らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

かなり時系列が前後しましたが…。
猫カフェの次に行った同じ敷地内の水族館について書きます。
この夏にオープンした「マリホ水族館」です。

大きなクジラの模型が目印です。
20171011
小規模水族館とのことですが、外観のスケールはでっかい感じ。
…マジで外観だけだったのでした(汗)。

できたばかりの頃は20分ほど並んだと聞きましたが、この日はそんなことはなくスムーズに入場です。
20171011
ハロウィンが近いので、あちこちの水槽にこういったものが。

個人的に好きなクラゲの水槽。
20171011
青いライトに癒されます。

海だけじゃなく、渓流をイメージした水槽もあります。
20171011
この「ゴギ」って魚は絶滅危惧種なんだそうです。

全然やる気のないナマズくん。
20171011
そりゃ、やる気出ませんよね。
ナマズの大きさに対して水槽が狭すぎますから。

水族館の目玉と思しきものは、ダイバーによるエサやりタイムくらいでしょうか。
20171011
イルカやアシカのショーとか全然なし。
宮島みたいにペンギンが歩いていたりもしないし、見どころが少ないです。

少ないので、出口までは早かったですね。
20171011
ただ、出口間際にいたこいつらのせいで、広島県人には許されるのかと。
県外の人だったらショボさに怒っちゃいますよ。

で、総括ですが。
これだけを目当てに来るもんではないですね。
島根のアクアスや宮島のみやじマリンや下関の海響館なら、それだけを目指して行けますけど。
まさにマリホでの買い物や食事のついでに入ってみようか、という感じです。
それにしては入場料が高いんですけどね。
大人ひとり900円です。
ただ、オープン前に年間パスポートが1万枚売れたそうです。
年間パスポートはちなみに1800円…2回行けば元が取れるから、てことでしょうか。

まあ、今後に期待ですね。
ふれあいコーナーを作ったり、何か珍しい魚を入れたり。
今のままでは、お金かかってないにもほどがあります。
場所も狭いし限界はあろうかと思いますが、広島市唯一の水族館、頑張っていただきたいです。
それにしても、猫たったの4匹で営業する猫カフェといい、なんかショボいぞマリホ。
余談ですが私の実家でも、最大5匹の猫がいましたからね…やつらかわいかったな~。

水族館の後で食べたソフトクリームはうまかったのでした。
20171011
ジャポアイス、という名前です。
黒みつときなこで和風だから、でしょうか。

明日からのブログは通常モードになると思います。
いや単に仕事以外、どこにも行く予定がないからですけど(汗)。
上下には行きますが、上下で泊まった場合は更新しないですし…なんかもう日常が非日常っぽいとはこのことですね。
スポンサーサイト
ああ…やっぱり昨日は帰宅が遅くなったのでした。
だから更新しませんでした。
水族館の記事と岡山の記事、どっちにしようか考えましたが、岡山の方を先に書いておきます。
一応、理由がありまして。

岡山には、プチ同窓会という名目で行ってきました。
10月10日は、大学時代に仲間だった声優・田中一成氏の命日にあたります。
それで3連休最後の10月9日に、集まれる人だけでも集まろうと、一成氏の同級生が半年も前から企画してくれました。
場所が岡山になったのは集まれるメンツが集まりやすい場所ということで、そうなりました。
中国地方のほか、関西や東海からも彼を慕う同志が集まりました。
そんな記録を、一成氏の命日当日に書き留めておこうと思います。

まあ、亡き人を偲ぶのは大事ですが、久々に集まった仲間とは楽しく過ごしたく。
岡山は初めてという人も何人かいたので、岡山駅発の観光バスツアーを申し込み、日中はおのぼりさん観光を楽しむことになりました。
瀬戸大橋の与島PAから倉敷美観地区、最後に岡山後楽園という、岡山の王道コースです。

瀬戸大橋です。
20171010
天気、めっちゃいいです。

というより、暑いです。
20171010
秋が来たかと思いきや、まだみたいですね。

バスツアーなので滞在時間は短く、急いで美観地区に移動しました。
20171010
倉敷美観地区は雰囲気が涼しげですが、やはり暑いです。

暑い中、結婚式のカップルを発見。
20171010
船に乗りながらの結婚式、すごくいいですね。
地元のカップルなのか、はたまた倉敷好きのカップルなのか。

美観地区の近くには、倉敷おもちゃ博物館があります。
20171010
この犬人形が並ぶ風景はテレビではよく見ますが、実物は初めてかも。

美観地区で食事をして、岡山後楽園へとバスは向かいました。
20171010
ここが一番時間を取ってあったけど、それでもやっぱり短かったですね。
まあ、ツアーよりも仲間と会うのが目的だから、いいかって感じで。

