FC2ブログ

らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

昨夜はハードワークにつき、更新なし。
寝る間も惜しんで、教材を作っていました。
今日1日の休日を確保するためです。
確保した休日を使って、尾道に向かいました。
5月のコンサート以来、久々に友人ペンちゃんと再会なのです。

桟橋近くでペンちゃんと待ち合わせして、いざランチへ!
20181115
まーた、来ちゃったね、宮徳へ。
今月2回目、しかも前回と同じメニュー(汗)。

いいんです。
私、ここのせいろ寿司が大好きなんです。
大好きだから、ぜひともペンちゃんをお連れしたいと思っていたんです。
気に入っていただけたでしょうか。
気に入っていただけたなら、またいつかご一緒したいと思います。

ランチの後、商店街で見かけたニャーです。
20181115
ちょっと気取った感じですが、人懐こくて、ちゃんと触らせてくれました。

2匹目のニャーです。
20181115
さすが尾道、ニャーの町ですね。

ニャーつながりってことでもないけど、坂の上のパン屋さんにペンちゃんをご案内。
20181115
古寺めぐりの石段にひっそりたたずむネコノテパン工場です。
ひとりずつしか入店できない小さな小さなお店です。

店の前でも、ニャーを発見。
20181115
ネコノテパンの看板猫、というわけではないです。

別のニャーもいました。
20181115
写真を撮っていると、たくさんのお客さんがお店に来て並んでいました。
小さなお店なのに、大人気です。

ペンちゃんとピザパンを食べながら坂を下り、商店街に戻ります。
20181115
尾道のインフォメーションセンターと、林芙美子の記念館が合体した施設。
芙美子さんのお部屋などが無料で見れます。

そして…まだ食うんかーい!
20181115
からさわのクリームぜんざいです。
昭和っぽいタイルの壁に囲まれていただくレトロなアイスは最高ですね。

楽しい時間はあっという間に過ぎました。
港までペンちゃんをお見送りして、今日の尾道レジャーは終了です。
20181115
黄色い船、その名はシトラス。

ペンちゃん、お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。
充実の1日ではあったけど、行きたい場所全部行くには当然、時間が足りません。
またの機会に行く場所もすでにいろいろ検討して、次の再会を楽しみにしましょう。
いつもツレがいると、車で連れ回すレジャーが多い私ですが、ひたすら歩くだけの散策もたまにはいいものですね。

狭いようで広い尾道、まだまだ開発の余地がたくさんあります。
新しいお店もどんどんできているし、これからも冒険の旅は続きそうです。
スポンサーサイト
日曜日、朝6時。
そんな時間、はっきり言って寝てますわな。
特別早朝でもないけど、休日だし、ましてや私は普段は仕事で夜が遅いし、まあ起きてないです。

起きてないのに、旦那が来ました…。
6時に府中に来たってことは、5時過ぎに上下町を出てますかね。
何、考えてるんだバカヤロウ。

「WINS広島に行こう!」…そんな事だと思いましたね。

今日はG1のエリザベス女王杯があるのは知ってました。
でも旦那、ネットで馬券買ったんじゃないのかい?
ネットでは気分が盛り上がらんそうな。
それはわかるけど、競馬場じゃなく場外馬券売り場じゃそんなに盛り上がらんのでは?
家よりはマシなんだとか。

だからって、こんなに早朝から動く必要はないのでは?
早く行かないと、G1の日は特観席が売り切れるとな。
場外馬券売り場でも、特観席ならオヤジ集団が少ないからよかろう、とな。

いろいろ言われて、来ちゃいました。WINS広島に。
20181111
こういうポスターとかあると、私も結局盛り上がっちゃいますね。

競馬が大好きな旦那、品行方正に生きている人から見たら、ロクデナシかもしれません。
でも長年のお付き合いの間、競馬が原因で生活を乱したことは一度もなく、節度を守って楽しんでるならまあいいかなと。
それに、こういう時必ず、私も一緒に行こうと誘われますし、特観席を取る場合はお金を払ってくれます。
これが単独行動で内緒で行くようになったらまずいんでしょうが、ひと声ある間は大丈夫と判断して、私もできるだけ一緒に楽しもうと思います。
広島市滞在中の宇野昌磨くんに会えるかもしれんし。←絶対無理です

それに、WINSには競馬以外の楽しみもいろいろあるのです。
20181111
から揚げの聖地・中津から屋台が来ていました。
金賞のから揚げだけあって、なかなかおいしかったです。

エリザベス女王杯は…私が狙った馬は2着でした。
惜しかったです。
単勝100円が消えました(せこいね相変わらず)。
でも、他のレースは結構当たったから、お金は減ってないです。
はりきっていた旦那は少し減ったようで…楽しんだんだから落ち込むんじゃない!

