FC2ブログ

らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

昨夜は上下泊で更新お休み。
上下町、かなり寒いです。
すでに朝晩は4℃位まで下がっています…府中町は20℃近いのに。
そろそろきれいな紅葉が見られそうですね。

上下町に泊まりに行く前、広島市で仕事でした。
かねてから行ってみたかった「THE OUTLETS HIROSHIMA」に行ってみました。
20181031
今年の春にオープンした、イオン系の大規模なアウトレットモールです。

オープン当初はかなりの混雑があり、道路も渋滞したようですが…。
20181031
今も人は多いけど落ち着いて、割と自由に歩けます。

ここに来た主要目的は、映画鑑賞です。
20181031
「鯉のはなシアター」です。
広島ローカルの人気テレビ番組の映画化作品です。

劇場入口にテレビ番組担当の人が来ていて、ステッカーをいただきました。
20181031
いつもカープにまつわる感動秘話を放映している番組です。
公開放送に、何度か参加させていただきました。

映画、すごくよかったです。
たくさんの「鯉の話」エピソードが出てきて、随所にカープ愛がほとばしっていました。
ストーリーの核は、広島市で潰れそうになっている映画館を立て直す…というものですが、かつて何度も球団として潰れそうになったカープの話がいろいろと引き合いに出され、カープファンなら泣ける内容です。
ミニシアター系の作品なので、福山市の映画館での上映がなく、広島市での仕事にかこつけて大忙しで観てきましたが、そこまでして観る価値があったと思います。

中央でご活躍の俳優さん(徳井義実さん、八嶋智人さんなど)も出演されています。
広島ローカルのタレントさん(松本裕見子さん、さいねい龍二さんなど)も出演されています。
カープOBのナベさん、木下さん、北別府さんも特別出演されています。
みなさん、カープ愛いっぱいで、いい味出しています!

よろしければ、予告編をご覧ください。

私、この予告編だけで泣けちゃうんですよ…。

さて、THE OUTLETS HIROSHIMAに行ってくる、と旦那に言ったら。
なんか土産買ってこんといけんじゃろーと言われた…そうなのか。
まあ、アウトレットモールは普通は買い物しに行くところですしね。
広島市っぽいものを探さんと。

あった、広島市っぽいもの(笑)。
20181031
赤ヘルリンゴパン…ビジュアルもいいし、おいしそう。

これも広島市っぽいもの←そろそろやめれ。
20181031
鯛焼きじゃなく、鯉の形をした「鯉焼き」。

もう、今の広島市にはこういうものが溢れているのです。
県内ならどこでも溢れていますが。
これらは県の東部じゃあまり見かけないものなので。

日本シリーズで激戦中のカープを、映画の余韻とおいしいお菓子で応援します!
スポンサーサイト
やっとリアル日記に戻れます。
旅の記録を思い出しながら書くのは楽しいんですが、精神的に自分が現在している生活から遠ざかってしまうという欠点があり、なんともいえない現実逃避感があるのです。
実際には仕事も遊びも広島県にて進行中なのですけどね。

で、映画鑑賞してきました。
「2001年宇宙の旅」です。
20181026
1968年に制作された映画ですが、期間限定でIMAXにて公開中です。

アポロ11号が月面着陸したのが1969年なので、それよりも1年も前に作られた映画ということになります。
宇宙というものが、完全に未知だった頃のことです。
今でこそ、宇宙が舞台の映画はたくさんありますが、それらは地球人にとって宇宙が近い存在になってから作られたもの。
なのに、信じられないほどこの作品は、宇宙の全貌が精巧に描かれています。
とても50年前の作品とは思えません。

確かに、特撮やCGの技術は今には及ばず、雑な感じはします。
しかし今は当たり前でも、当時は考えも及ばなかった「AI」も出てきて、物語の核を成しています。
これ以上書くとネタバレになりますね…スマセン。
あとは音響が素晴らしかったことを述べておきます。
単なる地響きも、クラシック音楽も、すごく効果的で印象に残りました。
11月1日で上映が終了する(広島県東部)らしいので、早めの鑑賞がおすすめです。

