らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

行ってきました、セカオワライブ!

チケットはなんとか当選したものの(2万人収容なら当たり前か)、現地の駐車場の抽選に漏れてしまい、慌てて福山駅発のJTB往復バスツアーに申し込み、ツアーの都合で、ライブ開始は18時なのに朝9時に集合させられました。
しかも終了して家に着いたら翌日1時という…ハードな1日でした。
でも、最高の時間を過ごせました。
セカオワの皆さん、本当にありがとう!
まだ余韻に浸っています。

福山駅でペンちゃんと落ち合い、バスではるばる庄原に来ました。
20180513
国営備北丘陵公園の芝生広場に「インソムニアトレイン」のゲートができています。
眠らない森に迷い込む、そんなイメージですね。

開場までは当然、かなりの時間があるので、物販や食事屋台などを見ていきます。
20180513
深瀬さんプロデュースのカレーのお店がありました。
どんな味なんだろう。
「サザンカ」PVで、クリームシチューにタバスコを入れて食べるシーンがあるけど、深瀬さんのそういうユニークな味覚のカレーなんだろうか。

物は試しです。
食べてみましょう。
20180513
意外?にも、おいしいです。
ピリッとスパイシーで具材が大きいカレーというのは珍しいですが、これはおいしかったです。

さて、いよいよ開場です。
20180513
我々の指定立ち位置は、ステージの右側寄りでした。
やはり遠いですね。
でも、すごい気合の入ったステージセットに心が躍ります。

ライブ開始です!
20180513
モニター頼りではあるけど、歌う深瀬さんはカッコいい!

DJ LOVEさん。
20180513
終始、ノリノリで盛り上げてくれます。

なかじんさん。
20180513
彼もやっぱりカッコいい!

産休明けの彩織さん。
20180513
当たり前なんですが、深瀬さん以外はモニターへの映り込みが少なく、撮るのに苦労しました。

すっかり日が落ちて、夜の部が始まると、ステージがライトアップされます。
20180513
ここから先は写真がうまく撮れていません…光ばっかしです。

「スターライト・パレード」のお時間。
20180513
スターライトリングが輝き、観客席が坂になっているため、星空が徐々に上がっていくみたいですごくきれいだとなかじんさんが言っていました。

一応、セットリストを載せておきます。
1.インスタントラジオ
2.マーメイドラプソディー
3.Error
4.Love the warz rearranged
5.サザンカ
6.Hey Ho
7.ANTI-HERO
8.深い森
9.炎と森のカーニバル
10.RPG
11.Death Disco
12.MAGIC
13.Re:set(新曲)
14.白昼の夢
15.Monsoon Night
16.ラフレシア(新曲)
17.スターゲイザー
18.スターライトパレード
19.Dragon Night

アンコール
20.ピエロ
21.Fight Music

2曲目の「マーメイドラプソディー」では、数少ないなかじんさんのボーカルパートがあるんですが、いきなり歌詞を間違えてしまうという珍事が起こりました。
また、深瀬さんの声は高音部で裏返ってました。
そういうハプニングがあると、ああライブ感いっぱいだ…と、現地に行ったことが嬉しくなります。
口パクでライブをするアーティストも多いですからね。
セカオワはちゃんと歌ってくれていることがわかりましたね。

さて、仮想ドレスコード特典のために「うさみみ」を持参していたんですが。
仮想ドレスコードとは、実は、仮想コンクールのことでした。
仮装して、会場の指定の場所に行って写メを撮り、特設サイト宛に応募すると優秀者にプレゼント、みたいな。
そんな大掛かりなものに、100均のうさみみで応募するわけにはいきません(汗)。
気合が入っていて、まるっきり深瀬さんになり切ってるようなすごいコスプレイヤーがいっぱいいましたからね。
したがってうさみみは出番なし、ちょっとほっとしているというか。
普段着で来られる人も多かったですしね。

ともあれ、約半年前から待ちわび、当日も朝から待ちわびたライブは終了しました。
セカオワが庄原に来たのは、2010年のセットストック以来でした。
サカナクションやYUIやユニコーンが来た年で、セカオワはまだインディーズでした。

ということは、次に来るのは8年後、なのでしょうか。
もし次があるならぜひ行きたい!と思います。
野外のライブはフェスと同じで、会場の足元が悪かったりやたら歩く距離が長くなったり、お手洗いが遠いうえにものすごく混雑したり…と、不便が多いものですが、セカオワにはやはり野外が似合います。
もし真夏のくそ暑い時期だったら、疲労してイヤになっていたかもしれませんが(汗)、ちょうどいい気候で天気もよくて、あらゆる意味で大当たりのライブだったのでした。
スポンサーサイト
非常に恥ずかしい思いをしながら。
うさみみカチューシャを買ってきました。
マジ恥ずかしい…。
20180510
高級なもんじゃないですよ。
100均に売ってたやつです。