ところで、私、これが気になったんです。
20181111
ジャパンカップの日、来るんですね、ザキくんとイッチーが。

ザキくんは競馬が大好きで、競馬番組のゲストで出た際、野球のインタビューよりずっと饒舌に予想を語っていたのを見たことがあります。
イッチーは競馬好きかどうかは不明ですが、日南の場外舟券場でザキくんと一緒にボートレースを楽しんでいたとの目撃情報があり、おそらく競馬も好きなのでしょう。
そんなふたりのトークショー、野球と競馬の話で盛り上がると思われます…この日にWINSに来たいじゃないか。
しかもそれ以外にもキッチンカーとか抽選会とか、なんか楽しそうです。

この日なら、旦那が早朝に来ても喜んで行きますが(笑)、どうなるでしょうか。
今日の出勤前の一仕事。
毎年恒例、ファンクラブの継続手続きです。
20181106
はい、うまく行きました。

今、カープのファンクラブは、新規で申し込むのが至難の業です。
なかなかネットにつながらず、つながっても重くて画面が進まず、エラーが出まくり…そうこうしている間に定員に達し、申し込みが締め切られてしまうのです。
その点、継続会員は、希望すればほぼ100%、申し込みが可能です。
ファンクラブに加入して、もう10年以上にはなる私。
弱い時期から地道に応援してきたファンの、せめてもの特典だと思っています。
強くなってからいきなりファンになった、にわかカープ女子とは違うのです!

私みたいなオヤジくさい奴を、女子のカテゴリに入れていいかどうかは別として(汗)。

もうひとつ、出勤前の一仕事というか娯楽です。
今日の仕事は広島大学の近くだったので、紅葉があるかと思い、見に行ってきました。
20181106
鏡山公園です。
春に桜が満開になることで有名な場所ですが、気温が低いので、紅葉も早い時期に見られます。

ここは水辺が多くあり、水に映る植物を愛でるのが美しいんですが…。
20181106
水、干上がってました(汗)。
水辺(ダム含む)好きとしてはこの風景は残念過ぎます。

気を取り直して、公園内を歩きます。
20181106
静かな公園内では、ピクニックや犬の散歩を楽しむ方々がちらほら。

紅葉は、まだ少し早かったでしょうか。
20181106
色づきがイマイチですね。

しっかり赤くなってる場所も少しはあります。
20181106
赤と緑のコントラストは、この時期ならではですね。

このあたりも。
20181106
ウォーキングコースとして、こぢんまりしていて、全体を見て回りやすいです。
ただし、園内でのキャンプやバーベキューは禁止だそうです。

近くで見ると、結構きれいです。
20181106
あたり一面、真っ赤に染まる時期がとても楽しみですね。

日照時間などにより、黄色っぽい葉っぱも見られます。
20181106
これはこれで美しいですね。
東広島市は銀杏並木もきれいなので、ゆっくり散策してみたいです。

仕事前に来たら、さすがにゆっくり散策はできませんけど。
いいリフレッシュになりました。
今日は気温が高くて、歩いていると汗ばむくらいだったんですが、紅葉を見ると秋が来たのを感じます。
そういうことを気に留めずにいると、毎年、秋はあっという間に終わってしまい、いきなり冬が来るんですよね。
夏の次がいきなり冬だと、日本人として風情がなさすぎると思うとき、腐っても私は国語教師なんだと自覚します。

そういう意味では、ハロウィンはアリです。
秋って夏冬と比べると行事が少ないですから、行事を通じて秋を味わうのもいいかなと。
奇抜なコスプレ姿で他人の車を傷つけたりして大騒ぎするのはどうかと思いますけどね。
昨夜は上下泊でした。
すでに上下町はかなり冷え込んでおり、間もなく積雪の季節になりそうです。
そうなると、上下に泊まるどころか、行くことすらできなくなりますね。
上下町生徒宅での仕事はどうなるのでしょう…そろそろ考えんと。

上下に泊まる直前、竹原に行ってきました。
20181028
今年も憧憬の路が開催されています。
幻想的な風景が好きで、毎年この時期に竹原に行っています。
去年は府中市民になったばかりで、竹原に距離感を感じたので(汗)行かなかったけど、すでにそんなもん関係なくなりました。

竹灯りが早速、迎えてくれました。
20181028
読みにくいけど「ようこそ竹原へ」と書いてあります。

竹トンネルは今年も大人気です。
20181028
人が詰まっていて歩きづらかったけどきれいでした。

今年からの試み、陶器による灯りです。
20181028
竹原には陶芸家が多く住んでおられます。

照蓮寺の竹灯りは、色とりどり。
20181028
去年は見てなくてわかりませんが、一昨年はカープ押しでしたね。
いえもちろん毎年、カープ推しではあるだろうけど、毎年同じネタは無理でしょうから。

