+ホットケーキミックスですが、まるでオーブンで焼いたかのような仕上がりに大満足です!

表面がほどよくこんがり。
そして食感は、炊飯器ケーキにありがちな「もちもちすぎの蒸しパン」のような感じではなく、パウンドケーキのようにふんわりと香ばしかったのです。

カットしました。

上に乗っかってるのはレモンの砂糖漬けです。
レモンが余ってるからそうしましたが、製菓用のホワイトチョコなどをトッピングしてもいいかもしれません。

これはびっくりするほど簡単なので、レシピ紹介しておきますね。
てか、私が作るもんに難しいもんは一切ないみたいです(笑)。

材料
ホットケーキミックス 1袋(150~200グラム)
溶かしたバターかマーガリン 100グラム(有塩無塩どちらでも)
卵 2個
砂糖 1/4カップ
レモン 1個

作り方
① レモンを皮と果実に分け、果実は搾り、皮は細かく切り刻む。 
② ①と、他の材料全部を炊飯器の内釜に入れてムラなく混ぜ混ぜ。
③ スイッチオンして普通炊きを2回やる。

たったこれだけ。
オーブンと違って焦げる心配がないので、放置してる間に出来上がりです。
強いて言えば①は結構「力技」ですが、それ以外はほぼ混ぜるだけ。
ホットケーキの材料王道の「牛乳」は、レモンと混ぜると恐ろしく気持ち悪い食感になることがあるので、その代わりに多めのバターかマーガリンを用います。
おそらくこれは近々、また作るでしょう。
まだレモンいっぱいあるし、チーズケーキと違って材料が格安だし(クリームチーズがなんせ高いです)、簡単だし…もちろんおいしかったから、というのが大きいですが。

<おまけ・そろそろ完結してはどうだろう?本日の父ちゃん>
いえね、完結するかと思ったんですよ。
今日、病室で、何事もなく過ごしたから。
しかしそこは父ちゃん、タダでは帰らせてくれません。

父ちゃんの病棟は「整形外科」です。
同室に心臓ペースメーカー使用者はいないので、携帯電話の持ち込みは許可されており、同室の人もみんな持っておられます。
私が部屋で父ちゃんの洗濯物などを整理していたら、外に出ていた同室のおじいさんが突然、部屋に戻ってきて父ちゃんを呼び始めました。
「お~い。あんたの携帯電話、鳴っとりますよ~。」
どうやら父ちゃん、ラウンジに出かけた際、携帯電話を忘れてきてしまったようで、それを同室の人が持ってきてくれたのでした。
着信音を聞いて私は、軽く逃げたくなりました…。

つ~けまつ~けま、つけまつける
ぱちぱち、つ~けまつ~け~て~♪


父ちゃん、何が悲しゅうて「きゃりーぱみゅぱみゅ」なんですか?
しかも同室のおじいさんがその音を知ってたってことは、たびたび鳴っていて父ちゃんの持ち物だと覚えられてる、てことですよね…ああ恥ずかしい。
若者の着信音なら何も問題ないけど、70過ぎたオヤジがそれ、使うか?
ド、ド、ドリランド!よりありえんぞ、ある意味。

同室のおじいさんもなんか一緒に歌ってるし!
い~な、い~な、それいいな~♪って…絶対、歌番組なんかじゃなく父ちゃんのせいで覚えたに違いないし、別に謝る必要ないけどすみませんって感じですよ私は。
父ちゃんが好きなのは演歌じゃん!
なんで素直に演歌を設定しとかないんですかぁ~。

そういえば一般的に、高齢者と呼ばれる方々はどんな着信音使ってんだろう。
街の中でたまに聞くのは「クラシック」とか、設定しない状態で鳴る「ピロピロ~」「リリリリ~ン」とかで…少なくとも「つ~けまつ~けま」は初耳でした。
私は今はチャットモンチーの「テルマエ・ロマン」ですが、クラシックやオルゴールの時もあったりして…うーん、高齢者以外のいろんな世代の着信音も知りたいですね。
基本、皆さんマナーモードが多いから、あまり聞く&聞かれる機会ってなさそうですし。
エヴァ7をまた打ちに行きました!
前回勝って、結構浮いたお金があった、というのが理由のひとつめ。
その時、あんまり時間なくて不完全燃焼だったってのが理由のふたつめ。
だってね~、機を見て行っとかないとね~、こういうのってすぐにホールから消えちゃうんですよ、新しい台がどんどん出るし。
映画やドラマと違って、見逃したらレンタルするとか、できないわけで。

一応、縁起担ぎのため、父ちゃんのいる病院前にあった「お地蔵様」に手を合わせます。
少しだけですが、みなぎってきました。
よし、これで大丈夫、いい結果になる。

いい結果でございます!

カヲルくんの後姿です。
全裸です。鼻血ブーです。

どうやら待望の「渚カヲル全回転」が始まったようです。

嘘みたいです。まだ500円しか入れてないです。

前回の、碇シンジ全回転は時間が長く感じました。
当たるの分かってんだから早く当たれ!と思いました。

しかぁし、今回は全然長く感じません。
いつまでもやっててくださいって感じ。

もっと画面たくさんあるんだけど、すぐに変わってしまうので瞬きすら不可。
必死で台の前でシャッターを押し続ける私は、店員からも他の客からもバカじゃないかと思われたことでしょう…いいんだ、カヲルくんが素敵すぎるから。

この全回転では、7で当たりました。
その後、11連荘しました。
お地蔵様パワーもなかなかすごいではないですか。
ももねこ様にはちょっと負けるけど。
ばんざーい、お小遣い増えた。
でも、もし次があるなら、今度は撮影などせず、じっくりとカヲルくんを眺めていたいものです。
次があるといいんですが。
出現率が約1/3343000らしいからどうかな~。
今回出たのが奇跡のような気がするんですよね…でもらっきーはラッキー。

<おまけ・血糖値じゃなく血の気も多いのか?本日の父ちゃん>
院内を出歩くのに、車椅子じゃなく、歩行器の使用を許された父ちゃん。
少しだけですが自由になったみたいです。
で、今日は、私が行くと、玄関そばにある売店に父ちゃんいました。
こっそりパンでも買ってるのかと思いきや…店員さんと揉めてます。
私が父ちゃんに「どうしたん?」と話しかけた頃に揉め事は終わったらしく、しぶしぶ引き下がっていたので、あとで事情を聞きました。

