らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

ひよちゃん、じゃない、浪人生宅でのご指導。
ああ、ひよちゃんがかわいすぎて気になる私。
また授業の後、ケージから出してもらい、エサやり体験をさせてもらいました。

ニンジンをおいしそうに食べています。
2018016
ウサギは食事の時、ほっぺをもぐもぐさせて動かすのがなんとも愛らしいのです。

自分のケージの上に飛び乗っちゃったひよちゃん。
2018016
犬もそうですが、高い場所に上ると、降りられなくなります。

ティッシュを咥えながら、どうやって降りようかと考え中です。
2018016
結局降りられず、生徒くんが抱きかかえて降ろしました。

こんなかわいいウサギに定期的に会っていると、やっぱり先週行ったムートン屋は残酷だと思うのでした。
ウサギの毛皮もたくさん売られていましたから…。
どんなにふわふわで肌触りのいい毛皮も、生き物の犠牲で成り立っています。
だったら化学繊維のニセムートンで十分じゃないかと。
静電気は怖いですが、生き物の毛皮だって静電気は起きますから。
ひよちゃんはいっぱい触ってもバチバチしない良い子です。

かわいいもの、その2。
かなつまさんがまた、写真を送ってくださいました。
2018016
ちせちゃんです。
また知らぬ間に大きくなってる…よその子ってなんでこんなに早いんでしょうね。

写真館で、カープ4世代家族の記念撮影をしたそうです。
2018016
前列左から、あさひくん、かなひでくんのお母さん、おばあさん、ねいろちゃん。
後列左から、お父さん、かなひでくん、ちせちゃん、かなつまさん。

私が贈ったカープロンパースを、ついにちせちゃんが着用したということで、送ってくださいました。
ありがとうございます。
8年前、ねいろちゃんの誕生祝に贈ったものを、時を超えて末っ子のちせちゃんが着ているとは本当に感無量です。
そんなに大事にしてくださっていることは嬉しいことです。
これからも、仲良しカープ家族でいてくださいね。
大人の顔は要望通り隠したんですが、なんかゴチャゴチャしてしまいましたね…もっとまともな修正技術が欲しいです(汗)。

かわいいもの、その3。
ポケモンを頑張るねくらさんが送ってくれました。
2018016
ヨーギラスです。
ロケ地は天ケ瀬ダムです。

ヨーギラスよりもダムに食いつく、マニアックな私でした。
ねくらさんらしいというか、文章は何もなしで、写真だけLINEで送ってきたんですが、見て即座に京都府宇治市の「天ケ瀬ダム」だとわかったらねくらさんに感心されました…そんなもん?
いや、天ケ瀬ダムはドーム型アーチ式でラジアルゲートが水色で、いろいろ独特なんですよね。
ちょうどヨーギラスのいるあたりからぶばーっと放水するんですが、それがまたかっこよくてですね…などと言い出すと止まらんのでこのくらいにしとこう。

いただきものも含めて、いろいろかわいい1日でした。
スポンサーサイト
打ち合わせです。
夏休み用の教材を作るため、です。
なんか久々な気がします。
ここんとこ、現場が忙しかったのもありますが。

今日の食事はガストで。
20180613
ナスとホウレンソウのミートソーススパゲティとドリンクバーです。

糖質制限始めてから、こういう単品の麺類は避けがちでしたね。
でも、久しぶりに食べるパスタはおいしいです。
そして薄味になじんだせいもあって、味がすごく濃く感じます。
いいのか悪いのか。
健康のことを考えるといいんでしょうけど、なんか年寄りくさくなったような気がして悲しいのもあり。
こうして「若者向けの食べ物」が、自分の中から排除されていくのかと…開き直るしかないのか?

担当さんが、変なものをくれました。
20180613
「くら寿司」のガチャでもらえる「チンアナ子」です。

チンアナゴを玩具にしたもので、これは女の子でチンアナ子。
男の子のチンアナ男もいるそうな。
別の種類(サメ?)のものですが、並べるとこんな感じで。
20180613
キモカワイイ、てか、なんかエロキモイんですけど。

そのどことなく漂うエロさが気になり、私がいただいたやつにはつい、膝下を黒く塗ってしまったのでした。
そして、足を組んで座らせてみたのでした。
ちょっと色っぽくないですか?