きれいな庭園ですね。
20171010
でも、真夏に行った金沢の「兼六園」と同じで、秋までは見どころが少ないそうです。

岡山城が見えてきました。
20171010
ただしお城に行く時間はないので、外から見るだけ。

そしてここでも、結婚式カップルを発見。
20171010
こちらは挙式じゃなく、前撮りみたいでした。
こんな暑い日に十二単は厳しそうですが、美しかったです。

後楽園で見つけたソフトクリーム。
20171010
梅ジャムというちょっと変わったやつを食べました。
暑さの中、甘酸っぱいクールダウンが心地よいです。

バスツアー終了後、少し早いけど飲み会を始めました。
このメンバーでの飲み会は大学卒業以来でしょうか。
もうお子さんが成人してる人もいます…月日の流れは無常ですね。
それでも、一瞬にしてみんな昔に戻り、話が弾むのが仲間のいいところですね。

乾杯の際、人数分のグラスとは別に、もうひとつグラスを借りて、一成氏の分も注ぎました。
一成氏の在りし日の話や、参加メンバーの近況話などで盛り上がり、あっという間に時間が過ぎて行き。
いよいよお開きの時が来たとき…不思議なことが起きていました。
なんと、誰も触っていないはずの一成氏のグラス、お酒が少し減っていたんです。
気のせいかと思ったんですが、確実に減っていました。
彼、こっそり参加してたんですね…いや信じてもらえなくても仕方ないですけど。
そこにいたメンバーは全員、彼が来ていたことを信じたというか、まあ、そうであってほしいと思ったというか。

去年、あんなに急に逝ってしまったので、成仏できていないのであれば気がかりではあります。
でもみんなが集まる楽しい席に、俺も混ぜてくれ!と思って命日に戻ってきたのなら、たとえオバケであっても大歓迎ですね。
またちょくちょく参加してほしいと思います。
そのためにも定期的に集まるようにしようと約束して、みんなとはお別れしました。

お別れの後は、岡山から府中市まで、私の過酷なひとり旅(笑)。
飲み会なのに飲めもせず、高速道路をひたすら西に走るのみ。
まあ、飲めないから運転が自由自在なんですけどね。
いいんです、ノンアルカクテルも辛口ジンジャーエールもおいしかったから。
そしてみんなと会えて観光もして、楽しかったから。
思いがけず、金輪際会えないはずの一成氏にも会えたから。

濃い1日は終わったので、明日は水族館について書こうかと。
ただですね…水族館、あの、その、ああ、なんでもないです(汗)。
ライブのために出かけた広島市。
1日目は、ほぼライブ直行だったんですが、2日目は夜のライブ開始まで時間がありました。
広島観光でもしようかと思いましたが、広島市はかつて4年間ほど住んでいた場所なので、おのぼりさんっぽい観光は特に必要がありません。
それで、かねてから行ってみたいと思っていた場所にちょろっと行ってきました。

マリーナホップです。
20171008
いや、ここには何回も行ったことがあるんですが。
宮島に行く際にはここで船を利用させていただきました。
去年だけで3回も、ですね。

ここにある施設の中で、比較的新しいこちらが気になっておりまして。
20171008
猫カフェですよ~。
お隣には犬カフェもありますが、そちらは飼い犬を連れて入れる喫茶店で、猫カフェは連れて行かなくても猫がいます。

早速、スレンダーな美女がお出迎えです。
20171008
ほぼ寝ていて定位置からあまり動かなかったですね、このお方は。

こちらはとても愛想のいい子です。
20171008
カメラを向けるとカメラ目線、猫じゃらしを使うと飛びついてくれました。

「トムとジェリー」のトムにそっくりな色合いで、スタイルもそんな感じのお方。
20171008
ただし、女の子です。
ここにいる猫は全員、メスだそうです。

ずっと走り回って落ち着きのなかったお方。
20171008
ちょっとだけ触らせてもらいましたが、基本、人見知りのようです。

えーと、かわいくて楽しいんですが、ここにいる猫はたったこれだけ(泣)。
そりゃないだろー。
猫カフェは大量の猫をモフりまくる場所のはずですよ。
たった4匹なら、一般の家庭でもそのくらい猫がいるところはありますよ。
うーん、なんか納得行かん。

ま、まあ、入店してみないとそういうのはわかりませんからね。
とりあえず入店中は楽しんだけど、イマイチ燃焼不足かも。

猫カフェの次は、同じ敷地内の水族館に行きました。
それはまた明日以降に書きますね。
あ、でも、明日はプチ同窓会で岡山に行くので、そっちの記事になるかも。
しかも帰りが遅くなったら更新しないかも…いろいろ未定ということで。
近畿滞在最終日。
もう帰るだけです。