何に使うのかというと。
20180510
コンサートチケットですね。
12日にペンちゃんと行くのです。

B'zやゆずやカープの試合やら、ことごとくチケット抽選に落選しまくった私が、今のところ唯一当選したチケット。
「SEKAI NO OWARI 野外ツアー2018」です。
11月に申し込んで、12月に当選して入金して、4月下旬に発券が可能になって、5月12日がイベント当日…ずいぶんと長く待ったような気がしますが、やっと行くことができます。

で、うさみみカチューシャですが。
チケットをよく見ると「仮装ドレスコード特典あり」って書いてあるんですよね。
そういえば、セカオワのライブDVDとか見ると、コスプレをしている観客が多いです。
メンバーとおそろいの衣装だったり、LOVEさんのピエロのお面だったり、パーティーに行くような恰好だったり。
しかし私もペンちゃんも、そういう若さについていける歳ではないです。
マツダスタジアムでカープユニフォームを着て観戦に臨むのとは違うのです。
いっそカープユニフォームで行こうかとも思ったけど、それはセカオワ的にはナシだと思われ。

だったら普段着で行けばいいじゃん。
それも考えたけど、いかにもつまらんじゃないですか。
それで苦肉の策としての「うさみみ」なのです。
これなら荷物にもならないし、何もしてないよりは雰囲気が盛り上がるでしょう。
セカオワのメルヘンチックなイメージに少しでも近づきたい、ギリギリの選択が「うさみみ」でした。
本当はねこみみが欲しかったけど売ってなかったというオチ、でもあります(汗)。

場所は庄原市の「国営備北丘陵公園」です。
普段は花畑や電飾の会場ですが、音楽イベントも多く、セットストックなどを開催していた場所でもあります。
17年前にはなんとSMAPやミスチルがここでコンサートをしました。
2万人収容なので、場所によってはステージはちっさく見えるでしょうね…。
モニターあるから双眼鏡は要らないと思いますが。

ステージの雰囲気を知りたくて、過去の写真を探していたんですが。
SMAPがライブをした際の航空写真を見つけました。
20180510
ステージをちゃんと見るのは諦めましょう(笑)。
てか、これ、こんなんじゃまともに見れるわけないじゃ~ん!

夜だし、ステージこんなんだし、うさみみつけてる意味ってあるんでしょうか。
まあ、なんでも形が大事ということで。
今日は旦那は休日だったようです。
そういう時は最近はほとんど府中町に来ているんですが、恒例の人事異動期に差し掛かっているため、勤務先からあまり遠くまで出かけられないみたいです。

それでかどうかは知らないけど、こんな写真が送られてきました。
20180312
ん?堤体?
ダムじゃないのか。

ダムですね、間違いない。
20180312
それは私の趣味ではあるけど、旦那の趣味とは違うはずなのに。
しかも小規模ながら放水中じゃないか…なんとうらやましい。

はい、ダム確定でした。
20180312
ハイヅカ湖に行ったんですね。

聞けば、特にすることがないので車の慣らし運転でもと思い、ついフラフラと走ってたどり着いたそうです。
おいおい、そりゃ私の行動そのものですよ。
することがなくてフラフラとダムに行っちゃうとか、完全にダムヲタです。
結婚して間もなく18年。
やっとこさ、興味の対象を分かち合うことができてきたのでしょうか。
いやまあ、私が普段、ダムダム言い過ぎですからね。
行く場所のネタがない時に、ダムの看板を見かけてつい行っちゃった、というのはあるかも。

ああ、しかし、うらやましいことです。
私も灰塚ダムに行って放水を見たかったのに、ひとこと誘ってくれればいいじゃんか。
まあ、誘ってくれても、今日は仕事があったので無理でしたが。
せめてお土産くらいはないだろうか、ないでしょうね。
つい行っちゃったとはいえ、やはり旦那のダム成分は私よりははるかに少ないだろうし。

…あるじゃん、お土産(笑)。
20180312
ダムカードもろうてきてくれましたよ!

