らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

ねくらさんが大阪から帰省してきました。
先月、ねくらさんとはるさんのお母さんが亡くなられたのですが、今回は四十九日法要のための帰省です。

先月は私は引越し後のパニくっていた時期で、まだ仮住まいしかない状態だったので、通夜にしか参加できず、そのせつはこんな不義理な私のために大変よくしていただき、ねくらさんのご親族には感謝しています。
風呂がアレなため銭湯に行かねばならくて、銭湯が閉まる前に早々に引き上げようとした私に、なんとはるさんがご自宅のお風呂を提供してくださるという至れり尽くせり…ありがとうございました。
あの時はネット開通がまだで、ブログは休んでいたため、今更ですがこの場でお礼申し上げます。

今回、ねくらさんが大阪発の高速バスで降り立ったのは、なんと府中市の道の駅。
私の新しい家に合わせてくれました。
降り立ったねくらさんを迎えに行き、久々の再会に話がはずみます。
実際には先月会ったし、そこまで久々でもないんですが、先月会った際はお互いバタバタしてゆっくり話ができなかったので、やっぱり久々の感覚でした。

因島の、ねくらさんのお姉さんのご自宅にあるさくらんぼ。
20170520
これを一緒に狩りに行こうと、楽しみにしてたんですが…。

なんと、わずかの間に全盛期は終了していたようです。
がっかりです。
がっかりですが、せっかく会ったんだし、のんびり語り合いましょう。
ひらさんにも連絡を取って、尾道で合流しました。

尾道浪漫珈琲にて、ポテトベーコンピザとアイスコーヒー。
20170520
ここではいつも甘いもん系をいただくので、ピザは初めてでしたがおいしかったです。

3人でいろいろな話をして、あっという間に日没です。
最初は私がねくらさんを因島までお送りする予定でしたが、ひらさんが来てくれたので、お送りはひらさんにバトンタッチ。
府中から尾道は私、尾道から因島はひらさん、なかなか見事な連係プレイです(笑)。
これも、法要のための帰省であっても、しっかり会う時間を取ってくれるねくらさんのマメさのおかげです。
私とひらさんは基本、そのへんは自由人ですから(爆)。
だからこそ絶妙なバランスが保たれている、とも思いますが…。

因島を去って2か月。
出身地なので私と因島のつながりは消えることはありませんが、友人達の存在がつながりをより強くしてくれているのを実感しますね。
私には東京在住の実弟がいるんですが、遠いってのもあるけど、ほとんど帰省してこないんです。
きっと地元では友達に恵まれてないんだろうと思うと少し気の毒ですが、男子ってそんなもんなのかもしれませんね。
スポンサーサイト
いつものように、箱を車に積み、今日も移転の準備…。
のつもりだったんですが。
旦那から、たまには休めと、待ったがかかりました。

まあ、焦る必要はないし、のんびりやればいいのは事実。
でも風呂だけは入りたいから府中には行く、と言いましたら。
なんと、風呂には連れてってやるから!という優しいお言葉が。
どういう風の吹き回しか知らないけど、そんなこんなで、今日は休むことにしました。

GW以来の、かんぽの郷庄原です。
20170517
ここは日付が毎日リアル更新なのがいいですね。

広々とした宿泊施設の中に、開放的な日帰り温泉があります。
20170517
もちろん宿泊での利用客もたくさんいます。

ロビーの大きな窓ガラスの外には、手入れされた庭園があります。
20170517
こぢんまりとしているけど、入浴後の休憩に優しい風景ですね。

室内も和モダンな感じ。
20170517
ゆったりと落ち着けます。

さて、旦那がなぜ、こんな至れり尽くせりにしてくれたのか。
おそらく目的はこれでしょう。
20170517
風呂上がりのビールはうまいな~。
などと言いつつ、オコゼの唐揚げに舌鼓です。

当然、帰りの運転手は私でした。
なるほど、自分が温泉に行ってビールが飲みたかったのですね。
そしてひとりで行くと運転が困るから一緒に行こう、と。
まあいいか。
久々の広いお風呂は気持ちよかったし。
私もオコゼのほかにも、おいしいもんいっぱい食べたし。

下戸の私は残念ながら、湯上りのビールのおいしさを知りません。
でも、湯上りの炭酸飲料のおいしさだったら十分わかります。
ひとりで温泉に行った際も、いつも自販機でコーラなどを買ってくつろいでいました。
今日は少し肌寒かったですが、それでもキンキンに冷えた炭酸飲料は、湯上りの体にしみわたりました。

また作業サボって温泉行こう、などと言ってくれると嬉しいですね。
まあそこはあまり期待せず、日々の作業は頑張ろうと思います。
昨夜は帰宅したらすぐに寝ちゃいまして。
更新お休みしました。

GW最終日の昨日、芝桜を見に行ったのです。
世羅町の「Flower village 花夢の里」です。
20170508
以前は「花夢の里ロクタン」という農園でした。