いやいや、やっぱ、キモイですね(汗)。
府中町に居を構えて、1年余り。
去年の今頃、何もない部屋の窓際で豆苗を栽培するのがマイブームでした。
今は当時と比べたら、家具は相変わらずないですけど、結構なモノがあります。
生活感も出てきたところで、忘れかけた風習を思い出すかのように、また豆苗を栽培しています。

数日前に2回目のカットをして料理に使い、水につけたもの。
20180612
3回目に挑戦中ですが、3回目はうまくいかなかったこともあります。

このたびは、割とうまくいきました。
20180612
伸び方が均一じゃないところは、やっぱり3回目だなと。

去年も学習しましたが、生食ができるのは2回が限界でしょうね。
3回目は、炒め物など加熱する料理がよさそうです。
4回目は、発芽しない可能性もあります…したら食べますけど。
まだ「これが限界」という状態にはたどり着いていないような気がするので、頑張って挑戦してみたいですね。
安くて栄養満点で使いまわしもできる豆苗って最強ですね。

豆苗の話題だけにしとこうかと思ったけど、見せびらかしたいものがあるので。
20180612
ツムツムで、また大量コインをゲットしました。

スコアは大したことはありません。
レベルは恥ずかしいので消してあります(汗)。
コインの量だけ、見せびらかしたいです!
25767枚…あと4000枚強で、新しいツムがひとつ入手できますね。

小市民なので、こういう些細なことが嬉しかったりするのでした。
今日の仕事は、21歳浪人生男子のご指導。
開始前はどうなることやらと気をもんでしまった案件でしたが、シャイすぎる点を除けば、まあ、ごく普通の青年です。
授業もまじめに受けているし、課題も忘れずにやっていますし、言い訳も全然しません。
欠点を上げるなら、ちょっとコミュ障なところがある、ってことでしょうか。

まあ、そこは仕方ないです。
予備校や塾に行っていず、外出は買い物と図書館くらいなので、家族以外と全く会話をしない日も結構あるようです。
だからコミュ障というよりは、慢性的なコミュニケーション不足による能力の退化…ですね。
幸い、私にはなじんでくれたようで、いろいろなことを話してくれるようになりました。
きっと志望校に受かって大学生になれたら、普通にコミュニケーションできるようになるでしょう。

特に、動物のことを語りだしたら止まりません。
20180526
ロップイヤーラビットのひよちゃん。
私のために、ケージから出してくれました。

先生、ニンジンあげてみてください、というので、あげてみました。
おいしそうに食べています。
大久野島のウサギと違ってガツガツはしていませんが、おいしそうに食べています。
ちなみに大久野島のウサギと違ってキャベツは好まないそうです。
めちゃめちゃかわいくて、飼い主である彼が溺愛しているため、完全な箱入り娘だとか。

生き物をかわいがるようになり、学習効率はやはり上がってきたそうです。
去年の冬は短期間ですが予備校の寮に入っていて、生き物はおろか外部との接触がほぼ皆無で、勉強漬けだったにもかかわらず成績が伸びなかったそうで…実家に帰ってきて正解でしたね。
あくまで本業は勉強ですが、ひよちゃんの協力は不可欠です。
来週もよかったらニンジンあげさせてください(笑)。

帰宅して、今日のカープはウヒョ~ンな結果だったんですが…。
初めてこのCMを見ました!
20180526
すごい。
こんな棒読みでええのかキリン。

その棒読み感がかえって、岡田投手の特徴をとらえていてなんかハマるという。
見てるこっちが恥ずかしくなるほどの天然ぶりがナイスです。
岡ちゃん、こんな愛くるしいキャラだったんですね。
いや小学生並みに愛くるしいのは知ってましたけど。
そのくせ切れ味鋭い一級品ストレートを投げるんだから、彼のギャップは計り知れません。

このCMは広島県限定なんでしょうか。
ぜひとも全国に彼のド天然キャラを伝えたいものです。
突然ですが。
またバスツアーに当選しました。
2月の神戸ツアー以来ですね。
応募する人、よっぽどおらんのですね…かどうかは知りません。

これは笠岡の道の駅で買い物をしたら応募券をくれたので、記入して応募箱に入れたら当たったものです。
切手代もネット代も全くかかっていません。
買い物代はかかったけど、それはまあ必要なものでしたから…元手はないようなもん。

行先は、わかりますかね、これで。
20180521
大山のふもとの木谷沢清流と、とっとり花回廊が最終的な目的地です。

この書類がパンフレットにもなるんですが、すごく簡易版ですね。
20180521
大山を見ながら百合のお花畑が見れる…というのはわかりました。

行程表の拡大、その1。
20180521

拡大、その2。
20180521

1から5までの順番で行くんだと思うんですが。
これ、1って、福山市に結構最近できたやつですよね。
卸町の高木ミンクファクトリー、と思われます。
バスで出発していきなり県内なんですかい。
まあいいや。
宝石店じゃなく、寝具の店も、バスツアーのスポンサーになるのか…勉強になります。

でも私、ムートン製品って抵抗あるんですよね。
特にシーツは。
肌触りは気持ちいいと思うんだけど、シーツ1枚で数10匹の動物が犠牲になるんですよ。
どんなに品質が良くても、ムートンは人間のエゴなのです。
肌触りのよさを実感していると、生き物の悲鳴が聞こえてきそうで…。
別に正義感を振りかざすつもりはないですが、生き物大好き人間としてはちょっと、というか。
だから見学には参加しますが、商品は買わんでしょう。

まだいつ行くか決めていませんが、その頃には中間テストも変則勤務も終わっているので、比較的日程の選択肢は多そうです。