映画の前に食べたガストのランチとか。
20181026
ミックスフライランチ、ごはん少なめです。

ごはんが少なめなので量が足りず(どんだけ食うんだよ)、スープとドリンクはおかわりしまくりました。
でも、映画の前なので、ごはんは少なめでよかったかも。
多かったら寝てしまった可能性が…あ、映画は全体的には面白かったんですよ。
ただ、最初の展開があまりにもゆるすぎて暇に感じたのです(汗)。
その暇な展開でさえ全部伏線だったわけで、奥が深かったのでした。
カープ優勝から一夜明け。
嵐のようなお祭りムードから一転、今日は試合があるのに、テレビ放送すらないという…わかりやすうございますね。
そんなもんです。
でも、どうせ夜は仕事だから、帰りにラジオ実況を楽しみましょうかね。

…しまった、代車なんだった。
ラジオ聴けるのか。
取説がなく、四苦八苦しながら、RCCラジオを受信することに。
なんとかできましたけど、これ、FMに切り替える方法はわかりません。
また、CDなどを放り込んだ場合、元に戻す自信はありません。
マニュアル車だから、信号待ちの間に操作するのは不可能。
ああもう不慣れな車は面倒でいかんわ。

不慣れな車(スバルのプ〇オです)で、昼間は映画を観に行きました。
20180927
「ジュラシック・ワールド 炎の王国」です。

不慣れな車でわざわざ行った理由はですね。
上映期間が今日までだったんです。
今日観に行かないと、テレビ放映を待つしかなかったんで、慌てて行ってきたんです。
遠くの映画館まで行けばもう少し長くやってますが、近くでやってるんだから近くで観たいじゃないですか。

映画の内容は…。
恐竜の動きがとてもリアルです。
このシリーズは結構長いですが、CG技術はさすがに回を追うごとにパワーアップしています。
いや本物の恐竜見たわけじゃないので、リアルかどうかなんてわからんのですが…。
ただ、脚本はパワーアップしているかどうかは微妙です。
どうしてもマンネリになっちゃいますから。
恐竜がだんだん賢くしつこくなってきてるのはわかりますけど(笑)。

でも、このシリーズには、脚本の面白さは求めなくてもいいんじゃないかと。
ハラハラドキドキさせていただけたら、それでいいんじゃないかと。
USJのアトラクションもマンネリをわかっていながら、ハラハラドキドキしたくて、行ったら必ず何度も乗っちゃいますから。
そういう意味では、すごく面白かったです。
慌てて観に行ってよかったと思います。
4DXだともっとよかったかもしれません。

映画を観に行ったコロナワールドは、入口がこんなになってます。
20180927
広島県内で、カープ優勝で盛り上がってない場所はないですね。
便乗商法とも言いますが、そんなことは気にしなくていいんです。

そのカープ、今日はあっさり大差で負けました。
みんなビールかけで酔っぱらいで、しかも深夜までインタビューされて寝不足で、そんなんで勝ったら逆に怖いじゃないですか。
だから明日から頑張ったらいいと思います。
来るべきCSと日本シリーズに向けて、しっかり調整を行い、去年とは違う納得のいく試合を見せてください!
現場の仕事は今日は無しで、夏休みの打ち合わせ。
なんか、少しだけ賞与がもらえるそうです、私。

話せば長いので端折りますが。
この春から指導している中3男子が、自分の従弟に私の所属カテキョ会社を紹介し、従弟が入会することになったそうな。
それでわずかですが、私にも「紹介料もどき」が出るそうな。
そういう具体的な事例があったのは初めてなので嬉しいですね。
もっともっと生徒に我が社を宣伝してもらうのがいいのでしょうか。
そのためには、もっともっと生徒から気に入ってもらわないといけませんが…努力します。