のんびりと最後の観光でも…と思ったけど、広島では野球が中止になるほど、台風が接近中。
帰り道にいつもなら神戸に寄るんですが、神戸は初日に宿泊したので、どこか別のところに少し寄って帰ろう、ということになり、明石に寄りました。

明石の市場、魚の棚商店街です。
20170917
屋根あるから台風関係ないし、ここでおいしいものでも食べようかと。

玉子焼こと明石焼きの店、よし川です。
20170917
商店街の入り口付近にある人気のお店です。

ここで、明石焼きとタコ飯のセットをいただきました。
20170917
私の慣れ親しんだ因島や生口島や三原のタコも大好きですが、明石のタコはまた独特の風味と歯ごたえですね。
プリプリしておいしかったです。

明石駅の前には、以前来た時にはなかった再開発ビルがありました。
20170917
飲食店やショッピングや医療施設や図書館などの複合ビル「パピオスあかし」です。

2016年12月オープンなので、まだ1年弱ですね。
20170917
面白そうな施設がコンパクトにまとまっていて、次はゆっくりと来てみたいです。

旅日記はこれで終了です。
お付き合いくださってありがとうございました。
帰宅してすでに1週間が過ぎており、日常生活の中に思い出が埋もれつつありますが、こうして写真を掘り返して記事を書いているといろいろと思い出されるのが嬉しく、やはりブログっていいなと思います。
大変ではありますけどね。

おまけ、今日のリアル。
この記事は9月17日の出来事で、先に書いたとおり、その日は台風がバリバリ上陸中でした。
きっと広島県の郵便事情なども混乱したのだと思います。
そして、今日届いたとあるハガキの消印も、9月17日でした…1週間以上経ってるじゃないか。
そのハガキは「鯉はな公開収録当選のお知らせ」でした。

あの~。
公開収録って9月23日、なんですけど。
もうとっくに終わっちゃってますけど。
ハガキが届かんので、てっきり当選しなかったのだと思ってたら、当たってたんですね。
当たったのに、行けなかったんですね…悔しいですぅ~~!!
ゲストはボールボーイの佐竹さんだけだったようなんですが、優勝直後ですからね。
きっと盛り上がったんだろうな…行きたかったです。

いや、それとも。
私みたいにイベント終了後にハガキが届いた、なんて人も多かったりするのでしょうか。
だったら空席が目立ってたんでしょうか。
…テレビ放映を待ちましょうね。
近畿滞在4日目。
旦那お楽しみの、阪神競馬場に来ました。
20170924
阪急仁川駅から会場へと向かう道は、いつもきれいです。

入口に着きました。
20170924
台風が近づいてるのに、すごい人です。
開催が中止になるほどの暴風雨がなくてよかったです。

まだレースが始まる前の静かなターフビジョン。
20170924
前回のダイジェストを放映しています。

これもレースが始まる前のゴール版です。
20170924
みんなの夢が走るまで、あと1時間くらいでしょうか。

朝食抜きの私のために、旦那が弁当を買ってきてくれました。
20170924
神戸牛のすき焼き弁当…ウマ~~。
中央競馬場って食事がいろいろあって、グルメも楽しめるのがいいところ。

レースが間もなく始まるので、パドックにお馬さんが出てきました。
20170924
相変わらず、ここのパドック美しいですね。

競馬場は旦那のお楽しみですが、私も結構好きですね。
馬券を買えばスリルがあるけど、買わなくても丸1日楽しめますから。
それに対して、場外馬券売り場であるWINSは、やっぱり私は馴染めません。
馬もグルメもイケメン騎手もなく、いるのはただ馬券を求めるオヤジのみ。
馬の息づかいやグルメの香りなど漂わず、ただ風呂に入ってないオヤジの香りが漂うのみ。
一応、私、女子ですから。
そんな環境で馬券を買うくらいなら、家でネットで買う方がよっぽどええのです。

この日に応援するのは、福山競馬出身の岡田祥嗣騎手。
20170924
たった1レースしか出ていず、しかも着外とはトホホです。
次、頑張ってください。

ミーハーな私は武豊騎手も撮っちゃう。
20170924
この方の笑顔はいつも爽やかで癒されますね。
50歳近くなられたそうですが、まだまだ若々しいです。

馬券はそこそこ的中し、適度に楽しんでいたら、ちかちゃんからメールが。
20170924
おいおい、マジック1状態で観戦しとるんかいっ!
なんと羨ましい…。

この写真でいてもたってもいられず、競馬が終わったら即座に天六に向かった私。
20170924
スポーツバーに行くためでしたが…満席で入れませんでした。
カープは負けちゃいました。
帰宅して広島県でのテレビ観戦が決まりまして、複雑な心境だったけど、結果的に優勝して盛り上がれたからいいんです。

旅日記、続きます。
次が最終回です。