らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

昨夜は上下泊でした。

などという更新休みの言い訳、もうしないつもりだったんですが、今回だけちょっと特別なことがあり、せっかくなので書き記しておきます。

旦那が上下町勤務を言い渡され、設備不良の上下町社宅に無理やり入ったのが3月末でした。
単身用住宅で狭いんですが、それは空き家を倉庫代わりにすることでなんとか解決。
洗濯機置き場がないんですが、ホースと排水を風呂場につなぐことでそれも解決(毎回付け外しがあり、面倒ですけどね)。
エアコン設置ができないんですが、扇風機フル回転で解決というより我慢。
問題ありまくりの中、たったひとつ、どうにもならんかったことは。
そう、シャワーがないことでした。

ロングヘアの洗髪にはシャワーは不可欠です。
それで私、1日おきに銭湯に行っていました。
銭湯の広い浴槽は気持ちいいけど、出た後は何かと慌ただしく、意外とのんびりできません。
こんな暮らしがずっと続くのは現実的じゃなく、府中町にまともな設備のセカンドハウスを求め、契約したのがGW明けでした。
夏から私の仕事が始まり、府中町滞在が中心になってきましたが、旦那は上下町で勤務しているため別居の二重生活となり、今に至ります。

二重生活は忙しいし、お金や時間の無駄も多いです。
だけど、そのぶん仕事にも恵まれ銭湯に行く必要もなくなり、帰宅が遅くなっても確実に入浴でき、快適に過ごすことができています。
そう、私は、です。

一方、旦那はというと。
上下社宅は設備不良ですが、ひとりなら広さは問題なく、シャワーは職場にある職員用を使えるし、洗濯は面倒な時は府中町まで持ってきてやるので、生活面は特に問題ありません。
しかし、社宅に入って近くで勤務している以上、他の職員とも会話があります。
その中で当然出てくる話題としては「やはり奥さんは出て行ったのか」「あの設備では家族暮らしは無理だ」などなど、不仲なわけではないのに別居したことについて同情の声が上がっているそうです。

その噂を聞き付けた上層部が、なんか動きました。
元々、旦那の職場の社宅は、古いのも新しいのも7年前に一斉チェックがあり、すべての物件にシャワーが付いていたはずだったそうです。
しかし上下町社宅は長年空き家で入居者がいなかったためチェック漏れとなり、設備不良のまま、一昨年に久しぶりに単身の入居者を迎えたのだそうです。
なんかもう、段取りの悪さに、情けなくて涙が出そうですね。

シャワーがないまま入居した久々の職員は、職場のシャワーを使いつつ我慢していたようでした。
しかし私は職場のシャワーは使える立場にありませんので、別の解決策が必要でした。
やむを得ず私は社宅を出ることになり、それを知った上層部が「どういうことだ!」となったそうです。
シャワーがないのを知っていて強引に入居させた担当者が、設備不良を隠ぺいしていたと問題になったんだとか。

そして昨日。
工事の人がやってきて、あっさりシャワーが設置されましたとさ。
20171002
ああ、立派なシャワーですよ。

これが入居時点で設置されていたら、二重生活の無駄なんかなかったんじゃないのか。
2回も引越ししたり、不動産屋に行ったりする手間も、2世帯分の家賃を払うお金も必要なかったんじゃないのか。
今更そんなことを思っても仕方ないんですが…。
「私が社宅から出て行ったせいでシャワーが付いた」というのが大まかな事実なので、無駄は無駄で必要だったんですよね。
全部を納得することはできませんが、上下町にずっと住んでいたら仕事は絶対になかったことを考えると、今がよければそれでいいんだと思うしかないですね。

シャワー設置に立ち会った後、旦那が設置祝いをしようと、食事に連れ出してくれました。
設置祝いと言えるのかどうか。
諸事情で家族を振り回していることを申し訳なく思ったようです。
それだったら旦那じゃなく、職場に振り回されてるんですけどね。