病院の売店、売っとる雑誌が少なすぎるんじゃ。
マグカップやらストローやらティッシュやら、どうしても必要なもんはボッタクリ価格で置いてあるくせに。


父ちゃんが買いたかった雑誌は「週刊ベースボール」でした。
病院の売店程度じゃ、そりゃないわな~。
「新潮」「現代」「アサヒ」などの男性向け週刊誌はあるけど、週刊ベースボール…うーん、微妙なところです。
あると思ったから買いに行ったんでしょうけど、普通はないでしょうね。
わかった父ちゃん。
それ、うちで買ってるやつ、週遅れでよかったらあげる。
カープのいい記事は事前に切らしてもらうけど我慢しんさい。
月末までお世話になるんじゃけん、店員とケンカしたらいけんで。
諦めかけてましたけど、旧ブログにアクセスができるようになりました。
そしてついに、新しいブログ(これです)が、旧ブログを抜いたのです。
古いブログの方に、相変わらず1日1000ほどのアクセスがあり、もう越えられない壁ではないかと思っていたんですが…なんと昨日の旧ブログのアクセスはわずかに「18」。
マエケンの背番号じゃん。
てか、18なら余裕で抜いてます!やった~!

…単に、誰もアクセスができなかったからそういう数字なだけ、ですね。
結果のみを見て判断してはいけないのでした。

<おまけ・お騒がせナシは1日で終了!本日の父ちゃん>
リハビリはやっぱり痛いみたいで、心なしか元気のない父ちゃん。
と思いきや、引出しの中に大量の「メロンパン」を隠していやがった!
自由に出歩けるようになって、売店に行けるようになると、ろくなことをやらないですね。
いいんですか?
血糖値上がって怒られるよ?
余裕の父ちゃんは言いました。

血糖値を測るのは、毎回食事の前。
晩飯がだいたい夜の6時頃。
晩飯と朝飯の間が12時間以上あるけん、晩飯の後にパン食ったくらいじゃ、上がった数値にならんことが分かった。
じゃけん夜9時頃にちょうど腹が減るし、このくらい食っても大丈夫なんよ。


…何も言えん。
そんなもんなんですか?
たまたま測る時刻に下がってたらいい、そんなもんなんですか?
測ってない時刻に少しでも上がるんだったら意味ない気がするんですが。
よくわかんないのですが、こっそり隠してるということは、よくないことをしている自覚は父ちゃんにあると思われ、ここは見て見ぬふりをしておくことにしました。
看護師に見つかってひどく叱られるまでは放っとこう。

しかし誰でもそうみたいですが、入院生活2週間弱にもなると、ずる賢くなるといいますか、制限の多い与えられた環境の中で快適に過ごす知恵がついてくるもんなんですね。
一応、退院予定日まであと10日。
それで順調に手術した足が回復したら、もう片方の足も3か月~6か月後に手術しようと主治医は言ってくれていますが…同じリハビリ&入院生活に父ちゃんが耐えられるのか今から不安ですよ。
やっぱり旧ブログ、アクセスできないですね。
私じゃない他の人が「バニー」でやってるブログにアクセスしても、同じようなエラー表示が…ということは、バニーそのものが崩壊したのか?
なんか嫌な予感がしますね。
以前も長期にわたるメンテナンスが原因で、数日間アクセスできなかったことがあるので、今回もその類であると思いたいんですが…。
自分の意思で捨てたブログじゃないですからね~。
容量オーバーで泣く泣く手放したわけですから…更新やめても未練タラタラ。

今日は珍しいことに、変な父ちゃん記録はありません。
おとなしく過ごしていたみたいです。
おとなしく過ごしていた理由は、昨日も使ったリハビリの自動曲げ伸ばし機の角度をかなり深くされたらしく、終了後もかなりの痛みが残っていたため元気がなかったからなのです。
父ちゃん、痛みに耐えるのがリハビリ、なんですよ。
「リハビリで余計にひどうなったらどうしてくれるんじゃ!」…そんなことにはならないから大丈夫よ。

私はリハビリ経験ないからわからないんですが、少なくとも、最中に爆睡するようなものじゃない、と思う。
余談ですが私の実弟は大学生の時に、バイク事故で両膝の皿を粉砕しました。
現在は普通に動けますが、まだ金具が入っている状態だと聞きます。
そんな弟は1年にわたるリハビリをしたんですが、かなりきついシゴキに遭ったらしく、常にリハビリの先生とはケンカしながらの日々であったようです。
弟は厳しい先生のおかげで復活し、ケンカはあったけど今では感謝しているわけで、そんな彼から見れば父ちゃんは甘っちょろいようです。
父ちゃん、毎日のように弟から叱責メールを受けているようです。

その先生とは未だに交流があり、埼玉の方ですが私の実家まで泊まりに来てくださり、広島観光にお連れしたこともあります。
私はこっそり先生に、父ちゃん宛に厳しいメールでも送ってやってください、と連絡したのですが…。

当時は自分も弟さんもお互い若く、ぶつかり合いで昇進できました。
あの時アラフォーだっだ私も、今はアラカンで年を取りました。
お父様も高齢ですから、いたわってあげてください。
厳しいメールは送らず、励ましの言葉をお送りしておきます。


わかった。
ようわかった。
父ちゃんを取り巻く環境は、昔からいつでもユルユル。
いい意味では、優しい方々に囲まれて、平和に過ごしてきたのですね。
だからあんなに平和な性格なんだ。
そして、だから今あんなに看護師に怒られてツケが回ってきたんだ。

ともあれ、形は変われど、私達家族を思ってくれる先生に感謝。
父ちゃんきっと喜びます。
ありがとうございます。
私の旧ブログ「バニー」にアクセスできなくなりました。
一時的なものなのか、未来永劫アクセス不可なのか。
どちらなのかはわかりませんが、前者であってほしいですね。
もう更新してなくても、6年かけて大事に育てたブログだし、思い出として残しておきたい気持ちは強いですし、なによりいきなり消えたら超ショック。
明日、何の問題もなく接続できますように。

ところで、前から打ちたいと思っていた「パチンコエヴァ7」をやっと打てました。
父ちゃんの入院でバタバタしてて、なかなかそんな気分になれなかったんですが、やっとリハビリ開始までこぎつけたので。
いや~、やはりエヴァは面白いですね!
かれこれ10年以上エヴァのファンやってますが、全然飽きません。
今回のパチンコは新演出がいっぱい加わり、エヴァのファンなら確実に楽しめると思います。
出玉が多ければなおよし(笑)。

年明けのマクロスから好調を保ってる私、今回もよく出ました。
めったに見れない「碇シンジ全回転」「覚醒」をいきなり見れたのです。

これは映画の中にもあった、シンジが綾波を救出に向かう感動のシーン。
思わずシンジにキュンとなりました。
そしてこの後、7で大当たりです。
いいぞシンジ、惚れちゃいそうだぞ!