打ち合わせの食事は「てんや」の上天ざるそば。
20180724
てんやだったら、天丼が食べたいけど、ごはんは今は我慢です。
来月初旬に解禁予定です(笑)。

打ち合わせ後に、映画鑑賞です。
「ラプラスの魔女」以来の今回はこれです。
20180724
「名探偵コナン ゼロの執行人」です。

これも、ラプラスと同じく、上映が終わってしまいそうだったから選びました。
実際には人気が続いているので、まだしばらく上映はあるそうですね。
安室さんが大人気になっていると話題になった作品です。

安室さん、さすがかっこよかったです。
かっこいいというよりは最強というべきか。
コナンも最強でしたけど。
コナンの映画を劇場で観たのは久々でしたが、今回は特に安室さんよりも福山雅治さんの歌う主題歌に惹かれた…というのが主な鑑賞理由でした。
シナリオを読んで世界観を理解して、福山さんが作り上げたという主題歌は、これまた最強でした。

安室さんをひとつだけほめておくとするなら、あの決めセリフです。
これはぜひ観て確認してほしいと思います。

さて、明日から5日間ほど私、旅に出てきます。
旦那のGW休暇が今頃やっと取れましたので。
といっても少し取れただけで、まだ残りがあるようなんですが…。
行先は「鹿児島県」です。
目的は「九州新幹線」と「西郷どん」ロケ地巡りです。

というわけで、帰宅したら次回更新をしますね!
映画鑑賞してきました。
今回は、これです。
20180621
「ラプラスの魔女」です。
原作者は東野圭吾さんです。
三池崇史監督で櫻井翔さん主演は、ヤッターマンのコンビですね。

今、新しい話題作が出まくってる中、なぜこの作品を選んだのかといいますと、もうすぐ上映期間が終わりそうだからです。
出来はいいけど興行収入大コケ、なんて言われているし、原作ファンとしてはぜひ観ておこうと思ったのです。
実際、上映5分前に座席を取りに行った時点で、誰も予約者がいなかったという(汗)。
これは久しぶりのボッチ鑑賞か…と思ってたらもうひとり来ました。
ふたりだけのため、映写機が回ってくれてました…寂しいじゃないか。

内容ですが…。
主演は櫻井翔さんですが、櫻井さん目当てで観に行くとちょっとがっかりするかも。
私はそうでした(汗)。
主演なので出番は多いことは多いんですが、なんかキャラが立っていないというか、存在感が薄いというか、悪くはないんだけどイマイチというか。

他のキャストがものすごく豪華でそれぞれが濃すぎました。
櫻井さんじゃなく、広瀬すずさんや福士蒼汰さん目当てで観るならかなりおすすめですが、一番すごかったのはトヨエツさんでした…もう猟奇的で怖い怖い。
志田未来さんはかわいらしく、今日まさにご結婚を発表された玉木宏さんはいい味出してました。
他にサトエリさんや高嶋政伸さんや檀れいさんやリリーフランキーさんなども出演されていて、ここに書いただけでもめっちゃ豪華キャストだということはおわかりですよね。

さて、予告しておきますが、明日は更新しません。
広島市に1泊してきます。
旅行じゃなく、コンサートに行くんです。
セカオワに続き、ラッキーなことにこれも当選したんです!

コブクロのコンサートなのです。
20180621
席を確認したらめっちゃ悪い席だったんですが…当たっただけ良しとしましょう。

コンサートは土曜日なんですが、旦那と行くことにしたら、前日に行って1泊しよう!と提案されまして。
旦那、コブクロよりも広島市で飲むのが楽しみらしいです。
コンサートの翌日は旦那は宿泊勤務があるので、前日入りすることになりました。
まあ、いいでしょう。
上下町にいたらただでさえ近所に飲みに行けなくて、それで府中町まで来てもやっぱり近所は店に限りがあり、福山や尾道までわざわざ出向いて…という生活なので、たまには都心部でゆっくりと飲みたいんでしょうね。

ということで、私はコブクロ、旦那は広島飲み、楽しんできますね!