まあいいや。
世羅町の「ピッグボーン」で設置祝いです。
20171002
よくテレビなどで紹介されている、人気のある店です。
昼はラーメン屋、昼過ぎはスイーツ屋、夜は居酒屋…という、楽しい店です。

カープファンの店でもあります。
20171002
左のユニフォーム、ファンクラブ会員に限定配布されるレアモノなので、かなりの大ファン店主なのでしょうね。

瀬戸田レモンのノンアルカクテルは、炭酸きつめ甘さ控えめ。
20171002
いろいろ納得の行かない私を癒してくれる爽やかさでした。

私は引き続き二重生活ですが、今後は夜に上下町に行くのが少し楽になるんでしょうか。
今までは上下泊の際は、府中町で風呂に入ってから出かけていたのが、これからは上下町でも入浴できます。
その点はまあ、よくなったんでしょうね。
改悪じゃなく改善だし、旦那も職場でシャワーなんて手間がなくなるし、よくなったんでしょうね。
上下社宅の隣の住人もシャワーが付いて喜んでるし、よくなったんでしょうね。

しかし、隣の住人は入居2年目なんですが、シャワー付けてくれとどんだけ頼んでも聞き入れてもらえなかったそうです。
やっぱり「実際に不満で出て行く」人が出現して、初めて上層部が動くのですね…。
我慢するのがいいのか悪いのか。
もう考えんとこう。
スポンサーサイト
近畿旅から帰ってきたのは17日ですが、その翌日からほとんど連勤の私。
週休1.5日くらいな感じで、通常ならそこまでしんどくないんですが、二重生活なのでちときついかも。
祝日とか間にあったけど、日祝日は個別教室が開かないので、日祝日がカテキョで他の日が個別教室、フリーランスはラクそうで結構大変という現実を味わっております。
そんな合間に応募した、CSチケットの抽選は見事にハズレでした。
12種類申し込んで全滅しました…どんな恐ろしい倍率なんだ。

失意の私ですが、今日はかなつまさんが送ってくれたちせちゃんの写真を載せます。
近畿旅の最中に送ってくれていたのですが、掲載が遅くなりすみません。
台風に阻まれ、カープが地元優勝を決められなかったタイミングでしたが、生後1か月記念のロンパースデビューです。
20170928
このお召し物は、あさひくんが生まれた時の出産祝いとして私が贈ったものです。
お兄ちゃんのおさがり、なかなかサマになっております。

バットとヘルメットで応援武装の図。
20170928
いやもう、育児は大変ですから、こういう遊び心は大事ですよ。
特にちせちゃんは末っ子ですから、こうしてボケ倒されて育つのです。
最近、親族の家に生まれた赤ちゃんも末っ子で、恋ダンスさせられたりシェ~させられたり、もみくちゃになりながらすくすくと大きくなっています。

応援武装に加えて、足元にはタナキクがいらっしゃるの図。
20170928
な、なんか楽しそうですね、かなつまさん。
かなひでくんもご一緒でしょうか。

応援に疲れたカープ女子戦士は、すやすやとお休み。
20170928
まあ、ずっとお休みなんですが(笑)。

生後1か月で、こんなに大きくなったちせちゃん。
その後また1か月近く経ったので、もっと大きくなり、顔なども変わっていることと思われます。
今回は生後すぐに着用できるロンパースでしたが、もうすぐねいろちゃんにプレゼントした大きい方のロンパースも着用可能ですね。
こんなに大事にしていただいて、贈った甲斐があったというものです。
しかもかなひで家以外のお子さんにも着ていただくことができて、我ながらコスパのいい贈り物ができたと満足しております。

いつかまた、会いに行かせてくださいね。
福山で仕事の際は、かなひで家のすぐ近くを通ってるんで、ニアミスしまくりの私。
そのうちニアミスじゃなく寄らせていただこうと思います。
いつもかわいい写真をありがとうございます。
先月末、金沢旅から戻ってから、仕事をまた結構詰めてやってきました。
おかげさまで、13日からは安心して旅に出られそうです。
カープ優勝のことだけは気がかりですが、優勝を遅くしてほしいとは思わないので、選手一丸となり全力で戦っていただきたいですね。