でもやっぱりこの人にはかなわない。

初号機が使徒を倒せず外したと思ったんですが、カヲルくんが颯爽と救出にやってきて「僕が守るよ」で大当たり!
キュン絶頂で倒れるかと。
ごめん、もうシンジに浮気しない(笑)。
守ってちょ~だい~、毎日毎日!

<おまけ・血は争えない?本日の父ちゃん>
パチ台を前にしてアホな写真ばっか撮ってる私、あんまり父ちゃんをさらし者にする資格はないかもしれんのですが…。

父ちゃんは午前中は歩行などのリハビリを1時間、午後はベッドで寝転んだまま足だけを電動で自動曲げ伸ばしする機械を装着して1時間、というメニューをこなしています。
この自動曲げ伸ばし機は優れもので、角度を設定すると繰り返し勝手に動いてくれます。
最初は深く曲げると痛いからという理由で、あまり無理のない角度にしてあり、徐々に深く曲げて日常に支障ないようにしていく…というもの。

父ちゃん、この機械を装着したまま、あろうことか爆睡してました。
私はそれを見て単純に、ああ痛みが少なくなってきたんだ、だから疲れてたら普通に寝れるんだろう、回復早そうだな…と、いいように解釈したんですが、やってきた看護師さんに即座にたたき起こされてお説教。

貴方が痛い、無理したくないって言うから、無理ない角度に設定してたんですよ!
爆睡できるってことは余裕で痛くないってことじゃないですか!
そういうサボり癖は治していただかないと困りますよ!
次から角度、深くしますからね、いいですね!
ちょこちょこ自由に出歩くのもリハビリではあるけど、決められたメニューを優先してください!


寝たまま勝手に動く機械ではあるけど、リハビリの最中の爆睡は前代未聞、とのことでした。
天然ボケかと思ったら、ずいぶんズル賢いこともやるんじゃんか父ちゃん。
ああ、だけど、胃の検査の時に与えられたバリウムを半分残して「まずいからもういらん」と返してたことがある父ちゃん…その行動は天然というにはあまりにもズルすぎ。

ともあれ、明日から痛いの我慢しなさいね。
もう怒られたらダメよ。恥ずかしいよ。
ちょっと遅いけど「友チョコ」をいただきました。

しゃれたアルミペーパーによる小さな包みです。

中身です。

3色(ビター、ミルク、ホワイト)のリーフチョコがかわゆいです。

これをくれたのは、管理人宅の長男くん(小6)です。
離れて暮らしている彼のお母さん
と会う際、いつも協力してくれているお礼だとか…。
あと、社宅内での変な噂蔓延防止に尽力してくれてありがとう、とも(笑)。
彼のお母さんが離婚して社宅を出てかなり経ちますが、やっぱりおかしな噂は湧き上がるもので、彼女と親しかった私はよく「あの人どうしてるん?」などと聞かれますが、もちろん知らないと答えています。
そう答えたところで、社宅には同業者しかいないため、ご主人つながりで真実を知ってる人も少なくないとは思うし、長男くんと同じ小学校に通ってるお子さんがいる家ならそっちつながりでわかるだろうし…私の尽力なんてたいしたことないんですけどね。
子供がこんな気遣いをしなきゃならないってなんか悲しいです。

長男くんによると、お母さんは新しい結婚に向けて「不妊治療」を開始したようです。
彼女は私より少し若いし、ふたりも出産してるし、大丈夫だとは思うんですが…孫を望む相手方の両親のために確実に産めるように、とのこと。
偉いなぁ。
生まれてこの方、婦人科に行ったことさえない私、少しは見習わんといけんの~。
でも婦人科だろうが何科だろうが病院の敷居は高いんだ。

余談ですが私、成人後、恋愛関係(笑)以外の男性に「おっぱい」見られたことないんです。
当然、男性の医師にも、です。
これ言うと結構びっくりされます。
そんなにまで、自分の病気で病院に行く用事がなかったのです。この年まで。
厳密には広島市在住時、胃が痛くてたまらず、バリウム飲んで胃のレントゲンを撮ったんですが、その時は更衣室で浴衣みたいなのに着替えた後でしたし…裸で男性医師に聴診器を当てられた最後って高校くらいだったはず。
だから簡単にはお見せできません!大事なおっぱいです。

<おまけ・すでに呆れちゃってます。本日の父ちゃん>
やっと父ちゃん、病院の許可が出て、足にロボットみたいなサポーターをはめて車椅子を使う場合に限り、院内を自由に出歩けるようになりました。
そして早速、やらかしてしまったようで…ようやるのう。

私が病院に行くと、テーブル脇にイチゴの空きパックが置いてありました。
出る食事以外は食べられない父ちゃん、パックは誰かにもらったようです。
しかし、なぜ、パックなんかをもらう必要が?
しかも空っぽのパックには布巾がかぶせてありました。

…これだけでは推理できませんね。
父ちゃん、あろうことか、生きたカマキリを捕獲してきたんだそうです。
カマキリは、幼虫は飼育が難しいですが、大きいやつならしばらく餌を与えなくても死ぬことはありません(飢えて凶暴になるけど)。
それでベッド脇でパックの中で飼育しようとして…当然、怒られました。

病室は生き物禁止って言われてないんじゃけどのう。
犬や猫なら衛生上ダメじゃろうけど。


父ちゃん、それは規則以前の問題だよ。
衛生上とかなんとか以前の問題だよ。
そういうこと平気でやっちゃう父ちゃんはさすが大自然育ち。
なんでそんなもん捕獲したのかというと「ラウンジで暇そうにしていたから」なんて大真面目に言うもんで…暇そうにしてんのは父ちゃんあんただろ!
ついにこの人、ナウシカを超越したっぽい(爆)。
いや虫と語るナウシカでも、病室に虫は連れ込まん、と思います。
ふたりでは短期間に食べきれないレアチーズケーキ。
カットして冷凍して、イチゴソースをかけました。

おお、なんか、オサレなカフェメニューっぽい。
飽きてきたのでいろいろアレンジしてますが、おいしくいただいてます。

頑張る子に~、花ソーセージ!

CMに出てるあの子は全然頑張ってないですが、花ソーセージおいしいよね。
フライパンで軽く焼いて食べる、定番のボロニアソーセージ。
今日は車でいっぱいパシリして腹が減りました。
おいしいごほうびを自分にあげました!