経営方針が変わり、現在は規模縮小して運営されています。
敷地も以前ほどの広さはなくなり、入園料も安くなっていました。

しょぼい芝桜なのか…と、あまり期待せずに行きましたが、結構きれいじゃないですか。
20170508
空の青にピンクがすごく映えています。

以前ほどの広さはありませんが、見頃なので迫力はあります。
20170508
むしろだだっ広かった以前よりコンパクトになり、見やすくなったかも。

小さいけど、規則正しく丁寧に植えられています。
20170508
あまり密集させると成長によくないそうで、絶妙な間隔です。

さらに拡大。
20170508
まさに「芝の桜」ですね。
木の桜もいいけど、地に足がついてる雰囲気がいいじゃないですか。

白い芝桜もいい感じです。
20170508
芝桜はもちろん見頃なんですが、バックの丘や樹の様子が異国風ですね。

今年は、いつも菜の花がある場所に、ネモフィラが植えられています。
20170508
これは見頃はもう少し後ですね。
なるほど、これで芝桜シーズン以外も営業する魂胆なのか(爆)。
いえ、けなしてるわけではなく、こういう経営努力って大事だと思うのです。
満開のネモフィラもぜひ見てみたいですから。

鉢植えですが、チューリップも見頃です。
20170508
なるほど、これでチューリップ農園への誘導をしているのか(爆)。
いえ、けなしてるわけではなく(以下略)。

ネモフィラ畑のそばに、ポニーがいました。
20170508
ちっさいです。
中型犬くらいの大きさです。

観光の仕上げはやっぱりソフトクリームでしょう。
20170508
いつもなら「芝桜ソフト」があるんですが、規模縮小のためか今回はなかったです。
かわりにイチゴとバニラのミックスをいただきました。
味は違うけど、ピンクの気分ということで。

さあ、GWが終わったら、私の新生活も始まります。
本当は今日、契約の予定だったんですが、家主が今日までGWとのことで(月曜公休だから、ですね)、明日契約に行ってきます。
早ければ明日にも鍵を受け渡ししてもらいます。
てことは、早ければ明日は温泉に行かんでもええのね…まあ、そこは期待せんどこう。
今は出口が見えただけで万々歳なのです。
上下町生活も残り少なくなってきたので。
引っ越した後からでは行きにくくなる温泉に行ってきました。
半月前に行ってとても気に入った「たかの温泉 神之瀬の湯」です。

帰宅後、やっぱり肌がツヤツヤです。
ここ安いし、もっと近かったら嬉しいですけどね~。
あと、今の季節だとあんまり体ポカポカにならんでもええけど、冬は絶対気持ちいいと思われ。
寒い時期に、わざわざ出かけてみたい温泉です。
雪景色の露天風呂もきれいみたいですし。

温泉に行った帰りに寄った「道の駅たかの」です。
20170506
高野町名産のりんごをかたどったオブジェがきれいです。

夕方に寄ったので野菜などはほとんどなかったけど、300円のお弁当を100円で売ってくれました。
翌日になったら売れないからそうなったんだろうけど、ラッキーでした。
しかも山菜の天ぷらとか入ってて、結構おいしかったのです。

こどもの日はもう終わったので、グリムスのバックナンバーです。
20170506
素敵な大人の樹になりましたね。

こどもの日が終わったらGW終了、みたいな気分ですが、今年は7日までですね。
皆様方にはいい休暇をお過ごしでしょうか。
カープは2試合連続、阪神に悔しい負け方をしてしまいました。
阪神打線、マジで今年はめちゃめちゃ怖いです…。
鯉の季節がやってきた、まさに鯉の日、カープは負けました。
GWも終盤ですね。

おととい自分の実家に日帰り帰省をしたので、今日は旦那実家に日帰り帰省です。
帰省と言っても、義父に賃貸住宅の保証人サインをしてもらう用事だけですけど。
どちらの実家も県内なので、泊まりの帰省は正月くらいしかしなくなりましたね。
それも旦那の実家だけです。
私の実家ではいつも「近いんじゃけ泊まらんでもえかろうが」と言われて、歓迎してもらえません。

いえわかってます。
父ちゃんは私が嫌いなわけではなく、マイペースでのんびり過ごしたく、宿泊客がいるとそれができないのがツラいのです。
私もそれはわかってます。
ただね~。
父ちゃん、上下町は近くないよ(爆)。
まあもうすぐ移転だし、別にええわ。

旦那の実家に行った後、コメダでカフェタイム。
20170505
カフェでマッタリ、ドライブ途中にはたまらんですのう。

もちろん、寄り道すれば相応のお金はかかります。
同じ寄り道でも、コンビニのドリンクとおやつで済ませたら、もっと安くなるでしょう。
でもカフェでマッタリって至福だからやめられないですね。
コンビニのコーヒーも最近はおいしくてしかも安くていいんだけど、ゆっくりした時間も料金のうちだから、やっぱりカフェがいいです。
そして上下町にはコンビニはあるけどカフェはないので、やはりある場所では寄りたくなります。

上下町に帰宅すると、なんと数か月ぶりのマッチングメールが来てました。
府中市内でカテキョをやらないか?需要があるんだぞ!とな。
しかしそのメールは、東京本社によるマッチングでした。
そして、予想通り、この話はボツになりましたとさ。

東京本社の人には、府中市上下町から府中市中心部まで、往復60キロほどの距離があるなんてわからんに決まってますがな。
府中市と言ったら府中市、そんな広範囲ではない、そう思うのが普通ですよね。
私、因島でも同じような連絡あったから、イヤな予感しかせんかったのでした。
尾道市内で移動に往復2000円かかる想定も、東京の人には当然、ないのでした。

もう面倒なので、間もなく引っ越すって話はしませんでした。
引っ越した後で、広島県支社からのマッチング連絡を待つ方が、きっと賢明ですね。