旅先は近畿地方です。
旦那が休みを取らされたから行く、これは事実なんですが、近畿地方にした理由は。
5月に当選した京都のホテルの宿泊券を使おうと思ったんですね。
で、13日を希望日として、ホテルに電話したんですが…運悪く13日は満室だと言われました。
仕方ないのでこの券は年内の後日に使うとして、13日の宿泊は神戸にしました。

14~17は3泊分、大阪城の近くにすでに取ってあります。
旦那が阪神競馬場の特観席を予約したらしいので、土日のいずれかは競馬ですね。
大阪在住のツレにも会いたいですが、動けるのが平日だけになりそうなので、余裕が多分ないんじゃないかと。
その平日は、USJかよしもとかダムに行ければと思っています。
特にUSJは今、ミニオンが主役だからぜひ行ってみたいですね。
映画に出てきた町並みそっくりなUSJの中を、ミニオンが大勢歩いている…ワクワクするじゃないか。

さて、先日、かなつまさんの出産祝いに駆けつけたんですが。
すでに退院されて、忙しい育児の日々を送っておられます。
少し大きくなったちせちゃんの写真をいただいたので、掲載しようと思います。

ねいろちゃんに抱っこされているちせちゃん。
20170911
大きくなったとはいえ、お姉さんのねいろちゃんと比べるとやはり小さいですね。
妹が欲しかったというねいろちゃん、すごく嬉しそうです。
抱き方もサマになっています。

アッカンベーしてるのかどうなのか。
20170911
いつも思うけど、赤ちゃんの変顔って最高にいいですよね。
JKのような仕込みの変顔じゃなく天然だから癒されます。

舌を出したまま、笑ってるみたいです。
20170911
優しい家族に囲まれて、幸せな気分なのでしょうか。

リラックスして、カメラ目線ですね。
20170911
さすが女の子です。
男の子であるあさひくんは私がカメラを向けると照れてしまいますが、それもまたいいですね。

すやすやとお休みになりました。
20170911
いい夢を見ていそうな表情です。

かなつまさん、5枚とも掲載しちゃいましたがよかったでしょうか。
また送ってくださってありがとうございます。
しかし、ここんちのお子様、全員オヤジにそっくりです。
もちろんこれから成長して顔は少しずつ変わりますが、生後間もない状態はみんなオヤジそっくり。
親バカのかなひでくん、さぞかし嬉しいことでしょう。
3人のとうちゃんになり、ますます親バカスパークしそうですね。

ちせちゃんの健やかな成長をお祈り申し上げます。
また、ぜひ会いに行かせてくださいね!
今日のスケジュールは、午前中は府中市の歯医者。
昼は岡山県浅口市でカテキョ。
夕方は移動時間で、夜は三原市で個別教室。
ひとつひとつはどーってことありませんが、それぞれの距離が問題だ。
今日は上下には行ってないのに、結局、走行距離は100キロ超え…車の寿命は早く来そうな予感です(汗)。

そんなにハードな体感もないですが、そろそろ心がやさぐれてきました。
ここらへんで癒しを注入させていただきます。

浅口市からの移動途中で、ひまわり畑に寄り道です。
20170822
天気は曇り気味ですが、ひまわりが元気いっぱいでいいタイミングでした。

場所はこちら。
20170822
カブトガニに会える町・笠岡市の、笠岡干拓地です。

そう、ここは道の駅笠岡ベイファーム。
20170822
府中や上下からだと世羅のひまわり畑が近いんですが、あそこ有料ですしね。
勤務先からの移動途中にも寄れませんし。

無料だけど、ひまわりの手入れは行き届いていてなかなか壮観です。
20170822
アップで撮りました。

さらにアップで撮りました!
20170822
うそ~ん。
蜂が止まってる~ん…。

私は次に蜂に刺されたらアナフィラキシーショックの可能性があるため、大半の虫はなんともないけど蜂だけは背筋が凍ります。
よく見渡すと、周りは蜂だらけでした。
それで畑の端まで行くのは諦めました。
まあいいや、十分きれいなひまわりは見れましたから。
蜂さん食事中だし、邪魔しないように見て回りました。