パシリをした理由は例によって父ちゃん。
ということで。

<おまけ・なんぼでもネタあるじゃん!本日の父ちゃん>
今日は私、しまなみ海道通って実家に帰りました。
父ちゃんの衣類を追加したり、頼まれたものを洗濯したりするためです。
それプラス、入院とは無関係のミッションを依頼されました。

入院前にパソコンとプリンタを新調した父ちゃん。
しかし両者の接続がうまくいかず、頑張った結果力尽きて接続を諦め、病院生活に突入してしまいました。
退院予定は2月末で、その後すぐに確定申告があってパソコンとプリンタを使いたいので、できれば実家に帰って接続をしておいてほしい…という、身勝手極まりないミッション。

私、パソコンとプリンタをUSBで繋ぎました。
こんな簡単なことが難しいのか父ちゃん。
ま、お年寄りだし仕方ないし…と、画面を見つめておりましたら。

プリンタに付属のCDを読み込ませてください。

付属のCD、見当たりません。
どこにもありません。
どこにあるのか聞くため、病院の父ちゃんに携帯メール。
すると驚きの返信がやってきました。

あれ、いるんじゃったんか。知らんかったのう。しもうたわ。
外の物干し竿に吊ってあるわ。


信じられん。
最近はあちこちで要りもしないCDロムが配布されるので、それと同じレベルで鳥よけのために吊り下げちゃったらしく、しかも救出するには時すでに遅し。
吊られたCDの表と裏には、べったりとハトのフンがついてました。
父ちゃんのバカ野郎。
これじゃ接続なんかできるか~!!

やむを得ず、プリンタ会社のカスタマセンターに電話。
CDだけ送ってもらうように頼んでみましたが、CDの内容はホームページで無料ダウンロードができるとのことで、この問題は解決しました。
それにしても父ちゃん。
前日はチョコレートを確認せずに食べて怒られましたが、食べ物に限らずこの人は何も確認ということをしないんですね。
今までの人生で、結構、いろんなことを早まったんではないだろうか。
そういう要らぬ心配までしてしまいますね。
本人が幸せなら、それでいいんですよ、もちろん。

私、いろいろ疲れました。
でもおいしいごほうび!実家と言えば~!!

疲れも吹っ飛ぶうまさです。
あ、私の実家、瀬戸田じゃないんですけどね。
瀬戸田とおんなじ島の中にはありますが、一応「旧・因島市」ですよ。
バレンタインデーですね。
グリムスからハートが浮かんでいます。

もう少しで大人の木に成長するのに…これではイマイチ。
ブログを移転せずに続行していたら、もっと大きくなっていたんだろうと思うと惜しかったですが、それもこれも運命さ。

ところで右サイドメニューに掲載している「Eレシピ」に、バレンタイン用の簡単チョコケーキの作り方がありまして…マジで簡単でおいしかったのでした。
てか、自分でやる作業がほとんどないのに本格的。
こ~んなフォンダンショコラ風のケーキができます。

ぜひ、お試しください!

私のバレンタインデーはというと。
旦那が早朝5時半から出勤、帰宅後は先輩の送別会…で、ひとりごはん。
まあ、それがわかってたから前々日にチーズケーキ作って、前日にチーズケーキ食って、旦那は前日にコンビニスイーツを買ってきてくれたわけですね。
現在、内職以外の仕事はしていない準ニートの私、義理チョコも配布予定なし。
同僚やお世話になる家庭に贈る義理チョコのことを考えるのは大変でしたけど、そういうのから解放されて「なんもなし!」ってのも寂しいものですね。

だけど今日は、練習試合で我らの齊藤悠葵王子が登板しました!
テレビのニュースでやたらたくさん王子が出てきたので超ハッピーです。
今年はマツダスタジアムでもっと自信満々に、背番号21のユニフォームを着て歩けそうです…頑張れ王子~!
試合の結果には目をつぶろう(爆)。

<おまけ・ネタなくなったらやめるけど。本日の父ちゃん>
病院でも、バレンタインデー。
男性の入院患者には、少しずつですが義理チョコが配られました。
食事制限を課せられている父ちゃんにも、3粒のアルファベットチョコが!
父ちゃん、これは食べていいと思ったらしく、食べたようです。
そしてまた血糖値が上がって怒られましたとさ。

チョコは退院して持ち帰ってから食べたらいいでしょう!
全員に配ったから貴方にも配ったんです!
貴方は今は「食事時間に出されるもの」しか食べちゃダメなんです!


父ちゃん…毎日毎日、ようやらかすなぁ。
ちょっと気持ちはわかるけどね。
配られたから、食べていいのか…と判断しちゃう気持ち。
だけど立場を考えましょうよ。
「これは食べても大丈夫なんですか?」って聞けば、怒られずに済んだのに。
まあ、うちの旦那も家にあるものは無許可で食べちゃうし、性格上「確認する」ってことをしない人だから仕方ないか。
昨日作った「レモンの皮入りチーズケーキ」は、前回作ったものよりも旦那に好評でした。
もちろん私にも好評です(笑)。
これからはもらいもんレモンが大量にある時に作りましょう。
ということは、冬場しか作れません…それも悲しいね。
ちなみに今は1日ひとつ作ったとしても、月末まで作れるほどレモンがあります。
そんなにチーズケーキばかり食えるか。

さて、今日は珍しく、旦那がお菓子を買ってきてくれたのです。
といっても、コンビニのやつですが。
まあ、コンビニのやつおいしいですし嬉しかったんですけど。

なんでそんなことをしてくれたかというと。
ずっと前に書いたかと思うんですが、旦那は石川遼くん程度の英語力ならあります。
それをもっと鍛えたく、しかし英会話スクールに行く時間などはないため、海外の人(男女問わず)と無料でチャットやメールができるサイトを2年程前から利用しています。
それでとあるアメリカのセレブマダムとチャットで会話をした、とのことでした。

アメリカのバレンタインデーは、男性が女性にプレゼントを贈るのが一般的です。
そのマダムも毎年、ご主人からバラの花束をもらっているとのこと。
そして旦那に「あなたは奥様に何を贈るの?」と聞いてきたと。
日本では男性がプレゼントをする習慣がないので「何もしない」と旦那は答えたそうです。
そしたら怒られたそうです。
「何もしないなんてダメよ!今年は何か買ってあげないと!」

…というわけで、私の手元にはコンビニのシュークリームとロールケーキが。
特にセレブじゃない我が家、しかももらうのは私、花より団子だろうという旦那の判断でバラじゃなくお菓子…かわいいとこあるじゃん旦那。
チーズケーキ以外は特に何も用意してなかった私ですが、ちょっとした義理チョコくらい買ってきとこうと思いますです。