3年ほど前にリニューアルしたカード、私これまだ持ってなかったんです。
めっちゃ嬉しいです。
ありがとう旦那。
感謝の気持ちは当然ですが、旦那がひとりでダムに行ってダムカードをもらってくる、という事実にびっくりしています。
そもそも、ダムカードのもらい方を知ってたということに驚いています。
ダムヲタの私は普通にもらうけど、もらい方を知っている人はまだまだ圧倒的マイノリティですから。

高橋一生さんの「ゴーイングマイウェイ賛歌」じゃないけど。
好きな事に夢中で生きる、マニアックって素敵!
平昌オリンピックが開幕しました。
開会式は明日ですが、早速、レジェンド葛西のジャンプする姿が相変わらず美しいなぁと。
仕事から帰って、ギリギリで見ることができました。
今回こそはぜひ、金メダルを獲得してほしいですね。

北朝鮮のやってることがちょっと不気味ではありますが、スポーツを頑張る方々には不気味は関係ないので、正々堂々と競技するのを見せていただければそれでいいかと。
成績悪いからって、怒ってミサイル飛ばすようなことがなければ、それでいいかと。
オリンピック終わった後で、手のひらを返すようなことがなければ、それでいいかと。

今回のオリンピックで、私が注目しているのは、この人です。
いや、この人でした…になりつつありますが(汗)。
20180208
ソチオリンピックのスノーボードハーフパイプ銀メダリスト・平野歩夢選手です。
当時15歳で、スノーボードにおける最年少のオリンピックメダリストとしてギネス世界記録に認定されています。

4年前に彼の競技を見て、小さい体で連続回転する様子に驚きました。
銀メダルを受賞し、インタビューを受ける姿が初々しくてかわいらしく、キュンキュンしました。
その後、未成年飲酒など事件を起こしましたが、どんどんイケメンになり活躍する彼を応援したくなりました。
スノボの選手はやんちゃで育ちも行儀もイマイチ、そんなイメージを一新してくれる彼は素敵だと思ったものです。

なのに。
この姿は何なんよ~アユム!
20180208
金メダルが期待できそうなのは事実ですが…。
スノボ選手のデフォルトである、見た目のチャラさに大衝撃じゃないか。

この既視感は、そう、バンクーバーの時ですね。
着崩しユニフォームに腰パン、ドレッドヘア、鼻ピアス、サングラスで登場した、同じくスノボ選手の國母和宏さんです。
そしてチャラ姿で「ちっ、うっせーな、反省してまーす」なんて会見で言い、こいつ何者と思わせられた…そんなこともありました。
國母さんへのリスペクトで、平野選手があの髪型になったのであれば、私としては「応援したいけど何か違う」という違和感を禁じ得ないのでした。

いや、國母さんも平野選手も、すごい実力者だってことは認めますよ。
ただ昔書いたことがあるけど、スポーツって形が大事じゃないかと。
高校球児が坊主にしたり、フィギュアスケート選手に茶髪がいなかったり、そういう品行方正な部分は必要だと思うのです。
悲しいかな、スノボっていうスポーツはやっぱり、見た目的なチンピラが容易に参加できるカテゴリなんだなと。
みんながみんなそうだというわけじゃないですが、ちょっと残念ではあります。

もちろん、応援はしますよ。
日本代表としてメダルを獲ってほしいと思います。
競技してるときはしっかり帽子かぶっていて髪型は見えないし、きっとソチの時のようにかっこよく競技してくれると信じています。
ただ、個人的ミーハー的な関心は、他の選手に移行しそうです(笑)。
誰がいいかな~。
ルックスで選ぶなら、宇野昌磨選手、でしょうか…かわゆいですよね。
珍しいことに、仕事が18時に終わりました。
今日は旦那は雪深い上下町にこもっており、夜も完全にひとりです。
で、かねてからやろうと思っていたことをやってきました。

いや、たいしたことはないんですけど…。
2018版のエヴァの最新パチンコ機が10月にリリースされたのに、まだ打ってなかったんです。
昔ほどパチンコには行かなくなったんですが、エヴァだけはやはり外せないですね。
18時に仕事が終わったので、18時半くらいからちょっとだけやってみよう。
そんなに時間はないけど、まあちょっとだけ。

ちょっとだけで、キタコレ!!
IMG_3194bb.jpg

丸で囲った部分にカヲルくんのデフォキャラがおります。
これが出たら確変確定なのです…ヒキ強すぎなのはビギナーズラックでしょう、多分。

結局、1000円投入して、約1時間で20倍になりましたとさ。
なかなか面白い機種なのでまたやってみたいですが、どうせやるなら時間かけたいですよね。
そんな時間が取れるようになった頃に、この機種が廃れていなければいいんですけど。
劇場版「Q」の内容もバッチリ演出に入っていて楽しいです。
それより早く劇場版完結編を作ってほしいです(笑)。

ひとりだし家でごはん適当に作って食べるつもりでしたが、臨時収入あったので外食です。
20171205
そんなに豪華な食事じゃないけど、外で食べる尾道ラーメンはおいしいですね。

そんなことを書いてる間に、うっすらと雪が積もってきた府中町。
凍結したら仕事に行けんじゃんか。
昼にカンカン照りになってくれたら問題ないけどね。