照蓮寺の階段下には、竹ドームがありました。
20181028
灯りもオブジェも全部、竹です。
ギラギラした光ではないけど、何とも言えない落ち着きがありますね。

かぐやパンダさん、お久しぶりです!
20181028
一過性のももねこ様と違い、この地元ゆるキャラは恒久的なもの。

と思ったら、ももねこ様もちゃんとあった!
20181028
アニメが終わっても、これも竹原にとっては恒久的なものですね。
朝ドラが終わってもマッサン像はあるし、あらゆる形でメディアとの関わりは続くのでしょう。

酒蔵交流館前です。
20181028
今年はやけに数が多いですね。

ゆるキャラじゃなく、本物の猫様もおられました。
20181028
この猫様は大人気で、あらゆる場所でカメラを向けられていました。
しかも逃げません…プロのモデルであるかのようです。

多くの竹は「かぐや姫式に斜めにパッカーン」と切られていますが、新しい形のものです。
20181028
四角にくりぬく、というのも光が映えてきれいですね。

竹原には、広島市からの仕事帰りで寄りました。
なので日本シリーズの経過が気になり、ラジオ持参で確認しながらの観光となりました。
しかし似たようなラジオ持参の人をたくさん見かけ、やはり広島県人はそうあるべきだなと。
昨日は先制したのにまさかの引き分けとなりヤキモキしましたが、今日は余裕勝ちでしたね。
引き分けだった試合で、緒方監督が短期決戦の何たるかを心得ていたような采配をしたので、もう去年のような心配はないんじゃないかと勝手に思っています。

カープが福岡で暴れまくってくれることを楽しみにしています!
東京5日目。
てか、ほぼ移動日です。
観光はしてないです。
東京駅の探検だけはなんとなくしましたが、じっくりはやってません。
東京駅そのものが1日がかりの観光地、なんですよね。
次は次はといつも思うけど、毎回大急ぎで歩き回るのみです…余裕が欲しいものです。
時間にも、気持ちにも。

新幹線に乗ったらしばらく食事はできないので、朝からトンカツをいただきました。
20181025
車内販売でお弁当を買えば食事できますけどね。
あれは割高なうえ、好みのものがなかったりするので。

ガッツリ食べたくせに、駅構内をウロウロするうちに小腹が減り、スタバへ。
20181025
アイスコーヒーとチーズケーキです。

スタバには、豪華な装飾のフラペチーノがたくさんあります。
今だったらハロウィンウィッチのやつとか。
ああいうスイーツ系のメニュー、私は結構好きではあるんですが…。
正直なところ、あそこまでゴタゴタといろんなもの乗せる必要あるのか?
クリームやらチョコやら、いや、おいしいんだけどね。
もう少しシンプルでもいいんじゃないかといつも思うのです。
ゴタゴタした分、高額になるからってのもありますが。

帰りの新幹線から見た?富士山。
20181025
見えてないし(泣)。
まともに富士山が見えたのは、もう大昔のような気がします。

見えてない富士山を横目に見つつ、東京旅は終わりました。
またしてもダラダラと書いた駄文にお付き合いくださり、ありがとうございました。
すでに生活は通常モードだし、ブログも通常モードに戻さないと。
仕事は、5日間旅行で休んだ分、ハードになっております。
11月に入ったら、すぐに推薦入試の生徒もいます。
目標に向かって突っ走るのみです。

おまけ、今日のリアル。
22日の夜、元生徒の淳ちゃんが無事、女の子を出産しました。

明日が退院とのことで、今日の仕事前に会いに行ってきました。
20181025
名前はまだなく、妊娠中のあだ名である「ペコちゃん」と呼ばれてました。

ご主人が「一平さん」なので、平の字と「淳子」の子を取って「平子(ペコ)」だそうな。
実際にはそんなキラキラを名付けるわけにはいかないので、候補を絞って名前を考え中とか。
かわいい名前が付くのを楽しみにしておりますよ!

ちょうどペコちゃんの生まれる3日前に、一平さんの妹さんが出産されたという男の子が来ていて、無理やり一緒に寝かせて撮影していたので便乗しました(笑)。
20181025
男の子の方は泣き出しましたが、ペコちゃんは全く動じていません。
ほとんど泣かない、おとなしい、いい子なんだそうです。

淳ちゃん、出産おめでとう&お疲れさまでした。
お疲れはこれからもありますが、喜びいっぱいのお疲れですから、のびのびと育児を楽しんでください。
まあ、本業が保育士の淳ちゃんですから、普通の新米ママとは少し違いますよね。
またぜひ会いに行かせてください!

そして「よその子はすぐに大きくなる」のをまた実感するのでしょう私。
ということは「自分もその分歳を食う」のも実感するのでしょう私。
赤ちゃんはかわいいけど、赤ちゃんの成長はきれいごとじゃないのです。
親にとってそうであるだけじゃなく、全くの他人にとってもそうなのです。
恐るべし赤ちゃん…でも、本当にめでたいことです。