<おまけ・シリーズ化してまうぞ!本日の父ちゃん>
やっと術後の点滴もろもろの管が外され、リハビリを開始しました。
とはいえ、まだ自由の身とは言い難く、ベッドから出る際はトイレのみであってもナースコールをしなければならない規則です。
規則は破るためにある父ちゃんは、早速破り、勝手にトイレに行ったらしいです。
いちいち看護師さんを呼んで煩わせるのが申し訳ないという、父ちゃんなりの配慮だったようですが…。
そしたら「脱走した!」とみなされ、病院が大騒ぎに。
まあ、たかだかトイレに行っただけなのでほどなく発見され、またしてもお説教。

面倒かもしれないけど、その都度呼んでくれないと困ります!
トイレくらいひとりで行けると甘く見てはいけません!
こんなこと言いたくないけど、万が一、途中で転んだりして膝の患部が破損したら、私達が監督責任を問われてしまうんですよ!
許可が出るまで、絶対に勝手に出歩かないでください!


毎日毎日、本当に懲りない人ですね~。
一応「全く同じ過ち」は繰り返してないんで、老人ボケはないようですし学習能力もあるんでしょうが…とにかくマイワールド。
10年以上もの長きに渡る独居生活で、マイワールドには更なる磨きがかかったようです。
こんな呑気な性格だからこそ、寂しい独居でも何とかやってこれたんだとは思うんですが…規則は守ろうね父ちゃん。
先月作った
レモンのママレードを添えて…めっちゃウマ~。

2回目なので、クックパッドのレシピを勝手に少し変えました。
クックパッドでは、レモン汁は「ポッカレモン」を使用、とのことだったんですが、今うちにはありがたいことにもらいもんの瀬戸田レモンがいっぱいあります。
だから瀬戸田レモンの汁を絞って入れました。
ついでにレシピにはない「レモンの皮」を刻んで生地に混ぜ込みました。
これで濃厚なチーズケーキなのにさわやかさが増し、香りがすごくよくなりました。
刻んだレモン皮のせいで切り口がちょっとボコボコしてますが、前回よりは格段においしくなっています!
ということで。
レシピを教えてくれたともさん、レモンの皮はおすすめですよ!

<おまけ・シリーズ化していい?本日の父ちゃん>
ベッド生活の暇つぶしにと、ポータブルCDプレイヤーを持ち込んでる父ちゃん。
持参したCDは、父ちゃんの好きな演歌を中心に、なんと20枚もありました。
やけに荷物が重かったのはそのせいであったか。
しかしまだ体を起こすのが不自由で、ベッド横のテーブルが狭く動きが取れないためCDの入れ替えができず、最初にインしたCDのみをヘビロテする有様。
そして昨夜、プレイヤーは電池切れとなったようです。

20枚も持ってきたのにこれじゃあんまりだ~!と、クソガキみたいなことを言う父ちゃんを見かねた私。
CDを全て持ち帰り、昨年懸賞で当選してあまり使ってなかった
MP3プレイヤーに移し替え、父ちゃんに渡しました。

父ちゃん、大喜びです。
これならテーブルなどなくても、ベッド脇で寝たまま片手で操作可能。

最近はこんなおもちゃみたいな機械にいっぱい曲が入るんか~!
かさばるのに重いの我慢してCD持ち歩くのアホくさいの~。


…そういうのに疎い世代の父ちゃんには、未だにカセットが重宝です。
あ、でも、うちでもギリギリ、カセットは現役ですけどね。

余談ですが、父ちゃんが好きなのは演歌。
預かったCDの中には石原裕次郎とか、五木ひろしとか、ありました。
しかしそれらに混じって「長渕剛」やら「SMAP」やら、明らかに父ちゃんが自分で買いそうにないようなジャンルのCDがちらほら。
父ちゃん、若い彼女でもできましたか?(爆)
…と思ったら、母ちゃんの形見だそうな。なーんだ。
ネタが尽きない…それはずばり父ちゃん。

入院して5日が過ぎた我が父ちゃん。
まだ術後間もないため毎日お世話(と言っても重病じゃないし相部屋にいるくらいだし、大したお世話はいらんけど)のために病院に通う孝行娘の私。
大学進学の時に実家を出て、その後は父ちゃんと一緒に暮らしたことがない私ですが、もしずっと一緒にいたらおそらく、父ちゃんネタだけで長編小説が何本も書けるほどの濃い暮らしであったのだろうと思うのでした。
今現在、1日数時間病院に滞在するだけで、かなり濃いのです。
父ちゃん自身が長編小説書けば?というくらい。
でも、ネタが尽きない本人ってそういうことは考えないんでしょうね。

今日行ったら、ベッドのはしっこに貼り紙がしてありました。
看護師さんの手書き(多分殴り書き。字が怒ってた)でした。

病院の食事以外、一切食べてはいけません!!

…ま、また何か、やらかしたんですか?(汗)。

やらかしたようです。
お見舞いにいただいた「バナナ」を食べて、血糖値が上がって怒られたと。
昨日あれだけ注意されたのに何やってんだ父ちゃん。
父ちゃんの言い分は、こうでした。

朝食のデザートにバナナが出たけん、バナナはアリかと思うて食べた。
そしたらナシじゃったらしい。どういうことかのう。


だからね父ちゃん。
病院で出される食事はカロリーや糖分が計算されていて、出されたバナナはもちろん計算の中に入ってるからアリなんですよ。
お見舞いのバナナは計算外だからナシなんですよ。
計算外のものを食べたら、そりゃ血糖値上がりますよ。
…なんでこんな初歩的なことを説明せんといけんのん。

でも父ちゃん、その説明で納得してくれました。
納得の仕方は相変わらずボケてました。

そうか!それでバナナ半分に切れたやつが出たんじゃの!
ケチくさいことせずに1本食わせろ思うたわ~ははは。


大丈夫かこの人。
あまりの楽観ぶりが心配になってきました。
普段は独居の父ちゃん、食事は基本、自炊をしています。
糖尿持ちを考慮した自炊で、塩分や糖分は控えめだけど、少しぐらいの嗜好品(お酒とかお菓子とか)は別に禁止されていず時々食べています。
それでも定期健診で変な数値は出ないので、現在も少しぐらいのおやつはOKだと考えていたようで、なぜそんなに血糖値が上がるのか不思議だと言いました。

だからね父ちゃん。
今は普通じゃないんですよ。
体の一部を、切ったり縫ったり異物を仕込んだりしてるわけですよ。
確実に普段より体力落ちてるんだから、そりゃ変な数値も出ますよ。
もっと真面目に、治療に取り組みましょうよ。
今まで疑いもしなかったし、誰からも伝え聞いたことはないけど、もしかして父ちゃんは学生時代フダツキのワルだったのか?
校則という校則を一切守らずに、肩で風切って歩いてたのか?
だから平気で病院のルールを破っちゃうのか?