道の駅に来たら、私はソフトクリーム。
20170822
ブドウとバニラのミックスです。
暑いから、溶けないようにすばやくいただきました。

夜の仕事の活力をひまわりで補給して、三原に移動し、頑張って働いてる間にカープが負けてました。
信じられん。
リードしとったのに。
今日、広陵高校勝ったじゃないですか。
そんで今日のカープの先発は広陵出身のノムスケくんで、同じく広陵出身の土生翔平くんは誕生日だったんですよ。
これでやはり広陵出身の中田廉くんが中継ぎで出てきて勝ったら完璧な広陵祭…とか思ってたんですが。

世の中、思い通りにはならないものです。
マジック点灯してからがなんか長いですが、カープが優勝までの道のりを長くして、楽しませようとしてくれてるんですよねきっと。
そんな余裕があるというなら、それでも構いませんことよ。
明日からのカープに期待しましょう。
昨夜は、花火だ出産だカープ勝利だ…と、明るく楽しくお送りしたブログですが。
今日はすっかり落ち込んで、暗さ全開です。
もう、何をするのも気合が入りません。
カープが負けたから、ではありません。
昼過ぎ頃からずっと落ち込んでおります…。

落ち込みの理由。
20170817
ああ、気持ち悪いものをお見せしてしまってすみません。

以前からの予定通り、右上の第二大臼歯を抜かれてしまいました。
この歯は美しくはないけど、たいした虫歯もなく、少し治療すれば問題ない程度です。

なぜ抜かれたのかというと。
これも前に書きましたが、親知らずを抜いた時の処置が悪く、糸くず状のものが埋没してしまい、そこから細菌が発生。
歯茎の内部にある骨をじわじわと溶かしていき、最近になって抜いた親知らずの横の歯が痛みだしたのです。
親知らずは抜いたけど、これを抜くのは何としても避けたく、神経部分から薬品を入れる治療を約1か月。
しかし骨も歯茎もうまく治らないので、CTを撮った結果、予想外に多くの骨が溶けていました。
このままでは蓄膿や眼病など、顔の上半分を脅かすとのことで、泣く泣く抜歯となりました。

私、親知らずだって、抜く予定はなかったんですよね。
そりゃ痛くなったら抜くだろうけど、全然痛くなかったですから。
なのにあの歯医者は喜んで抜いてしまいました。
それだけならまだしも、今回のような重大な後遺症を残すとか、もう恨みしかないんですけど。
いまさら言っても遅いんですが…。

ビビリの私は抜歯を異常に怖がり、抜いた後も放心状態でした。
自分の体の一部がなくなると、たかが歯の1本でも、ものすごい喪失感です。
そんな私に、先生がたくさんの気休めを言ってくださいました。

上顎の第二大臼歯は、なくても生活には困らない。
噛み合わせにも困らない。
どうしても困るならインプラントという手段があるが、現状では必要ない。
正中から5番目までの歯があれば大丈夫で、今回抜いたのは7番目なので問題ない。
モデルや女優の中には、小顔矯正のためにわざわざ抜く人も多い。
今後はもうこの原因で痛くなることはない。

先生、ありがとうございます。
まだ30代のイケメン先生に励ましていただきました。
きっと、いい年して何をビビってんだ、と呆れたのでしょう。
でも、元気づけてくれてありがとうございます。

それはいいけど…。
当然ですが、抜歯した跡が痛いです。
麻酔が切れたらズキズキして困ってしまいました。
抜歯のあとで仕事に行ったけど、滑舌が悪いって生徒に文句言われるし。
無理して喋ると口の中全体に血の味がするし。

ということで。
昨日とは一変、落ち込んでいます。
今もとても痛いです。
ロキソニン飲んで少しは楽になったけど、痛いです。
痛いのが嫌いな私はものすごく痛いです。

明日は墓参り帰省、なんですけどね~。
こんなに痛いのにちゃんとできるんでしょうか。