…あんまり、てか、全然イメージじゃないです(笑)。
まあ、単なるマイワールドでしょうね、これは。
ルール守ってちゃんとして早く退院して、好きなだけバナナ食ってください。
もっとも、父ちゃんは普段、そんなにバナナ命じゃありません。
よっぽどハラヘリがツライのでしょう。
私、入院経験ないしな~。
やっぱり「早く治そう」としか言えないですね。

早く治らなかったら、マジで長編小説書こう(爆)。
こんな楽しいネタの数々、そうそうないと思うのです。
今日から3日間、三原は神明市。
三原に春を告げる祭で、達磨市と呼ぶ人もいます。
やっさほどじゃないけど、三原の町に露店が並び、賑わいます。

土日は絶対、人で混雑するので、さっそく今日行ってきました!

曇り空が残念ですが、何とか雨には遭わずにすみました。さすが私。
そして今年もやっぱり達磨さんの顔は怖いです。
しかも、でかいです。

去年はカープ四角達磨マエケンバージョンを購入し、今年もカープのグッズが欲しいと思ってたんですが…売ってなかったのでした。
噂によると「職人の後継者がいない」とのことです。
今から私が弟子入りしても大丈夫でしょうか(汗)。
大丈夫なら来年用に、背番号21を勝手にたくさん作りたいと思いますが…大丈夫なわけないので何もないでしょう。

仕方ないので、ちっさい達磨を買って我慢。

4個ありますが、買ったのは5個です。
1個は買ってすぐに、入院中の父ちゃんの元へと届けました。
明日から始まる父ちゃんのリハビリが順調に行きますように。
残りは「うち用」「旦那の実家用」「旦那の両親経営の店用」「長期入院中の伯母用」という予定です…今年は1個300円と安価だったから、合計5個も買っちゃいました。
去年も書いたけど、達磨を贈り物にするとまず、ハズレはありません。
安くても確実に喜んでもらえるのがいいですね。

余談です。
昨日私が置いて帰った「サンドイッチ」「カレーパン」は、夜中に腹が減った父ちゃんがこっそりたいらげていたようです。
そして朝にまた看護師から怒られたと…懲りない人ですね。

ヤクルト1本、ガム1粒でも血糖値は上がるんだから厳守してください!

なんか私まで怒られた気がしてなりませんが、とりあえず食べるもの持参は厳禁となり、お見舞いでいただいた果物やお菓子をごっそり私が持ち帰ってきました。
おお、メロンがあるじゃ~ん♪
しかも網目の模様があるメロンが!…貧乏くさいの丸出し(爆)。

早く治って、好きなもん食べられるようになるのがいちばんですね。
糖尿持ちだから、ある程度は制限されるけど、そんなに厳格でもないし。
父の入院と手術は滞りなく終わりました。
やっと落ち着いて、PCの前に座っております。

入院しようが手術しようが、父ちゃんは相変わらずの天然ボケです。
その楽天的性格がいい方に向かってくれれば回復も早いでしょうから、いちいちマイペース言動に意見せずに見守る所存ですが…主治医と看護師を振り回さないように願うばかりです。

入院当日、手術にあたり看護師さんからアンケートがありました。
今、常に飲んでいる薬の種類や、普段の起床就寝時刻などを聞かれた父、ごく普通に回答していましたが…。
「あなたはどんな性格ですか?」という質問に対して

私はとても優しいです。世界一です!


などと自信満々にぬかしやがった…ああ恥ずかしい。

さすがに看護師さんが不審に思ったのか、すぐに私に聞きなおしてきました。
娘さんから見て、どんな性格ですか?と。
「おおざっぱで、雑です。呑気です。良く言えば細かいことは気にしません」
そのように答えておきました。
そしてこっそりと「老人ボケの兆候があるかどうか」聞かれたので、それも正直に「性格的にはかなりボケてますが、老人ボケはないです」と。

そして、このかなりボケた性格のせいで、術後に早速怒られる羽目に。

内臓の手術じゃなく足の手術なので、術後は普通に夕食が出ました。
しかし術後は体を起こしてはいけないため、汁物などが食べづらい…と言い、寝たまま食べられるようにパンを買ってきてくれと父は私に頼んだのでした。
何の迷いもなく私は、病院の横にあるコンビニで、サンドイッチとアンパンを買ってきて父に与えました。
その翌日もやはり同じようにパンを買うように指示されたので買ってきました。
これが間違いの元であったとは全く私も気づかず。

父は糖尿と高血圧があるので、1日に数回、血糖値と血圧を測られます。
それらの数値が異常に高くなったため、看護師から説教されたのです。

病院の食事以外のものを絶対に食べてはダメです!
足の手術だからって甘く見てはいけません!
血圧などが安定するように、糖尿と高血圧の人に合わせた食事を出してるんだから、それを食べていただかないと切ったり縫ったりした部分の治りが遅くなるんですよ!


父の頭の中ではどうやら、母が入院した時の記憶が強かったようです。
亡くなる直前はほとんど食欲がなく、点滴に頼っていた母に対し、主治医が「食べたいものがあったら何でも食べてください。病院で出るもので足りなかったらいくらプラスして食べてもいいですから」とずっと言っていたのです。
いや、私もそれ、覚えてるけどね。
足が痛くて動けずとも食欲旺盛の父ちゃんに当てはめたらダメじゃん。
病院の食事、特に父ちゃん用の食事は確かに、薄味でボリュームが少ないのでしょう。
それを単に好き嫌いと勝手の悪さで文句言ってるもんだと思った私、言いなりになってパンなんか買ってきて共犯者になったじゃんか。

結果、買ってきたパンのうち、父がまだ食べてなかったものに関しては持ち帰ろうと思い袋に入れ直していたところ…。
アンパンとクリームパンは持って帰れ、サンドイッチとカレーパンは置いとけ。

なんて言うではないですか。
父ちゃん、血糖値や血圧は「甘いパンじゃなかったら上がらない」ってことはないと思うぞ。
これからリハビリが始まるのに、ちゃんと規則やメニュー厳守できるんかな~。
なんか父ちゃんは自分で適当に規則作るから不安ですよ。
「俺がルールブックだ!」みたいな頑固一徹ワガママオヤジでは決してないんですが、どんな環境でもとことんマイワールド維持のB型父ちゃん。

病院の方々を振り回しまくる前に、早く治って退院しましょうね。
カレーライスを作りました。
大量に。
10食分はあるかと。
これで、2~3日は旦那が食いっぱぐれることもなかろうと。

そう私、旦那を置いて2~3日、留守にします。
昨日の記事の流れだと「お前ひとりで周防大島行くんか~、不良妻がぁ~!」と言われてしまいそうですね。
不良妻は残念ながら当たってますが今回は違うのです。
父ちゃんがいよいよ入院するので、実家に帰って入院の支度やら家の掃除やら、あとは病院への搬送、病院での手続き…などなどを手伝ってきます。
おお、不良妻転じて「親孝行娘」じゃないですか!
きっと誰もそう言ってくれないから自分で言うんだ私。

病院に入るのは2月7日から。
膝の手術は2月8日で、その後3週間ほど入院とリハビリをします。
つまり3週間、実家はカラになります…掃除と戸締りしっかりやらないと。

すでに冷蔵庫の整理等、生ものなどの消費は終わってる、とのこと。
そして父ちゃんは言いました。

お前帰って来ても食べるもんなんもないけんのう。
メシはどっか外に食べに行こう。
ほいで、わしがおごるけん、居酒屋でも連れてってくれや。
お前さえよかったらカラオケもおごるけんの。
時間があったら一緒にパチンコでもやるか。
3週間、酒も飲めんし、カラオケもパチンコも行かれんし、しっかり遊んどこう思いよるんじゃ。


私、このようなオヤジの娘である以上、自分が不良であっても致し方ない(爆)。
不良父の孝行をする不良妻は、入院準備のみならず、入院前チョイ豪遊にも付き合ってあげることにします…ハマリすぎていて笑えませんがな。
父ちゃんの入る病院は、高台の新興住宅地の中にあります。
とてもじゃないけど脱走して飲酒や遊戯にいそしめる環境ではありませんが(笑)、万が一にもそういうことがあれば各方面に迷惑をかけるので、事前にしっかり遊んであげようと思います。

ブログ更新は落ち着いたらしますね~。
小倉旅行に出かけたのはすでに先週となりましたが、まだいくつかの「購入した土産」によって、旅の思い出を味わい中の私。

その中で初めて買って、大当たりだったのがこれです。

これは、ジャムです。
「東和金時バニラジャム」わかりやすく言えば、山口県周防大島のブランドさつま芋である東和金時のジャム…スイートポテトのペーストみたいな感じ。
しかも単なるジャムではなく、焼きジャムなのです。
普通のジャムはトーストした後に塗りますが、これは焼く前に塗ってトーストするとおいしい…という食べ方が公式にあります。
瀬戸内Jam's Gardenってとこが作っています。

周防大島に行ったわけじゃないんですが、以前からこの「焼きジャム」の口コミ情報をよく聞かされていて欲しいと思っていたところ、運よく高速SAで見つけたから買った…という、よくある邪道(笑)。
これがちっさい瓶で600円台とややお高いんですが、めちゃウマだったんです。
単なるトーストがケーキみたいになるんです。
ホットミルクを作って溶かし込んで飲むと「おいもラテ」になるという説明も公式にあったんですが、それはお試しすることもなく、トーストで完食してしまいました…ごちそうさまでした。

また食べたいと思い、ネットで調べてみました。
SAにはこのおいもジャム以外にも、ショコラ&ぶどうとか、ゆず&りんごとか、オリジナルの調合商品がいろいろあって、どれもおいしそうだったので。
するとお取り寄せをやっていることがわかりました。



こちらに喜び勇んでアクセスしたところ…全品が品切れ(泣)。
いや正確には、表示は品切れですが、ネット販売を2月24日までやらない、とのことです。

仕方がないので商品だけながめて、今日のところは満足。
すごいです。
ジャムとママレードばっかり、合計93種類もあります。
SAにあったのは10種類くらいだったから、ほんの一部だったんですね。
私、自分で作ったことがあるのは、レモンやネーブルなどの柑橘ママレードと、あとはいちごとりんごのジャム…くらいしかなく、ピオーネやさつまいもでジャムを作るという発想に至りませんでした。
ましてやチョコやキャラメルをブレンドする発想など皆無です。
多分、思いついても失敗が怖くてやらないでしょう。
市販のブルーベリージャムにうっかり練乳を混ぜて、胸焼けしたことならあるけど(笑)。

お取り寄せもよさそうですが、周防大島に実際に行くって手もありますね。
そんなに遠いわけじゃないし、島だけど無料の橋は架かってるし、ドライブするのも楽しそう…とか考えていたら本末転倒になりそうな運転サルの私。
とりあえず、ネット販売開始を待ってみましょう。

ああしかし、夜中にこんな記事書いてると腹が減る~~(泣)。
節分です。
ということは、翌日は「立春」…。
ウソだろ~!と言いたくなるほどの寒波です。
幸い、わが三原は積雪や凍結はなく、ただ寒いだけで何とか過ごせましたが、テレビニュースを観ていると連日、大雪の報道がなされています。
痛ましい事故もいくつかあったようで…お気の毒です。

そんな寒いさなか、元管理人夫人に会ってきました。
元管理人夫人については、こことかこことか参照。
(簡単な説明…私が三原の社宅に引っ越してきた際、管理人夫人として迎えてくれて仲良くしてもらっていたが、昨年ご主人と離婚、実家のある広島市に行ってしまい、現在はご主人と長男くんのみ三原の社宅で暮らしている。)

今回の待ち合わせ場所は尾道です。
今回も長男くんを私の車で連れて行きました。
そして、驚きの発表を彼女から聞かされました。
彼女に新しい恋人ができて付き合っていることは年末くらいに聞いていたんですが、なんと今年中に入籍するそうです。
長男くんや長女さんは交際相手(会社経営者で大金持ちでものすごく優しい人らしい)にはすでに会っていて、応援してくれているけど、まだ入籍することは長男くんは知らなかったようでびっくりしてました…こりゃめでたいわ~。

当初は、いくらなんでも離婚して間もないし、しかも2回も離婚してるし、堀ちえみじゃあるまいし…と、再々婚には消極的だったようです。
しかし最近になって、浮気癖のある元旦那が復縁を迫ってきたそうです。
その理由が「1年以内に確実に異動にかかるので、その際に父子家庭として新赴任地に行きたくない」という、身勝手極まりないものでした。
元旦那は離婚直後から彼女にストーカーまがいの行動を取り、彼女が携帯番号を変えてもGPSを使って付きまとい、そこから逃れるために幼馴染だった男性に力を貸してもらい結果その心優しい男性と愛を育んだ…という、元旦那にとってはすごい皮肉な結末になっちゃったわけですけど。
まあ、このままだと元旦那からしつこくされるだけなので、早いとこ入籍して新しく生きていこうということにしたみたいですね。

それプラス、今の彼氏のお母さんが、孫を切望しているのも決め手になったようです。
今の彼氏はバツイチで、実子がひとりいますが、元妻が引き取っていて一切会えずにいるため、結婚してぜひ孫を!と言われているとか。
彼氏の家族がそんなふうに言ってくれて、彼女の子供たちも応援してくれているのだから、きっと間違いないちゃんとした相手なのでしょう。

彼女の1回目の結婚はお見合いで20歳の時で、相手は10歳年上。
2回目の結婚は26歳で、相手は5歳年下。
年齢は異なる2人ですが、どちらも離婚原因は相手の浮気だったようです。
「私は男を見る目がないのよ」なんて言っていた彼女…現在のお相手は同い年だそうです。
根拠はないけど、客観的に年齢だけ見れば、前の2人よりは温度差が少なそうです。

今度こそ、幸せになってほしいですね。
略歴だけだと彼女、3回も結婚するなんてものすごいビッチなイメージに感じるかもしれませんが、とても真面目で誠実な女性なんですよ。
最初の結婚までいわゆる「純潔」だったらしく、入籍後の「初体験」でいきなり長女さんを身ごもり、その後は育児の日々…若い頃から今に至るまで、遊びの一切なかった人です。
だからこそいい意味で男慣れも世間慣れもしてなかったのでしょうけど。
未だに遊び呆けてる私とはエライ違いの立派な人なのです。

あ、私は男遊びと酒遊びは一切やらないですよ念のため(笑)。
ただし他の遊びをほとんどやりますねダメですね(爆)。
そんな風来坊の私などよりは、彼女は幸せにならないとね。
ただし、風来坊はそれなりに、幸福の追求はしますよ。
彼女とは大きく異なる内容の幸福と思われますが、それでいいのです。
岩国に移動して、日本三名橋と呼ばれる「錦帯橋」に行くんですが、その前に楽しいランチタ~イム!

手前のご飯と味噌汁がはみ出す豪華っぷり。
しかも味噌汁の後ろにあるのはなんと、フグのから揚げです。
こんだけ食べて千円、しかも美味…すごいぞ山口県。
広島県じゃ、フグがある時点で倍額ですね。

ゴキゲン状態で錦帯橋へ。

かっこいいです。
この形状を保つのに、何億円もかかっているだけあって、美しいです。
しかし渡ってみると大変歩きづらい…それを言っちゃあダメです。
急なわけでもないのに、踏み外しそうになる段差が匠の技を思わせます。

橋を渡って、岩国城にも行ってみました。

木が邪魔ですが、このアングル以外で全体を収められません…ま、いっか。

城の最上階からの景色。

わかりにくいですが、てか全然わかんないですが、奥の方が三角州になっていて、矢印のあたりに米軍岩国基地があります。

お城のふもとの吉香公園では、白蛇が飼育されています。

天然記念物なので、それはそれは大切に育まれているようです。
目が赤くてかわいらしいです。

こいつらは飼育はされてないんだと思いますが猫がたくさん。

全然人間を恐れず、じゃんじゃん近寄ってきてめっちゃかわいい!
生きた白蛇に生きた猫…どちらもかなりの金運に恵まれそうですね。

ここからはまっすぐ帰宅のつもりでしたが、せっかく岩国に来たんだから…と、テレビやガイドブックでたびたび紹介されるこちらへ。

寂しい山道の峠のあたりに突如出現するド派手な飾りの「いろり山賊」です。
年中何かのお祭りみたいですが、れっきとしたレストラン。
ただし、ボリューミーなフグランチのおかげで空腹ではなかったので、コーヒーのみいただきました…次はハラヘリ状態で行きたいですね。

かなり要約しましたが、旅日記はこれで終了です。
まだまだ日本、それも比較的近場にも、未知の領域がいっぱいですね。
海外旅行に興味ないこともないけど、近場の未踏地にもっともっと行ってみたいです。

私がこういうことを考え出すとだいたい、旦那の転勤が近くなる…そりゃいかん。
居住もうすぐ2年半の三原市にもまだ未踏地はあります。
寒波が去ったら、ちょこまかと行っとこう。
小倉で競馬を楽しんだ翌日。
2泊3日なので、もう帰途につかねばなりません。
それで帰途にある「山口県」を観光することに。
山口県は去年の秋に左半分をいろいろ観光したので、今回は下半分を攻めつつ帰宅しよう!という適当な計画でした。

九州最後の思い出?めかりPAからの関門橋です。

逆(本州側からの写真)は何度も撮ったことがあるんですが、九州側からはあっただろうか…記憶にないようなあるような。
めかりPAは初めてではないので、たまたま時間帯やら天気やらが悪くて撮ってなかったのかもしれないですが…ブログの過去記事から出てきたら笑ってやってください(汗)。

山口県の瀬戸内海沿いをひたすら走り、学問の神様「防府天満宮」へ。

北野天満宮、太宰府天満宮と共に、日本三大天神と呼ばれていますが、三大天神の中では最マイナーのようです…でも日本最初の天神様なのです。

一応、お参りしてお守りも買います。

現在、受験生どころか担当生徒が全然いない状態の私ですが、FA権を取得したり教材を作ったりして教育業界にギリギリ携わっているので、まだ見ぬ方々の成功をやっぱり祈っちゃいますね。
職業病と言ってもいいんですが、ポジティブで先進的な職業病なのでまあいいかなと。

防府天満宮に来たのは、通算で生涯3回目です。
2回目は10年ほど前だったでしょうか。
その時には存在しなかった、こんなものが近くにできていました。

「まちの駅うめてらす」です。
2010年の4月にできたそうです。
観光案内や土産販売が中心のよくある施設ですが、私はそのよくある施設がとても好きでして(笑)、しかも私のような人種は多いようでとても賑わっていました。

雛祭りが近いので、雛人形が飾ってありました。

このあたりも竹原のように、町並み地区で雛祭りをやるのでしょうか。
ちなみにこの雛人形、衣装デザインが山本寛斎さんだそうです。
その割には斬新ではありません(失礼な)。

防府の次は岩国に移動です!